2018年12月14日

仙洞御所

目的地の定休日や休演日等々で無駄に長くなった旅。半日だけ京都滞在。仙洞御所を見学してきた


01B81B23-93E9-4F01-B5C0-B9A6848D9A8A.jpg

大宮御所と仙洞御所を一緒に回ります。昔は別々の御所でしたが、近代塀が取り払われたためです。

9D05F49D-7D63-434E-840C-7AF2147D4C6E.jpg

建物が残っているのは大宮御所のみです。御車寄

A26337BC-AB0F-46B0-9B7A-B7C03B8465AE.jpg

御常御殿。中には洋風に改装され、劇場皇室の方々が京都に行幸啓される際の宿舎となっているとのことです。

ちなみに、札幌の行啓通りも(いつの時代かは知りませんが)天皇陛下が通られたことが由来です。

3DCB1A95-719F-40BE-BB69-38FB25FECECF.jpg

ここから仙洞御所に続くけど、度重なる火災で建物は消失。茶室以外は庭だけです。

44AB3DC5-E399-40E8-87A3-7F8E9762F740.jpg

​北池。紅葉🍁の名所。色づき始めた程度なのでさっぱりだけど、シーズンならさぞかしキレイでしょうね。

C6D1C4EC-B2CA-4963-9DF5-F84CBBBE4548.jpg

池に流れているのは湧き水。石を渡って進みます。

AEEF47AB-2488-4B8A-94F2-63882420D033.jpg

紅葉橋

3721D0C8-864F-4C37-A334-DFAC8FC1234B.jpg

南池。庭園を愛でる趣味も知識もないけど、この雄大さと風流さは別格ですなぁ。京都の中心部なのにビルひとつ視界に入らず、400年前と同じ景色(いろいろ改修されてはいるけど)を見れることに感動を禁じ得ない。

BE7E14D7-679B-4CC2-A4F3-7E4E0E1F7E41.jpg


F18E80B5-A144-4AFF-A824-61A4761990D9.jpg

南池。どこから見ても正面らしいです。今回の旅の中で唯一曇りの日でしたけど、それはそれで逆に幽玄さが増すような気がします。


A16EEDEA-12D2-4D72-87F8-4B9B3F26B145.jpg

石垣を敷き詰めた洲浜

A1124F4B-7132-49FB-B5B1-5194D0159DAC.jpg

八ツ橋。藤棚です。5月の見頃はさぞかしキレイでしょう。



D16D061C-68D7-4D0C-B4BF-0F89A63A541A.jpg


​南端に位置する【醒花亭】煎茶の茶室?

CD49F908-3D22-4AEC-91F9-88AF79904D77.jpg

醒花亭から見る南庭

F9E6CBF7-FA17-4FFE-9AC1-59B64C883479.jpg

【又新亭】御抹茶の茶室


DE320531-2FC4-4D41-9E2E-724FEE2A7CEE.jpg


75715FED-A127-491F-8C77-637CDEBBA03A.jpg

これでおしまい。御車寄に戻って解散。

是非とも紅葉の季節に訪れたい。

D9ABBDAA-06FB-44CD-8C02-CFD69585AA19.jpg

広大な京都御苑。

京都御所と仙洞御所は無料で見学可能です。

ちょっと離れた人気の桂離宮は有料になってしまいましたが、仕方ないですね。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

アジア回廊二条城

​久しぶりに京都にもちょっと行きました。

東アジア文化都市  2017京都
アジア回廊  現代美術展

A93AF1BE-F752-48A9-90D0-C4F24E749A73.jpg

​あの二条城が舞台に。これは行かねば!

BC34848E-A253-4CB4-8462-2069E9AA3639.jpg

​世界遺産  二条城。久しぶりです、この角が好きなんです。

6ED58B80-0485-4C54-94E7-4961673803EE.jpg


29FB1C23-A2FB-4641-8119-0ECAE3B17117.jpg

うぉ〜大政奉還150周年!


F1D81A1A-DB7F-474D-A262-6E2DAEAE8545.jpg


AA2E3FCA-8A2A-4793-8D83-27FDDE795ED3.jpg

​内外国籍問わず老若男女観光客が途切れることはありません。


E8E50165-2AC7-4943-BB9D-897ED08D6227.jpg

​通常は非公開の隅櫓の中で。京都近郊の山で録音した嵐(風の音)がBGM


5C11DF42-08EB-4EE7-968D-C3B7C890A3CB.jpg

​チェ・ジョンファ作  フルーツの木  

9B6325B1-D4A2-4D94-A652-A8D42C888E8D.jpg

​ここが一番気に入りました。寝転がる人もいますよ〜と言われて寝転がりはしなかったけど、しばしくつろぎました。

096F328A-6DF8-4F35-BC2B-D7DDAB44085D.jpg

​普段は非公開の台所に隣接するご清所

下の赤と緑はキムチの桶。全般に韓国アーティストの作品多いです。

44728BE8-BF61-4D62-8941-331EC97F2BA0.jpg4986414E-E116-4FE0-AB2E-11317A4CECE3.jpgB2CF5735-3C80-44AB-83FF-EF83BFB991A0.jpg27F0D792-70EA-4043-81F8-4829B4FC3986.jpg

6B78909E-7757-4C6D-AA04-1DDE77F678BF.jpgAAFCA2ED-42A8-4153-B37A-DC1910ABE052.jpg

90067277-936E-498F-AE60-76EDC8AEC9A6.jpg

​なんて久しぶりな【黒豆御膳】!やはり京野と言えば【黒豆御膳】です。素晴らしい。

この時のワタクシの精神状態は最悪だったけど。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

大山崎山荘美術館


ずっと行きたかった場所です。京都の外れの山崎に位置する 【大山崎山荘美術館】大阪〜京都間にこんなのどかな駅があったのか?ここは北海道か?と思うほど田舎なJR山崎駅で降ります。

写真.JPG

​今や山崎と言えば 【マッさん】のサントリー山崎蒸溜所が有名かも。同じく山崎駅から徒歩10分の工事に見学行きたかったけど予約制なので、前から行きたかったこちらにしました。実はこの 【大山崎山荘】も 【まっさん】関係者なのです。

image.jpeg

​とっても小さい 【山崎駅】から徒歩10分ほど坂を登って入口到着。この石のトンネルも建物と共に有形文化財指定されています。

image.jpeg

​趣きのある門と門灯。裕福な実業家 加賀正太郎が自ら設計にも携わり1932(昭和7年)に完成した別荘。サントリー山崎蒸溜所に勤務する竹鶴政孝も近くに住んでおり、リタさんも別荘をおとずれて加賀夫人に英会話を教えていたとか。後に加賀氏はニッカウイスキーの筆頭株主となり社内では 【旦那さま】と呼ばれていたが、病に倒れ死期を予期し持株が分散しないようにアサヒビール創業者に譲渡したのだ。


image.jpeg

​建物全景。イギリス  チューダー様式の建築。紅葉時期はめちゃくちゃ綺麗だと思います。

image.jpeg

左が入口。中はクラシカルで豪華ながらもらも落ち着いた素敵な設え(しつらえ)でした。所蔵の陶器や企画展がありました。

image.jpeg

​カフェになっているテラスからの眺め。駅から徒歩10分でこれです。自然豊かで空気も水も澄んでそうな、なるほどウイスキー作りには向いているでしょうねと納得。


image.jpeg

​なぜワタクシが大山崎山荘行きたかったのか?それは本館に隣接する安藤忠雄設計の美術館があるからです。地中館 【地中の宝石箱】地下の部屋にはモネが飾られています。直島の地中美術館みたいでした。

image.jpeg

​安藤建築はもうひとつあります。山手館 【夢の館】

JR京都〜大阪間にこんな別天地があったとは驚きです。とっても優雅な気分になりました。もう大阪に戻るのがイヤになって、このまま京都に行って恒例の 【黒豆御膳】食べて伊丹空港から帰ってきたのです。

春の旅終了。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

原谷苑の桜

4月11日京都の桜上級編?原谷苑へ。

ここは桜のジャングルか天の川か?ってくらい桜だらけで目がクラクラします。桜だけでなく丘のある園内には、色とりどりの草花が植えられていて別世界です。

image-20140414195910.png

こんな一部だけ切り取った写真ではとてもあの壮麗さを伝えることができず,もどかしいです。

image-20140414195946.png

image-20140414200016.png

本当にもうこんな写真では無理です無理です〜伝えられません。

image-20140414200058.png

ぎゃあ〜って騒いでいるのはワタクシだけ?

image-20140414200125.png

桜だけでなく色々なとりあわせが楽しめます。

image-20140414200344.png

やまぶきの花です。

個人所有なので入場料も1200 円と別格ですが( 土日は1500 円 )、それだけの満足感はありました。金閣寺からはタクシーで5分と近く(ワタクシ北王路駅からバスで行きましたけど )、原谷苑から仁和寺まではタクシーで行ったのだけど830円でした。

京都の桜、まだまだ名所はあるのですけど、ワタクシ卒業宣言してもいいかな?と思うほどお腹いっぱいになりました。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2014年04月22日

生ゆば&黒豆

京都では植物たんぱく質(大豆製品 )の摂取につとめました。

​ 【ゆばんばい こ豆や】錦店

上田湯葉店がプロジュースする湯葉料理の専門店。雪コース3600円をいただきました。筍・さわら・ホタルイカと旬のものがふんだんに使われ、味の強弱バリエーション豊富で、見た目も味もお腹も満足でした。

A3A1D5EB-2B61-4C5A-BCEF-2F0E28C8348B.jpg

先付 豆乳ごま豆腐 おから 真ん中はおからの酢物 

88EA2490-E398-4482-A63B-FFA5BB66CA89.jpg

向付 引き上げ湯葉のお造り 汲み上げ湯葉のお造り 。茶色は黒豆・緑は緑豆を使ったもの。弾力があって美味しいです。右はドロっとした汲みあげ湯葉、上にはオリーブオイルかかっていてワインにも合いそうです。

image-20140414192700.png

椀物 筍と引き上げ湯葉の吸物

image-20140414192717.png

焼物 鰆とアスパラとエリンギのおろし醤油ソテー

image-20140414192818.png

炊合 筍と巻き湯葉の炊合せ

image-20140414192837.png

揚物 筍と生麩の湯葉包み揚げ

image-20140414192854.png

酢物 ほたるいかと湯葉のポン酢あえ

image-20140414192914.png

御飯 汲み上げ湯葉丼  ネバリのないとろろみたい感じ。湯葉の佃煮と香物 と共に

image-20140414192931.png

水物 こ豆や特製豆乳抹茶プリン。


【黒豆御膳  北尾】祇園店

image-20140413233744.png
​毎度おなじみ。これをいただかないと京都に来た気がしません。

image-20140413233810.png
​豆を臼でひくのも京都での儀式です。ひきたての黄な粉でいただくワラビ餅。
ただねぇ〜お店の雰囲気がちょっと寒々しい感じでした。

STOP   TPP ​   STOP TPP
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

仁和寺の桜

世界遺産【旧御室御所 仁和寺】(4月11日)
古文はトラウマ的に苦手だけど、徒然草の『仁和寺の法師』が忘れらないワタクシ…正式には『仁和寺にある法師』

image-20140413134342.png

京都の桜シーズンのラストを飾る『御室桜』のことは知っていましたが、開花は4月20日頃のイメージでした。連日20度超えの好天で早まったようです。前日ホテルで見たニュースで満開映像を見て行くことにしました。

image-20140413134350.png

木が低いのが特徴です。

image-20140413141110.png

image-20140413141157.png

地面から花が咲いているかのようです。御室にあるから御室桜と呼ばれているようで約200本、白一色で見事です。

image-20140413134413.png

五重塔をバックに

image-20140413134425.png

まさか見られると思っていなかったので感動です。

image-20140413134436.png

国宝の金堂 御所で紫宸殿として使用されていたものを移築。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

2014年京都。半木の道・平安神宮

“ちぃさま”恒例の桜の旅は又もや京都になりました。大阪の文楽劇場の4月公演を観なければなりませんしね。

10日〜12日の日程なので、今年のコンディションでは桜は咲き終わった感じです。遅めのところを狙います。

【賀茂川半木(なからぎ )の道】( 4月10日)

image-20140413131648.png
地下鉄北王路駅近くの植物園の堤防沿い。

image-20140413131724.png

桜のトンネルが続きます。

image-20140413131750.png

まだまだ見ごろでした。とってもキレイで歩きながら気持良かったです。

【平安神宮】(4月10日 )

image-20140413132408.png

平安神宮の広大な神苑、紅枝垂れ桜が有名です。3日前なら良かったでしょうね。夜のライトアップもさぞかしキレイでしょう。

image-20140413132420.png

入場券チケットの写真を真似して、ここから皆んな撮っていました。

image-20140413132432.png

桜よりも庭園としての鑑賞ですね。

image-20140413132514.png

夕方はぐっと寒くなるのですが、この日の夜は東儀英樹さんの『紅枝垂れコンサート』があるので、開場のかなり前から沢山の人が並んでいました。東儀英樹さんのノーブルなお姿を近くで拝見したい気持はわかりますが寒そう〜


posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

御所煎餅

京都土産の新定番か?御苑内の特設テントで販売していました。
 【御所限定】の文字に惹かれ駆けよりました。

120425_1950~010001.jpg

【御所煎餅】です。なんと高貴な紫の箱。菊の御紋にひれ伏し購入しました。

120425_1951~010001.jpg

内袋は建礼門と菊の御紋入りです

120409_2231~010001.jpg

煎餅は1袋に2枚入り。パリッと甘いカステラ生地でなかなか美味しかった。

120418_1332~010001.jpg

京都市営地下鉄1日フリーカード 
初乗りは220円と高く、曜日関係なく600円で乗り放題はお得です。

SN3J230100010001.jpg

これは2010年の御所の桜。今回はツボミ以前でした。旧近衛邸だけが早いのです。

RIMG3435 (400x300).jpg

京都駅 中はかなり斬新で最初は驚いたけど、外側は普通でした。

011 (400x300).jpg

ついでに札幌駅 (駅というより大丸がメインで写っていますが)

     
     RIMG3558 (240x320).jpg

帰りの飛行機の中で奮発してシャンパーニュで乾杯ぴかぴか(新しい)
これにて2012年弾丸桜ツアー旅日記終了。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

桃林 京都御所

桃の花というものをワタクシ初めて見ました。

RIMG3540 (500x375).jpg

RIMG3543 (500x375).jpg

赤・ピンク・白が混ざり合って美しく離れられなくなりました。

RIMG3534 (500x375).jpg

平野神社(桜の名所)行きを放棄して鑑賞します。

RIMG3544 (500x375).jpg

御所をバックに

RIMG3529 (500x375).jpg


         RIMG3550 (375x500) (338x450).jpg

RIMG3549 (500x375).jpg


RIMG3554 (500x374).jpg

          
  RIMG3557 (500x375) (2).jpg

いいものを見ました!ブログにアップすると感動が甦ります。
旅もここでタイムアップ。まだ多少時間はあったのだけど早めに関空に向かうことにしました。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

京都御所 旧近衛邸跡の桜

御所は御苑の中の一部分なんですが、京都の人は御苑も御所と言うらしいので、京都御所と呼ぶことにします。

P1100699 (240x320).jpgRIMG3496 (500x375) (239x320).jpg
RIMG3503 (240x320).jpgRIMG3506 (240x320).jpg

広い御苑の北西部に位置する旧近衛邸跡は早咲きの糸桜(枝垂れ桜)で有名です。

RIMG3500 (375x500) (338x450).jpg

P1100695 (338x450).jpg

RIMG3498 (375x500) (338x450).jpg

RIMG3499 (375x500).jpg




RIMG3505 (500x375).jpg

土曜日で御所の一般公開とも重なり、大変な人出です。皆さん長いレンズです。

P1100702 (338x450).jpg

御所に向かいます

RIMG3516 (450x338).jpg

御所の建物が見えます

RIMG3519 (500x375) (450x338).jpg

大変な人混みでしたが御所見学もしました。

         RIMG3525 (338x450).jpg
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

京都 祗園白川

1週間前に凄惨な交通事故が起きた祗園、醍醐寺の次に行っていました。

RIMG3483 (500x413).jpg

祇園白川沿いの桜並木が人気です

RIMG3493 (375x500).jpg

白川南通 ひとつ目の交差点を右から暴走車が走っていたのです。

大変心が痛みますが、祗園の白川を…

RIMG3486 (338x450).jpg

夜はライトアップで桜のプラネタリウムみたいだそうで、これだけ咲いているなら夜行けば良かったです。夜の寒さと足の疲労で萎えてしまったのです。

RIMG3488 (500x375).jpg


RIMG3491 (500x375).jpg



P1100692 (400x300).jpg

私にとっての祇園とは・・・ブログではおなじみ、今年2回目の「黒豆御膳」もう店の人に顔覚えられてしまったのは恥ずかしいけど、これを食べないと京都に来た気がしない。

P1100694 (400x300).jpg

今回初めて甘味セットの団子も食べた。真ん中は黒豆団子。どちらかひとつなら、わらび餅がおススメ。

       SN3J0269.jpg

毎度のことですが、黒豆きな粉を挽く時の、テーブルの石臼を廻す時の重い感触に、至福の悦びを感じます。次はいつ行けるかな?
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

醍醐寺霊宝館

国宝17点、重文63657点!の文化財を所蔵する醍醐寺霊宝館

       RIMG3448 (412x500) (330x400).jpg

三宝院も霊宝院も入場料は600と高額ですが(セット券あり)、この桜のためなら…

RIMG3452 (500x401).jpg


P1100688 (500x313).jpg

係の方に訊いたら樹齢200年だそうです。

RIMG3446 (500x375).jpg

RIMG3461 (500x375).jpg

ちょっといろいろ京都の桜関係のブログ見まして、写真のポイントは建物を入れることだと思いまして無理やり撮った写真でございます。

     RIMG3438 (392x500).jpg     

別の枝垂れ桜


     RIMG3460 (375x500).jpg

もうひとつ有料箇所(五重塔)があるのですが、もう満足ということで。マジに寒かったですしね〜北海道の花見みたいな気分でした。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

醍醐寺三宝院

和歌山を後にして京都に向かいました。京都の桜は2010年以来です。札幌も寒かったけど、京都も寒かった(-_-#)7日の最高気温は10度。
             
                SN3J49470003.jpg

京都駅観光案内所の桜ボード…なんと桜が咲いていない\(☆o☆)/それぞれ早咲き・遅咲きがありますから悲観することはありません、行く所は決めていましたし。

                120409_2235~01.jpg

世界遺産 醍醐寺  桜の超名所。こんなに広いんだなぁ〜
     
          RIMG3464 (413x550) (375x500).jpg
         
三宝院の大玄関。1115年創建、書院造りの桃山時代を代表する建造物。庭園もなかなか見事でしたけど、なんと言っても桜が素晴らしい。

RIMG3467 (500x333).jpg

まだ7分咲きとのことでしたが十分見頃だと思います。

RIMG3477 (500x375).jpg

RIMG3474 (500x375).jpg

   
          RIMG3470 (375x500).jpg

     
   
          RIMG3473 (375x500).jpg        

RIMG3458 (500x375).jpg

国宝の唐門
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

伏見稲荷大社

東福寺から歩いて近くの「伏見稲荷大社」へ

RIMG3197 (400x300).jpg

静まり返っていた東福寺と違い、月曜日だというのに大変賑やかでした。参道にはお店が立ち並び雰囲気しています。冬が旬の名物の「スズメ焼き」を見かけました。

RIMG3191 (400x300).jpg

本殿は「応仁の乱」で焼失し1499年に再建、修復を重ねて今に至ります。

RIMG3190 (400x300).jpg

流造(ながれづくり)。社殿の正面前方の屋根が長く延びた神社建築の形式。

     RIMG3192 (300x400).jpg

名物の千本鳥居

     RIMG3193 (300x400).jpg

     
中に入るとこんな感じ

RIMG3196 (400x248).jpg

途中から往路と復路に分離します。くぐり応え満点です。

RIMG3205 (400x300).jpg

中心部に戻って蕎麦の昼食。う〜ん粗野なワタクシには繊細すぎました。

冬の旅これにて終了。

日が長くなりました。今日は札幌も暖かく夜帰る時には雨だった。ようやくここまで来たかという感じ。まだ道路はぐちゃぐちゃで春とは名ばかりの今頃・これから春に向かうんだって感じる今頃が結構好きです。夏の頃にはこれからは秋〜冬か・・・と落日感にとらわれてしまいますから。待ちに待った季節です!
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

東福寺龍吟庵〜三門

京都で朝ラーできたので旅の目的は完了したも同様なんですが、時間があるので京都駅から近い東福寺に行きました。

RIMG3154 (400x300).jpg

東福寺は京都でベスト3に入る紅葉の名所で、橋回廊通天橋から見下ろす紅葉が有名です。30代の前半に一度紅葉時期に行ったのだけど、ちょうど「ニュースステーション」の紅葉中継の翌日でもあり超々激混みでした。その割には紅葉は不出来で茶色の記憶しかありません。

25の塔頭がある境内は大変広いのですが、人の気配はほとんどありません。

普段は非公開、年に数回の特別公開中の【龍吟庵】

RIMG3156 (400x300).jpg

現存最古の禅宗方丈建築。昭和の名作庭家・重森三玲作の庭を拝観できます。

RIMG3166 (400x300).jpg

【無の庭】

RIMG3170 (400x300).jpg

【龍の庭】
     

     RIMG3174 (300x400).jpg

【不離の庭】 石と砂の妙といいましょうか、これぞ日本の庭!いいもの見ました。

【山門】

RIMG3186 (500x375).jpg

現存する最古にして禅宗寺院最大の三門。楼上内部も特別公開でしたが、景色は期待できないし寒いから見ませんでした。

     RIMG3184 (375x500).jpg

グッド(上向き矢印) この写真が撮りたかった。
         RIMG3180 (300x400).jpg

その建築様式は和様・禅宗様と共に大仏様が見事に調和し組み合わされています。

   
  
写真を撮って満足して、伏見稲荷に向かいます。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

待望の朝ラー「本家第一旭」

3月になりました。さすがに気温高くなり日も長くなった。春はもうすぐ!

1月末の関西の旅、ラストスパートです。
今回泊まった京都ドーミ−イン、実は念願の“朝ラー(朝ラーメン)”の為でもあります。

     RIMG3146 (300x400).jpg

京都駅前の東側に並ぶ人気ラーメン店。二軒とも早朝から深夜まで営業。
ホテルからは歩いて1〜2分の近さです。
右側の「新福菜館本店」は2010年12月に昼に行きました。

今回は 「本家 第一旭」 


RIMG3143 (400x300).jpg

なんと朝5時から営業です。月曜の朝8時前でしたが店内ほとんど埋まっていました。

豚エキス満載、獣系の香りが強いです。

RIMG3145 (400x300).jpg

あっさり目だけど脂は多め。麺はストレート。薄くて固めのチャシューがいっぱい。
ネギは無料で増量できるのを失念してしまいました。

スープのお味は隣の店の方が好きですが、待望の朝ラー達成に大満足でした。

豚エキス臭を振り撒きながらホテルに帰り、ゆっくり朝風呂です。あ〜あ幸せいい気分(温泉)

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

京都ドーミ−イン他

京都では駅前に泊まりました。京都駅ビルあたりはやたら賑やかですが、京都タワー以外寂しく繁華街には遠いです。駅の出口からすぐなので便利でした。

RIMG3147 (400x300).jpg

天然温泉 花蛍の湯 ドーミーインPREMIUM 京都駅前

普通にドーミーインと呼ぶのは失礼なほどの立派な名前でした。左に映っているのは京都タワーです(私は登ったことはありません)。京都は花見や紅葉時期は凄〜く高いけど、シーズンオフど真ん中なのでリーズナブル価格でした。できて新しいこと、温泉があるのが決めてとなりました。

Y324045100.jpg

じゃらんに出ていたホテルの写真。1月ですから京都も寒いです。駅前で温泉付きはうれしい。あてがわれた部屋着で館内歩けるのが楽チンでいいわ。館内の自販機は「キリン一番しぼり」が220円でした。ヨーカ堂と同じ値段だわ。

RIMG3136 (400x300).jpg

今流行りの?中ドア造りです。

RIMG3141 (400x300).jpg

部屋にバスがないので、水場は独立していてあずましいです。

Y324045069.jpg

同じくじゃらんの写真。夜の9時〜11時まで「夜鳴きそば(正油ラーメン)」のサービスがあると言うので、それを当て込んで夕食を加減しました。あっさりでナイスです。(^O^)和歌山で食べたエセ和歌山ラーメンよりずっと美味しい。

RIMG2975 (400x300) (320x240).jpg

あまりに不味過ぎてブログ記事にできなかったのです。専門店ではなく真っ黒い備長炭ラーメンの突飛さで目立つ店なのでエセ和歌山ラーメンだと思っています。これはノーマルだけど思いだしたくない・・・これが和歌山ラーメンとは信じたくない。

マズイついでにシアターキノで上映中の映画 エル・ブリの秘密 世界一予約の取れないレストラン も詐欺的。グルメを食べつくして退屈しているような人しか行かない奇抜さだけが取り柄のようなスペインのレストラン「エル・ブリ」の新作実験の実録映画。何も劇場公開しなくてもBSで放送すれば十分の内容。

一年のうち半年は店をクローズして、いかに今まで誰も試していない新しい素材や供し方を見つけるか、その形状の変化や質感、料理でなくて実験に明け暮れる。調理シーンはほとんどない。せかっくお店での新作ご披露も客席が映っていない、客が賞味するシーンも料理を称賛するシーンもなし。そうだろうな・・・水にオリーブオイルを混ぜた飲みもの、薄氷と抹茶の締めくくりは遠慮したい。奇抜なネタが尽きたのか昨年とうとう閉店。だから世界一予約が取れないわけかな?「しあわせのパン」の方がずっとずっと美味しそうだった。

こんなに辛口ブログになったのは“お子様ちぃさま”の食べ物の恨みのせいです。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

八坂神社〜花見小路

黒豆御膳でささやかな幸福感に浸ったあとは少し散歩をしました。

祇園と言えば八坂神社

RIMG3118 (400x300).jpg

【西楼門】1497年に再建。明治・大正時代に改修、2007に大規模な修復が行なわれ、かつての優美な彩りが見事によみがえりました。

RIMG3120 (400x300).jpg

【祇園造】と呼ばれ、かつては別棟として建立された本殿(左側)と拝殿(右側)を、ひとつの大屋根で覆ったもので、他に例のない大規模な建築。

RIMG3123 (400x300).jpg

それよりも何故こんなに人が?(◎o◎)

RIMG3134 (400x300).jpg

なんでも歌舞伎役者さんの奉納舞らしい。播磨屋!の声がかかります。

多分、中村吉右衛門さんらしいのですが…見ました。

RIMG3198 (400x300).jpg

ほど近いところに京都歌舞伎座があります。

RIMG3202 (400x300).jpg

さらに裏手には「花見小路」と呼ばれる観光ストリートがあります。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

黒豆御膳2012

城とミュージカルと草間彌生展で十分非日常世界に逃避できたので、1泊2日で帰ってもよかったけど、せっかくなのでもう2泊目は京都に設定した。京都と言えば相変わらず一番のお目当ては「黒豆茶庵 北尾」さんの「黒豆御膳」である。

RIMG3102 (400x300).jpg

嬉しい再会。毎年4年連続通っています。ご飯とみそ汁の間にあるのは黒豆酒

RIMG3104 (400x300).jpg

内容は変わっていません。黒豆納豆の磯辺揚げと黒豆豆腐と煮黒豆とちりめんじゃこ。

RIMG3107 (400x300).jpg

勿論デザートには、自分できな粉を挽くわらび餅セットを付けます。
みたらし団子のセットには黒豆で作った団子もセットされていて魅力です。

 
       RIMG3108 (300x400).jpg      

逆時計回りにゆっくりハンドルを廻すと感じる重い手応えが、ああ京都に来たんだと感じる瞬間なのです。

RIMG3111 (400x300).jpg

粗野な“ちぃさま”茶漉し(ちゃこし)は使いません。普段が玄米食ですから皮や殻も丸ごといただきます、なんと香ばしい黄粉の香り〜写真を見ると又行きたくてたまらなくなる。関係ないけど写真の決め手は光だなぁ〜
 

     RIMG3113 (300x400).jpg      

日曜日の人で賑わう祇園 大通りなのに先客無し(-"-;)後客が大量12人で安堵しましたOK!いつも私が入店したあとにドッと混みます。私の京都旅行の楽しみの為に商売繁盛を祈ります。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

南禅寺

下鴨神社からバスで、京都最後の訪問地:南禅寺に向かいました。

東山2条かな?降りて歩いたのだけど遠かった。案内表示は3回とも「あと400メートル」だった。
南禅寺〜疎水のコースも1年で3回目だ。

SN3J37220001.jpg


もう紅葉の盛りは過ぎていたけど、何せ天気がよくて気持ちよい。

 SN3J372100010001.jpg         
 
  低いモミジって珍しいような気がして・・・

 SN3J37240002.jpg  
            
 すっかりおなじみの水路閣.橋の上が水路になっています。



 SN3J37250002.jpg              
  
    水路沿いに歩いてみた

 SN3J37260002.jpg 
            
 インクライン

ここまで来たら地下鉄蹴上駅なので、京都駅に向かいJRで一路大阪へ。

しばらく京都には行かなくいいかなってくらい行ったけど、また行くのも悪くないなぁ・・・と思ったりして。去年2月の初めの寒い京都を思い出します。そう去年の今頃は本社での発表大会に全力投球していましたからね。

そんなこと言いながら去年は1月中旬に感動の高知城と城めぐりにも行ったんだなぁ・・・城もそろそろ行きたいなぁ・・・「城」と「キッス」を両立させるのが、今の私のワークライフバランスなんです。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

下鴨神社

さて京都紅葉の旅最終日(3日目)12月4日のことです。

明治元年に政府が神仏分離令を出すまで、日本は神と仏が習合した状態が続き、神社内に楼門や回廊など仏教建築を応用した建物が境内に建立されていた。

下鴨神社は1682年の造替で、旧山城国の一宮神社。重要文化財で世界遺産。
鴨川と高野川にはさまれた三角地帯に位置する、日本有数のヒーリングスポット。

SN3J37040001.jpg

写真は「奈良の小川」のはずなんだけど・・・


SN3J36950001.jpg          

輪橋(そりばし)

SN3J36940001.jpg    
     
 楼門と楼門回廊
               
               SN3J37000001.jpg 

     SN3J370100010001.jpg

     SN3J371800010001.jpg

参道は糺(ただす)の森と呼ばれり原始林、静謐な森のたたずまいに心が洗われます。

   SN3J371300010001.jpg

        SN3J371700010001.jpg

      SN3J37100001.jpg

森の中にある「河合神社」女性守護 日本第一美麗神とあります。
ご利益がありますように・・・

私は旅に出ても、あまり地元の人との交流とか、旅人同士の交流は敢えて要らないって感じなんだけど、“ちぃママ”は話好きと言うより人との触れ合いが好きなようだ。平等院で鳳凰堂に入るために並んでいた時には埼玉から来たグループに話しかけていた。

それはいいのだけど、「あんまり訛りがないんですね、私は北海道だから標準語なんです」にはびっくり仰天!冷や汗が出ました。
もう連れて行くのやめようかしら?と思っちゃったわ。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

清水寺の紅葉

京都観光のスーパースター:清水寺

何回も行ったけど紅葉時期は初めてなので少しだけ興奮します。

SN3J367300010001.jpg

うぉ〜!ファンタスティック!ここは安産祈願で有名な「子安塔(15メートルの三重塔ただし現在修復中)」からの眺めです。いつも奥の院止まりで帰っていたので今回初めて知ったのだけど正に絶景です。

SN3J3671.jpg



SN3J3670.jpg

錦雲渓に浮かぶ清水の舞台。舞台が本堂の清水寺は奈良時代の終わりに延鎮が音羽の滝近くに庵を結んだことに始まる。征夷大将軍の坂上田村麻呂が堂宇を寄贈して建立・・・と書き写してもなんのことだかわかりません。

chisama-2011-02-08T00_23_49-1-thumbnail2.jpg

奥の院から見た清水の舞台。その昔宰相:東条英機が「時には清水の舞台から飛び降りることも必要・・・」みたいなことを言って太平洋戦争開戦をプッシュしたみたいな話を聞いて以来、清水の舞台に立つとそれを必ず思い出してしまうんです。

chisama-2011-02-08T00_23_05-1-thumbnail2.jpg

清水の舞台から見た奥の院

chisama-2011-02-08T00_22_47-1-thumbnail2.jpg

キヨブタを下から見上げる。

chisama-2011-02-08T00_22_14-1-thumbnail2.jpg

スーパースターの名に恥じない見事なものでした。清水に向かう途中で今回唯一雨に逢いまして、一時は風も強く「もやはこれまで・・・」と思ったけど1時間くらいで傘も要らなくなりました。そんなわけで清水だけが曇り空の写真です。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

宇治上神社

平等院をあとにして近くにある宇治上神社に向かいます。

SN3J36630001.jpgSN3J36600002.jpg

日本最古の神社建築で堂々の世界文化遺産です。
竹薮をみて、今回は行かなかった嵯峨野気分を味ます。

SN3J365600010001.jpg

SN3J365700010001.jpg

境内の一番奥の高いところに本殿があります。

SN3J364500010001.jpg

こちらは興聖寺

101203_1110~020001.jpg

椿の花

SN3J364400010001.jpg

川下りしたら最高!だけど電力会社の所有で進入不可

SN3J36480001.jpgSN3J10090002.jpg

燃えるような赤いモミジが印象的な紅葉です。もう京都の紅葉は十分堪能した気分になったけど、もう少し京都紅葉旅は続きます。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

世界遺産 宇治平等院

4日から出勤でした。山陰の大雪のニュースを見ながら札幌も旭川もおだやかなお正月でした。今年も異常気象や天災、政治・経済の混乱は避けられないような気がする。いくら意識を高くもってもどうにかなるものでもなく・・・と厭世的で特に今年の抱負って感じもないのだけど、それより何より早起き!が急務のワタクシでございます。

年をまたいでしまったけど、京都紅葉旅日記2日目 2010年12月3日

京都も広いので、紅葉の見頃もあちこちで違うので12月上旬は結構楽しめます。特に今年は猛暑だったから紅葉も遅れめだろうと見込んだけど、雨風で散ってしまうので12月の見所は限られてしまう。

宇治は南に位置するので大丈夫そう、15年ほど前に行ったきりなので今回リスト入り。前回は街中からかなり遠かった記憶があるけどJR快速だと京都駅から3つ目、早〜い、安〜い!(230)円。私鉄と競合するから安いのかな?

SN3J36120001.jpg

10円玉でおなじみの世界文化遺産は天気もよく最高の眺めです。
札幌では突風が吹いたけど、天気がよすぎて傘を日傘にしていました。

元は朱塗りだったそうだけど、この色褪せた感じがとてもいいのですよ。

SN3J3638.jpg

参道には宇治抹茶関連の土産やスイーツの店が並びます。
SN3J3633.jpg

こちらもまた紅葉が素晴らしかったです。中に入るとそれほどでもないけど・・・

SN3J3608.jpg

携帯のカメラは広角が全然ダメなので10円玉の絵は無理、斜めからでも全部を納めることはできない。

          SN3J36030001.jpg

  落ち葉を踏みしめながら・・・なんて情緒はなかったです。修学旅行の団体さんもいましたし・・・真ん中の鳳凰を見学しました。ちょうど見学グループの入れ替えの時に写真を撮ったのです。

SN3J36140001.jpg

いいですね!この古さが・・・

SN3J3626.jpg

左右の鳳凰(ほうおう)のマーク。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

京都豆腐料理

さて京都1日目、北野天満宮からバス1本で京都駅に向かった。宿泊先も駅近くなのである。“ちぃママ”は慣れない靴が痛いから運動靴を買いたいというので駅地下街で買い物。私はメガネを忘れてきてしまったので、「45分でできます、4600円」の張り紙に惹かれて紫のメガネを新調した。さて夕食は・・・考えてなかったのでCUBEという駅ビルの「不二乃家」?でどこだかの有名な店の豆腐を使ったコースをいただきました。

【秋 味わい膳】

SN3J358100010001.jpg

豆乳とかぼちゃの冷製スープ

SN3J358300010001.jpg

お揚げと生麩の田楽 ぎんなんは好きでないので母にあげた。

SN3J358500010001.jpg

引き上げ湯葉と胡麻とうふ、さしみコンニャク

SN3J358700010001.jpg

ふわふわとうふの松茸あんかけ

SN3J358900010001.jpg

揚げ出しとうふのぶぶあられ。母はとうふハンバーグ。これにご飯にデザートと大変なボリュームでした。

【北尾茶館 黒豆御膳】

実家に帰った時に画像見せて自慢したので、“ちぃママ”も「黒豆御膳」を食べたいと言う。2日目に清水のお店に行ったら数日前に閉店していてショックを受けるも、気を取り直して祇園店に行って思いを果たした。

SN3J368600010001.jpg

101203_1429~010001.jpg

ブログでおなじみの黒豆の豆腐

101203_1429~020001.jpg

こちらもおなじみの黒豆の納豆の磯辺揚げ

SN3J1668.jpg

デザートには勿論お約束の、「石臼で挽いたきな粉でわらび餅」“ちぃママ”に臼を挽かせて私も深い満足を得る。私の親孝行なんてしょせんは自己満足だと言うことは十分にわかっている。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

プチ幕末

今年3回も訪れた京都は 、古都と言うより幕末の中心地と言う印象が一層強くなった。今回は幕末巡りは無いけど、祇園→八坂神社→円山公園を歩くと、龍馬と中岡慎太郎の銅像があった。

【円山界隈】

SN3J368800010001.jpg

高台寺を左手に「ねねの道」を進み「維新の道」 の突き当たりの「霊山歴史館」は幕末・明治維新の専門博物館。

101203_1538~01.jpg

龍馬を斬った刀や近江屋を再現した模型を展示してある。 すぐ近くには龍馬の墓がある。

SN3J36910001.jpg


【新撰組 不動堂村屯所あと】

今回宿泊したリーガロイヤルホテル京都

101204_0801~010001.jpg

前は高級なホテルだったんだろうな。歴史を感じる障子を使った窓。

101203_1739~010001.jpg

この時期の京都のホテルは凄〜い強気で、じゃらんで受け付けているのはごくわずか(しかも通常より超高い)で大変でした(`ヘ´)

101204_0758~020001.jpg

ホテル前に石碑があり、近藤勇の歌が刻まれている。

事あらばわれも 都の村人となりて やすめん皇御心

このあたりは不動村と呼ばれていて、1867年6月に新撰組の屯所が建設された。大名屋敷のような広大な屯所でしたが、半年後には撤退して伏見奉行所へ移ったとのこと。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

北野天満宮 もみじ苑

京都を観光する場合、交通アクセスもポイントです。
御所からバスで近くの北野天満宮に向かいました。

101202_1543~01.jpg

紅葉をみるために600円払いますが、さすがの眺め!でした。
あと1週間早ければ本当にキレイだったでしょうね。

SN3J3556.jpg

SN3J35760001.jpg

これだけでもスゴイけど、ここから下に降りると別世界が広がります。

chisama-2011-02-08T20_26_50-1-thumbnail2.jpg

ここは結構穴場かと思います、オススメです。

chisama-2011-02-08T20_25_36-1-thumbnail2.jpg

風が吹くたび桜吹雪のように、もみじ吹雪で散りまくりでした。いる間だけでも相当な散り紅葉だったなぁ。

SN3J3563.jpg

SN3J3564.jpg


“ちぃママ”が語る近況によると、弟が懸賞か何かで大型テレビが当たって、実家に弟宅のテレビが払い下げられ、“ちぃママ”は居間と寝室に大型テレビを確保したらしい。

えっ?私はずっと15インチのテレビなのに・・・弟君は札幌在住なんだから私に声かけてくれればいいのに・・・ネチネチ言ったので、“ちぃママ”は「テレビ買いなさい」と3万円くれた。

いくら薄給とはいえボーナスももらえる身なので一度は辞退したが、きっと“ちぃママ”は愛娘と旅行できるのが嬉しくて感謝の気持ちなのだろうと遠慮なくいただくことにした。“ちぃさま”は“ちぃママ”のように親孝行娘と旅行する悦びを知ることはないのだから・・・

と言うわけでテレビ買いました〜今日配達予定です。

【報告】

           101215_1840~01.jpg

“ちぃママ”へはこの画像を付けて写メしました。

【テレビ買いました。26型なので大きくないけど私には十分です。ブルーレイ内臓なのでDVDも再生できるのが気に入りました】

32型くらいあればよかったのでしょうけど、いろいろ出費もかさみまして・・・シアターとして観るには小さいけど、みのもんたの顔はこれ以上大きな画面はいらないな・・・という感じ。

【気に入ったのがあってよかったね】と返事がきました。

私が気に入っているのはテレビよりもテレビに映っている人なんだけど(w)、実家にいた時からいつも大音量でロックを聴いていた娘に慣れている“ちぃママ”は、娘が胸毛外人に夢中でもまったく意に介さない風でございます。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

京都御所2010秋

ラーメン食べたあとは、駅に戻り観光案内でパンフレット入手。行く所はだいたい決めていたけど、紅葉見頃一覧表を見て、メインの目的だった東福寺は散り際ということで外すことにした。

1時半からの参観を申し込んだいた京都御所に地下鉄で向かう。京都御苑には京都御所と仙洞御所の二つの御所がある。秋は紅葉が有名な仙洞御所が人気で申し込もうと思ったらもう満員だった。

京都はどこも高い入場料取られるので、入場無料でガイド付きのコースはありがたいと思う。

101205_2155~010001.jpg

4月も行ったので写真はサラッと。

SN3J352700010001.jpg

車寄せ
SN3J353100010001.jpg

建礼門だったかしら?格式のある門で少し前に見学中、皇太子様がこの門から車でいらっしゃったそうだ。

SN3J353300010001.jpg


SN3J3541000100010001.jpg

ここから先は行けません。
SN3J353400010001.jpg

SN3J354400010001.jpg

SN3J354600010001.jpg

“ちぃさま”と書いて“親孝行娘”と呼びます。今回は母親を連れて行ったんです。“ちぃママ”は出発の前日には旭川市民文化会館のステージで踊ったり、習い事、社交活動と、相変わらず忙しくしている。

“ちぃママ”は勿論KISS(キッス)は知らない。好みは演歌・懐メロ。五木ひろしはコンサートで水ひとつ飲まないで2時間歌った、吉幾三はトークが面白かったのに最近はつまらなくなったと言っておりました。

初めての御所見学に喜んではいたけど、建物がキレイすぎてちょっと興ざめとのこと。そんな・・・重要な文化財なんだからきちんとメンテナンスしないとならないしょや〜
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

新福菜館本店

京都駅に着いて真っ先に向ったのは・・・・

となりの第一旭と並んで行列で有名なラーメン店。
駅をを出て右(東山方面)に歩いて5分くらい。

新福菜館本店

101202_1153~01.jpg

7:30!〜10:00
となりの第一旭が定休日だったので選択の余地なく並びます。

SN3J352500010001.jpg

中華そば 650円

SN3J352600010001.jpg

太くて真っ直ぐな麺。北海道で食べなれたラーメンではなく【中華そば】って感じです。スープの色がすごいんだけど、色のわりにはあっさりではないけど、油が少なめなので軽くペロリ!です。肉たっぷりだけど薄いです。朝6時前におにぎり1個食べただけだったのでモーレツにお腹すいていたせいもあるかな?食後は物足りない感じしたけど結構持ちは良かったです。

行きたかったので満足です。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

重要文化財 京都府庁

京の近代建築シリーズ、今回の最大の収穫:京都府庁は、京都御苑から近い。

SN3J2358.jpg

明治37年(1904年12月20日)竣工。昭和46年まで府庁本庁として使用された。

         
SN3J23530001.jpg

京都守護職屋敷跡 1865年に完成した守護職上屋敷は現在の府庁の敷地すべてを含む広大なものでした。

SN3J23570001.jpg

外壁仕上げは石に似せたモルタル塗り

SN3J23730001.jpg

大理石を贅沢に使った階段室

SN3J23720001.jpg


SN3J2368.jpg

現在も会議室や執務室として利用され、現役官庁としては日本最古のもの。

SN3J23610001.jpg

二階の東南角に位置し、東側の窓からは比叡山を望む抜群のロケーション。67年間昭和46年まで24人に知事が使用した。暖炉は大理石にらたいるをを組み合わせたもの。

SN3J23710001.jpg

大きな窓から中庭の光が降りそそぐ。

SN3J2366.jpg

大島桜と山桜の特徴を合わせ持つ珍しい品種の桜。京都守護職:松平容保公の名を取り「容保桜(かたもりざくら)」と命名された。

chisama-2010-04-18T03_02_54-1-thumbnail2.jpg

しだれ桜はピークを過ぎていたかな。


人気ブログランキングへ応援クリックよろしくお願いします
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする