2016年10月15日

岡崎城

​岡崎といえば徳川家康生誕の地として有名。名鉄快速特急で名鉄名古屋駅から30分。ワタクシは栄から地下鉄、金山で名鉄乗り換えです。

723B8236-01E4-44EA-B43B-43B2620749CC.jpg

​岡崎は昭和のままの古くて小さい町でした。看板やバス停等々、街の至る所で徳川家家紋の【葵】があるそうです。今回はアート旅なので見落としたけど、【葵】はしみじみとカッコいい。

58BFCBCA-540B-4A10-B3F2-DAC626D7BF90.jpg

1542年、家康公がうまれた岡崎城。すべて再建。一帯が岡崎公園です。

4B8F0742-8B89-4EE2-B62A-EE020D38FC39.jpg

A12E112A-3D29-4B6F-A029-AB6BB31C105E.jpg

​入城しなかったので名城スタンプは無し。


047071B3-745C-46AE-9F79-E372DBF13624.jpg

家康(幼名  竹千代 )の産湯が汲まれたとされる井戸もあるようです。
0F395D9C-3362-4241-8833-330765951693.jpg

やはりワタクシ...石垣や掘が好きなもんで。

32842409-133E-4C21-BCB4-6F9240D8CAB9.jpg

​こういうあたりで城を感じでほくそ笑むワタクシ...


5740511C-FD18-40E9-91F8-7F79DEB71490.jpg

​ペンタルムルミナリウム会場とを繋ぐ道。これは新しく作ったぽい。待ち時間にサクッと見て岡崎城終了。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(愛知・三重) | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

ペンタルム・ルミナリウム

​あいちトリエンナーレ2016

C7AC7E0B-C4A6-4AA3-9D44-9F68C17DBEC5.jpg

先週名古屋へ行ってきました。お目当パターン今年3回目のアートイベント【あいちトリエンナーレ】名古屋市・岡崎市・豊橋市で8 月11 日から10 月23日開催中。

イギリスを拠点とする、アーキテクツ・オブ・エアによる、中に入って鑑賞できる空間芸術作品【ペンタルムルミナリウム】日本初登場です。


49ECBE48-F010-4AC5-BD92-AC313D661318.jpg

​会場は岡崎公園多目的広場で10月1日〜16日限定。

1C0B47EF-CF69-4537-83CE-4F7A1783CB6C.jpg

​入場制限があるため整理券が必要です。30分ごとに80名。訪れた前日は強風で公開中止。三連休はお昼で配布終了。いい時に行きました。15分〜20分ほど並んで整理券手に入れました。ちょっとの差で次の回の分でした。


感想はもう〜😇楽しくて😄楽しくて😊楽しくて😋


AC44721A-B3B8-4D62-89DD-889805115D11.jpg

イスラム建築の幾何学的の形から着想を得ており、小さなドームの曲がりくねった通路はイランのバザールの造形に基づいているとのこと。

F15F6953-2934-45D6-ADFC-C9532753C0E2.jpg


9A19B9E7-0244-46C4-AF0F-F56462D8A572.jpg

通路は狭く見えるけど、ラクラク通れるます。空調も効いているので蒸し風呂になりません。

B1B8E803-DB59-4E41-B2C4-DC53DA3E6755.jpg

通路ではない窪みもたくさんあるのでくつろいでいる人多数。

A16C8607-986B-447D-9415-E486F3A55206.jpg

​ワタクシ...ここで寝転がりました。




685B3EFA-4A32-456D-85D7-6D144784F9D4.jpg

​明るさはなんと自然光だけ。光が照らす表情は時間帯や天気によって違うとのこと。入場した時は困っちゃうような晴天だった。

​いや〜もう何回でも入りたい。これは自慢したくてイチ早くblogアップです。

5943AB0B-BCAE-414A-BCE5-4E5235172E24.jpg

​終了後にはアンケートに答えて、オカザえもんの缶バッチもらいました😍✌️いろんな種類の中からガチャポンで。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅&城(愛知・三重) | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

真田十勇士 舞台

​江戸城から大急ぎで新宿へ

C021F3E2-8A44-4C38-A5B2-AD9C54E3DD26.jpg

新国立劇場で、スペクタブル時代劇【真田十勇士】鑑賞。映画も同時上映されているが、元々は2014年1月2月の舞台がオリジナル。好評につき再演となったもの。せっかく東京行くんだから、ついでに何か面白いものないかな〜とチケット買っていました。


09DC7167-D943-43AF-A21E-B93744E9B286.jpg

​主演は歌舞伎界のスター中村勘九郎  

本当にカッコ良い。あり得ない!ほどの身のこなし、鍛え抜かれた型の美しさ。愛嬌あるキャラクターを歯切れよく演じていた。客席から登場したり縦横無尽に加えて、高さのあるセット上下移動に激しい殺陣シーンの身軽なこと。その運動神経と体力。どうなってんの?

DD5D0AB4-3FD6-4211-87D1-F55712E9C9F5.jpg

4D61C1F5-2137-45F2-9763-014006D43DAE.jpg

​なかなか豪華キャストで淀君役の浅野ゆう子の貫禄よかったなぁ。前日の武道館ライブでは不要だったオペラグラス大活躍。コミカルな中村橋之助のナレーションもおもしろかった。最初にキャストの紹介ナレーションがあって【永遠のセクシーバスストップ  浅野ゆう子】ワタクシ超ウケた。

舞台セット、映像( プロジェクションマッピング)、音響の効果を最大に活かした、ゴージャスで楽しい、スピード感と躍動感溢れる舞台だった。速回し映像を生でみているみたいな殺陣のシーンにはア然。

観ない人に説明するのは難しい。ストーリーはふざけていて、真田幸村が実はイケメンだけが自慢の腰抜だったと噴飯もので、【なにが真実でなにが嘘か】がテーマらしい。ワタクシ常々、素晴らしい、感動したと言っていて、これは感動することが自分の癒やしや豊かさとなることが悦びということなんだけど、今回は掛け値無しに今まで見た演劇関係の舞台の中で最高でした!

やっぱり勘九郎さんがよかったです。ワタクシお父さん( 亡くなった勘三郎さん)結構好きだったけど、お兄ちゃんの大ファンになりました。歌舞伎界の話題はもっぱら成田屋(市川海老蔵 )だけど、成田屋にはこの身のこなしは無理だね〜まぁ芸風がちがうか。


​これにて一泊二日の上京イベント終了。ソーイング関係で、日暮里の生地問屋街は無理なので、新宿オカダヤで物色するつもりだったが、京王新線から新宿東口になんとしても出られず断念。新宿駅のゴチャゴチャはワタクシ鬼門です。予定変更して東京駅に。ここでも目的果たせず神田に。


695F0B4C-8E39-4544-88D4-F9D0A424FC3B.jpg

お目当はマーチエキュート万世橋   麦とオリーブの【はまぐりラーメン】980円と高いけど好きですね。紐みたいな麺はあまりコシがないので、麺固めにしたらバッチリでした。今年3回東京行って、3回共ここで【はまぐりラーメン】と、カフェ3321で日本酒のセットを敢行しました!


D229E6A1-B4A6-4B1B-BB22-3659BC378AC7.jpg

​こちらは江戸城(皇居 )見学後の昼食。食べる時間ないと思って何も物色していなかった。江戸城( 皇居)前のパレスホテルは高級だけど地下に普通のレストラン街があったのでそこのお蕎麦屋さんで、日替わりおすすめの海鮮丼と蕎麦。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽・ライブ・観劇 | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

皇居一般参観

 
​前夜の武道館から江戸城モードなワタクシ...はやり武道館は濠の内側にあるのがわかります。

4570CB49-6711-4A99-8ABF-E94B1521243E.jpg
長年の念願だった皇居(江戸城)一般参観コース参加しました。

42004951-EE11-49C8-9D7A-BD89FED226C9.jpg
ワタクシにとっては皇居と言うより江戸城としか言いようがありません。なんと言っていいのかわからないけど、風水の威力なのか?漂う空気が違うんです。

8003FE9D-5826-4306-9EB7-5676FD0D1166.jpg
桔梗門が参観コースの入り口になります。今年6月から申し込み方法が変わり、今迄は事前申し込みのみだったが、事前申し込み200人+当日申し込み300人=合計500人の大編成となった模様。ただしこの時期は見学者の休所【窓明館】の改修工場のため、定員180人の当日申し込みのみ。
 
65FE9311-A044-4B3A-B294-C64BAB31A5D6.jpg
 
受付は9時半からなのに整理券配布が8時半で行列するとの噂を聞いて、それはイヤだなあ〜だったら期間限定で当日申し込み・定員無しの赤坂離宮【迎賓館】に行くつもりだった。ダメ元で9時20分に宮内庁参観受付窓口に電話したら余裕ありそうだったので急いで行ったら間に合いました。
 
BD136DF0-604F-4487-A8CD-CE88BEB0432F.jpg
参観コース参加者だけが利用できる【宮内庁売店】エリアから望む【枢密院】この左側からスタートします。

3569AA40-4FF6-40AB-8CC9-03AEDABE8D25.jpg
いきなりウォ〜!富士見櫓。手前の木のお手入れの良さにも驚くが、お城のメンテナンスも最高なので現役感ありすぎで感動します。

C66692DC-D795-4BE4-A8DC-9FAEF5794027.jpg

内側から。ビル群にも引けを取らない威武堂々ぶり。この日の午前中のツアーは170人、しかもほとんど日本人なのは珍しいそうです。小雨が上がって曇り空だったので快適でした。係員さんの説明に笑い声が起こったり、ふ〜んとうなづいたり良い雰囲気でした。
DDBC0105-6734-490A-BED8-B4F701CE3695.jpg
宮内庁庁舎。
 
DCE463FF-12F1-4A83-92BD-BDB058157416.jpg

少し登った所に宮殿があります。
25F62E22-E9D5-4154-9010-CC59460D91D4.jpg
見学者は白ラインを越えてはいけません。長和殿しか見えませんが、奥には儀式がとり行われる正殿などがあります。

E458AE3D-F685-467C-8ECB-2D66B6399097.jpg
皇族の方々が手を振られる中央バルコニーです。生で見てみたら興奮するだろうな。

CCA3B137-B297-4E25-A1E3-25A16780C6B2.jpg
ワタクシが立っているのは正門鉄橋(元祖二重橋 )、向こう側が正門石橋( 通称二重橋)。どちらでも二つ合わせても二重橋。

C4B9EC54-375D-4F22-9634-0B87DD072027.jpg
橋から反対側は、なんて素晴らしい伏見櫓
 
2412515E-4A65-4EB3-A9CD-633B7A24A3C1.jpg
素晴らしすぎる。不敬罪と言われようと、ここは江戸城なんです。
 
 
D9B80CAA-ABEC-4B13-BDBE-0A0339C7E3B7.jpg
帰り道、山下通り突き当たりから見る蓮池濠と富士見多聞。
もう完璧に城じゃないですか!外側から見える門・石垣・濠も素晴らしいけど、城マニアならこの一般的見学は必見です。
もう新規の城は増えないし、実は自分が城マニアということすら忘れてるしまっている現実。久しぶりに城に大興奮、城への愛を再確認したワタクシ。やはり皇居一帯の雰囲気というか【氣】が違います。あんまり詳しくないけど風水もバッチリやってるはず。

23B5F4FA-1C6F-46C1-81A2-6554BE117953.jpg

750D4055-BF6E-49A5-A72F-317C944D93EC.jpg
 
あんなに感動したクイーンのグッズすら何も買わないのに宮内庁売店では散財しました。
 
箸セットと小風呂敷は“ちぃまま”へのお土産。

BA7CD770-A4BC-43A8-B001-636A7AC60174.jpg

39E25B8F-80EA-40EA-A4F4-360B8383ED7A.jpg

​職場への土産。菊の御紋入りサブレ。ここでしか買えない風月堂オリジナル。パッケージの鳳凰みたいな模様と【サブレ】の文字がステキ。このサブレだけは事前情報で知っていたので狙っていました。
 
DB174825-0B7A-4759-8AA7-95AF3DE08213.png
​菊の御紋の薬いれ。更年期障害用の漢方薬💊と美肌用ビタミン等々、実はヤク中のワタクシ...年寄りくさいけど気に入ってます。おくすりタイムが楽しくなりました😀
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(東京) | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

クイーン + アダム・ランバート武道館




とうとう行って来ました。9月22日。初クイーン。初武道館。札幌に帰ってからしみじみ幸せを噛みしめている。


正式にはクイーン + アダム・ランバート。フレディ・マーキュリーは1991年に亡くなり、ベースのジョン・ディーコンは引退し、オリジナルメンバーはギターのブライアン・メイと、ドラムスのロジャー・テイラーの2人。

フレディ・マーキュリー生誕70年!没後25年!4人での最後の来日以来、31年ぶりの武道館!といろいろ歴史的な今回の来日。


image1.PNG

チケットぴあ最速抽選当選^_^

フレディ時代に2度も札幌公演があったのに未だに観ていないクイーン。昔、クイーン・キッス・エアロスミスと言われていた時代がありました。なんと40年目にしてコンプリートです!初めて行く聖地 武道館。自分にとって特別なライブになることはわかっていました。


