2019年01月18日

スタンドクラシック

​旅先でもルーティンもワタクシ…姫路では毎度の日本酒立ち飲み【試】。
ワタクシ的関西の玄関口神戸三宮では日本酒立ち飲みバー【スタンドclassic】


6B9076D1-9316-4911-BE4E-E497838EF2EB.jpg

三宮阪急の高架下。この狭いところにぎっしり庶民的なお店が並びます。

F014D586-7481-40E8-8025-D6F1D54493A7.jpg

ドアを開け階段を上ります。

DE116B6D-CC7E-4465-AD4B-F7AE133ACBE9.jpg

お店へ二階。


5451D920-DBE3-4EF8-B751-F76B42B217ED.jpg

なんともレトロでモダンな雰囲気のある店内です。BGMはJAZZ。


CB1FB140-3E76-472E-948D-E64457FDC9F5.jpg

右のボードを上げればテーブルになります。階段を上って日本酒持ってきます。

D48707C0-CF57-42EF-B12C-A48869D81DD2.jpg

日本酒庫

7401D7D5-A22D-40E4-8E60-DF7D58F77649.jpg

CC5C59A8-1133-43F3-9943-B14457A8CFF0.jpg

359849E1-6CB8-4589-89F1-55A6B5F838E6.jpg

丸いシールは値段毎の色です。蔵までいくのが面倒なので、日替わり?週替わりかわからないけど4種類ほどその場で頼めるおすすめ(安め)を頼んだりもします。

299EE9AD-2FF2-4699-83CC-05722A751FFA.jpg

フードもオシャレで趣味がよい。生湯葉ポン酢と酒盗クリームチーズ。

8AE71906-67AC-43BE-AA09-D2172D441B32.jpg

これだけが今回の写真。本日のおススメのシメサバ刺身は最高でした。ワタクシ…酢と砂糖の効いた白っぽいシメサバだとがっかりなんですけど、これは限りなく生っぽくて血合の色も鮮やかで、どんだけ新鮮なのか?おかわりしたいほどだけど一杯で引き揚げる。





posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(兵庫) | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

2018年振り返りと2019年予定

さてさて今年15周年を迎える宝塚歌劇団。100周年で一気に加速したブームが高止まりのまま、2018年は過去最高の観客動員数を記録。

EF643BB1-D1FA-4DE9-9DED-A8CB54B28B35.jpg

⬛︎2018年宝塚観劇まとめ

1月。東京宝塚劇場  雪組【ひかりふる路/Super voyager 】

2月。宝塚大劇場  花組【ポーの一族】

2月。中日劇場  星組【うたかたの恋/ブーケドタカラヅカ】

4月。宝塚大劇場  宙組【天は赤い河のほとり/シトラスの風】

4月。札幌ニトリホール   雪組全国ツアー【誠の群像/Super voyager 】

5月。博多座  花組【あかねさす紫の花/サンテ!最高級ワインを貴方に】

6月。東京宝塚劇場  宙組【天は赤い河のほとり/シトラスの風】✖️2回(ラムセスリピート遠征)


9月。東京日本青年館ホール  星組【サンダーボルト ファンタジー/キラールージュ】

9月。東京宝塚劇場  花組【メサイア/ビューティフル ガーデン】

10月。宝塚大劇場  宙組  【白鷺城/ダビンチ】

12月。福岡市民会館  花組全国ツアー【メランコリック ジゴロ/エキサイター2018】

11回だけど【天は赤い河のほとり】がリピートのため、10公演。2月と9月は“ちぃママ”親孝行を兼ねて一度の遠征で2作観たので遠征は8回。

好きなスターは次々と各組ごとに増えていきます。なんと言っても【ポーの一族】は衝撃的でした。エドガーを演じる明日海りおが後ろ向きでセリ上がり、振り向きざまに手に持った一輪のバラに口づけ・・・そのまま🎵極上の美〜永遠の命🎵と歌いあげるその声。これが明日海りおか・・・とうとうみりおを観た〜❣️とゾクゾクしましたもの。

最大の萌えは芹香斗亜のエジプトの将軍 ラムセスでした。今一番気になるのは花組のマッスルエリート 水美舞斗(マイティ)。昨年のバウホール主演の【セニョール・クルゼイロ】を観て本気で惚れない人はいないでしょ( 笑 )本当に生で観たかった。



⬛️  2019年予定

これだけハマりまくると冷める日も近い予感?好きなうちは今年も行きます。既に5作品と全国ツアー札幌公演確保済みです。その後はどうしても観たいのは明日海りお 花組。

634F7AAF-CFBC-4290-A177-B67550A2A770.jpg

最初に行くのは元旦から公演中の星組【霧深きエルベのほとり/エストレージャス】

お芝居もショーもあまり期待していないですけど、ワタクシの初恋の人  七海ひろきの退団公演なので見納めです。

あとはやはり宝塚劇場の空間や美しい舞台が【観る点滴、観るコラーゲン】みたいな美容効果があるような気がするんです( 笑 )

ヅカ生活ばかり充実していて、それ以外はますます引きこもりなワタクシ…行動パターンもすっかり決まってしまった。衝動に駆られて土日で福岡遠征するくせに、いつものルーティンを崩す行動力が湧かない。今年は少しもがいて自分の殻を破りたいです( 笑 )

あとはヅカ以外の音楽のライブをそろそろ行きたい。


posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 宝塚 | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

福岡城

福岡土日弾丸ツアー2日目。福岡城だけ行ってきました。

CB7E1AEF-A2C7-4CE5-9E6B-C9195E324A96.jpg

地下鉄からすぐの下の橋大手門

1F0E15FE-FA26-4404-AC78-66323242BB09.jpg

内側。

D6821A4F-50E5-4CF3-A2EF-243DB89323C3.jpg

先に進むと平和台陸上競技場。あっ今日が福岡国際マラソンか!そうでした、第72回という伝統ある大会が12月に行われていることは知っていました。

忘れもしない1979年大会。まだ早稲田の学生だった瀬古俊彦の後ろにピタッと旭化成の双子の宗兄弟がついたまま3人の独走。瀬古がスパートをかけて一気に抜けたのは40キロあたりでしょうか?

瀬古がゴール後、スタンド客が前のめりになって差し出す手にタッチしながらのウイニングランは風物詩となっていた。翌年のモスクワ五輪での瀬古の金メダル、いや日本選手の表彰台独占を確信したものでした。ヴォイコットによる不参加がなければ実現したと今でも思っている。

さてさて、福岡城内はとてつもなく広く、大手門から競技場を挟んで城郭群が並びます。

02DA5B1A-2278-4F2B-A028-70408B9B5EC4.jpg


表御門後


DA3D3A85-55E8-4151-BA75-0293CE6CF938.jpg

祈念櫓

7C286FFD-1C5E-4163-91B0-61BF96024801.jpg

裏御門跡

DEF3A5EE-0CE3-4E70-B48E-B7B883199481.jpg

ワタクシ…石垣だけでなく石畳にも萌え萌えする習性があるようです。


9CF95D1F-D7D1-4338-BAE2-AAF7D9460363.jpg

鉄御門跡

48755DAA-37A5-4DB1-BA40-270F8CB8C240.jpg

21BDC4AB-C9D0-482A-8582-447622529887.jpg

多聞櫓

EBB1ED3B-90F9-4A74-8661-4923C6234BE1.jpg

外から。

716DE892-232A-466F-B8DB-9D49930F464F.jpg

とにかく広くていいここまではきたら戻るのは大変。入場したところとは反対側からバスで博多駅に向かった。

EDFDC8BE-CC2B-430E-B1DA-F6CDDA6D272F.jpg

福岡空港のフードコートでうどんを食べ、


78B2C66F-895D-4559-8D21-4CDE004B41ED.jpg

ピーチの機内でワイン。おつまみの量が多いです。

まさか15年ぶりの福岡に一年に2回も福岡に行くとは・・・飛行機は安いし空港から博多駅まで地下鉄2駅と近いので、ワタクシの中では京都に行くよりもハードル低いかも。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(福岡・鹿児島) | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

花組全国ツアー【メランコリック ジゴロ】

11月 にスカステで放映された昨年の別箱公演【はいからさんが通る】伊集院少尉を演じる主演の柚香光(ゆずか  れい)に胸キュンになってしまった。柚香 光主演の花組全国ツアーが始まり、土日で行けるなら!と急遽福岡参戦を決意し、そこそこ良い席が許容範囲だったので一気に転売サイトでの購入、Peach予約、ホテル予約を敢行したのが公演の7日前。

最近おつかれモードなワタクシ・・・こんな衝動に駆られるエネルギーがあったのかと驚く。

トップオブトップス  明日海りお率いる今が充実期の花組は今回4分割。若手メンバー中心の全国ツアーは、SNSでは未熟だの、元々不安視されていた光ちゃんの歌唱力に結構手厳しいコメントも多く、ワタクシ早まったかな〜とチラっと思ったりしたけど、とにかくキュンキュン初志貫徹あるのみ‼️

その結果は・・・​キュン死しました❣️
 
★キュン死ドキュメント★

12月1日(土曜日)

13時30分:定刻から15分遅れで千歳空港発
15時55分:定刻より5分早く福岡空港着。地下鉄で福岡の繁華街  天神駅へ。12月なのに20度に届かんばかりの暖かさ。

行程は順調なのでラーメン食べる時間ありそうです。天神からバスで会場に向かうつもりなのでバス停エリアを歩いてラーメン店を探します。

【楽勝ラーメン】

365708FA-2C13-4E68-87B7-D2596C753DDB.jpg

ぐるぐる歩いてようやく目に飛びきたのが390円ラーメンでした。

705BE614-D560-4BB9-B8CB-21F44FD56284.jpg

弾丸ツアー唯一のグルメらしきものが390円ラーメンでした。福岡でラーメン食べる🍜ことに意味があるんです。

この手のラーメンは替え玉ありき?量も具材も札幌で食べるラーメンよりは貧弱だけど、390円でラーメン屋でラーメン食べられるのは魅力です

ラーメン食べ終えてバス停向かったら、ちょうど目的地行きのバスが来たので飛び乗り、次のバス停で下車。

D92BC1B4-59E6-468C-80F3-ED2397C79001.jpg

南国だわ

832C7EF0-9711-4763-ACAA-3BE00DFB394E.jpg

ここかと思ったら美術館でした。

01347F92-87E7-4E35-A3B5-7FE4D9B58EDB.jpg


福岡市民会館。建て替える前の札幌市民会館みたいな感じですかね?古いです。福岡には博多座という立派な劇場がありますからね。

596F6692-9868-4D03-B9D7-F8253DC8E6F5.jpg


花組2番手(おそらく次期トップ)柚香光主演。後ろは同期の水美舞斗。

18時開演。

前半は【メランコリックジゴローあぶない相続人ー】わぁ〜ワタクシはジェンヌちゃんが目の前の舞台に出ているのを観るのが好きなんだなぁ〜

大学生兼ジゴロに扮する柚香光・水美舞斗コンビのスーツ姿と身のこなしに萌え萌えし、コメディータッチのミュージカルを心底楽しませていただきました。

311B52F7-C492-4316-B66B-9791C847DA43.jpg


さてさて、後半は花組伝統のショー【エキサイター】全国ツアーでは必ず客席降りがあり、今回は【釣り(1人の客に狙いを定める)】が濃厚とは聞きかじっておりました。

4B0736A7-ED9A-46AE-B05F-870EB501759D.jpg


やたらと通路の多いホールだけど、客席降りはセンターエリアの一本外側の自分の席に近い通路でした。ワタクシ10列前後で通路の席ではないけど決心しました。その次の光ちゃんが降りてくる時には【ひとかけらの勇気】を振り絞ってみようと。

さてさて光ちゃんの客席降り。前方で繰り広げられた光景は・・・フアンが差し出されたハンカチを満遍なく美しいお顔に当ててハンカチにキスして戻す(なぜかここでエルヴィス・プレスリーを思い出す、つくづくワタクシって年季入ってるなと苦笑


そして光ちゃんがゆっくり近づいてきました。、思いきってれいちゃんと声をかけ手を差し出したワタクシ・・・

柚香光さん、立ち止まってワタクシのゴツい手を握ってくれました❣️(もしかしたら停止予定地だぅたのかも、じゃあワタクシの手が小道具替わり?)

本当に心から嬉しい出来事でした。今でも思い出すと幸せな気持ちになる。こんなことはもうないでしょう。柚香光さんもずっと私の記憶から消えないジェンヌさんになりました。

本当に楽しく会場も大盛り上がりでした。アイドルにキャーキャーするようなミーハー気分を久しぶりに味わう。

あ〜あ行ってよかった。マイティ(水美舞斗さん)も自慢の彼氏的なカッコ良さだったなぁ。

24708355-6339-4242-9662-014FCB3540C4.jpg

21時終演。地下鉄で博多駅へ。賑やかな筑紫口から徒歩7分だというホテルに向かう。


D43A8166-3AE5-453B-A8D1-0D0533FB7C50.jpg

通常の福岡のホテル事情は不知だが、嵐のライブや福岡国際マラソンと重なり、アパホテル2万〜!とかとんでもないホテル難。いろいろ検索してやっと楽天トラベルで見つけた。

高架沿いに人ひとりいない寂しい道を歩く、バスの駐機場を越え、橋を越え場末感ただようホテルだったけど、8200円→楽天ポイント使って5000円で泊まれたのはありがたい。

翌日は12時の飛行機で帰札。わずか20時間の福岡滞在。今年のヅカ鑑賞の有終の美を飾る。


posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 宝塚 | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

宙組 偉人たちのルネサンス

旅の最終日。


B4DB34AF-B0B2-4C92-8BD9-4ABF22D702AE.jpg

宝塚ホテルから宝塚大劇場に向かいます。

E2A4FEFF-591D-4A4B-A30C-2B0F3151D42E.jpg

ホテル向かいの有名なサンドウィッチ屋さん【ルマン】で地域起こしイベント期間特典500円のセットを購入。

91638555-657F-489E-B7FC-910B6DDC0F57.jpg

宝塚大橋を渡ります。左が宝塚大劇場、右が宝塚音楽学校。ちょうど良いタイミングで濃い臙脂色の阪急電車が通過。通常は先の【阪急宝塚】で降りて花の道を戻って大劇場に行きます。


D0CE3C65-3AFA-43EB-A8E7-E1EE19A66F33.jpg

観劇のみなので天気は関係ないけど青空だと写真が映えます。

B9614C55-DC88-4E08-A292-37BE7FC7C03A.jpg

生徒さん(タカラジェンヌ)や関係者が出入りする入り口。花組組長の高翔みず希さんが出てきました。ビシっとカッコ良かったです。

宙組の入り待ちの時間は過ぎており、お稽古中にの雪組の入り待ちのギャラリー(見物者)がここで待機していました。


FF761C41-8FB3-454C-8BF7-1580E33D0581.jpg

大劇場のとなりに新しい宝塚ホテルが建設工事中です。

684CF3ED-741A-4C49-9E7D-DF3D8902EF5F.jpg
さてさてお目当ての宙組公演。

前半が和物ショー【白鷺の城】

後半がミュージカルプレイ【異人たちのルネサンス】フィレンツェが舞台でレオナルドダビンチが主人公。


77A35E9D-6C22-4109-A514-3E90AFEF1FB1.jpg

チケット購入のために今年の夏に【宝塚友の会】に入会し今回初めて当たりました。16列目なのでまぁまぁです。

782E1D63-1F1B-4C50-96E1-C024D3F21652.jpg

通常はお芝居が先ですが、ショー【白鷺の城】が日本物(和装)なので、準備の関係でショーからスタートです。

感想は省略します。微妙というかあんまり盛り上がる内容ではなく、舞台もフィレンツェ色の暗い色調だし。ちょうど海外ミュージカルの大作の月組【エリザベート】と雪組【ファントム】に挟まれて気の毒ではあります。【宝塚友の会】はワタクシ一番低いステータスなのでチケット抽選まず当たりません。それが当たったということはあまり人気のない演目ということかも知れません。

なんてことしか書けないワタクシ…は観る目が無さすぎです。時代背景、事業家として銀行家として、芸術家のパトロンとして繁栄を極めたメディチ家、宗教、当時の美術の周辺知識を少しでも知っていたら味わい深かったらしい。

前作【天は赤い河のほとり】であれほど芹香斗亜ラムセス萌えしたわりには、ワタクシ的にも盛り上がらずでした。


ただ前回はトップスターの真風涼帆が苦手かなと思ったけど、結構好きになりました。実に麗しく175センチと背も高く、何をしても何を着てもカッコいい。フェアリー系ではなくて絶対王者感というか、トップスターのみが持つ研ぎ澄まされた凄み、静かに迫り来る大人な男の色気とでも言いましょうか?今のうちに観ておかなくちゃ!と思わせるものがありました。

あと妙に気になるスター愛月ひかるさんの専科異動発表はちょっと残念です。


2A76B657-1B47-49A6-8973-4813FD1282A9.jpg

6B1882E0-0D49-426B-8C12-3E02C3D0E998.jpg

幕間にルマンのサンドウィッチをいただく。さすがに美味しい。

654A1093-E0B7-4D25-BAB3-DF2AFB5EBD17.jpg

【白鷺の城】にちなんでもちろん姫路城にも行ってきました


11265CF1-FD9F-4CA9-B08D-9DF05BA7470E.jpg

姫路訪問の際にはイーグレ姫路屋上階からの眺望をお忘れなきよう。

これにて今年のヅカ旅終了。今年7回遠征は多いですね。ここ数年は城よりもライブやアート展を組み合わせの旅が主流なので、ヅカが無くても旅には出だでしょうけど、ヅカが無ければもっと旅も新規訪問ができただろうな。

来年はヅカに費やするお金や時間を減らしたい。遠征は5回までに抑えるつもり。

【追記】いや本当にそう決めたし、今年のヅカ鑑賞の〆として完結していたのですが・・・


posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 宝塚 | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

宝塚ホテル

旅の終わりは宝塚。

宝塚歌劇団オフィシャルホテル  宝塚ホテルに泊まりました。


B4DB34AF-B0B2-4C92-8BD9-4ABF22D702AE.jpg

開業なんと!1926年(大正15年)新改築を重ねる宝塚大劇場よりも、正に宝塚歌劇団の歴史そのものと言える存在です。残念なことに老朽化による取り壊しが決まっています。


75A4DE54-90DC-4FDF-B047-06E13B2D12C3.jpg


フロントすぐのところに【ポーの一族】仙名彩世さんの衣装

B65B8C53-566A-4759-BBA0-2FDDA3B1E95A.jpg

おぉ〜クラシックホテルのかほりです。


2DDA2E26-CAEB-42DA-871F-7445221DF05E.jpg

クラシカルな=シャンデリア。クラシックのかほりをプンプン嗅ぎます。


2ED2A533-56A2-4972-80B5-0CD43BCE7837.jpg

宝塚大劇場で使われていた緞帳をタペストリーとして使用。


A9715E98-46CC-4808-A7C6-BE83509082A4.jpg

歌劇団の戦前の古い写真なども飾ってありました。

790F679C-506C-493B-9187-5D9BECEC1E4A.jpg

​現在のトップスターのパネル。なぜか6人いますがトップスターは右から5人‼️です。

2E399214-E2CC-404C-99FA-27BE188B525F.jpg
2E719316-9E36-4199-A4A9-D09B90D5874B.jpg


骨董品レベルの古い演目のチラシは時代と歴史を感じます。寿美花代!もありました。左下はベルばら。


C0059140-FA5E-49C9-8D7E-9269EAAE58CD.jpg


フィナーレで使用する【シャンシャン】といいます。


今でも宝ジェンヌさんのディナーショーやお茶会(ファンの集い)は必ず宝塚ホテルです。


A0CD0F25-53CB-4B0A-B511-7470F9237D45.jpg

OH‼️麗しの七海ひろきさんのディナーショーのポスター

EABBEA5F-21F9-4A78-86F3-82382841BEDE.jpg

部屋も古い感じでしたけど、テレビは有料の宝塚専用チャンネル【宝塚スカイステージ】も(突然!)無料で見れます。映っているのは明日海りおさん。

A34F6617-C3C1-42E6-A267-855DBE4E0B9B.jpg

朝は高い天井にシャンデリアのティールーム  ルネサンスで朝食をいただきました。

6F928884-CBE5-4517-993E-F049007E1ED1.jpg

記念と思えば1000円も高くはない。

9B32CCB5-FB14-46A0-B3C5-41DD0B540D9A.jpg

中庭。





posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 宝塚 | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

仙洞御所

目的地の定休日や休演日等々で無駄に長くなった旅。半日だけ京都滞在。仙洞御所を見学してきた


01B81B23-93E9-4F01-B5C0-B9A6848D9A8A.jpg

大宮御所と仙洞御所を一緒に回ります。昔は別々の御所でしたが、近代塀が取り払われたためです。

9D05F49D-7D63-434E-840C-7AF2147D4C6E.jpg

建物が残っているのは大宮御所のみです。御車寄

A26337BC-AB0F-46B0-9B7A-B7C03B8465AE.jpg

御常御殿。中には洋風に改装され、劇場皇室の方々が京都に行幸啓される際の宿舎となっているとのことです。

ちなみに、札幌の行啓通りも(いつの時代かは知りませんが)天皇陛下が通られたことが由来です。

3DCB1A95-719F-40BE-BB69-38FB25FECECF.jpg

ここから仙洞御所に続くけど、度重なる火災で建物は消失。茶室以外は庭だけです。

44AB3DC5-E399-40E8-87A3-7F8E9762F740.jpg

​北池。紅葉🍁の名所。色づき始めた程度なのでさっぱりだけど、シーズンならさぞかしキレイでしょうね。

C6D1C4EC-B2CA-4963-9DF5-F84CBBBE4548.jpg

池に流れているのは湧き水。石を渡って進みます。

AEEF47AB-2488-4B8A-94F2-63882420D033.jpg

紅葉橋

3721D0C8-864F-4C37-A334-DFAC8FC1234B.jpg

南池。庭園を愛でる趣味も知識もないけど、この雄大さと風流さは別格ですなぁ。京都の中心部なのにビルひとつ視界に入らず、400年前と同じ景色(いろいろ改修されてはいるけど)を見れることに感動を禁じ得ない。

BE7E14D7-679B-4CC2-A4F3-7E4E0E1F7E41.jpg


F18E80B5-A144-4AFF-A824-61A4761990D9.jpg

南池。どこから見ても正面らしいです。今回の旅の中で唯一曇りの日でしたけど、それはそれで逆に幽玄さが増すような気がします。


A16EEDEA-12D2-4D72-87F8-4B9B3F26B145.jpg

石垣を敷き詰めた洲浜

A1124F4B-7132-49FB-B5B1-5194D0159DAC.jpg

八ツ橋。藤棚です。5月の見頃はさぞかしキレイでしょう。



D16D061C-68D7-4D0C-B4BF-0F89A63A541A.jpg


​南端に位置する【醒花亭】煎茶の茶室?

CD49F908-3D22-4AEC-91F9-88AF79904D77.jpg

醒花亭から見る南庭

F9E6CBF7-FA17-4FFE-9AC1-59B64C883479.jpg

【又新亭】御抹茶の茶室


DE320531-2FC4-4D41-9E2E-724FEE2A7CEE.jpg


75715FED-A127-491F-8C77-637CDEBBA03A.jpg

これでおしまい。御車寄に戻って解散。

是非とも紅葉の季節に訪れたい。

D9ABBDAA-06FB-44CD-8C02-CFD69585AA19.jpg

広大な京都御苑。

京都御所と仙洞御所は無料で見学可能です。

ちょっと離れた人気の桂離宮は有料になってしまいましたが、仕方ないですね。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

琵琶湖ビエンナーレラスト

琵琶湖ビエンナーレは2001年にトリエンナーレ(3年に一度)でスタートした現代アート展。2010年からはビエンナーレとなり2年ごとの開催。

今回のテーマは【きざし   Beyond 】

城下町として、近江商人の発祥の地として栄えた近江八幡市の旧市街の古い建物の魅力を活かしたアート展。


【12 . 喜多七衛右衛門邸】


13582EF3-8513-4CBC-A531-B30FE950D0E2.jpg


E1057467-4221-4156-9FAB-D4D228E44F9C.jpg


一番立派でした。左右両方の建物で、両方に作品ありました。

0B84E596-0665-4DF4-B5C0-9031328E4B37.jpg

左側の離れ?


0326D1C4-3057-495B-955D-7777749CA9B5.jpg

D1060E82-F878-4F09-840C-FA1400A8328D.jpg


E155EC45-B325-4EF2-8C4A-410D9ECB07B9.jpg

CF8CBD07-FC7B-4063-8266-B856C576BD39.jpg



【11. 寺本邸】

F2C740FD-71C1-49C1-A0FB-373492143366.jpg


354DC4D8-8E22-4ED1-8714-22D832967F75.jpg

D77E06D4-1A52-441C-9EF3-5316B79AD7C3.jpg

0F8A4F13-F2B7-48FD-BEF7-ED9CCF6D6527.jpg


【町家カフェ風来居】

FB3B237B-DA1D-4036-8439-8C823153D70F.jpg

全て回り終えて休憩します。

36AA43E3-71C2-4736-A1EF-96AE16B17537.jpg

近江八幡には今は酒蔵はないそうです。


2B8EBED7-8093-4A19-A36E-EBDB31282D22.jpg

何かおつまみをとお願いして、地元の物をいろいろと。歩き疲れたので畳の部屋ですっかりくつろいでしまいました。ごちそうさまでした。

ビエンナーレだから次回は2年後。6の倍数で亀山トリエンナーレもあるので、同じ時期なら行こう!

近江八幡市はメンタームで有名な近江兄弟社の本拠地にして、創業者であるヴォーリスが手掛けた事業や建築物も見ものなので、次回は併せて見学したいものです。









posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(滋賀) | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

琵琶湖トリエンナーレ八幡山

もうすっかり忘れてしまったけど、10月の旅。琵琶湖ビエンナーレ続編。

【9八幡山展望館】




琵琶湖ビエンナーレ。八幡山ロープウェイで行く八幡山山頂に二ヶ所会場があります。


A4BBBE45-EE99-43C2-A1A0-BE9D41F6AA0C.jpg

展望室けら展望台を見下ろしながら雄大な景色を眺めます。高所恐怖症のワタクシ…足元断崖でなければ大丈夫👌


EFEB4F99-4926-4695-B841-E8DFE5DA463A.jpg

展望室の特等席がアート作品です。


7E396F38-BC18-4B73-8491-2DF19ECE47FB.jpg

今年の4月以降の旅は必ずどこかで傘をさしていたし、9月の東京は結構降ったので、好天続きには驚きました。

もう一箇所のアートを目指します。

35F65B1D-4D74-46A7-B163-F4F55DBD202D.jpg

【10  村雲御所瑞龍寺門跡】

410B0A9E-6DB9-4C04-844B-1FF7ACC5A7AB.jpg

7EAEB1EA-EB55-4D71-BEE4-4034F2950C45.jpg

別途拝観料を払い中に上がらせていただきます。

FBA8D597-B1E0-4257-842D-6E186E0C0D87.jpg

85524354-AE5C-4260-9E57-87AA4EE99539.jpg

こんな感じでした。

昔八幡山山頂には城があったのです。

0414C11B-DB13-464F-A6F7-2A76A8BD300F.jpg

遊歩道に沿って一周してみます。


87833B2C-8501-4000-AAA4-899C7DAF92E6.jpg

ハイキング気分です。岐阜城(金華山)ほどの閉鎖感はありません。

D8F396E9-59E2-4FFA-837D-CDD0F21CF753.jpg

うおー石垣‼️

879B66BA-8A5B-4C26-89D8-01EAD0343A31.jpg

続いて北の丸に向かいます。


BE4DFB2E-61BB-4369-8A8A-1DB50ECCA547.jpg

琵琶湖ですよね?

BE542A59-887B-4382-9BBD-02374FD50D84.jpg

プロポーズの名所として売りだしているようです。


1005D135-3134-46F5-8AB4-E8381D018A72.jpg

手前真ん中が近江八幡の水郷。左が西の湖。向こうの山々、左の手前の濃い小山に安土城跡、奥が繖(きぬがさ)山。

どこから見たのかもわかんなくなってしまいました。とにかく好天に恵まれ城巡りもできてラッキーでした。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(滋賀) | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

Le Ann

旭川に帰っても行動範囲が極端に狭く神楽と旭川駅周辺に限られているワタクシ…駅前の明治ビルにオサレなお店ができたらしいと知りまして。

3階Le Ann(ルアン)

470E3E53-52D0-4510-9BB9-0F8B5056A65C.jpg

ランチの1800円のコースをいただきました。

656755B2-1C9B-47A2-B8BA-0885D63D2709.jpg

美瑛産のジャガイモ(キタカムイ)のスープとグラタン。重ねたジャガイモのねっとり感、ボリュームもあり、8000歩のウォーキングの後だけに美味しい〜連発


9648C80E-1F14-48CF-93E4-7B96187EE377.jpg

真鱈のポワレとチヂミホウレ草。この後お肉も出てくるのにしっかり量もあります。

EC6A1EF1-8751-4724-B834-2D4C30CD8ECC.jpg

肉料理に合わせて2杯目のワインを頼む🍷ワタクシと“ちぃママ”。パンも2種類いただきました。

5BA5FAC8-7AD2-4454-8564-6DD0DC8ED925.jpg

まさに秋色ですけど( 笑 )、鳥胸肉はしっとり、キノコソースと根菜と温玉。満喫しました。

11690A5F-0C35-4AF2-AFA4-BF26E712DA88.jpg

ワタクシだけプラス300円で栗と塩キャラメルのデザートをいただきました。

たまには贅沢するのもいいものですね。

041C4B01-0F65-4A30-8E8A-A6D4C3D356EC.jpg

6EAE10F8-BF71-45BA-996F-FD92EAE4AE53.jpg

お客様が帰られらたのでパチリ。コンクリート打ちぱなしの素敵な空間です。テーブルの配置も木のテーブル(引き出しの中にデザートスプーン・フォークがある)の感じもよかったです。

ごちそうさまでした。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旭川食べ歩き他 | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

燃える秋 旭川

※もう雪も降ってしまいアップ時期を逃してしまったが、せっかく作ったので載せる。

花組の全国ツアー行きたいなと思案するも、今年はもう旅(ヅカ鑑賞)は行かないことにした。その分札幌生活の充実と旭川帰省に充てようかと。

とっくに紅葉は終わっているけど、天気予報見ながら、ウォーキングのラストチャンスと思い11月2〜4日帰省。


08E3AFBD-76F2-4E54-BE48-83571D7D8B26.jpg

毎度お馴染みの神楽岡公園のウォーキングコース。葉も落ちて明るいです。ガシャガシャ踏みしめながら歩く。

3A796760-2DB4-4B25-9181-F7198B66382C.jpg

こんな風情もあります。


DE8AA59A-5747-4D00-AF0E-98D5E5376F4F.jpg


184C6ADD-5F38-4EC7-B78F-BF2F602D4EC4.jpg

わずかに紅葉残っていました。

265FCEDA-2BC8-4D4E-8518-B484C123A0C2.jpg

帰省毎に1回はウォーキング後に、酒蔵を再生した【The Sun蔵人】でケーキをいただきます。

77429951-2F63-46B0-89E1-091F16E70193.jpg

左は豆乳と黒豆のさっばりデザート。右は季節のサツマイモプリンカフェ。上の黒いのは黒蜜ではなくコーヒーゼリーぽいです。

セルフの無料コーヒーはありがたい。並びにある六花亭には行かない。同じくお金だすなら地元のお店にだけ。


2F6D19D7-2A2B-4CC6-9F11-7F97394C6059.jpg

これまたいつもの風景で、帰省中は毎日氷点橋をわたり街にでます。大雪山がくっきり‼️

D2339C16-7931-41D5-BAAE-30A20EF21A4B.jpg

あまりに空が青くて、なんかこれって青い池ぽくないですか?

しかも駅の真裏にこの光景ですよ。ワタクシが旭川に帰る理由がここにある。

A7DBC954-1BE0-414A-BD1D-B770F87DB81D.jpg

無駄に?充実しすぎの北彩都。日本一美しい駅裏‼️とか宣伝したらどうですか。

451F1146-FF82-4BAD-B9C6-22491FD42348.jpg

母なる大雪ズームアップ⤴️

6CABE19A-A609-41CA-BDEC-6AFDB3F10EE3.jpg

こっちも⤴️


ACA88B0A-DD8B-4C78-9DF5-2807A0F31AC8.jpg

駅はすっかり冬の準備完了ですな。


F14242EC-7A7B-4F69-8316-3426BFDF0A9D.jpg


涙ぐましいほど親孝行なワタクシ(自分でいう)“ちぃママ”にマイクロボア生地で暖かルームウエアを作って持って行った。何故かワタクシの実家用トレーナーが見当たらなく、“ちぃママ”に聞いても、ないねぇ〜とのことで滞在中はワタクシが着用していました。


2CC17031-5072-4E9B-A50F-6D6C562EAF72.jpg

なんと!ワタクシの実家用のトレーナー、“ちぃママ”のステージ衣装になっていました😨

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旭川食べ歩き他 | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

ボヘミアンラプソディー

11月9日公開以来興行収入1位!大ヒット上映中!何度目かの空前のクイーンブームがきた〜

9F3C1249-4812-45FF-819D-17083D2A1ADF.jpg

かなり以前からフレディ・マーキュリーの伝記映画の話がキャスティング難航中とか報じられていただけに、まさかの映画完成で楽しみにしていました。

やはりフレディのヒューマンドラマでしたけど、当然そこにクイーンとしての音楽映画の融合が見事で、結成というかフレディ加入から名曲誕生秘話、70年代のビジュアルや迫力あるライブシーンが見事に再現。

実際には映画で描かれているほど単純な話ではなく、フレディはそんなに実直なわかりやすい人ではない、フレディがメンバー3人に許しを請うなんてナイナイナ〜イ。更には物語のハイライトである1985年7月のライフエイドが数年ぶりのライブとなっていたけど、その直近のライブはこの日本でしかもライブエイドのわすが2か月前に行われていた。ワタクシ的には泣ける映画ではなかった。

連日の乱痴気騒ぎはもっと過激だっただろうけど、ロックスターの享楽人生ではなく、フレディの孤独→メンバーは家族⁉︎まさかのフレディに涙する感動ドラマになったとは・・・文句はない、作品自体が奇跡だと思うから。

フレディに成りきったラミ・マレックは成りきるのに1年かけたと言うように、深いところからふレディに向き合い同調できたからこそ、感動を呼んだのだと思う。実写映像と関係者の表現じゃなくて、すべてが再現ビデオなのでよくもここまでフレディを演じてくれたなぁと敬服する。できればエキセントリックさと王様的カリスマ性がもうちょっと( 笑 )


他のメンバーなりきり具合も最高でした〜中でもベースのジョン・ディーコンに注目‼︎クイーンに加入したのも一番最後で最年少の一番目立たないメンバーなのに一番似ている上に、ヘアスタイルもロング→ショート→小さめのカーリーと変えていたのにはワタクシ感動した。

ワタクシはクイーンのファンだったことは一度もないけど、どのアーティストよりも長い間曲に親しんでいた。洋楽を聴き始めたのが1975年で、STVラジオの【ダイヤルリクエスト】という洋楽リクエスト番組を毎日聴いていたこと思い出す。【キラークイーン】【誘惑のロックンロール】【ボヘミアンラプソディー】【マイベストフレンド】【愛にすべてを】シングルではそんな順序で覚えていて、当時流行った時の季節感とかが常にセットで甦る。

あとはクイーンと言えばシンコーミュージック社の【ミュージックライフ】誌の存在ですね。ビートルズ来日時にも唯一独占取材を許されたML誌は洋楽の指南書的存在だったと思う。当時からブレディのガールフレンドのメアリーの名前も出ていたし、ロックスターでバイセクシャルはファッションというか、フレディのこともそう思っていた感じかと思うし、フレディはスターになってからはセクシュアリティでの葛藤っていうのはどうかな・・・家族に対しては別として。

そこのところはなんとでも言いようのあるところなので、やはり音楽です‼️時代の試練に耐えうる楽曲とオリジナリティ。それだけです。今では考えられないほど音楽中心、洋楽どっぷりだったはるか昔の日々の中で、その中心にいたのが絶頂期のクイーンだったとはなんたる幸運か。ワタクシ的にはクイーンと言えば仰々しい、ドラマティックで壮麗で独特の世界観。ですからワタクシ的にフレディは80年代の短髪チョビ髭マッチョじゃ無くて、70年代のバレリーナみたいな衣装の中性的なビジュアルかな。

ベストアルバムではなく、アルバム単位で聴いてみたいなと思いました。【クイーンU】の音源だけあるのだけど、はやり【シアハートアタック】【オペラ座の夜】【世界に捧ぐ】あたりですかね?意外に実質ラストアルバムの【イニュエンドウ】も良さげな感じがします。


ちなみに観たのは【応援上映】という回で、控えめではありますが拍手・手拍子で盛り上がりました。【レディオ・ガ・ガ】のアレは絶対ライブの観客に合わせてやりたかったし。

DF156D9E-421A-46AD-A78B-36D31CB429C2.jpg

※追記

もう一回観ようかなと思案していたが、何気にタワーリコード寄った際に視聴してサントラ購入した。

冒頭の20世紀FOXファンファーレのクイーンバージョンから始まるのがニクい( 笑 )映画では一番印象に残らないくクイーンの前身の【Smile】の曲がすごく良いと新鮮な驚き。映画のライブシーンはクイーン実録のフレディと、フレディのヴォーカルに瓜二つのカナダ人歌手の吹き替えが使われていると何かに書かれており、サントラ聴いてわかったけど【We will rock you】の後半がフレディじゃないですね。

ワタクシのクイーンブームはまだ続いている。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(4) | 映画・ドラマ | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

琵琶湖トリエンナーレ2

【4. まちや倶楽部】

7273FA05-22E4-4CD6-A92F-5D01CC6BE222.jpg

【5. カネ吉別邸】

D765150D-FBD4-49E2-87AF-E6E6F278D951.jpg

1004195A-4791-4A74-B997-EB3592658E42.jpg74C91E1A-0D66-4F87-8431-7A034CABE149.jpg

E4F6DD34-6C1F-4DB8-A0E5-4BE521C9E8B0.jpg

ECD8EA8B-1EA3-474D-941B-5FB05307AFCD.jpg

BDE806DC-0AD6-4CE9-B4DB-D5101BE6250D.jpg

5D42689B-D6D1-429E-A488-B3E2A507CB16.jpgDD38BFFD-FEB1-4B48-AC5D-5453DA51D462.jpg




【6. 藤ya】

547C293F-0723-46CA-8F5E-FA3F5DC0EE9A.jpg


【7. 旧中村邸】


6DA1D408-F53C-419E-943D-E4EDF69C4D6F.jpg

昔、セメントだか苛性ソーダ業で財をなした旧家。


A074473B-0442-4111-976C-1BB49ADBBB57.jpg

ひと部屋まるごと使った岩谷雪子さんの作品が、今回の中で一番印象が強いです。

その土地で採取した植物と、旧家に残っていた物(ガラス瓶、薬瓶、カルタ、ノート、布団等々)を組み合わせる作品は、まさにここだけの作品です。ペンライトで覗くように照らさないと見えない作品が15〜16くらい。感心しました。

他の作家は会場が古民家だろうが、美術館の展示室だろうが、コンテナの中だろうと関係無く使い回しする作品だなと思う物も多く、余計に【今ここで】を感じた。


AEBE864E-EDA3-435B-A201-AD2FE2CDC5EE.jpg
252ACD2A-994D-487B-AA0E-E2ED7E7EE224.jpg


【8. 遠久色八幡掘り】

9E47E43D-1612-4A62-9D15-1F19F34EF798.jpg

【注】時間が経っており記憶が曖昧なので、会場と作品がアンマッチな可能性が多々あります。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(滋賀) | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

琵琶湖ビエンナーレ

今回の旅のお目当ては琵琶湖ビエンナーレ

0112BD81-237C-4D0B-A2F2-FE7E8ED15809.jpg

滋賀県近江八幡旧市街が会場。チケット2200円(結構高い)を買い、12箇所完走しました。

【1. 尾加商店】

89ECB873-67F1-4A31-93D5-B7ABB92C554F.jpg

326D107D-F7E5-4F66-A8F0-37D34ACA0A34.jpg


【2. 旧尾加邸】

34F1758D-DE77-49CF-BCA2-9CF3C2FD8C10.jpg

A207D875-C42C-4B90-A561-3964B14027B2.jpg


【3. 旧扇吉もろみ倉

50A0033F-4F4D-4445-A8C9-F93C7E0835C6.jpg

E38703CB-0AB4-48E8-B786-5AC7C5164EB3.jpg

近江八幡といえば近江牛。

1FAB0D8C-81D4-4EAE-8F7B-F709EBB4941B.jpg

牛とろ握りや牛肉コロッケを買い食い。

風情ある八幡掘の景色。

7FD45D04-E5B2-401E-8F6A-583FEB8DDB93.jpg

5E6E0A4B-EE21-4991-8BCF-63B4688DF7F2.jpg

22B96562-F561-4BC1-8391-53A03919A5A4.jpg

近江八幡といえば近江商人。メンタームの近江兄弟社は有名だが、あきんど通りなるものもあって旧家が並ぶ。

78F0B318-18FB-4BD1-BFD9-7828368FDE8A.jpg

B3A79AB9-DBFF-4F2B-902F-584AC54D5C67.jpg

ACB1242E-3749-4B80-AA80-AB5BAEAEC9C0.jpg

去年行った亀山トリエンナーレを思い出します。亀山ほど鄙びてはいないけど、あ〜旅にきてるんだわと実感する瞬間

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(滋賀) | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

彦根城を世界遺産に

久しぶりの彦根城。4〜5年ぶりかなと思っていたら、なんと2010年4月以来でした。

992E1028-6F69-493A-B5BA-0C3F7CC12C08.jpg

彦根市民の悲願【彦根城を世界遺産に】

江戸時代の旧近江国(現在の滋賀県域)の七つの藩の中で最大の領地と権威を誇っていた彦根藩。こんな立派な城も残っているのに、何故彦根が滋賀県の県庁所在地にならなかったのか?その禍根が尾を引いているような、静かすぎる街の佇まいと言うか、取り残されたような鄙びまた感じと言いますか・・・

彦根市民の悲願が叶えばよいなと思います。ワタクシ的には高知城の国宝昇格こそ‼️と思いますけど。

お恥ずかしいことに、2015年に松江城が国宝になったことを知りましたでした、城マニア失格です。つまり日本で国宝の城は姫路・彦根・犬山・松本・松江の五城なわけです。


3537DE1A-EE05-4B11-9C17-F73F0693C2AE.jpg

今も残る中堀の中堀に高校も、裁判所も、拘置所もあります。


300ABBFC-0806-47E9-AD51-1102878BF138.jpg

9399E9C6-19DE-421E-BC8C-A1CF28CD03E7.jpg

佐和口多聞櫓。彦根東高校の生徒さんの通学風景とは時間帯がズレましたけど、城内に学校があり、入城=毎日の登校とは羨ましい限り。

AB67BCBC-99C7-4ECD-90A7-E16086F2D743.jpg

天秤櫓は工事中。興ざめですけど城は補修は欠かせません。入場料800円に上がった。姫路城が真っ白に改修工事後に一気に600円→1000円に上ったので、他の城も値上げしやすくなったと思えば値上げも悪くない。城は維持管理が大変ですから。

3821E1C8-8352-45F3-8035-8922F9E57836.jpg

太鼓櫓。

888F86DF-47CC-4987-ACC5-9BBB13CC6141.jpg

これは全然立派なものではないけど、しみじみカッコイイわ。

E1DF1E58-28DC-4A2B-B407-14519076A047.jpg

石垣〜いや〜天気いいこと!


857814FC-4890-4C5B-A033-C8196E6CC997.jpg

久しぶりの石垣萌え


8A3F98B4-2AD9-4A5E-8D22-621F8E3FBE31.jpg

久しぶりの枡形萌え。

EFD30A6A-8265-44F6-9F4B-06AD5CDEC6F5.jpg

相変わらず小ぶりな天守ですが。

8BD00E76-3B91-40BA-8708-F042DAC18EF2.jpg


E730A788-15FE-472B-8F67-DD01143A3A01.jpg


3804A323-C83E-43A9-9D94-1C588B22E87B.jpg

天守からの琵琶湖の眺め。

久しぶりと言いながらも、次の予定があるのでサクっと切り上げ、生ひこニャンも見ないでそさくさ出ました。平日でも3回出番がある様子。

558B9011-EF63-42F5-A4D4-57A8C8E23852.jpg

のどかな感じの彦根駅前。井伊直政公之像。

5E1CC135-1F1C-4F11-9FBE-4E52F10F1C79.jpg

彦根ではリピート率100%の近江ちゃんぽん。


2E8349A9-B94C-4A78-9F32-726C5EC315D3.jpg

彦根のソウルフード的な感じ。

036C958F-23F7-4735-830D-5012AAC185A5.jpg

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(大阪・滋賀) | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

岐阜城


秋の旅。

スカイマーク便で中部国際空港へ。昼は空港の名古屋めしが揃う【ちょうちん横丁】台湾ラーメン【味仙】は行列の長く断念、元祖台湾まぜそば【はなび】


110D8565-E453-4D54-9E50-A88B76FCAB79.jpg

卵を割って黄身を乗せ、最後は追いご飯。太めのむっちりした麺に絡むタレは結構辛く、ニンニクは1/5しか入れなかったけど、口の中がファイアー。

AE147C2C-F295-476F-8B4D-1AD29A048140.jpg

一路岐阜駅まで。岐阜市は空港から1時間ちょっと、名古屋からなら30分弱、人口42万。半円形のカーブを描くとモダンな駅舎です。ちょうどワインフェスティバルで、1階と2階に沢山のワインと、オータムフェストでいうシェフズキッキンみたいな料理が美味しそう〜大変なにぎわい。

空港で台湾まぜそば食べたばかりだし、前日は日本酒会でしこたま飲んだしなぁ〜残念ながら素通りします。

51BEA01D-4ACC-42D3-BCA0-52592D32695C.jpg

左がシティタワー43。駅から繋がっています。ここの43階の無料展望室を同僚から勧められていました。

直通エレベーターの一面がガラス張りでした😨高所恐怖症のワタクシ…絶対外は視界に入らないよう、しゃがんで目を瞑っていました。

1AA571C6-4C10-44E2-A0DE-BF935D7DDB1F.jpg

だったらよせばいいのに・・・43階到着。

0041801C-2E34-49AC-B25B-9A516E595CA8.jpg

案の定無理です。窓際まで近づけません。

4E6ED239-3DC0-423F-B6D8-B9B20B27F709.jpg


これが精一杯の接近。真ん中の枠の高い山(金華山)の上に岐阜城が見えます。帰りのエレベーターも絶対外が視界に入らないように、後ろ向きになって後退しながら乗ってうずくまります。

やっぱり高所➕閉所は無理だと思い知る。

目的地の岐阜城は岐阜駅からバスで15分の岐阜公園。頂上までロープウエイで往復、またもや高い所へ。ロープウエイの中では決して下を見ずに、山の上の緑だけを見ます。

6BC3CEAD-B778-49D2-B471-D7282C5171B1.jpg

ロープウエイ降りてから石段、石畳の狭い道を歩きます。ここは平坦だけど結構段差多く恐ろしい。日曜日ということもあり混んでいた。


E3ECDEE5-E790-40BE-ACE7-ACFD39BB58AB.jpg



CE26D7C4-015B-448F-837B-BC7DD3CF50A5.jpg

なんとワタクシ…ここで引き返しました。43階が効いて尽き果てました。天気良いので城からの眺めは最高でしょうけど、城に向かう断崖が怖いし・・・どうせべランダにも出られないし。





posted by ちぃさま at 17:30| Comment(4) | 旅&城(愛知・三重) | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

円山

ある秋の日の休日

6BACEBD9-B610-4D81-98E2-5309B9060A52.jpg

新蕎麦の季節だし、かねてから気になっていた平岸の某店をてくてく訪ねたら、なんと長期休業中。とても他の蕎麦店あたる余力も無く、となりのラーメン店で背脂の浮いたつけ麺をいただいたワタクシ…凄いしょっぱいのに、隣の人につられて、割りスープください!と完飲。

盛り蕎麦とつけ麺のカロリーの差額を消費しなければ。そうだ!このタイミングしかない。

23AB780C-8187-42E5-A523-F76EF38C6F2F.jpg


3C58ECBE-1106-495D-9208-8316E08F6A39.jpg

B6ED04D8-A4A7-4E7D-A566-66A465C44B0C.jpg

3E47DDAA-BC41-44C9-B379-435421ABAB65.jpg

序盤から結構キツクてゼーゼーハーハー。


EB0E2ABF-CF04-4B92-BEB7-D667B3B36407.jpg

途中、天空の道(“ちぃさま”命名)からの眺め。この後は頂上に登るまで見えません。去年は途中で断念したけど、今回は頑張ることにした。

EC4EEA41-05D5-4A35-BA9B-52332AEA1C0C.jpg

着きました!

11BBFDA1-BF5A-469C-836F-E624973F5D76.jpg

35A6A176-1CB0-43E9-BD16-FB8EBD54C30E.jpg


F623066F-C9C5-453D-8E3E-6EED05B504EE.jpg

頂上にたたずむ人々

F1820E8C-8E56-415B-A5DF-B372F819159E.jpg

標高254メートル、全長1000メートルのコースを頑張ったご褒美。雲の迫力に見とれてしまい、10月なのにヤブ蚊に数箇所刺さられたドンくさいワタクシ・・・


ほとんど階段もないので、下りも木の根や石を利用しながら踏ん張って足に負担かかるし、しんどかったけどプチ達成感ありました!


posted by ちぃさま at 20:12| Comment(0) | 散歩・風景・野外 | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

花組 MESSIAH(メサイア)

宝塚観劇東京ツアーのメイン は明日海りお率いる花組。
やはり、東京宝塚劇場のロケーションが格別です。周りは日生劇場、帝国劇場、帝国ホテルに囲まれ、日比谷ミッドタウン〜日比谷公園〜皇居と続く非日常的な場所は夢の虚構の舞台にふさわしい。

【MESSIAH 異聞 天草四郎】
【BEAUTIFUL GARDEN 百花繚乱】

BC2EAB00-1BAC-4E64-BEEA-50F2AC3DA0FA.jpeg

現在5人のトップスターの中では、トップ就任期間が最長となる明日海りお。渾身の熱演です。ポスターは魔界伝説ぽいけど、若々しい熱血漢でカリスマ的な求心力にあふれていた。


90ED892D-A946-43EF-9EEF-9C17529BDB26.jpeg


物語は切支丹弾圧と島原の乱がベース。あ〜この歴史をしっかりと受け止めなければ!と、崇高な気持ちになり心の準備をします。


06C9EB91-F5F4-44E1-84F4-C8403D350229.jpeg


お稽古中に皆で映画【沈黙】を何回かに分けて観て恐かったそうです。ワタクシは怖がりなので映画は断念しましたが本を読み直しました。別に【沈黙】が原作でも作品のベースでもないのですが実に重い本です。

作者の遠藤周作はワタクシが子供の頃、【違いがわかる男】ネスカフェのCMで【故里庵(こりあん)先生、遠藤周作】今も覚えています。土居まさる司会の【本物は誰だ】に岡崎友紀と共に解答者として出演していましたし、広いおでこと眼鏡のお顔は、国民的作家的知名度あるら方でした。子供のワタクシは、【ドクトルマンボウ】北杜夫先生と混同して、故里庵先生も同じような作風かと思っていたので、映画公開で話題になった時に【沈黙】を読んで、びっくり仰天した次第なんです。

こういう時代なので、ネスカフェのCMもYouTubeでサクサク見たら、長崎ロケでモロに【沈黙】バージョンでした。ひぇーって感じです。限りえる人生、スマホいじってるヒマあるなら本を読むべきと心から思ったりして。

さてさて、【MESSIAH】重税と年貢を納められない者は拷問・虐殺。食べるものにも事欠く農民達の苦悶と怒りは舞台が揺れるような迫力でした。想像しようもない世界だけど、若いジェンヌなりに自分に落とし込んで舞台で農民を生きている!


86F70208-E8D7-434E-A4D1-DFC86D212EA4.jpeg


立ち上がる農民達のリーダーとなる天草四郎を演じる明日海りお。その熱さとカリスマ性と美しさは圧巻。

ファンが心配するほど痩せ細った身体のどこにこんなにパワーがあるのか?歌声も深く力強い。ボリュームのある衣装なので痩せすぎが目立たなかった。

🎵メサイア〜メサイア〜🎵鳥肌ものです。最後の昇華したハライソ(天国)の世界。巷で言われているように、本当は今作が退団公演だったのでは?と言われれば、そうかな〜と納得できるほど。


97173323-6EB1-4CFB-A2B1-3BCF772518C9.jpeg

二部の【ビューティフルガーデン 百花繚乱】は正に宝塚そのもの。最初の衣装が紫色、ピンク、赤、黒とまるでアナスイカラーが好きですした、最後も紫で美しい。花組はショースターが充実していて、見所満載のままあっというまに終了。

今回は彫刻のような筋肉美とダンスの水美舞斗さんに惹きつけられた。

今年の本公演はこれで4本目。別箱と呼ばれる全国ツアーその他も4回。これでも控えめにしています。

今年月組が上演中で、通算10回目、観客動員数250万人超えた、ヅカファントム必須の【エリザベート】は観ない、結局後悔しているけど。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 宝塚 | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

大井町 木の花他

“ちぃママ”を連れての2泊3日の宝塚観劇東京ツアー。

天気が悪く傘が手放せず、予定していた丸ビルからの東京駅の眺め・ワタクシもまだ行ったことがない東京タワーは取りやめ。東京でのルーティンの麦とオリーブの【蛤ラーメン】も断念しました。


【天天有】

93726746-6B7C-45F3-873D-668B8D415337.jpeg

今では東京での最強の定宿!品川から一駅、京浜東北線で東京宝塚劇場のある有楽町まで乗継なし14分。交通至便の大井町のアワーズイン阪急。大井町駅中央口向かいの建物全体が阪急大井町ガーデンで、17の飲食店、デパ地下、温泉、旅行代理店・・・ゴルフスクールまであります。ここの【お風呂の王様】はワタクシ的東京のオアシスでこざいます。

4188853C-3413-45EC-99DC-B634C40C5000.jpeg

ラーメンを諦めきれず、阪急大井町ガーデン一階の京都のラーメン店に。

F5930B82-56B0-470B-802F-E6FF7596B88B.jpeg

セットメニューでいただきました。餃子はほとんど具がなかったけど( 笑 )お安いので。


【パレスホテル  地下街 ふなつ】

B849F9C2-3FEA-4248-8D2C-842C9F31B214.jpeg

翌日は申し込みしていた皇居参観を。ここも雨で宮内庁売店でレインコートを購入。

皇居向かいのパレスホテルは高級だけど、地下の飲食店街にはタリーズなどお手頃なものもあります。ちょうど2年前の9月の金曜日に皇居参観した時と同じ【ふなつ】さんでランチを。2年前も海鮮丼のついた日替わりでした。

ワタクシ…旅先での飲食はリピート傾向メチャクチャ強いです。

【木の花】

D055CFD7-BDF2-47C4-A5DB-6F91A4905A37.jpeg

2日目の夜は大井町東口方面の商店街のお店へ。前日に予約しました。

6958F90B-DF16-41A1-B686-EA637F192745.jpeg

店内はこじんまりしていて、結構な賑わいです。とこでも熱燗の“ちぃママ”

F6C3E8B4-BB52-4373-AAD6-3E27B3F26252.jpeg

自慢のお刺身。真鯛・カツオ・カマス・カンパチだったかな?どれも美味しかったです。切り身も厚いですし。

4C5787EB-1CC5-466B-8EE8-86B482D1B557.jpeg

出汁巻卵。自分では作ったことないです。プロのお仕事ですね。

7A8B2D7A-866A-4250-BD8D-C5B2893BE2C9.jpeg

海老しんじょ、大人の肉じゃが。和食の出汁が好きだ!

B0F407B1-1037-45BD-8F5C-20F7F9835A35.jpeg

蕎麦居酒屋というより、〆蕎麦のある居酒屋です。いいお店だなあ〜。

【おまけ  大戸屋】

2C4386E3-C6EF-46D2-8FFB-D3C3F0050622.jpeg

おまけです。ホテルの朝食は1000円のビュッフェ、又は500円でパンカフェか大戸屋の和定食。

※やはり蛤ラーメン🍜は行きたかったです。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(東京) | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

星組 東離劍遊記

3ヶ月ぶりのヅカ観劇。

星組は10月に宝塚3回目となる台湾公演があるため、今年の本公演は【Another world 】1回のみ。旅費もバカにらならないし落語ミュージカルということで行かなかった。

今回は台湾に持っていく公演の日本でのお披露目を観に行った。

一部  異次元武侠ミュージカル  【Thuderbolt Fantasy 東離劍遊記】

二部【アメイジングスター☆キラールージュ】

4B2EFD07-7515-4E27-ACBC-BEFB4D54D6AA.jpeg

会場の日本青年館ホールには初めて行った。外苑前駅を利用したのも初めて。ホールの向かいは秩父ラクビー場、神宮球場が並ぶ。

BAB43FBA-DA0D-447A-BF85-CC8E2347C62E.jpeg

そして前方に建設中の国立競技場

2AD8FDFF-4011-49A9-AF5D-94A9949785B3.jpeg

【東離劍遊記】は日本と台湾の合作でテレビ放映された、台湾伝統的な布袋人形劇。人名・偽名・地名・技名等々、宝塚のHPに用語解説集があるほど複雑で、漢字の読み方からして難しい。動画配信を見ると爆音・爆破・光線、破れた者は例外なく血反吐で死に絶え・・・⁇我慢して観ていると妙に面白くて全13話を当日の朝までかけて予習した。

時代は現代とも古代ともつかない異次元、舞台はどこの国でもないニンゲン界と魔界の独特な世界観。

CED822A8-865A-4E1D-B5C5-75F6A1C48E97.jpeg

772AE09F-D614-458E-B61F-E88E474199B1.jpeg

F31B0474-220A-4C16-89DB-288CF504F88C.jpeg

会場では人形を展示していました。

75598AE7-62A7-49E6-9D1A-D0C85604C0F4.jpeg

ポスターを並べていました。驚異の再現率の高さ!上がニンゲンです。

8DDFB400-7D24-40A9-9E8B-A891B9EE3BB1.jpeg

殤不患(しょうふかん)役の七海ひろき様見たさに行ったのです。本当に美しくてカッコ良かったです。一番強くて冷静で情に厚い知将だけど、さらり飄々とクール。 表情、佇まいすべて素敵でWトップかと思うほど見応えのある役でした。

他のキャストも再現率の高さを武器に、なるほど・・・宝塚風に味付けするとこうなるか!と予習の甲斐あって楽しむことができました。今までノーマークだった輝咲玲央さん、弓の達人の渋さも良かった。

F207E8A9-D3D8-47E1-9248-412A0A5BE68D.jpeg

二部のショー。【Another  World 】と同じショーだけど、出演者と演出に変更あり。ステージを飾る【星秀☆煌紅】の電飾が西城秀樹に思えてしまうワタクシ…本公演では【情熱の嵐】を礼真琴がカッコよく歌っていたけど、今回は【炎】のみ。絶対【情熱の嵐】が良かったのに。

ショー全体の印象はちょっとガチャガチャした感じかな?宝塚屈指の実力者 礼真琴のソロシーンがもっとあっても良かったな。

台湾公演2013年の1回目は、期待と重圧を一身に背負った絶対エース  レジェンド 柚木礼音率いる星組で大成功。2015年の2回目は、これまた絶対エースの明日海りお率いる花組で大成功。

最近スカステ(CSの有料宝塚専用チャンネルに8月から加入)で放送していたけど、柚希礼音の迫力と貫禄が凄かった。

今回3回目、トップの紅ゆずるは、過去2回に比べたらちょっと弱いかなあ〜ショーのおふざけシーンは要らないと思うけど、これまでとは別のアプローチでコミカルさを強調するかな?お芝居の題材が面白いので成功を祈ります。


posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 宝塚 | 更新情報をチェックする