2008年12月07日

姫路城周辺の散策

姫路城の濠のまわりは格好のウォーキング&サイクリングコースとなっています。

画像2 1833.jpg画像2 1841.jpg
土手の上を歩いている人を発見したので真似して登って歩いてみました。

画像2 1931.jpg画像2 1893.jpg
観光案内所で自転車を借りて(無料)、紅葉のトンネルをサイクリング。

兵庫県立歴史博物館
画像2 1976.jpg
常に姫路城が写り込むデザインの外観は黒川紀章氏設計。

画像2 1966.jpg
天守群の模型が展示されてます。

姫路市立美術館
画像2 1962.jpg
ここもお城の撮影ポイント(姫路城十景のひとつ)

好古園の紅葉ライトアップ
画像2 1991.jpg
お城の隣にある日本庭園です。

画像2 1985.jpg

自転車でスイスイ便利でした。札幌は雪が降っていたというのに・・・です。
画像2 1951.jpg画像2 1964.jpg
美女の誉れ高い千姫(家康の孫)の銅像      昔の町並み
画像2 1982.jpg画像2 1820.jpg
左は室津漁港直送の牡蠣、うまいもん祭りで3つで250円、
ひとつサイズが小さかったので、一個オマケしてくれました。

右は今回の旅で一番の豪華な食事、なんて慎ましい“ちぃさま”の旅。

posted by ちぃさま at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(兵庫) | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

姫路おでん〜オデンジャー

姫路といえば“しょうが醤油で食べる姫路おでん

画像2 1829.jpg画像2 1927.jpg
姫路に行ったらちょうどタイミング良く、うまいもん祭りやってました。
姫路城前大手門広場で、まぁ播州オータムフェストと言うところかしら?

画像2 1953.jpg
姫路おでん横丁 しょうが醤油で食べる【姫路おでん】の普及委員会もあるのです。

画像2 1952.jpg
なんてジャンボなお鍋!ここは【元祖おでんラーメン】のお店

画像2 1996.jpg
おでんラーメン 500円 玉子2個入ってました。オマケしてくれたみたい♪
博多風ラーメンにおでん、キムチがアクセント。

画像2 1950.jpg
きっちん天の姫路おでん  しょうが醤油は姫路にいるんだぁって実感。
ちょっとしょっぱいかなぁ・・・出汁に生姜だけでも美味しいような気もするけどね。

画像2 1827.jpg
セブンイレブンのおでん。生姜しょうゆが選べるのは全国で姫路だけとか!
ちなみに生姜しょうゆ以外の選択肢は“みそ”と“ゆずこしょう”でした。

画像2 1973.jpg
仰天!オデンジャー登場  夢笑志(ゆめわらし)  生姜チューブに注目(笑)
♪ひぃーめぃーじぃーおでん!ひぃーめぃーじぃーおでん!♪
♪あやや(松浦亜弥)だけにはまかせておけぬぅ♪
画像2 1979.jpg
♪O・D・E・N おでん! O・D・E・N おでん!♪ これはDのポーズかな?
鍋もちくわさんもいます。可笑しかったなぁ(爆)
よさこいチームなんだって、札幌にも来てください〜

1011070146_86.jpg
姫路おでん公式キャラクター “しょうちゃん”←生姜のしょうちゃん。
強引に入手してきました。

人気ブログランキングへ←参加しています。ポチっとクリックお願いします。
posted by ちぃさま at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(兵庫) | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

書写山 円教寺の紅葉

天台宗 書寫山圓教寺 (略字では書写山円教寺)
4月5月に続いてここも今年3回目ここの別世界感はかなり好きです。

姫路駅から北へバスで25分、966年に性空上人によって開かれた、
仏教の修行道場。「西の比叡山とも称され、境内には多くの重要文化財が。
2003年公開のハリウッド映画「ラストサムライ」のロケ地としても有名です。
山麓駅から山頂駅までロープウエーで4分、紅葉の名所でもあります。
画像2 1834.jpg画像2 1947.jpg
山からの眺め。左が来た時で、右が帰るとき。
8時半の始発ロープウエーに乗って大正解。人も少なくて良かった。
紅葉見頃、連休の初日とあって、帰りはバスロープウエーもバスも来る人で超満員。

画像2 1855.jpg
梵語で“宝珠”という意味を持つ【魔尼殿】は境内のシンボル的建物。
京都の清水寺と同じ建築様式。紅葉が素晴らしいです。

画像2 1882.jpg
舞台からの紅葉の眺め。今回はちょうどいい時期なので初日は京都:嵯峨野に
行く予定でしたが、やはり移動距離を考慮して前日に京都中止を決定。
それだけ円教寺の紅葉に期待していたので、この素晴らしい景色には感激。
人込み覚悟でも、京都の紅葉も魅力的だっただろうなとやっぱり思うけど(笑)

画像2 1865.jpg
人も少なく山の中のひんやりとした空気、気が違うって感じです。
透明感が写真でも感じられる気がするのですが・・・。

画像2 1922.jpg
左から常行堂・食堂・大講堂 ザ・ラストサムライのロケにも使われてました。

画像2 1941.jpg画像2 1940.jpg画像2 1936.jpg
白山権現に向う自然探索道にトライ!すんごいところでした〜正に修行です。
あ〜あ下界から逃避してるぅと幸せを感じます。

画像2 1937.jpg画像2 1938.jpg
魔尼殿〜白山権現〜三堂へ繋がるコースでした、ちょっとした探検気分です。

画像2 1847.jpg画像2 1942.jpg
たっぷりオゾン浴ができました、すっかりお気に入りの場所になりました。

人気ブログランキングへ←参加しています。
posted by ちぃさま at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(兵庫) | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

赤穂城〜赤穂浪士の町

赤穂浪士、討ち入り、忠臣蔵・・・有名だから皆知っているのですよね?
よく年末ドラマにもなるけど、どうもよくわからなかった。
吉良上野介(きらこうずのすけ)といっても歴史上の有名人でもないし、
なんで東京の泉岳寺と兵庫県の赤穂が関係あるのか?5W1Hは?
夏に中央図書館で本読んでやっとなんとかわかりました。

姫路JRで30分ほど、人口5万の赤穂は赤穂浪士だらけです。塩も有名です。
画像2 1943.jpg画像2 1984.jpg
播州赤穂駅   駅舎からして赤穂浪士47義士です。

画像2 2027.jpg画像2 2028.jpg
駅前もずらりと並びます、撮影の人選を誤ったかも・・・

画像2 1958.jpg画像2 1981.jpg
打ち入りの12月14日には赤穂義士祭が、今年でなんと105回目!
忠臣蔵パレードが最大の山場のようです。

画像2 2003.jpg画像2 2005.jpg
古い家並みがそのまま残っています。北海道とは違いますね、文化も歴史も。

画像2 1995.jpg
元禄赤穂事件おなじみの【息継ぎの井戸】

画像2 2001.jpg
花岳寺の【大石名残の松(二代目)】

赤穂城
画像2 2023.jpg
復元ですけど、こうして江戸の雰囲気が甦る感じっていいわ♪
画像2 2008.jpg

画像2 2012.jpg画像2 2014.jpg
天守台(天守は作られなかった)と、天守台から眺める復元庭園。
画像2 2013.jpg画像2 2011.jpg
本丸御殿跡は整備されて、御殿も間取りが再現されてます。
画像2 2009.jpg
大石(内蔵助)良雄屋敷跡の長屋門は城内に残る数少ない現存建物。

赤穂大石神社
画像2 2016.jpg画像2 2019.jpg
赤穂浪士が祀られていて入り口には石像。右は巨大絵馬
画像2 2020.jpg

画像2 2022.jpg

とにかく赤穂浪士だらけ、写真アップするだけで疲れました(笑)
街が小さいので余計なものがなく、タイムトリップの気分に浸れます。
歴史の旅は楽しいです。

人気ブログランキングへ←参加しています。
posted by ちぃさま at 22:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅&城(兵庫) | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

赤石で食べた明石焼き

兵庫県明石で一番人の集まるところは【魚の棚】←うおんたな
      
画像2 2039.jpg
【魚の棚商店街】は、駅からほど近いアーケード街に、 魚屋さんを中心に、
練り製品や塩干物を扱う店などが100軒余り集まった魚市場と言いましょうか。
 【明石焼き】等の飲食店はわりと新しくできたみたい。
板の上に魚をずらりと並べて売る様子から名付けられたこの商店街、
歴史は江戸時代、明石城の築城と共に始まったと言われているそうな。
画像2 2038.jpg
 タコはグニョグニョ動いてました。なるほど床のタイルもウロコ形です。

      
画像2 2030.jpg
さて!明石で食べる明石焼き(あちらでは玉子焼きと呼んでますね)
実は明石は予定に入っていなかったので、事前リサーチがも無くて。
【魚の棚】はどこも行列で、回転寿司みたいに名前と人数を書く紙があったり・・・。
なので、ちょっとはずれた店に入りました。
う〜ん、20年前神戸で食べた「玉子焼き」は感動したけどなぁ。
まぁこんなものかな?でもタコは小さくて堅かったなぁ・・・灰皿が気に入らない。 

当然お腹も満たされず、うおんたなに戻って買い食いに走ります。
 画像2 2040.jpg 画像2 2032.jpg
たこコロッケは美味しかったぁ 〜
惜しげもなくタコがごろごろ。塩分も多めでビールに良く合いそう♪

画像2 2041.jpg 画像2 2042.jpg
本日の昼食のすべてでした、多少(どころでない)バランス悪いけどまぁいいでしょ。

買って中でお刺身にして食べられるお店や、すし屋などもあったようです。
今更言うのもマヌケですけど、タコ食べてきたかったですね。タコ好きなんです。
       
画像2 993.jpg
大丸デパ地下で最後の茶袋(笑)、2つで800円で買った明石のタコ。
夏だったかな・・・思わぬ話題でこの写真も表舞台に出ることができました。

人気ブログランキングへ←またまたまたクリックよろしくお願いします。
posted by ちぃさま at 20:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅&城(兵庫) | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

明石城

ちょっと旅に出てました。昨日帰ってきました。

初日、途中JR山陽本線明石駅のホームから間近に見える城を発見して大興奮!
思わず途中下車だったら“ちぃさま”らしいのだけど、帰りに最後の訪問地としました。
画像2 2035.jpg
1619年築城の【明石城】 4番ホームからの眺めです。
今まで気がつかなかったし、存在も知りませんでした。

画像2 2043.jpg
野球場やテニスコートを擁する広大な“兵庫県立明石公園”の中の明石城跡。
築城時の4つの櫓のうち2つが現存しています。左が【ひつじ櫓】右が【巽櫓】
写真のとおり良い天気で、皮のコートでは暑くて暑くて・・・(汗

画像2 2047.jpg
【ひつじ櫓】素敵です。

画像2 2050.jpg
【巽櫓】かっこいいです。

画像2 2053.jpg
休日には二つの櫓が交代で中を後悔しています。
【ひつじ櫓】の格子窓の格子の間にカメラを入れて撮った【巽櫓】
↑“格子の間にカメラ”は城では良く使う手です(笑)

画像2 2049.jpg
こんなどうでもいい石垣の勾配を撮りながら、一人悦に入る“ちぃさま”。
これから“真性城マニア”への道を進むのかと思うと、ちょっと複雑な気持ちも・・・

人気ブログランキングへ←またクリックよろしくお願いします。

posted by ちぃさま at 13:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅&城(兵庫) | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

姫路名物 穴子丼 姫路おでん

播州名物 穴子丼 

画像2 835.jpg

姫路城に隣接する「好古園」の活水軒は、庭園を見ながらが人気で30分待ち。
姫路城前の観光土産屋敷食堂でいただきました。私にはとても美味しかったです!
一匹丸ごとの穴子!しかも頭(左上)と対面しながらなんて初めてです(笑)
活きがいい!

飾磨漁港直送特選造り盛り合わせ

画像2 813.jpg

しまあじ・アオリ烏賊・初カツオ・たいらぎ貝 等々。ホントに刺身好きです。

姫路おでん

画像2 818.jpg

手打うどん「衣笠」で全品1個100円。もっちろん生姜醤油!

小姓町・農人町・魚町・塩町・忍町・豆腐町・呉服町・坊主町・・・

姫路は城下町ならではの職業別の町名が多く残ってます、なんてチャーミング。
ならば、お城の住所はどんだけ立派なのかと思ったら・・・

姫路市本町68番地でした。

人気ブログランキングへ←応援クリックよろしくお願いします

沢山の方に見ていただいてありがとうございます。
ちぃさま でググったらトップに出るようになりました!お友達にも教えてあげてねぇ〜

posted by ちぃさま at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅&城(兵庫) | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

書写山円教寺

書写山円教寺

前回は城でカメラ落として携帯で撮りましたが、デジカメでもあまり変わらない感じ。

画像2 876.jpg

新緑のまぶしさで写真が鮮明に見えます。こういう自然が大好きです。

画像2 882.jpg

シンボル的な魔尼殿 舞台からの眺めは本当に気持ちいい。
マイナスイオンのシャワーに、一番いい季節だなぁと幸せしみじみ。
ここは比叡山延暦寺よりもずっとオススメです。

画像2 886.jpg

ザ・ラストサムライでおなじみの三堂(左から常行堂・食堂・大講堂)

画像2 890.jpg

奥の院・開山堂

画像2 885.jpg

画像2 884.jpg

アスファルトでない苔むした土の道路はホントに気持ちいい。


人気ブログランキングへ←応援クリックよろしくお願いします

沢山の方に見ていただいてありがとうございます。
ちぃさま でググったらトップに出るようになりました!お友達にも教えてあげてねぇ〜
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(兵庫) | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

姫路グルメ・姫路タウン

福亭
播州姫路と言えばは穴子と言うくらい、有名な産地のようです。
姫路について真っ直ぐ昼食に向った先にネットでチェック済みの「福亭」
播磨名物 福亭膳をいただきます。

画像2 435.jpg
前どれ鮮魚の造り・鯛にゅうめん・穴子めし
↑どうも当地では、播磨灘の獲れて鮮魚を【前どれ】と言うみたい。

画像2 437.jpg画像2 440.jpg
穴子はふっくら美味しい〜いつもの回転寿司とは違うなぁ〜

さかゑちゃん(だったっけ?)
あまり大文字で書きたくない(笑)場末の定食屋。
“ちぃさま”らしいっちゃらしいけど。

782937473_8.jpg782960574_113.jpg
私相当な生魚好きで、行こうと思った寿司屋がパッとしないから止めて、
でもどうしても生魚が食べたくて、居酒屋の盛り合わせか・・・多いなぁと
さまよっていたら見つけました!表のケース以外にも定食・麺・丼が豊富。
待望の「刺身定食」にありつけました。

日本海庄や
翌日は張りこんでと!別のお寿司屋さんに向ったのですが、
満員で又さまよって、表でメニューをじっと見ていたら、店員さんが
出てきて招いてくれたので入店。関東中心に全国チェーンのお店です。

782939980_87.jpg782938800_132.jpg
蛸も名産のようで勿論【前獲れ】です。
待望の握り寿司セットを!タコは2枚重ねだし、エビのとなりは巻くように
幅広でした。美味しかったわぁ〜。
不満があるとすれば、なんでここまで来てウニとイクラなの?ってね(笑)
ウニ・イクラよりも青魚でも出してくれた方が嬉しいんですけどね、私。
でもでも若い店員さん、皆感じよかったなぁ〜

姫路タウン
【姫路市文学館】
782942674_84.jpg
巨匠:安藤忠雄の設計。ここは中だけでなく外からスロープでした。
さすが安藤ちゃん、スロープの巨匠です(笑)

782944191_179.jpg782945820_138.jpg

お城はあんなに立派なのに町並みは全然城下町ぽくありません。
街の中心地は縦横無尽にアーケード街ですし・・・
この標識は姫路城ゆかりの【千姫】かしら?と
年輩のガードマンらしき人に聞いたら「わからない」ですと。

本州の歴史ある街に来るたびに、呆れるやら感心するのが道路の狭さ。
こんな両側一車線と言うか、車が通るの?しかも一方通行でなくて!
“ちぃさま”轢かれる・・・身体を張った渾身の放浪の旅レポートです。

最後にお土産・・・なんだかなぁ〜
画像2 547.jpg
・角質取りローション・・・アーケードの薬局のワゴンで。
手に取ってみてたらお店の人が出て来たので、なんだか買ってしまった。

・古代米・・・グルメランドのイベントで350円だったので安いと思って
買ってしまった。

・キーホルダー・・・姫路は皮細工も名産だそうです。
もっとかわいい花の絵もあったのだけど、城!
皮が三枚重ねで重厚な感じです。超気に入ったけど趣味悪いかしら?

人気ブログランキング参加中、応援クリックよろしくお願いします。
posted by ちぃさま at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(兵庫) | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

ラストサムライのロケ地

天台宗 書寫山圓教寺 (略字では書写山円教寺)

姫路駅から北へバスで25分ほど。
966年に性空上人によって開かれた仏教の修行道場。
「西の比叡山とも称され、境内には多くの重要文化財が。
2003年公開のハリウッド映画「ラストサムライ」のロケ地としても有名です。

774117076_69.jpg
山麓駅から山頂駅までロープウエーで4分(歩いても登れます)
開業50周年とのことで、スタッフの方が100均で買って車内装飾したそうです。
なんだか幼稚園の送迎バスみたいなだぁ・・・と顔がほころぶ。

774117076_91.jpg774114573_224.jpg
山頂の境内は広くてひたすら歩きます。
花見で人がごった返す姫路城とは違って、人気もなく空気もひんやり。

梵語で“宝珠”という意味を持つ【魔尼殿】は境内のシンボル的建物。
京都の清水寺と同じ建築様式とのこと。
774089741_112.jpg774089741_145.jpg

さてロケ地めぐりです。
【開山堂】
ここはトーム・クルーズ演じるオールグレンが身を寄せた、
日本の武道の体現者である勝元(渡辺謙)の屋敷として使用されました。
お堂の中には、開祖:性空上人が祀られています。
堂の中から西北の力士像を撮ってみたいのですが、写真ではわからないですね。
774114573_60.jpg774250666_39.jpg

左は講法堂(弁慶の学問所)、右が不動堂、奥が開山堂です。ここは境内の一番奥。
「法務部」のネームプレートを付けた方がいろいろ説明してくれました。
トム・クリーズのことは聞きませんでした。

【本多家廟所】桜の花の前で、トム・クルーズと渡辺謙が語り合っていた、
姫路藩主本多忠勝・忠正の墓所前は門の中にありますが、日曜日のみ公開。
774093596_28.jpg774215921_154.jpg

左から【常行堂・食堂(じきどうと読む)・大講堂】三之堂と呼ばれる中核をなす伽羅
真ん中の食堂で、勝元(渡辺謙)が大講堂で写経をしているシーンを撮影。
774098321_248.jpg774098321_71.jpg

実は、姫路城天守の見学を終えた出口でカメラを落として壊してしまいましたふらふら
「姫路おでん」も「ロケ地」も携帯の写真です、しかも壁紙サイズで。
なんと旅行中に・・・もうやだ〜(悲しい顔)なんですが、姫路城の偉大さの前ではさほどショックは無く。

・そそっかしいのに、首にかけてなかった私が悪い!
・携帯があるさ!(今回は航空券バーコード用に充電器も持ってきているし)
・姫路城の400年の歴史の前では、1年半前に買ったカメラを嘆いている場合
 ではない!

但し、物を大切に扱わなかったことには強い自責の念にかられていますちっ(怒った顔)

これは携帯の画像ですが、こういう建物だと壊れた28m広角カメラだと、
違うだろうな・・・全景入っただろうな・・・とは思いましたね。
 
人気ブログランキング参加中←応援クリックよろしくお願いします 。
posted by ちぃさま at 01:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅&城(兵庫) | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

姫路おでん

768039982_126.jpg
姫路おでんの起源】
姫路を中心に加古川〜相生の限られた地域では、おでんを生姜醤油で食べます。
2006年6月に姫路おでん探検隊が「姫路おでん」と命名しました。
地元では一般的な食べ方なので、それまで特に名前はありませんでした。

【姫路おでんの定義】
生姜醤油で食べるおでんは・・・
姫路おでんとします
だし汁を切って、上からたっぷりと生姜醤油をかける。
・だし汁にお好みで生姜醤油を混ぜる。
・生姜醤油を小皿に入れて、つけて食べる。 

以上、〜〜〜姫路おでん公式ガイドブックより

216572676_38s.jpg
グルメフェスタのイベントにも登場

767672415_213.jpg
仰天!生姜パウダー付きの「姫路おでんケーキ」。
米粉を使ったロールケーキは美味です、パウダーを振りかけていい感じです。

767672415_252.jpg768028996_182.jpg
讃岐うどんのお店でテイクアウトした「姫路おでん」
右のビニールが小分けした生姜醤油
うどんダシベースと、かえし醤油で作った生姜醤油は、すこぶる美味しさ〜わーい(嬉しい顔)

767672415_235.jpg
とにかく、札幌へ帰ると帰宅途中に生姜とセブンブンのおでんを買ったんですから!
但し、生姜と醤油だけではストレート過ぎます。
醤油に日本酒・みりんを少々、またはおでんのダシを少々いれるとまろやかに。

769016896_254.jpg
ハイ、次の日も姫路おでんです。これは“ちぃさま”が自分で煮ました。
醤油でなくて納豆用のタレ?と生姜は、おでんダシと混ざっていい感じでした。
生姜は途中すり足して追加するほどなので、生姜が残ることもありません。
冬にこの食べかたを知っていたらなぁ+++

姫路おでんは美味しい〜めちゃくちゃ気に入りましたかわいいかわいいかわいい

人気ブログランキング参加中←応援クリックよろしくお願
いします
posted by ちぃさま at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(兵庫) | 更新情報をチェックする