76A86CDA-8525-4F81-A3C5-1CB4225DBB3F.jpg


千代田区北の丸公園に位置する日本武道館。千代田城(江戸城)の北の丸。武道館は城の中にあるのです。


6420A252-5936-4A5B-83C7-B79EA9F55BC9.jpg

​神聖なる江戸城の現存する田安門がそのまま武道館の正門です。本当の聖地なんです。


94403677-904F-4DAD-8734-A769DF1976BF.jpg


1964年国費で設立し、武道の聖地であると共に、日本を代表するライブ会場としても世界的に有名なブドーカン。気品と威厳に満ちた正六角形のフォルム。50年前のビートルズ公演の時から変わっていない。


696C04C1-92E0-4E82-BC67-F618E78F6CC2.jpg

皆さんこの写真を撮ります。

01FFDFB9-D809-49FF-8932-63DC192C8303.jpg

近い!2階席の4列目でこの近さ。ズーム無しです。こんなに武道館が狭いとは!南東なので正面の南よりも前方で見やすかったかも。最近のライブにしては珍しく写真禁止のアナウンスがうるさい。チケットの値段含めてキョードー東京の評判は悪い。なんとか雰囲気わかるものをと1枚だけ。

ちなみに下のアリーナ席は、グッズ付きで4万です。

武道館ならではの、囲むような一体感を強く感じた。開演前の効果音あたりから歓声と手拍子が鳴り響く。なかなか客電が落ちない、ではなくてファンが盛り上がるのが早過ぎていたのです。本来なら初日だったわけですから、この日のチケットを買って来たファンの思いは特別です。
image2.PNG
あまりにも凄すぎて、最高すぎて感動を伝える言葉を探すのは諦めました。強いて言うなら武道館3日間全部観たかった❗️

よく言う【フレディじゃなければクイーンじゃない】それは当然でしょう。ワタクシは92年のフレディ追悼ライブで、ジョージ・マイケルの歌う【Somebody to Love】が気に入り、ジョージ・マイケルのヴォーカルでクイーンを聴きたいと思っていた。アダム・ランバートはそんなワタクシの理想にぴったり。アダムだからクイーンのライブ行きたいと思った。実をいうとフレディはキャラが強すぎて、そのキワモノ感と言いましょうか、ワタクシ心酔できなかったんで。

アダム最高❗️歌唱力は神がかりで堂々たる歌いぷり。オネエキャラ?な妖艶さも交えたステージング、真っ直ぐなフレディへのリスペクト。今、アダム以上にクイーンの楽曲と世界観を表現できるフロントマンはいないしと思う。超カッコイイ。

ワタクシはクイーンのファンだったことは1度もない( つもり)けど、洋楽を聴き始めてから数年間は毎日ラジオでクイーンを聴いていた。洋楽との出会いや自分の人生の歩み。フレディを亡くしたクイーンの変遷。受け止める重みの違い。単なる音楽ライブじゃなくて自分の人生イベント。誰かが名言していました【クイーンという名のタイムマシン】まさにそうです!


21B756F8-4070-46AD-8345-49C91C8220BD.jpg

セットリストは21日のもの。22日は、

10 . 輝ける日々→ア・カインド・オブ・マジックに変更(うれしい)
17. ショー・マスト・ゴー・オン→無し(えぇ〜残念だわ)

16以外は事前学習不要、ワタクシにも完璧なセトリでした。欲を言えば、ロック系【ナウ・アイム・ヒア】【ワン・ビジョン】も聴きたかった。一番聴きたいのは【I can't live with you(1997 retake版】なんだけど元々無理ですから。

【総括】
ワタクシにとっては残り2人(実はクイーン創設の2人 )ブライアンとロジャーでクイーンを観たと満足している。オリジナルと混同するわけがないのは自明の理だ。今のクイーンとしてのライブはアダムがいてこそ。それを結びつけているのはフレディ愛。クイーンは外タレには珍しく真の日本びいきで、日本のファンとの相思相愛ぶりタップリの演出でファン感涙。陰の功労者が江戸城 日本武道館。



posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ライブ・観劇 | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

nomipon2016



札幌ではオータムフェスト真っ盛りですが、先月の今年で8回目のnomipon 。 さっぽろタパス亡きあと貴重な呑み歩きイベントとなってます。

IMG_8437.JPG

​参加店は若干減り尻すぼみ傾向が感じられなくもないですが、前売りだと5枚チケット3300円でお得なイベントです。有り難い限りです。


​ 【MODENA】
image1.JPG

真サバのカルピオーネ。オシャレです。サバラーなので嬉しいです。

​ 【キッチン オペラ】
image2.JPG

​鴨・きのこマリネ・枝豆しょうゆ漬け。添えられたオリーブも可愛い。


​ 【和顔本館 鶏魚楼】
image3.JPG

ドリンクは焼酎が多かったから九州料理のお店かな?鶏たたきとサバ炙り寿司。何故ギネスビール?(笑 )焼酎を選んだ方が合ったかな?

​ 【ろく六】
image4.JPG

​鶏たたきとギネスの次はグラタンと日本酒。だって日本酒飲みたかったんです。手作りにこだわったグラタンが自慢のお店。月替わりグラタンは、 つくねとゆでたまごでした。グラタンは久しぶりで嬉しいです。


​ 【ホルモン酒場コテツ】
image5.JPG

​枝豆に串6本盛り合わせ。ガッチリ〆ました。凄いボリュームで嬉しいです。

​番外編。

​ 【じゃがいもHOUSE】

image6.JPG

​この皿の大きさを見よ!

image7.JPG

​3種類の唐揚げとポテト。本当にボリュームすごくて、ご飯あれば夕食完了って感じです。お店の形態は変わったけど、じゃがいもハウスとしてワタクシが10代の時からあります。これからも続いて欲しいです。

追記。残念なことに翌月に閉店してしまいました😭


​ 【帰って来ないウルトラセブン】

3C7B06BA-71AF-4C6E-8C9E-6E7CFD72B8FE.jpg

​意味不明ですが・・・涙
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NOMIPON・タパス | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

あさめし前田本舗他

お盆帰省編ですが、旭川も暑くて暑くて外出は控えめ。
 
 【あさめし前田本舗】


暑くてもラーメン食べます。ラーメン山頭火の1号店舗だったところに、創業者が出した実験的店舗という位置づけらしい。
image1.JPG

豊富なメニューの中から 【そばラーメン】を食べてみたかったのです。普通ならラーメンならラーメン、蕎麦なら蕎麦、中途半端は必要無いと考えるワタクシですが、そばラーメン妙に気に入りました。蕎麦粉が入っている麺はコシがあるし、スープもいいとこ取りみたいでかんじ。セットメニューじゃないのにメンマとチャーシューは別皿で(お好みでマヨネーズをとのこと)、ご飯付きでした。

image2.JPG

こちらは“ちぃママ”の 【おろしそばラーメン】
 
ふた昔くらいに札幌でも流行っていた 【山頭火】ワタクシの記憶では旭川で大人気と言うより、旭川以外の人が気に入って広めて流行ったという感じです。21年前に滝川在住の方に引率されて札幌・東京組で同じ場所の山頭火に行って以来の訪問でした。
 
 
​ 【スープカレー香屋】 

image3.JPG
雑誌【HO】毎年恒例の旭川特集で見つけました。 【HO】を実家に置いて来たので記憶があいまいどけど、掲載されていた 【超ベジータ】オクラが6本!緑ばかり目立ちますが、中にはいろいろ入っています。

image4.JPG
​ 
定番メニューらしい 【チキンベジータ】下にもう少し野菜入っています。ちょっとレモングラスにも似た柑橘系の葉っぱとチャツネから成る、特徴的なスープの味わいは好みが分かれるたころかも知れません。

​ 
image5.JPG
【おまけ】
突然、弟登場。キャンプ用に作ったという本格カレーお裾分け。
古い和洋中の食器のままの実家。左が本格カレーで、見えないけど具はヨーグルトに漬けた鶏肉のみ。ドロドロしたのが玉ねぎとトマトで作ったルー。仕上げにカシューナッツをミキサーにかけたものを混ぜていました。右はチキンティッカ。どちらもさすがの本格的な味わいでした。

image6.JPG

こちらはぐっと格が下がるけどワタクシ作成のピーマン料理。大量にピーマンをいただいたとかで、クックパッド見ながらピーマンチャンプルーとピーマンの浅漬け。

image7.JPG

こちらはピーマンと挽き肉と春雨炒め、ピーマンとナスの肉味噌風。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旭川食べ歩き他 | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

リオ五輪終わった

♫​  君だけのたんめぇ〜のヒーロー ♫

安室ちゃんのリオ五輪テーマソングもお別れです。テレビ観れたのはわすがでしたけど、やはりオリンピックは格別です。


​★競泳男子個人400メドレー萩野選手。
最初の金メダル。実力どおり勝つべき人が勝ちました。金メダルもさることながら、銅メダルの瀬戸大也選手のアッケラカンとしたさわやかさは高感度大アップです。


​★体操
ワタクシが一番欲しいと思っていた体操男子団体金メダル。予選は見てられないほどミス連発で表彰台も無理かと思うほどだったので金メダルにはびっくりしました。選手から【アテネ五輪を超えられなかった】と聞いてほくそ笑むワタクシ…そりぁそうでしょう。

女子体操団体戦も4位と大健闘。若い選手が皆元気発剌で明るくて可愛い。常に声かけ合ってハグし合ってチームに活気あって本当に見ていて気持ちよかった。

​★卓球男子
女子ばかり注目される中、水谷選手やりました!個人の銅メダルと団体の銀メダルは快挙と言ってよいのでは。エキサイティングな試合でした。実は今年3月の世界選手権でも男子団体銀取ったことは知りませんでした。やはりオリンピックで勝たないと注目されないんですね。メンバー中でワタクシの好みは、断然丹羽孝希君です。ワタクシ最近はプリンスの影響ですっかり小柄男子が好みなんです。

★卓球女子
団体は、【最低でも銀、最高でも銀】のはずだったので、ワタクシ福原愛の涙にもらい泣きしませんでした。伊藤美誠は大物だ。若い選手の台頭目覚ましいので、これからの勢力図や4年後の代表争いが楽しみ。

ワタクシ的珍プレーは、女子卓球のルクセンブルク代表の53才の選手(中国人)なんで日本人が出ない3回戦が生中継なのか?仕方ないから見たけど面白かった。53才ちゃんは負けたけどロンドン五輪3位の選手に2ゲーム連取。顔も体型もまるでオバさんなんだけど、仕草や表情が豊かで面白かった。

だけど、ヨーロッパの代表が中国人ばかりなのは興ざめです。団体決勝戦の中国対ドイツは選手6人のうち5人が中国人って茶番劇じゃないですか?


​★柔道男子
全階級メダルを獲得は東京五輪以来と言うけど、柔道は東京五輪で初めて採用され、開催地特典的な意味合いもあったかな?当時とは柔道を取り巻く環境がまったく違います。今や柔道大国はフランスです。小学生が体育で柔道を学び、競技人口は日本の3倍とも言われている。とっくの昔に日本の柔道から世界のJUDOになったのに、ずっとこれからも 【日本のお家芸】と言われ続けるので選手達は大変です。全員メダルは本当に立派。

​★男子400mリレー
スーパースター、ウサインボルトの最後の三冠なるかと注目度抜群。今回の日本のメダリストの中で世界的衝撃は一番かと思います。北京で銅メダル取った時は、優勝候補のアメリカやイギリスが途中棄権(バトン落としたか?)や失格で決勝進出ならず、棚からぼた餅的な幸運もありました。

今回アメリカは決勝レース後に失格になったけど、日本は繰上げ銀メダルではなく、タイムでアメリカに勝ったことは大きなポイントです。あまりに日本のバトンパスが注目されすぎて、他国(特に中国)に研究されそうな感じですが。

​★シンクロナイズドスイミングはメダル奪還できて、辛い練習に耐えた選手が報われてことはよかったと思います。井村鬼コーチが厳しいのは有名だけど、そもそも水中で逆さ吊りになって息止めるとか、練習自体がスポーツというより拷問としか思えず。

★その他。バドミントン女子ダブルスの金メダルの試合含めて逆転勝ちも多く若い選手達頼もしかったです。大人と子供のような身長差で健闘したら女子バスケ、上半身の肉体美が凄まじい水球選手。予想を遥かに超える大活躍でした。

さて4年後の2020年の東京五輪が楽しみと言いたいところですが、なんで一番猛暑の時期に開催するのか?なんでもIOCの放映権収入の都合らしい。暑いし大変だし見に行く気はなし。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ観戦 | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

旭川西武閉店・六花亭神楽岡店



今年9月末をもって閉店が決まった旭川西武。


IMG_8404.JPG

​B館。1975年に開店した時は1館だけです。買物公園誕生から3年、それはそれは活気がありました。

image1.JPG

​A館。1978年だと思いますが、中通りを隔てて隣にAMS(旭川緑屋ショッピングセンター)開店。それからさほど経たずにAMSが西武になり、現在まで続くA館B館体制となりました。

image2.JPG

​3箇所通路で繋がっています。母親世代のように 【まるいさん】への愛着がないワタクシ…西武は良く利用しました。B館9階にはコミュニティカレッジのと言ってカルチャーセンターがありました。同じフロアにはライブスタジオもあって、1987年に聖飢魔IIを観ています。デーモン閣下の20代の時の美声を生で聴いているんですからスゴイでしょ〜懐かしいな。

image3.JPG

コーチ、ルイヴィトンのショップ。シャネル・クリニーク・ディオール・クレドポー・クラランス等の高級コスメご並ぶA館1階。

image4.JPG

​4階の婦人ミッシーファッションフロア。なかなか高級です。さらに上階には特選ファッションフロアがあり、昔同級生が大学サンローランショップにいました。

昔とは流通・購入が劇的に変わり百貨店の時代でへないと言われて久しい。若者が無理してDCブランドを買っていた時代からは様変わりしました。世はファストファッション全盛です。しかもどんどん衰退傾向の旭川ですし・・・とうとうその日が来たかというところなのでしょうか?

しかしながらブランドショップが根こそぎなくなってしまうのは、消費文化レベル的にもつまんない街になるなぁ〜テナントのお店や従業員は大変だと思います。丸井も西武も旭川から消えるのか・・・こんな巨大なビルが廃墟になってしまうのか・・・と虚無感に包まれます。


追記。廃墟にはならないようですね。旭川在住のお友達が教えてくれました。

どんどん暗くなるので新規開店の話題を。


image5.JPG

ことし3月にオープンした六花亭 神楽岡店

image6.JPG

​向かいには神楽岡公園、プラタナス並木の景観になじんでる感じです。中はそれほどでもないです。目新しい物は無く併設のカフェては売り場と一体化していますし。

image7.JPG

​【SUN蔵人】昔旭川にあった造り酒屋の石倉を利用しています。ワタクシはこちらの方がすきです。なんといっても地元のお店ですしね。

999FFC74-B63B-4A54-A554-8075A4514E18.jpg

​何度もブログに載せているけど、ワタクシが愛して止まない、向かい側の神楽岡公園のウォーキングコース。

2FFDAEB9-E406-41A7-BDCC-66425EB6DDC4.jpg

​ちょうど六花亭の向かいには蓮の花が咲く池があります。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 旭川食べ歩き他 | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

【No.1〜4 】


今年のワタクシのテーマ  ソーイング。忘備録

 【No.0】

IMG_7743.JPG

自分のポテンシャルを過小評価したばかりに、練習用に着たくもないデザイン、多分パッチワーク用なのか?安い生地で作ってしまったスモック。作品No.を付与することをワタクシ拒否します。

​これからの紹介では 【No.0】はなかったものとして扱います。

​ 【No.1】


697998C6-BCD1-4797-8440-D2BECF950956.jpg

スモックの反動からか?一気に生地代は4倍、綿ローン生地。襟も付けちゃいました。どんな生地で作っても労力は同じなので気に入った生地で作りたいものです。

image1.JPG

​この型紙で作りました。市販と言ってもそのまま使えるわけではなく、コレは縫い代込みなので、縫い線を付ける作業がありました。


image1.JPG

​何度も何度も説明書見ながらなんとかできました。丁寧な解説があればなんだってできる自信はあります。

​ 【No.2】

image3.JPG

​順番では4作目なんですが分類上、類似のものを続けます。 【No.1】の型紙のアレンジでスタンドカラーバージョン。同じ型紙で作るのでラクでした。袖と見頃が繋がっているので初心者向けですね。

​ 【No.3】

image1.JPG

​前をリボンで結ぶデザイン。3月にカナリアワゴンで1280円の生地だけど、元値は高そうで気に入ってます。化繊で色も質感も秋用なので着用はこれから。


image7.JPG

​こちらの型紙なんですが、早くもアレンジ開始。ゴムを袖口につけないで裾につけました。

​ 【No.4】

2C405DFF-691E-433A-A01E-DB75B9E3B011.jpg

​この部分的に透け透けな生地が気に入ったものの、出来上がるとおばさん風だったので、数回着用後にボタンを付けて“ちぃママ”に野菜のお礼に送りました。

​何かにつけて親孝行を強調する恩着せがましいワタクシ…“ちぃママ”からのお礼の連絡がないので、届いた?と督促の電話をしました。玄関見たら届いていたというので、受話器(スマホだけど)を握ったまま、開けてみて開けてみて!と強制するワタクシ。

あらぁ〜こういうのが一番欲しかったの〜お腹もお尻も隠せるしぃ〜“ちぃママ”それはそれは喜んでおりました。もっともこの場面で喜ぶ以外の選択肢は残されていないですが。

ソレ作ってあげたんだから〜どこまでも恩着せがましいワタクシ。

image4.JPG

​NHKテキスト 【すてきにハンドメイド】4月号より。テキストでは首回りは共布バイアス処理ですが、ワタクシ見返しを付けました。

​ 【No.1〜3】の型紙は1000円もします。1着ごとに千円の型紙なんて無理だし、市販の型紙の種類は限られているので、ソーイング本や雑誌を買いました。

だからと言って作ったのは、すぐ着られることを優先して簡単なものです。続きは次回に。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

エルスカランチ

​ブログ更新が滞っているのはソーイングのせいです。

繋ぎにランチを。

札幌市中央区南3条西6丁目 【エルスカ】


IMG_8183.JPG

​狸小路の一本南側の路面店。メインは夜のお店ですが、ランチセットはとてもリーズナブル。ピザとサンドウィッチが二種づつ。どれもサラダの代わりに根菜中心の温野菜とバーニャカウダソースが付きます。


40B4589C-4014-4D66-82A8-B100344DB34C.jpg


​半熟卵のピザ。生地も好みの感じです。


image2.JPG

こちらは自家製ベーコンのサンドウィッチ。ええとパンの内側はカリっと焼けてます。特筆すべきはスモーキーな厚切りベーコン。脂身も多いんだけどスモーキーな味わいで美味しくいただきました。

ドリンク付きで800円は驚きです。コーヒーも美味しく、松田龍平似(ワンレングス長髪&眼鏡バージョン)のサービスのお兄さんがガテマラですと。

※ソーイングに夢中になるあまりに生活のリズムも狂ってしまったワタクシ…ほどほどにしないといけません。
posted by ちぃさま at 08:37| Comment(2) | TrackBack(0) | イタリアン・ダイニング | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

ラーメン2016前半

​今年のラーメン。近場の店ばかり行くので、あまり増えない新規&久しぶり編。

 【ラーメンツバメ】

667AD503-5294-4DE9-A789-E6BDADB3E3A8.jpg

​市電石山通に昨年11月オープン。【飛燕】のセカンドブランド?皆さん絶賛しているようですが・・・丼(どんぶり)の形状や模様がラーメン向きではないように感じる。

image5.JPG

​上が中華そば。下が肉中華そば。やはり丼が蕎麦かウドンみたいだな。

 【ラーメンふくや】

琴似の旭川ラーメン 【ななし】の大将が二十四軒で営む、驚異のワンコインラーメン。

image3.JPG

 【塩】500円  嬉しいです。

image4.JPG

​ 【しょうゆ】500円  嬉しいです。


​ 【麺エイジヒラギシベース】

久しぶりに行きました、向かいのSEIYUに安い家電を探すついでに。

image2.JPG

​ 【あっさり醤油】メンマがゴボウに変わっていてびっくり!見た目も平凡な感じ。このために並ぶのはもうイヤだな。ポイントカードがあった時は毎週行ってた時期がなつかしい。目当のSEIYUは家電の売場が改装工事中でガッカリしました。

​ 【いせのじょう】白石区の人気店がサツエキ高架下に支店を出したとのことで、遅い昼休みに行ってきました。

IMG_8146.JPG

​ 【中華そば】値段も控えめなので小さい丼でした。食後のお薬(シミ用)飲もうとしたら水を下げられてしまった。

なんだか 【ふくや】以外はネガティヴキャンペーンみたいで良くないですね。ワタクシちょっとお疲れモードなんです。

追加でお口直しの一杯を

静修学園前の 【麺屋169 】

BAF8959C-B105-4A51-B456-5B64C3818071.jpg

​夏限定の 【冷たい黒トリュフラーメン】

さっぱりとしてバランスの取れた一杯。こちらのお店、Rettyの全国300軒に選ばれました。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | らーめん・麺類 | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

ビートルズ来日50周年


昨年、ポール・マッカートニーが49年ぶりの武道館公演ということで、その高額チケットと共に話題になった。ということは今年がビートルズ来日50年。

8BC317D7-E171-411D-B000-657C4D9A3B69.png

​1966年6月29日に来日して、30日〜2日の間に5回公演、7月3日に離日。HNKでも当時の警備指揮官、カメラマン浅井慎平が語る番組放送してました。東京では展示イベントも行われたそうです。警備の厳しさと監禁ぶりは驚きです。

来日の経緯や社会情勢を読んだら興味深かった。ビートルズ側のギャラは安くていいからなんとしても日本に行きたい!という意向無しにはあり得なかった来日だと思う。来日のすぐ後には 【もうライブしません】宣言し容貌も激変し音楽性も変わった。この機会を逃すと永遠にビートルズの来日は無く、絶好の唯一のタイミングで史上最高のスーパースター・スーパーアイドルを日本で体験できたことは、音楽史的にも昭和史的にも大きな価値のある来日だったと思う。たとえアリーナには客を入れず、客電付けたままのライブであってもです。

記者会見も紋切り型の質問に対してのユニークな受け答えやポールのカッコイイこと。メンバーの服装の華やかこと。黒船以来の衝撃だったことでしょう。

image5.PNG

​ワタクシにとって、早朝の羽田空港のタラップ、ヒルトン東京、武道館公演の興奮とノスタルジーは1976年のベイシティローラーズの初来日のことです。写真はもちろんビートルズ。

その頃、ビートルズは偉大だ〜偉大なビートルズと言われるだけでウンザリ。ラジオで聴くだけで十分でした。ローラーズは論外として、青春はリアルタイムの音楽ですよ!ポールのバンドのウイングスが全盛期だったので、そっちの方がビートルズよりも思い出深いかも。


image1.JPG

​そんなワタクシも音楽生活?の総決算というか去年東京ドームにポールを観に行き、感動しましてね。帰ってからビートルズのCD 【アビイロード】を買ってしまいました。だってポールのライブのラストの構成が 【アビイロード】のプロモーションのようなものですから。

image2.JPGimage3.JPG

​それでポールのソロ作品を買ったり・・・

35B0C789-0A4A-4B1F-86A8-4C17AA745433.jpg

​昨年末話題になったビートルズのNO.1ソングを集めた 【1】ブルーレイ付きのを買ってしまい・・・本当に若い時のポールはカッコいい。まさかこれからビートルズを聴きだすのか?う〜んと思っていたところにマドンナライブでした。

3DB46FAB-4FF3-4B1E-AE2C-6ABAE154A0FA.jpg

これも帰ってから買った11枚組の超格安セット。薄手の紙ジャケだけなので収納の邪魔にならずよいです。やはり4作目までが超なつかしく好きでした。

プリンスが参加している曲があり、そういえばプリンスはどうしているのかな?マイペースでやっているのかな?と思ったものの検索してみるということもしなかった。それくらい忘れている存在なのに急死のニュースがショックで、なんなんだこの喪失感は!と思っているうちにプリンス祭りなワタクシ…

FDDF7FF6-ED8C-4072-99BA-83D023F7F812.jpg


​何故か1枚だけリアルタイムで買って持っていました。1992年のタイトルが無く変な記号で通称 【ラブシンボル】と呼ばれている作品。その頃ワタクシはCDバブルでタワーレコードで輸入盤をよく買っていたのです。

プリンスはこの2年後にアーティスト名を記号に変えたところまでは記憶しており、その後の活動は全く不知。21世紀になってまたプリンスに戻したそうです。


17993BD6-AB89-4F3A-BC6C-F3F61F20B4C3.jpg

​1982年発表の 【1999】から88年の 【ラブセクシー】まで今のところ購入。


88D764E0-1880-436A-A323-477FC5BE7295.jpg

​追悼特集本と、86年の 傑作【サインオブタイムス(CD左下)】のライブ映画のブルーレイ。もう大熱演で大変です。

実は昔(数年前)突如KISS(というよりポール・スタンレー)にハマった過去はなかったことにしたいワタクシ…またすぐ冷めると恥ずかしいからプリンスの素晴らしさは語りません。

posted by ちぃさま at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ライブ・観劇 | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

さっぽろタパス有終の美

​さっぽろタパス  11回目の今年で最後でした。

最後なのでいろいろ回りたい気持があるものの、プリンスとソーイングで忙しいワタクシ…5枚チケットのみ購入。

image1.JPG
​ 【オニョン】待ち合わせ&作戦会議を兼ねて。ワインもタパスも選べて豪華です。
 
image2.JPG
【南三条バル+】醸造酒:日本酒(純米酒のみ)とワインにこだわった昨年オープンしたお店。好みを伝えて、二世古?をグラスでいただきます。
image3.JPG
下が切れてしまったのでもう一枚。パンツェロッティ(揚げピザ)、川エビのかき揚げ、浅漬けピクルス。
image4.JPG
 ​ 【ヨルコワリ】前売りDescoだったところが、名前を変えて焼き鳥モードの店になったらしい。アスパラ、鹿すき焼き串?ビールをいただいました。
image5.JPG
​ 【ワイン酒場アルト】タパスは豊富なメニューから3品選べて、ワインも選べて、イタリアの赤を。
image6.JPG
​ 【メリメロ】5件目はデザートを。ニンジンとパイナップルの胡椒を効かせたカクテル、ジャスミン茶アイスやオレンジクリームの下はちょっとナッツ系?
 
​有終の美にふさわしい〆になりました。
去年10周年でした。まさかその翌年で終わるとは思ってなかった。毎年の恒例行事でしたから寂しい気もしますが、何事にも終わりがありますからね。
第1回目から参加して十分楽しまさせていただきました。
 
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NOMIPON・タパス | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

MANAMI MORITA BIG BND

​川越観光の後は、彩の国さいたま芸術劇場でジャズピアニストの森田真奈美さんのライブ。

FullSizeRender.jpg
​森田真奈美の名前は知らなくても曲は知っている人多いのでは?3月で終了した古舘伊知郎氏の報道ステーションのオープニングのピアノ曲は彼女のオリジナルです。

さほど見ていたわけでは無いのですが、番組が終わるので誰の曲なのか?と検索して、 作者と【I am】という曲名を知りました。ついでに森田真奈美さんは、昨年活動の場をアメリカから日本に移し、5月にビックバンドを従えてのライブを行うと知りました。

​今回、昨年11月から半年で4回目の東京です。旅なら別のところに行きたいけれど、ふるさと納税の景品のピーチ航空のポイントの有効期限が迫ってきました。それで川越セットと、ライブを組み合わせたというわけなんです。初LCCちょっと緊張しましたがスムーズでした。成田空港利用は17年ぶりです。都内〜成田空港のアクセスも便利で安くなっていることに驚きました。

image2.JPG

​事前にファーストアルバム 【Colors】と 【I am】を購入。どちらもとても気に入っています。

image1.JPG

​さいたま芸術劇場と名がついているものの、最寄りの与野本町駅周辺は、大変ゆったりした所でした。会場は小ホール。2/3円形に囲むような客席の素敵な会場でした。

image3.JPG


新作 【Naked Coversation】リリース

​ライブは一部がトリオ編成、二部が13人のホーン奏者とトリオのビッグバンド編成。更にニューヨークから(森田さんの友人らしい)美人さんボーカリスト登場。ビッグバンドを聴きたいわけではなかったけど、豪華で音のバリエーションも豊かで、聴きごたえのある楽しいライブでした。

かなり前から構想はあったようです。自分の曲をビッグバンド用にアレンジするって凄いと思うんですけど、アレンジャーとしての腕の見せどころというか聴かせどころで、力の入れようが伝わってきます。 【魂をこめた】と言っていたような。これでチケット代4500円とは申し訳ないくらいでした。

​しかしながら・・・実は一番聴きたかった 【I am】はちょこっとだけで。そこはやはり残念だったので新作CDは買わずに帰ったんですけど。ぜひ札幌シティジャズで聴きたいです。


2AEBE134-3460-46C4-9593-2A8B456F827B.jpg

​2月に続いてまたもや上野に宿泊。今年開業した 【ホテルライフツリー上野】今風のビルの高層階がホテル。東京はホテル代も高くて大変です。立派でなくていいので、できるだけ新しいところがいいです。23階の部屋からスカイツリーがバッチリ見えました。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ライブ・観劇 | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

川越小江戸・本丸御殿

​TV 【アド街ック天国 】を見るまで 川越に 【小江戸】があることを知りませんでした。かなり有名らしいので、川越城本丸御殿とセットで見にいきました。

IMG_8056.PNG

​ 【蔵造りの町並み】明治の川越大火の後、耐火建築である 【蔵造り】が採用されたことによるもので、現在も30軒以上の蔵造りが連ねます。



image1.JPG

巡回バスもあり大変な賑わいです。名物の芋や醤油を使ったお菓子などのお店がズラリと並びます。路線バスもビュンビュン走っていて落ち着かないけど、電柱・電線がないので非常に気待ちよいです。


image2.JPG

​シンボルの 【時の鐘】が工事中で姿が見れなかったのは残念です。札幌の時計台のようなものでしょうか?地元の人にとっては、なんでこんな物の写真撮って面白いのかみたいな( 笑 )

川越城本丸御殿に向かいます。

image5.JPG

​川越城の歴史とかはさっぱり興味湧きませんが、現存する本丸御殿は大変貴重なので見れて嬉しいです。

image3.JPG

​16棟もあった建物のうち現存するのはわずか。

image7.JPG

​広間

image4.JPG

​家老の屋敷の中庭って感じです。と思って調べたら、現存するのは玄関と家老詰所だそうです。

image6.JPG

​旧前田侯爵邸の和館と比べると質素です。


5A4FE21D-6007-4076-BB1E-7A2EE412EFC2.jpg


これで国内に現存する御殿建築は全て行ったことになります。二条城(二の丸御殿)、掛川城(二の丸御殿)、高知城(本丸御殿)、川越城(本丸御殿)わずか4箇所しか残っていません。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(東京) | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

旧前田本邸


沢山ある歴史的建造物、洋館の中でもひときわワタクシの思い入れが強い。加賀百万石当主:旧前田侯爵邸。前田家の長女の酒井美意子先生の自伝的著書【ある華族の昭和史】に心酔たことは何度も書きました。前回工事中だった和館を見たくて行きました。

IMG_7937.JPG

​正門。東大駒場キャンパスと閑静な住宅地に囲まれた環境のよいところです。建物含む4万平米の敷地を、駒場公園として目黒区で管理されています。目黒区立公園の中で二番目の面積だとか。

image1.JPG

​門を一歩入ると森の匂いがします。鳥や虫の声が響きます。

A94C8962-329B-422B-8C71-32850D5E77B8.jpg

イギリスのチューダー様式(イギリス後期のゴシック様式を簡略化したもの)を取り入れたのは、侯爵がロンドンに武官として駐在していた影響かな?と推察します。

D68EC729-2142-41A0-999E-774D9E6C950B.jpg

​格式の高さが漂います。北大博物館ではありません。

image3.JPG

​大食堂。世界の要人を招いて繰り広げられた煌びやかな晩餐会を、想像力を駆使して一人バーチャル再現するワタクシ…

image4.JPG


image5.JPG

​娘時代の美意子先生は、オペラごっこを楽しんだりしていました。

image6.JPG

​二階はこんな感じで家族の部屋が並びます。
A34DC85A-0F22-493E-8F29-0B3688CA5A01.jpg

​家族用の食堂は一階にあるものの、いわゆる居間はありません。朝食は各自部屋でいただくのです。一番広い夫人室が居間の役割も果たしていたようです。あ〜あ、本に書かれているあの事は、ここで美意子先生がマミ(旧姫路藩出から輿入れした母親)におねだりしていたのね。

image8.JPG

​子供部屋の中では格段に広い、美意子先生の部屋。もう少し待てばガイドさんによる館内案内があったのですが、きっとワタクシの方が詳しいでしょうから。

image7.JPG

​裏側からバルコニーを。二階の家族の部屋も外はバルコニーで繋がっています。

image11.JPG

​左右に二つ羽を広げたライオン?

緑の最盛期だと木が建物の邪魔になるので、行くなら冬かなと思っていましたが、なんと!洋館は7月から2年ほど改装工事で閉館するのでしばらく見れません。

image9.JPG

​隣接する和館。

image10.JPG

​お雛祭りには灯籠を灯して幻想的な様子を想像してみました。重厚な床の間、欄間の透かし彫り。係の方が教えてくれた殿様(侯爵)の座る位置からの庭の眺めにうっとりしておりました。

洋館・和館共に、米軍接収・公共機関使用を経て、建物が保存されていることは本当にありがたいことです。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅&城(東京) | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

USAGIYA

​オシャレなカフェ風の旭川のお茶屋さんができていましと。帰省時に立ち寄りしました。

IMG_7832.JPG

​旭川市一条通10丁目。旭川の老舗のお茶店【吉川園】さん。ガラス張りで中が見えます。

image2.JPG

​中は可愛いのですが、結構スタイリッシュに作りこまれています。

image1.JPG

​いただいたのは柚子煎茶だったかな?テーバックでたっぷり。買い物とか給茶カードのお客さんとか、結構ひっきりなしにいらしていました。

image3.JPG

​すぐ近くにはこんなレトロな家具屋さん。


image4.JPG

​閉店が決まった旭川西武、手前がB館、奥がA館。ワタクシはもう旭川の住民ではないけどかなりのショックです。昨年3月にオープンした駅直結のイオンモールの影響です。ますます寂れたつまんない街になっていくのですね・・・無力感。

image5.JPG

​5月5日は“ちぃママ”のお誕生日。お祝いランチをしました。

image7.JPG

​ワタクシからの誕生プレゼントはなんとYAMAHAの電子ピアノ。“ちぃママ”は姪っ子ちゃんが置いていったキーボードをいじっているうちに、ピアノを習い始めてしまっていたんです。誕生日まで待てないと言うから、フライングで3月に買ったものを、ワタクシ今回初対面しました。

写真は届いた日の“ちぃママ”からの写メ。バイエルの上巻から始めて、毎日の練習を欠かさず、今は下巻に突入して両手で弾いていたのには驚きです。

“ちぃママ”の挑戦はまだまだ続く。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 旭川食べ歩き他 | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

和食 古今山久

念願叶って初訪問。
札幌市中央区南3条西8丁目  大洋ビル

IMG_7807.JPG

​半分回転扉のような意表を突く入り口。

image1.JPG

​ 【先付】ホワイトアスパラガスと雲丹。左側にはキャベツ豆腐。

image2.JPG

​ 【吸い物】桜湯葉のすり流し。中にはホタルイカの天ぷら、大きな蛤、ウド。

image3.JPG

​ 【造り】お造りはマグロとハタ(クジだかクエに似たスズキ系)醤油のムースが添えられています。


image4.JPG

​ 【温物】カリフラワーの茶碗蒸し。フカヒレあんかけ。

image5.JPG

​ 【煮物】鯛の子と若竹煮。

1F0D1B6B-1F9E-4A59-A44B-9F8151E99946.jpg

 【焼き物】桜鱒の西京焼き   手前はカラスミ  右に日本酒の器を乗せて。

image6.JPG

​ 【お浸し】季節の野菜のおひたし。


image7.JPG

​ 【食事】まぐろ丼ぶり   赤だし。

image8.JPG

​ 【デザート】いちごのムースと黒糖アイス。

​至極満足でございました。

image10.JPG

​素敵なお店ばかりのビル。同じフロアに同じく和食の 【のびる】さん

EDE4E4B3-4123-4861-89BB-1C355CB54790.png

​去年いただいた時のものです。



posted by ちぃさま at 13:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 和食・寿司 | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

モード系への道


姫路旅行から帰って来てから、宣言どおりモード系を始動しました。

IMG_7725.JPG

​いろいろ迷いましたが、買ったミシンはJUKIのドレスメイクエクシード400

image1.JPG

​家庭用ミシンとしては大きく重さは10キロもあります。

image2.JPG

​何も作るもの決めていないのに、3月のカナリアのバーゲンで生地だけいろいろ買ってしまった。

image4.JPG

​裁断用にと特大のカッターマットを購入。

image3.JPG

本やソーイング雑誌をいろいろ買って眺めるばかりで、とにかく一作目を!ということで型紙を買うことに。買った生地が作品見本と似ていて簡単そうなので。生地は格安なものの、型紙・チャコペーパー・糸・ルレットだけで軽く2千円。

image2.JPG

​とにかく道具にお金かかります。型紙を押さえる専用重石なんて買いません!缶詰と五百円玉をラップで包んだもので代用しました。

image3.JPG

​とにかく面倒、手間がかかります。縫う前に裁断と印付け作業が大変です。

image5.JPG

​型紙に付いてる説明書を頼りに作業開始。前身頃・後身頃・袖・ヨークを縫い合わせるのですが・・・

image8.JPG

首のところは切込みを入れるのが常識らしい。

94099140-B060-4305-9A63-8573CD3066D4.jpg

​附属品のテーブルを付けるとぐんと使いやすいです。ミシンテーブルの天板は90センチですから大きさがわかると思います。

image6.JPG

​ギャザー寄せて縫い合わせて返してこんな感じ。

image7.JPG

​まるでスモックですね。お子さまが着たらかわいいんだろうけど、ワタクシたと割烹着ですわ。それにしても気に食わない。

スモックが好きでないし、黄色のぽわ〜とした模様も好きでないけど、なんと言っても生地の質。最初は失敗するだろうと練習用に1メートル390円の安い生地を買ってしまった。ガパガパでゴワゴワなのにヨレヨレでシワシワ。同じスモックでも、シャラシャラでトローンとした生地なら全然違っていたはずです。初めての木工でも観音開き扉のテレビ台だって作れたワタクシ・・・何故自分の器用さや情熱を信じないのか?自己評価の低さが失敗のすべての原因でした。

生地の種類も多くて訳わからんです。いろいろ覚えることが多くて大変そうだけど、ワタクシあきらめません!やっとモード系への道を歩み始めました。ほろ苦い第一歩ではありましたけど。気に入らない〜!とむずがるワタクシをなだめてくれた友人や同僚の言葉はありがたい。

posted by ちぃさま at 17:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする