2018年04月26日

姫路城出会いから10年

月日の経つのは早いもので、初めて姫路に行ってから10年経ちました。

06EBF507-BFE0-4E94-86FE-8170991D7194.jpg

A32885C0-DDF8-4FF8-8C6B-22D64E007258.jpg

​⬆️上2枚は初めての時のものです。

2008年4月満開の姫路城の感激は今も忘れません。

ビギナーズラックとは良く言ったもので、その後は桜の季節に行っても、また早かったり天気が悪かったりで・・・

10周年の今回は、逆に開花が早すぎたため見事な散りっぷりでした。

最近は外から眺める方が好きですが、最終日に入城料払って行きました。

以下今年のものです。4月7日(土曜日)

全体的に引きぎみで撮ってます。

CC9E1B17-BB0A-439A-AE8E-F3B21A270328.jpg

3FD93E54-99A1-42AD-BAA2-A5D7236E6A93.jpg


1B33B451-1277-4CAF-B326-E02F993392E4.jpg

1EA1939E-C54F-45A4-87CC-EC736BFF3D52.jpg


A8DEAD39-7564-4692-8E09-C34C677C36DC.jpg

⬆️​今回はこの写真気に入りました。

38FB1CDE-C7A5-4CDC-8665-7C8719F8E533.jpg

​何とか桜らしいものが見れました〜キレイ。

0F8CD3D2-5297-4267-997A-0F9052D26645.jpg


07D419EA-C2FB-4C91-BC10-6E2D0247FE91.jpg

西ノ丸から 【いノ門】に向かう道は立ち入り禁止でした。他にもずいぶん立ち入り禁止が増えました。

寒いし天守には向かわず出ました。入城料千円はお布施のようなものです。


posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

姫路城外から

​最近は姫路城、入城するよりも外から眺めることが多い。

城が視界に入ることに、その存在のありがたさを実感するような感じ。

​姫路駅の城展望テラス

E67B5093-2EF2-46A4-A7CD-5A6DE4CAB1DC.jpg

姫路に着いた時、別れを告げる時は必ずここからお城さまに挨拶をします。

⬇️ここからは撮影日4月6日


E96A965D-5B77-4BFA-9474-FE5ABEFDECC5.jpg

​すっかり定番となった、イーグレひめじ屋上から。

778D9504-6CEC-4798-AD3E-74345DA41382.jpg

勿論無料ですし、ここはおススメです!

桜や木はなかったとは思いますが、江戸時代と同じ光景を見ているだと思うと感動します!何度見てもです。

F0309C8B-1362-4E5F-B4BE-2130F759173B.jpg

​これも定番的、城見公園から。

6317202C-9E5F-473D-A39D-4BF02FC83555.jpg

​⬆️待望の新規  城見橋と城

31332604-3CC1-4294-954C-48AF38A041DE.jpg

⬆️ 待望の新規  ​  天守と濠

DB03BC4A-1F33-41A5-9FFD-7CAB51F1D6A6.jpg
​撮影場所若干移動しています。城内にある姫路動物園から。

天気が良いと城が水面に映るのですが、残念でした。

B48C7962-F39B-4070-9F38-1EAA8E03C63A.jpg

​象の姫子と城。後ろにかすかに天守のてっぺんが見えます。

C245121A-A378-4512-8BD1-A408A28FD085.jpg

遊具と城。

初めて入った姫路動物園は、城撮影には穴場と言えましょう。入場料  200円。

さて、城の北側の城トピア公園にまわります。

D51A512B-12C2-47D0-A7B2-1DFDB82F2EDB.jpg

​花壇と城。天守を裏側から見ることになります。

CB7DFF04-CE7D-49E6-83D7-950642389D10.jpg

​南側より開花が遅いので、見頃でした。

A3A67DEE-8A2A-4248-8543-F272413C20B7.jpg

​お〜お桜のフレーム🌸

1EF2B0AB-CECE-4E59-9CC7-600CBE56D515.jpg

​裏側は人も少ないので(ほとんどいない)快適です。おススメとは言いませんが穴場です。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

姫路城ライトアップ2018

マンネリ気味だけど行きました!城と桜の旅。

​今年の桜のライトアップは3日〜8日。6時から西ノ丸エリアが無料開放されます。

撮影日  4月5日

79FD6685-4819-4168-9E56-624926B606B3.jpg


425C7028-1DC0-47A4-ACB3-93BCAC9CDC23.jpg


57629B96-CBE8-4B07-AF9D-9D97A9ACF69C.jpg

254FD67D-CE83-49DC-B2B9-6E5F5206E481.jpg

296E1F7E-4B49-41DA-90B9-388CF20D9ADC.jpg

D9D471AC-8BF7-43E0-B944-A207BA9FB253.jpg


A7A2B552-F438-4967-8FDB-BA8B55CB8990.jpg


F7AB4AC0-5BCE-4738-8F4D-E2912E0EB488.jpg

DDB54A87-5572-4DF7-89E2-72A050E676DE.jpg

​ライトアップ効果もあって、なかなかキレイでした。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

つかの間の逢瀬

去年4月は入城(入場料を払って見学 )したものの、平成の大改装後は今まで入れたところが制限かかり、入城のモチベーション下り外から見学することが多いです。この時は姫路初9時40分の新幹線に乗るので、まさかの城見学なし!も想定していたけど、前夜あまりに感動したので、わずかな時間でも城の近くに行きたくて、ホテルの自転車でサクッと行ってきました。

C9D5AB84-2D8A-47D0-9F75-CEC552125863.jpg

​城見台公園。天気も良く。

CE670497-7AA3-4B02-BAC9-39410F3691DF.jpg

​大天守まだまだ白いですね。

2D40E1BD-8B55-40D3-8A04-17506A9B3511.jpg

​葉っぱがないので建物が良くみえます。

20AFFCCE-F00E-442D-8163-63D06CB11669.jpg

​東側からの壮大な眺め。嬉しいです。体調不良は城に来なかったのが原因かも知れない。

9562C5FE-7C13-4F6E-A375-11CC14D5DF5A.jpg

​やっぱり最高!ワタクシはこれからも城と共に生きてゆく。

99C2E4A5-4964-41D5-9459-E3032B024186.jpg

​おなじみの美術館とのツーショット。

62AFC132-EF26-40A0-9B79-E45DF7AE5BF9.jpg

​駅前の改装で道路がカーブになり車道に出なくても正面から見えるようになりました。姫路駅に城展望台ができたのは以前述べたとおりです。

2008年4月以来、多分20回以上見ているお城さま( 名称で呼ばず、お城さまと呼べるのは姫路城だけ)だけど、今回どん底の状態で邂逅して本当に感動した。

お城さま🏯元気のない時にワタクシを励ましてくれて本当にありがとうございます❤🏯また来ます。



posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

姫路呑み歩き

去年の4月以来、約1年ぶりの姫路。さて嬉々として向かった先は. . . .

573497C5-3EEC-4E98-8B8A-7CDE8065C4C0.jpg

​毎度お馴染みの【試】兵庫県内の酒(酒と書けば日本酒のこと )200種類以上を少量グラスで飲み比べできる日本酒天国。

いつも昼ばかり行くので夜は初めて。ところがまさかの9時閉店でワタクシの次の方は入店断られてました。

15F57681-9C25-42E2-823F-990CEB4A1FB1.jpg

​そんな時間ないなら、ゆっくり選んでいられない。

E55E5E35-610E-4946-8473-E3788893C057.jpg

道灌純米吟醸千代と、ここで一番気に入っている白鷺の城純米吟醸

87AA2978-0A4F-4F72-BF3C-3010FEAD8DFC.jpg

​必ず頼むエビサラダも酒盗もメニューから無くなっていた。しかも若干の値上げ. . . .今までが安すぎたから仕方ない。

​拍子抜けしてアタフタと店を出るワタクシ. . . .物足りないって言うほどでもないんだけど . . .

D40AA5C9-DF56-4ECE-A3A0-0CEC299BD7D5.png

​おみぞ筋を通り. . . .

9FF60E9E-22CE-4616-8EEB-C945A8C199FC.jpg

​一度行こうと思っていたお店は閉店の札が. . . .ホテルに直行しかないなと思いつつ. . . .本当にこの日は特に身体も重くて駅構内を出てお店に行く選択肢はなかったはずなんですが. . . .お城さまパワーで足はホテルと反対方向へ。


1C82764C-AFF2-4E96-B232-0AB7AE5900FB.jpg

【WINE SPACE Kagen】

山陽姫路駅周辺はまだ行ったことがなかったので。でも入れそうなところはないか. . . あ〜この店例の姫路ブログで見たな. . . .ワインは最近飲まないけどたまにはいいか . . .左側の店名と月のマークが写っていないけど下限の月の意味だそうです。L字型カウンターの店内ちょうど1人空きました。

4A682196-CC4C-42EF-96B9-039F3A185D38.jpg

オードブル付きの泡セットは680円。イチゴと生ハム素敵です。

59D54348-3150-420F-940F-477FDE0428F6.jpg

​これだけで帰るのもなんだし. . . .鶏肉と木の子のテリーヌと、シャブリを頼みました。テリーヌはしっかりミートローフぽくて美味しいです。普段は入店が難しい人気というのも納得。

そのうちワタクシが札幌から来た、城&姫路ラバーであること、某姫路ブロガーさんのファンであることをカミングアウトし常連さんや店主さんと歓談しました。さすがに病弱の身体には飲み過ぎで、翌日も翌々日もアルコール無しになってしまったけど楽しかった^_^
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

姫路鶴亀八番

​2月の半ばから目眩というより、身体が時折ゆらゆら〜ぐらぐら体調不調に苦しんでいるワタクシ. . . .またキャンセルするのはイヤなので、プチ旅決行しました。たった半日の有給休暇だけど生き返りました。

C3884F4E-14DE-4303-86DA-5A3056FAFE42.jpg

​重ダルい身体で神戸空港から姫路に直行しました。もう城マニアを名乗る情熱も興味も薄れたワタクシ、こんなに感動するとは思わなかった。1年ぶりにお城さまの神々しいお姿を目にして、心の奥底から湧き起こる嬉しさに震える。2008年の初対面以来の感動です。それほどまでにワタクシ弱っていたのです。

密かに“ちぃさま”のブログ見ている職場の人がいるみたいです。「体調不良と言っても旅行して酒飲んでるんじゃないの!」なんて言うヤツいるならブログは即閉鎖しますからね。

5C68D749-3003-4581-9BE2-4163DB33B8EA.jpg

​どんなに体調不良でも酒は飲みます。と言いますのは酒を控えてもちっとも良くならないからです。いつも見ている姫路の方の呑みブログで、駅から地下で繋がっているグランフェスタ6番街に手頃なお店が先月オープンしたとの情報を入手しました。

512AF7F6-470E-45DE-9E86-97CDB53B59F1.jpg

​神戸三宮にある【鶴亀八番】の姫路出店。立ち飲みと聞いてましたが半分以上は座れます。ワタクシはバーにお尻載せられて楽ちんでした。

28410CDF-06B4-45B2-BDC0-99857541A522.jpg

​生ビール190円!食べものは看板メニューを頼んでみました。

2905006E-F4B0-4DE2-8F58-3214592A6284.jpg

​中落ちマグロ  450円  かなりのボリュームです。マグロが主食になってしまいました。

610AF593-5570-4329-AD00-DDD0B1A41264.jpg

​焼き餃子300円  メニューに書いてあるほど皮は厚くなかったけどジューシーで美味しかったです。

D4C18468-9821-47DD-A4AA-D062A76DF0A2.jpg

​日本酒も充実しています。普通に新政とか而今が登場。

これは流行りますわな〜ワタクシの姫路新定番になるかも。

ACBD7333-871D-4071-A841-80C6580BD590.jpg

​向かいの、天晴水産【ぽっぽ屋】も行きたかったけど、いつものお店に行かねばなりません。


posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

姫路いつもの

姫路に行くと「帰ってきたぁ〜」と感じるワタクシ、当然いつもの酒場に向います。ところが・・・ 【試】さん月曜日は定休日でした-_-b

image1.JPG

大丈夫!明日行けばいいさ。というわけでまだ行っていなかった駅チカの 【龍力】さんの立ち呑みに向います。

image2.JPG

看板商品の 【大吟醸 米のささやき】地元兵庫県の得A地区産の山田錦100%   【日本のロマネコンティ、モンラッシェを目指す吟醸酒作り】がコンセプト。これはオススメです。

どう見ても立派な立ち呑みカウンーだけど、立ち呑みとは言わず【試飲】だそうでツマミはありません。蔵元直営店舗なので破格のお値段です。 【試】が休みでなければ来ることはなかったと思います。

IMG_7753.JPG

​ 【龍】にちなんだドラゴンシリーズ等々が並びます。

​翌日は無事 【試】さんへ。

image4.JPG

​休みの日は酒樽は出ていませんでした。開店と同時に一番客同時して堂々と入店します。

image3.PNG

​こんなに一人で飲んだわけでないですから。ここは本当に好きです。何度でも又行きます。札幌にもこういうお店があればいいのにと思います。

image6.JPG

​こちらもいつもの アナゴ丼セット。信州屋さん。

image5.JPG

​こちらは久しぶりに食べた 【駅そば】姫路の駅そばは中華麺に和風つゆ。駅ホームでは立食いでしたが、駅チカでは座って食します。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

姫路城2016桜

​久しぶりに姫路城の桜を観に行きました。


75A4ABD3-D0D0-4055-AC45-70DAA13599D4.jpg

​天気はあいにく曇天でしたが、桜は満開。

0368E0E7-B972-46C7-964A-FD1DD6B4446C.jpg

​桜のフレームも色味がイマイチ・・・平日にもかかわらず大変な人出でした。天気を選んでいる場合じゃないです。

C9B363A3-6EA7-430C-A8F4-5A92A1D7EA9B.jpg

初めて姫路城に行ったのは2008年4月、その時は天気も桜も素晴らしくて一番感動しました。あれから何回来ているのか・・・姫路城は桜たちが寿命を迎えているそうです。この光景もいつまで観られるのか?

5B21E023-5CCD-404D-AD72-F0B7CE191994.jpg

久しぶりに天守の中も見学しました。6階(最上階)まで急な階段を登ります。こちらも人がギチギチ詰め込みで身動きとれず大変でした。


C8F99CC2-FE03-4772-A1B0-77F4520ECEA0.jpg

まだ平日だからマシだったけど、人が多くて城を味わう雰囲気じゃないです。人が写るから写真も撮れないし進入禁止の場所も多い。最初のころたくさん写真撮っておいてよかったなと思います。

8AD48390-232F-4D37-9BD5-35B7C67066C2.jpg

​桜の時期一週間ほどは西の丸を無料開放ライトアップ。それはそれはキレイでした。

9305FA94-6BBA-4A5E-AFFB-9F71DDAB2FCF.jpg

​姫路城のライトアップ桜を観たのは2008年以来でした。やはり素晴らしい。


93631B95-F3BD-42E2-AF72-2652B20D3441.jpg

​定番のイーグレひめじ屋上から。

BAC255E6-5748-4B81-8972-5BE2F50F83C5.jpg

​大小4つの天守が重ならずに見える、男山貯池公園からの絶景。

99A5799B-7500-46BF-B23D-9536E67045D1.jpg

​サイクリングコースの定番。

平成の大改修騒ぎから、姫路城のブランド力が高止まりのままという感じで、人の多さにはウンザリしたけど必ず観る価値はあります。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

試み

もう毎度さまって感じになりました。姫路駅の日本酒立ち飲みバー【試】

IMG_7112.JPG

​2月・5月・1月と1年間で3回ですから毎度さまです。札幌でも1年に3回行くお店なんてありませんから驚異的です。

image1.JPG

​これも毎度の店内写真。兵庫県の全蔵元のお酒が飲めます。前日は岡山県、今日は兵庫県、旅先でその土地の日本酒を飲むのが好きなんです。

image2.JPG

​丹波純米吟醸と竹泉雄町純米吟醸

image3.JPG

​ワタクシ的てっぱんメニュー。海老サラダとフグ皮。

image4.JPG

​奥丹波ゆず酒と八重垣純米大吟醸青乃無。奥丹波純米酒がベースのゆず酒は実に美味。やや甘口の青乃無も美味しかったです。駅中の土産コーナーにも売り場があるので有名なのでしょうね。

image5.JPG

​チーズキューブと千枚漬け。

image6.JPG

​姫路城天守の模様入りの酒カード。

image1.PNG

​実にコスパフォ優れています。つまみは海老サラダ以外は110円ですよ、それもプラパックでなくて全部違う器で。

行ってみたいなという方にワタクシからアドバイスを。

@場所は駅構内というより高架下のビエラ(VIERA)という集合テナントビル。ピオレ姫路のごちそう館・お土産館をとにかく東(城に向かって右)に抜けること。目の前がVIERAです。

Aお店の人に酒の知識を求めないこと( 笑 )タッチパネルで検索できます。


image7.JPG

​今回は城に行く時間はありません。姫路駅の城展望台に上ります。

image8.JPG

​オーマイガッ!聖なるお城さま。今度ゆっくり参ります。大天守の真っ白具合は少し落ち着いたかな?
image9.JPG

​岡山から新幹線でわずか20分。姫路駅前はこんな感じです。この写真よりも肉眼の方が城は近く見えます。本当に素晴らしいんですから。

posted by ちぃさま at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

姫路城グランドオープン



​姫路城が長い改修工事を終え3月27日にグランドオープンしました。

写真.JPG

​今回の改修工事で姫路城は知名度もブランド力も格段にアップすることに成功しました。

・ますは改修前の駆け込みブームで空前の大フィーバー

・改修中は専用エレベーターを設置して作業中の姿を公開して話題に。

・工事が終わり外観があらわになると『真っ白』すぎて話題に。しかも3年ほどでくすんでくるので『50年に一度の白さ』を観るなら今!と呼び込みます。

​今回のグランドオープンも城内の桜開花に合わせて3月27日にしたことは疑いようがありません。これまでもオープンしていますけど、天守の中も見学可能になることをグランドオープンとしているのです。

image.jpeg

​なんとオープン前日にはブルーインパルスのショーが行われていたとはびっくりしました(@_@)

image.jpeg

​うぉ〜!これは実際に見たら興奮しそうですね。

image.jpeg

​ハートの形 〜まぁ素敵!見事ですね。これも50年に一度なら見たかった。


image.jpeg

​ワタクシか初めて姫路を訪れた2008年はすでに工事中だった駅も、城のグランドオープンに合わせて見違えるようにオシャレになりました。

image.jpeg

​城を見るための専用の展望台ができていました。外から専用エレベーターで上ります。これで横断歩道の真ん中で写真撮らなくてもよくなりました(@_@)

しかしなんと素晴らしい眺めでしょうか〜こんな都市が日本にあるなんて!あり得ない〜あり得ない。日本の世界文化遺産第一号ですから。

遠くから見ると白さが際立ちます。姫路到着直前のJRの車両から見える姿は、まるて蛍光塗料塗っているかのようでした。

image.jpeg

​ワタクシの新定番。手前のイーグレ姫路の5階屋上から。

image.jpeg

​無くなった建物は多々あるけど、江戸時代と同じ風景かと思うとシビレます。

image.jpeg

​そうそう、グランドオープンを機に入場料が600円→1000円に大幅アップしました。唯一無比の希少価値を考えれば高くはありません。誰が儲けるわけでなく維持費がかかりますから適正価格だと思います。

と言いながら、2月に続いてワタクシ今回も入場せず引き返します。それは入場料をケチっている訳ではなく・・・そりゃ確かに充分見尽くしたし写真も撮りつくした。だけど今では姫路では城よりも優先して行くべき所があるからなんです。


280DBDC9-ADA5-4188-8068-F3F5FBEE0CA5.jpg

​今や姫路に行く一番の目的となったスタンディング日本酒BAR 【試(こころみ)】

もう最高です!️3回目のワタクシ…慣れた手つきでタッチパネルで検索&注文。この空間にいることが本当に幸せ。酒は60CCグラスで純米吟醸で200円ちょっと。おつまみは右上のエビサラダ以外は110円。信じられないくらいお財布に優しい〜250種類以上あるのに同じ酒を頼んでいたことに後で気づいたのはちょっと残念だった。年内にまた行くつもりなのでダブらないようにします。


posted by ちぃさま at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

試(こころみ)ふたたび

11月に続いてまたもや姫路に。いまでは城よりこっちのお店が目当て?

スタンディング日本酒BAR 試(こころみ)

写真.JPG

​午後1時の開店を待って“ちぃさま”一番客で堂々の入店。

image.jpeg

​見飽きることのないディスプレイ。これは一部でございますよ。


image.jpeg

​今回飲んだ酒カード。 【白鷺の城】は外せません。

image.jpeg

​ふぐ皮(写真なし)と酒盗明太子(写真右)は前と同じ。酒盗はホントに酒に合う、器を指で拭いたいほど。新メニューの海老サラダ(左)は海老を飛びっ子マヨネーズ?で和えたもの。海老ばっかりで150円!こりゃあ日本最強の海老サラダだあ〜

image.jpeg

​オリジナルの播州スパーク 微発泡にごり酒をお土産に。雪彦山と書いて 【せっぴこさん】姫路の壺坂酒造産。

image.jpeg

​今年の花見は激混み必死の姫路城。キッス観て幸せいっぱいなワタクシ…無人の展望台で ヤッホーと叫んでみる。

image.jpeg

​天気悪かったので入場せず(つまり金を払わず)ここで引き返しました。

image.jpeg

​向かったのは11月に行った信州屋さん同じくアナゴ丼セット。

姫路駅は私が初詣でをした2008年は既に工事中でずっと工事中でしたが完成して駅前も立派になった。今回はなんやら駅前に立体歩道がでぎる模様〜すごいなあ。

キッス休暇および姫路の定番めぐり終了。


posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

日本酒スタンディングバー試(こころみ)

​久々に姫路に泊まったワタクシ…ずっと行きたいお店があったんです。 【スタンディング日本酒バー試 (こころみ) 】

image.jpeg

​駅ビルの東端の飲食街に位置するお店は、酒問屋さんの経営で、地元播磨は勿論、兵庫県内62の蔵元の約250種類をお酒が、ショット(60ml)でいただけます。

image.jpeg

​タッチパネルで検索・注文できたり、酒カードが漏れなく付いてきたりとハイテクさにびっくり。

image.jpeg

​最初にいただいたのは城に敬意を表して 【白鷺の城】純米吟醸でも220円とかリーズナブル!少しずついろいろ飲めます(^o^)

image.jpeg

​ツマミも安くて 【ふぐ皮】 【ゆず大根】どっちも110円。ですから二杯と二品で600円代!札幌にあれば毎日行きますぅ〜

image.jpeg

​こっちのツマミは 【酒盗めんたいこ】少量ながら酒にピッタリ。

これはかなり気に入りました。姫路での楽しみが増えました^o^




posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

姫路城サイクリング

​城の入場券も官兵衛な姫路城。

image.jpeg

​ホテルで自転車を借りて久々に姫路城周辺サイクリングしました。

image.jpeg

​市立美術館から見た城。美術館は、典型的な、明治になって城内に作られた陸軍の建物の転用です。

image.jpeg

​日本城郭研究センター。ミラーに映る城

image.jpeg

​シロトピア記念公園から見た城。手前はカンザクラです。

image.jpeg

​堀と石垣沿いにサイクリングは最高です。

だけど前日に降りかかった大災難で悦びも半分か・・・こんな気の弱い繊細さは自慢にならない、何もプラスにならない、自分を消耗させるだけということを理解しなさい。幸い災難は落ち着いたのだが。

image.jpeg

​紅葉の下をくぐるのは気持ちよかった。

image.jpeg

​さて今回のハイライト。千姫天満宮の上にある男山配水池公園からの眺め。急な高い石段を真っ直ぐ登り切りましたが、その身体へのダメージは計り知れないものがありました。

DE3BFFB1-F1CA-4342-9D1C-B31C4B739082.jpg

大天守・東小天守・乾小天守・西小天守。四つの天守が重ならないで見える絶景ポイント。

​文字が青くなって戻らなくなっちゃったよ。

16A75B93-5309-4FAA-93C4-7B68CB7996D0.jpg

​千姫天満宮のそばにある 【姫路文学館】

北館と南館の二つの建物は設計は安藤忠雄氏。曲線とスロープ多用は言わなくてもわかるでしょう〜って感じですかね。

 【こころ】から100年ということで、文豪:夏目漱石の特別展でした。森鴎外は取っ付きにくくて、文豪と言えば夏目漱石だと思っているので、貴重な資料もあって面白い展示でした。 【こころ】を最初に読んだのは高校生の時でした。

男山配水池公園への登頂があまりのダメージで、文学館に入っても『休憩所はどこですか?座って水を飲みたいんです』と瀕死の白鳥状態のワタクシ~_~;

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

再会!姫路城

改修工事がほぼ終了し、その神々しい姿を現した姫路城。さっそく再会してきました。

3430A6A2-1AE5-4604-9CC3-F5194ACC15FC.jpg

​なんとも感動的です(涙)無事なお姿を拝見できて感謝します。

3E5DCC64-2D34-404E-9EF7-60CD160B92C4.jpg

イーグレ姫路屋上庭園からの眺め。何度も行っているのに、ここから見るのは初めて。圧巻です。これぞ日本が誇る世界遺産。

315A675E-6EE9-4D74-92B2-36F2C0B90A10.jpg

これが築城当時の姿なのかと・・・素晴らしい。

キレイになり過ぎて白過ぎる、白鷺(しらさぎ)城ではなく白過ぎ城?と言われてるらしいけど、ワタクシにとっては元々唯一無二の美しい城なので、特に白過ぎとは感じません。

0BFFF795-627C-402B-AB83-D43C219F3B93.jpg

2010年7月以来、​四年ぶりに天守様とご対面が叶いました。確かにビカビカに白いですね( 笑 )


AC188BCF-3851-4AE2-A98F-2D25E5D659A2.jpg

まぁいつもの。

D34AF5E9-E70B-4F71-B8E7-646E883D3905.jpg

​いつもの三国堀   花見シーズンは桜で天守が隠れて見えません。

655C13F9-36A7-46AB-B5E9-D902CA7910AA.jpg

​いつもの西の丸から。

まだまだ立入り制限も多く、完全オープンするのは来年3月27日です。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

城の悦び

“ちぃさま”と言えば【城】商売上手なディアゴスティーニ社から満を期して【日本の城】が発刊となった。

SN3J537400010001.jpg

上矢印1別のシリーズを持っているし、断捨離精神で物を増やしたくないので「私は買わない!」と宣言したものの書店で現物見て、お約束の創刊号特別価格(290円)と豪華オマケに釣られて購入してしまった。

     SN3J53670001.jpg

なんと専用城袋に入れてくれました。恥ずかしいではないですか!

SN3J536800010001.jpg

まぁ実にマニアのツボを押さえている。豪華バインダーの内側は石垣ハート3(大きい&小さい)

SN3J536900010001.jpg

更に定期申し込みや応募券ためてもらうプレゼントは大阪城の石垣模様のブックカバー

 
     SN3J53700002.jpg     
私の【石垣フェチ】が市民権を得たような気がして嬉しい。だけど別に石垣模様のブックカバーは要りません。やはり現物の石垣に激萌えしないと!

しかし商売上手ですね。1号は姫路城、2号は熊本城…だと100号も続かないし売れないので、毎号「城の建物」「名城訪問」「城の縄張り」「城と合戦」等々で構成されていて、有名城は何回も登場します。バインダーのインデックスは地域毎の仕切りなのです。創刊号は乗せられて買ったけど、模型やドールハウスで無いので毎号買う必要はない。今後はバインダーに収まる分(10冊程度)しか買いません「!!」100号全部と必要なバインダーを計算したら総額61650円になるらしい・・・城の旅に行ったほうがずっとマシ。私はどうも戦や武将にはあまり興味を感じず、歴史よりも箱物として城を寵愛しているようです。CGを使った往時の再現図を見ると、1日でいいから江戸時代にタイムトリップしたいと思ってしまいます。

城は究極の公共事業だった。自民党政権で節操なき公共事業の大復活が決まった(T_T)ムダな道路造るなら城の大復活をして欲しい。日本の建築文化の継承、文化の継承にもなり正に総理の好きな「美しい日本」であり「軍備の象徴」である。城の復活と言っても模擬天守のように元々存在してない物を勝手に造るのはダメだ。古地図や写真が残っている物に限る。

130127_2152~010001.jpg

優先順位としては江戸城本丸御殿の完全復元と、

130127_2137~010001.jpg

熊本城の7つの天守含む49の櫓の復元。函館五稜郭の復元奉行所は素晴らしい。

昨年の6月から城の旅に出ていないワタクシ…恒例の冬の旅もあきらめているので困り春からはバシバシ行きたい。姫路城様は長い改修工事も終盤で、年内には屋根も取れて姿を拝めるのでは?と期待している。

各界にも城マニアは多いけど、一番有名なのは歌舞伎役者の坂東三津五郎氏だ。「ふぐで死んだ人?」と思い出すのは中高年。ふぐ中毒で亡くなったのは8代目。孫の10代目が現在の三津五郎(池上季実子はいとこ)。以前の名前は坂東八十助だと言うと知っている人も多いはず。その三津五郎氏が勘三郎さんの告別式の感動的な弔辞で、「一緒に城めぐりに連れて行ってと言われて、10代の頃に一緒に夜行列車で金沢に行き、丸岡城を見て・・・」と思い出を語っていたたらーっ(汗)

SN3J505100010001.jpg

十八代目中村勘三郎さんも見に行った 丸岡城(福井県)
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

天空の白鷺

姫路城大天守45年ぶりの本格修理
(オフィシャルページから抜粋)
昭和39年に完了した解体復元工事から45年が過ぎ、漆喰壁(しっくいかべ)をはじめ上層部の軒(のき)やひさしに傷みや汚れが激しくなり、平成21年から姫路城大天守の保存修理工事を開始。工事は壁面の修復が中心、大天守の1〜3層は表面の漆喰壁を塗り直し、4・5層は下地から修理します。屋根瓦はできるだけ再利用しながら全面を葺き直し(ふきなおし)、補強を行うほか床組みの耐震工事を行う予定。
              
       110611_2005~01.jpg

観光対策でもあると思うけど、修理の様子を公開しています。
その名も「天空の白鷺(しらさぎ」姫路城の通称「白鷺城」からのネーミング
エレーベーターが取りつけられ、間近で観ることができるのです。

人数制限もあるとかで私はネット予約したけど、通常は予約なくても大丈夫かも。

038 (640x480).jpg

ただし城内は通行禁止や一方通行だらけで興ざめ。

       039 (480x640).jpg

真上に見上げる線画は迫力があります。

041 (640x480).jpg

天守に向かう通路もこのとおり

046 (640x480).jpg

エレベーターで登り8階と7階に見学スペースがあります。
8階からは天守の最上階の屋根修理(瓦張替等)が眺められます。

045 (640x480).jpg

ちょうど2日間かけて鯱(シャチ)をはずしたとのことで手前に置いてありました。

053 (640x480).jpg

7階からは漆喰壁の補修の様子も。

もっと間近で観られると思っていたんだけど・・・スペースも狭いし・・・
「天空の白鷺」は完全に名前負けかな〜と思う。マニア意外には魅力ないでしょ。

 055 (640x480) (2).jpg

天守内も一部公開しています。

B2E8C1FC220441.jpg

2008年4月初めて姫路城を訪れた時の感動は忘れない。
2015年に再びこの姿を目にすることができたなら、私は三の丸広場にひれ伏して、お城様に向かってイスラム式の礼拝をすることを約束します。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

姫路城工事中

6月10日〜12日ちょこっと旅行してきました。5月恒例の「新緑と城の旅」は職場の「ある事情」で休みを取りにくく、6月にやっと1日の休みを取れました。

たった1日の休みなのに前日仕事を終えると、これから一週間の休暇のような解放感と達成感に包まれ、「ある事情」は結構キツかったんだなぁ〜と感じた次第。

飛行機とホテルは決めたものの行程は最後まで迷いまくり、神戸三ノ宮でJRに乗る時京都に行かず姫路に向かったので、持っていった京都のガイド本も使わず・・・

018 (632x468).jpg

儀式になってしまった恒例の姫路城詣で。工事中は1回行かなくては!去年の「天守とクレーン」は今思い出してもゾクゾクするほど刺激的だったのに・・・すっかり素屋根に覆われたお城様はイマイチです。

でもやっぱり嬉しい。自分の目の前に「お城様」がいるぅ〜!!これが旅だ。

020 (640x480).jpg

素屋根には等身大の大天守の線画が描かれています。この線画は世界最大。

               022 (480x640).jpg

昭和の大修理で取り換えた心柱

023 (640x480).jpg

一番最初の門「菱の門」

024 (640x480).jpg

               025 (480x640).jpg

いつも「菱の門」に直行せず、先に西の丸に上るのも儀式です。



026 (640x480).jpg

人が少ないのは撮影的にはいいことです。入場料は普段より200円やすい400円

028 (640x480).jpg

3年間この姿だそうです。ちょっと厳しいものがあります。

034 (640x480).jpg

「いの門」に向かいます

姫路城あまりにも来すぎて撮るものがないのでこんなものを・・・
この旅はほとんど2代目デジカメで撮りました。
posted by ちぃさま at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

改修工事中こそ穴場

天守への立ち入り制限前に「姫路城改修前の最後のチャンス!」と煽った大混雑の反動なのか?工事が始まってから来るのは外人とマニアだけなのか?まったく人がいない。激萌え放題で人の写らない写真も取り放題!静かな姫路城はストレスフリーで最高です。

一例として途中の門を紹介します。

SN3J288500010001.jpg

「はノ門」に向かう坂

SN3J2887.jpg

「はノ門」

SN3J2891.jpg

「はノ門」から「にノ門」に向かう坂。これはいつも撮ってますけどね。

SN3J2894.jpg

ぐるっと左に回りこんで「にノ門」が見えます。

SN3J2895.jpg

「にノ門」

SN3J28960001.jpg
 
門の中から振りかえる。

SN3J2897.jpg

背中を丸めながらく櫓の下をくぐり抜けます。とにかく人がいないのは気持いい。

SN3J28720001.jpg

今回の目玉写真。何回行っても新たな発見があるものですね。

SN3J2850.jpg

さて、いよいよお別れです。

SN3J2913.jpg

この姿はひとまず見おさめ。予定では8月末までに天守の半分が隠れて、年内には全部素屋根に覆われてしまう。そしたら来春は覆った素屋根に原寸大の天守の壁画が描かれるそうだ。また行かなくてはならない。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

工事中の姫路城

改修工事中の姫路城。静まり返った城内、なんとも不思議な雰囲気の中で見学を進めます。

SN3J2883.jpg

幡州皿屋敷の「お菊井戸」と天守とクレーン

SN3J2901.jpg

このあたりから気分もすっかりマニアックになってきました。

SN3J2902.jpg

いつもは天守への入城入口なのだけど、こんなになってしまった。

SN3J29040001.jpg

なんと備前丸前も公開されているではありませんか〜激萌え!ってゼネコンマニア?

SN3J28760001.jpg SN3J29080002.jpg

SN3J29070001.jpg SN3J29030002.jpg

SN3J28880001.jpg SN3J28840001.jpg

工事中なのに、天守にも入れないのに3時間もいたワタクシ・・・、その間2度ほどクレーンで足場を積んでいました。「落ちつけよ〜」と緊張した作業員の声が聞こえます。

まずは安全第一。そして細心の注意をはらってお城様を守ってください。よろしく頼みます。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

天守とクレーン

姫路城@改修工事中〜撮影日7月1日

4月に3年連続桜の季節を楽しみ、5年後の再会を誓った国宝&世界文化遺産:姫路城。
工事中のお城様なんて興ざめ・・・そんな自分の考えが間違っていたことを素直に認めます。改修前の駆け込み観光に踊らされていました。城マニアなら工事中こそ激萌えです。なんたって普段見ることのできない映像がたっぷり楽しめるのですから、行かなければとんだ笑い者になってしまうところでした。

SN3J2845.jpg

SN3J2844.jpg

現に公式ページでも工事中の様子を公開してマニアを煽っているのです。職場の夏休み取得期間の初日に、さっそく神戸空港に向かいます。いつものようにポートライナーで三ノ宮へ。新快速は進行方向右側に座ります。停車駅も覚えました、三ノ宮〜神戸〜明石〜西明石〜加古川〜姫路まで44分。

SN3J2847.jpg

お城さま〜ご機嫌いかがですか?工事中の様子を拝見させていただきます。一礼。
今年だけでも3回目、2年3か月で7回の訪問。付き合っている状態の“お城さまとちぃさま”

SN3J2848.jpg

三の丸広場から。2基のクレーンのアームの角度がなんとも美しい。

SN3J2911.jpg

搦め手口側から

SN3J2874.jpg

三国濠から。あまりに暑いので葵の門の中から撮ったので構図が今イチ・・・

SN3J28790001.jpg

新緑に映える大小天守。

空前の駆け込みラッシュで騒然となった城内はひっそり静まり返っている。天守への入城が禁止された4月12日から入場料は200円引きの400円で工事中の映像も楽しめるというのに、客よりも係員の姿が目立つほどだ。一番目立っていたのは外国人観光客かも知れない、この日は日本人1割:外国人9割って感じるくらい。係員の方が「今日は日本人が来ない・・・」と言っていたほどだ。


SN3J2851.jpg

いつものように最初は西の丸へ。まったく人がいないので思うように写真が撮れます。空と緑が眩しくクレーンも絵になっています。と言うかクレーンをカッコよく写真に収めることに執着するワタクシ。

SN3J2864.jpg

これを友人に写メしました。

SN3J28820001.jpg

パンフレットの真似をして撮りました。

SN3J2858.jpg

これもいつもの長局(女中部屋長屋)から。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

天守パーシャル

なんと、天守を正面から丸ごと見渡せる備前丸(広場)がもう通行止めになっていた!天守内に入れるのは通常どおりだけど、外観の眺めはもう通常ではない。順路も限定されてしまっている。改修前の、姫路城始まって以来の空前の人出なのに、それはないでしょう〜!!!

SN3J2432.jpg

仕方なくパーシャルな天守シリーズとしました。

SN3J2449000100010001.jpg SN3J2443000100010001.jpg

SN3J2445000100010001.jpg SN3J2444000100010001.jpg

SN3J2436000100010001.jpg SN3J2440000100010001.jpg

SN3J2442000100010001.jpg SN3J2435000100010001.jpg

SN3J2434000100010001.jpg SN3J24330001.jpg

通常はぐるっと循環できるコースなのだけど、片方のからしか行けないので、この行列・・・お城様にとってはマイナスイメージだ。入場券買うまでの延々行列で、ようやく中に入ってまた行列。休日のディスニーランド並みだ。もし今回初めて姫路城に来た人は二度と行かなくていいと思うのでは?

SN3J2456.jpg

天守内に入ることもできたけどノロノロ歩くのがキライなワタクシ、城をあとにした。
最後に振り返る。再会は5年後か・・・


偉大なるお城様 どうぞ御静養&リフレッシュして下さい。
ご無事のご帰還&再会を心よりお待ち申し上げます。

人気ブログランキングへ応援クリックよろしくお願いします。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

姫路城西の丸

姫路城では真っすぐ「いノ門」進まず西の丸に登るのが儀式になりました。

SN3J2391.jpg

おなじみの眺めだけど、ここから見る天守はやっぱり圧巻。

SN3J2414.jpg

おなじみの百聞廊下(女中部屋の長屋)、ここも大渋滞は初めての経験。


SN3J2410.jpg

女中部屋からの眺め。往時は御殿があった。

SN3J2399.jpg

女中部屋の窓枠の間はけっこうな撮影ポイントなのです。

SN3J24070001.jpg

SN3J2413.jpg

ここからもよく撮っているけど、千姫の部屋のところからです。

SN3J2415.jpg

SN3J2426.jpg



SN3J2452.jpg

SN3J2438.jpg

【今日のワタクシ】
花見もできない寒さなのに桜が咲いていることに違和感があったけど、やっと暖かくなってうれしい、今日は良い花見日和だ。なのに私は風邪をひいたようで旅を控えて焦っている(-_-;)一週間に10合も食べている酵素玄米の効果を過信してはいけないようだ。母親:“ちぃママ”に風邪をひいたなんて言ってはいけない。心配してくれるどころか「いや〜弱いねぇ〜私なんか何十年も風邪ひいたことないよ〜アンタ脂が足りないんだわ、脂を取りなさい」と馬鹿にされるだけだ。

人気ブログランキングへ応援クリックよろしくお願いします。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

改修前の姫路城

姫路城に着きました。3年連続の「姫路城の桜」です。天気は最高!花もここ1日〜2日でぐっと開花したようです。入城ゲートまで30分くらいかかるかも?と覚悟していたが、本当に三の丸広場から行列になっているのには仰天した。

SN3J2382.jpg

上の桜は無理に入れる必要なかったか・・・この景色を見ながら入城券売り場まで行列だけど、これでも3日に来るよりはかなりマシだったようです。

SN3J2387.jpg

おなじみ三国濠から

SN3J23830001.jpg

素晴らしいです、桜で天守が隠れてしまいます。

SN3J2385.jpg

SN3J2451.jpg

おなじみ四角の穴は、おなじみの「狭間(さま)」敵に弓を射るのです。

SN3J23930002.jpg SN3J2398000100010001.jpg

狭間(さま)からのぞいた光景

SN3J24160002.jpg  SN3J24470002.jpg

右の写真は、狭間(さま)から狭間(さま)を見る“ちぃさま”(*^_^*)

人気ブログランキングへ応援クリックよろしくお願いします。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

予定変更

京都御苑(御所含む)と京都府庁庁舎は満足度の高い見学だった。

まだ11時過ぎ、私は困ってしまった、足の疲労がつらい、歩きすぎてお遍路さんのようだ。この日は彦根に宿泊なのでまだ札幌には帰れない。九州も2泊3日で行くのに今回の3泊4日は長過ぎた・・・。彦根に行く途中、近江商人発祥の地:滋賀県の近江八幡で降りて古い商家の町並みや、建築家ヴォーリス(メンタームの近江兄弟社創立者)の残した建物を見学予定だったけど、もう歩きたくない。

どっかカフェで本を読んで時間つぶすか・・・やっぱりせっかく京都にいるのだからどこか見るか・・・御苑交差点のマックでホットアップルパイ食べながら考えることにした(ここのマックは1〜3階全館禁煙で素晴らしい)。京都観光地図を広げて横にしても逆さにしても何処も行きたくない、桜は十分〜どこ行ってもお金取られるし・・・(-_-;)

瞬間ひらめいた。そうだ姫路に行こう!実は改修前の姫路城こそ今回の最大の目的だったのだ。それが出発前日のニュースで空前の人出予想を知り、とても入城できないだろうと止めた、2月に行ったし・・・と。3日だと桜の咲きもまだまだのようなので、神戸空港からまっすぐ大阪万博公園に向かったのだ。

お城様に行くと決めた途端足取りも軽く?京都駅に急いだ。

          
100405_1218~010001.jpg

迷わず新幹線の切符を買う。神戸から新快速で行けば950円だったのに、京都から5、630円!もかけて姫路に向かうなんて・・・イヤ!これこそが旅だ!このために旅に来たのだ!切符を買って息切らして走り5分後には新幹線に乗っていた。京都から47分で姫路に着いた、さすがに早い〜リクライニングシートでそれは快適だ。

人気ブログランキングへ応援クリックよろしくお願いします
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

名城を歩く全12巻

旅日記はひと休みと言っても、所詮“ちぃさま”出てくるのは城の話。PHPムックのシリーズ「名城を歩く」。中には要らないなぁ〜ってのもあるけど、一冊600円だし12巻全部買った。

別に城ベスト12というわけでもない、再建天守すらない金沢城があるかと思えば、国宝犬山城はない、弘前城は櫓を改造したので現存天守の扱いではなく、御三階櫓と称されていた。

この12城のうち、弘前城を除く11城に行った!しかもそのうち9城は去年行ったのだ(リピート含む)。この歴女ブーム、道新から取材申し込みがないのが不思議なくらいだ。

100326_2350~01.jpg SN3J19770001.jpg

SN3J19780001.jpg SN3J19790001.jpg

SN3J19800001.jpg SN3J19810001.jpg

SN3J19820001.jpg 100418_2140~02.jpg

SN3J19830001.jpg SN3J19840002.jpg

SN3J19850001.jpg 100418_2140~01.jpg

今年は1月の高知城・丸亀城という新規があったけど(特に高知城は大収穫、素晴らしい!)、今後の新規は難しい。弘前は立派な門も残っているし行きたいけど今年はどうかな・・・岡山の高梁城は天守のある山城なので行ってみたいけど、岡山ねぇ〜決心つかず。

実は4月の城の旅が結構ハードで、友人にも職場でも「城は当分行かなくてもいい」と言って驚かれた。去年がある意味ピークかしら。好きな城は何回行っても良いので今後はリピート中心かな。熊本城・松山城はきっちり写真を撮りたい、松江城は一枚の写真も撮らなかった。あとは事前申し込みが必要な江戸城の見学コースを是非!

人気ブログランキングへ応援クリックよろしくお願いします
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

城ブーム到来!

お城さまこそ歴女ブームの本丸!満を期して城ブームがやってきた。

100316_1724~020001.jpg

何も妄想で言っているわけではない、書店でも城特集なのだ。

100326_2233~010001.jpg

【名城を歩く】更に買い足しました。
名古屋城の在りし日の写真を見るとため息しか出ない。明治初期の古写真ではなく昭和20年空襲で焼失する直前の写真なのだ。もし今も健在なら、姫路城が一人占めしている栄誉と称賛は、すべて名古屋城のものだったのである。5月14日。終戦はその空襲の日からわずか3か月後だ(涙

100326_0041~01.jpg

100326_0042~01.jpg

サライでは芸能界きっての城マニア:坂東三津五郎も登場して語っている。
氏の選ぶ3城は【備中松山城】【彦根城】【松江城】

私はまだ選べないけど、究極の選択なら腹は決まっている。それは・・・

・現存の城でひとつしか存続を許されないなら・・・【姫路城】
・空襲で燃えた6城でひとつだけ蘇るなら・・・【名古屋城】
・明治の廃城令で壊された城でひとつだけ蘇るなら・・・【津山城】

さて今後の城の予定、去年見たい城はほぼ行ったかな?って感じだけど

・新規の目標は【備中松山城(岡山県)】【弘前城(青森県)】。これで現存12天守のうち10城制覇になる。残りの宇和島城・丸岡城(これを現存と言っていいの?)は行く気はない。
・リピート目標は3年前に行った【伊予松山城】、4年前に行った【松江城】。
・今年も白馬の集会があれば、【松本城】に行ける!

当時は城マニアの片鱗もなく旅行先に城があったって感じ。松江城は写真の一枚もない。この島根旅行、前後の香川県・バリ島でも写真はまったく撮らなかった。別に不倫旅行ではない。カチャカチャ写真撮らなくても、自分の心に残しておけばいいとその時は思っていたからなんです。

人気ブログランキングへ応援クリックよろしくお願いします:城に愛を!
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

姫路城2010年2月A

日本の美の結晶 西の丸〜天守

SN3J1765.jpg

被写体が良いので誰が撮ってもバッチリです。

SN3J17730001.jpg

これもお決まり、化粧櫓の窓枠の間からパチリ。自分の視界にお城さまがいることが夢のようです。あり得んだろう〜と思いながら、うっとりします。

SN3J17800001.jpg

5回行った中で今回が一番天気良かったし写真日和でした。

SN3J1786.jpg

携帯カメラは広角ダメだなぁ〜柵ギリギリまで下がってのけぞって撮ってもこんな感じ。

SN3J17850001.jpg

ワタクシは箱物専門歴女“ちぃさま”

SN3J1783.jpg

姫路城の絶景ポイント。これぞ日本の美の結晶ですぞ。
左から乾小天守・大天守・西小天守が連なって見えます。

SN3J1799.jpg

素晴らしい。門も全部建物が乗っかってます。
門シリーズは2008年5月を参照くださいなぁ〜。今は人を写さずに撮るのは無理。

SN3J18010001.jpg

何せ建造物が多いので石垣が目立ちません。多分これが扇の勾配のはず・・・

GRL_0262.jpg

実はこの写真だけ今回のものではありません。しばし見納めのつもりだったけど、まだまだお別れはできない、桜も見に行かなくては!

“ちぃさまイズム”惚れた相手には、とことん尽くして求めます。飽きるまでは。

2月の旅日記これにて修了です。

人気ブログランキングへ応援クリックよろしくお願いしますキスマーク
posted by ちぃさま at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

姫路城2010年2月

2008年4月の初登城以来、なんと5回目!まるで姫路の遠恋相手(^^ゞ

世界遺産:姫路城は改修工事前の駆け込み観光ラッシュで大人気です。
4月12日から天守建物内への入城ができなくなりますが、素屋根をかける迄は見れます。今回は時間が無いので天守の中には入らず天守を見ることに専念しました。

SN3J1817.jpg

SN3J17510001.jpg

三の丸広場からおなじみの眺め。初めて見た時の驚愕は今も覚えています。
昔、風光明美なナポリを讃えるのに「ナポリを見て死ね」なんて言葉があったけど、日本人なら「姫路城を見て死ね」です。

SN3J18130001.jpg

姫路城は戦国の城ではないのだけど勇ましい〜雰囲気でますね。

SN3J17580001.jpg

三国濠から見上げる。いつ見ても惚れ惚れしちゃいます。

SN3J1805.jpg

この段々が気に入りました。

SN3J18070001.jpg

5回目ともなりますとね、変わったアングルで撮りたくなるんです。

SN3J1810.jpg

これも苦心作です。

SN3J17550001.jpg

お殿様もお出迎えです。
姫路城で殿様やサムライに会ったのは初めてだわ!

人気ブログランキングへ応援クリックよろしくお願いしますキスマーク

注目)姫路城&城コラムでカテゴリーを独立!いつまで続くのか城への情熱?
posted by ちぃさま at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

お城さま

職場の後輩、旅行好きな若い女の子は京都とか和物好みなのだ。「だったら姫路城に行け、姫路城に行け」と口を酸っぱくして言っていた私。その彼女が1月の3連休に姫路に行くと言う。去年の4月からずっと姫路城の“布教活動”をしているけど、初めての“ご成約”に大喜びの“ちぃさまは”「じゃぁ私の本貸してあげるわぁ〜」

091218_0141~020001.jpg

「好意」の押し売り

091219_2107~010001.jpg

10月から発行のPHPムック「名城」シリーズ(現在5号まで全部買ってます)。次行った時の撮影の参考にしようと思ってまだ使ってない。

『ワタクシにとって姫路城は神に等しい存在』
『姫路城のことはお城様と呼びなさい』

城のことになると職場でもつい“ちぃさまモード”になってしまうワタクシ。
さて今年は充実した城めぐりができました。振りかえってみましょう。( )は通算回数。

 2月・・・熊本城
 4月・・・大阪城・彦根城(2)・二条城(3)・姫路城(4)
もっとも二条城を城として意識したのは今回が初めてだけど。
 5月・・・金沢城
 6月・・・江戸城・名古屋城・犬山城
 7月・・・松本城・上田城・(松代城はカウントせず)
 8月・・・会津城
11月・・・金沢城(2)

ある意味で印象に残った城を挙げると、『松本城』。明治の廃城令の中、地元有志の熱意で守った天守。“ちぃさま”的に城の命である石垣がない!競売で落札され周辺から次々壊される中、本当にギリギリ天守に手をかける直前に間に合って守ることができた。石垣が無いことを逆に感動できてしまう唯一の城だ。

もうひとつが『会津城』これは戊辰戦争の歴史に尽きます。見事な城だった。所用で東京へ行くのに福島空港で降りて城見て新幹線で・・・しかも真夏に。「そこまでしても見たいか・・・見たいです!」城マニアぶりも見事なものでした。

さて来年は?
posted by ちぃさま at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

城の旅〜姫路城改修工事

GWはどこか城見に行くの?なんて聞かれる“ちぃさま”だけど連休中はおとなしくしてます。手帳にはさんである先月の旅の入場券を並べて写真撮影してご満悦。
画像2 2664.jpg

何回も並び変えては撮り直し、こういうのをオタクを言うのかしら?

1154566370_40.jpg
書店で見かけて思わず買ってしまいました。表紙は桜の名所:弘前城です。弘前城は天守は櫓を代用したものなのだけど、是非行ってみたいところです。

この本は「日本の名城パーツ別ベスト10」なんて特集で、天守・城門はいいとして、土塁・掘・・・石を積んだだけの跡や堀の跡までランキング。そこまで行くと、城マニアと言うより土木マニアですね(笑)

1154566370_121.jpg

普段は左の城ハンドブックを眺めながら、〇〇城に行きたいなぁとか言ってます。サイズも中身も手頃で、“ちぃさま”みたいなミーハー初心者向けです。

去年の4月初めて姫路城を訪れた帰り、神戸空港の書店で買いました。右は去年3回目の姫路行きの前に買ったものです。

城はライフワークですけど、今年で一応のケリはつけようと思います。

姫路城改修工事へ

昭和30年代の『昭和の大修理』以来の、姫路城天守の大規模修繕工事が、今年の秋から始まります。まずは資材の運搬。来年の桜の後?から下から組み建て、素屋根ですっぽり天守郡が覆われてしまいます。
fig01.png
解体はぜず、瓦の張替えや漆喰の塗り替え等々。
観光対策として素屋根にエレベーターよ付けて、
間近で工事の模様が見れるそうです。見たくない・・・。

予定では26年のお花見にはキレイななった姿を拝められるのでしょうか?先月行った時は、「5年後に会いましょう」と固く再会を誓ったのだけど、そんなに長く姫路城に行かないで暮らしていけるだろうか・・・と不安。

5年後か・・・きっと私の苗字は変わっていることでしょう。
もしかして二児の母親になっていたりして・・・・(爆笑)

posted by ちぃさま at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする