2008年11月09日

【赤黒】対【赤】

コンサドーレ札幌 VS 浦和レッズ戦は試合も応援も負けました。
             画像2 1764.jpg   
ダヴィの先制ゴールで盛り上がるも、逆転されて1−2で惜敗・・・。
そんなに相手が強かったという感じでもなく、引き分けくらいにはできたような。
もっと「俺たちが、勝つ」だったら、早々にJ2降格もなかったか・・・
見に行く私が勝利を期待していなかった、悲しいことに。

          
画像2 1768.jpg
この角度から見る赤黒フラッグショーはいい眺めだった。
ウエーブのように時間差で上げていくんです、旗振りの方お疲れさまです。
         
画像2 1769.jpg     
すっかり負けグセがついてしまったようだ。 
試合後、三浦監督の辞任が発表された。
念願のJ1復帰、J2以上に惨めだったような気がする。
               
画像2 1763.jpg
大入りの札幌ドーム、それでも公式発表は28,901人。もっといたと思うけど。
アウエーゴール裏を染めた赤い軍団:浦和レッズサポは8,000人!

そして・・・出ました!腹の底に響くような、男声のコール!あ〜あ待ってました〜
凄い迫力です。コールもポーズも統一されていて、一気に始まりピタっと止む。
これでもレッズは応援自粛中なのか?
組織内での指揮系統・序列も厳しいのだろうな・・・と余計なことを想像する。
        
画像2 1762.jpg 
札幌ドームをジャック、完全に浦和のホームゲームのようです。
対してコンサドーレサポーターは某サポーターグループが応援拒否で、
人数的にも中途半端な応援となってしまった・・・
通常どうり応援したところで、浦和の大迫力の前にはしぼんでしまうでしょうけど。
       
   
その応援だけでなくマナーでも悪名高き、レッズサポーターを迎えるにあたり、
入場や場内でも通行・立ち入り規制があったり、福住駅からして警備員が多いこと。
そんな雰囲気も含めて浦和サポご一行様が今日の試合の一番の見ものでした。
実に7年ぶりでし、次は何年後に見れるかわかりません。本当に凄かった。

田中達也も永井雄一郎も山田暢久も見れてよかった。
実は一番お気に入りだった鈴木啓太は随分イメージが違っていたけど(笑)
闘茉王・阿部祐樹・・・知っている選手はレッズが一番多い、代表チームよりも。

人気ブログランキングへ←1日1クリックいただけると嬉しいです。
         
posted by ちぃさま at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ観戦 | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

勝利の女神 レラカムイ北海道

レラカムイ北海道最小失点で快勝

BL2008-2009 GAME8、日立サンロッカーズとの試合、
昨日の76−82の惜敗から、見違えるようなデフェンスの大健闘です。
68-50の大勝利!“ちぃさま”は観戦2連勝。
ホームでの勝利試合をすべて観たことになります。たった2試合なんですがね。
     
画像2 1706.jpg  
勝利の拍手の催促(笑)
相手チームのフリースローの時は「MAKE NOISE」でブーイングを指示されます。
なので合法的に気持ちよくブーイングをすることができるんです。
サッカーのブーイングは聞くのもイヤだけど。
    
画像2 1705.jpg               
野球には無いけど、コンサドーレとレラカムイはMatch Day Program付です。
ファールがよくわからないのだけど、とにかくいつも点が入ってわかりやすい。
リングのボードが揺れるくらいの豪快なダンクシュートも観れました。
観客は3400人程度だけど、収容できる席はほぼ埋っていた感じ。
こんなに札幌にバスケフアンがいたのか・・・と驚くほどの盛り上がりです。
  
画像2 1703.jpg   
最後はコートアピールと言って、選手がコートを一周するのだけど、
選手とハイタッチができます。一層フアンと選手の一体感を強めるのでしょうね。
じゃ“ちぃさま”今度は一階指定席で観戦か?
いいえ、近いとデカ過ぎて興ざめかも・・・遠くから見ている方がカッコいいかな(笑)
          
  
人気ブログランキングへ←応援クリックよろしくお願いします。我非常感謝手(パー)
posted by ちぃさま at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ観戦 | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

レラカムイ北海道

初めて観戦しました、レラカムイ北海道。JBL2008〜2009
画像2 1556.jpg
月寒アルファコートドーム
画像2 1561.jpg
レーラ!レーラ!ホーム初勝利です!

応援が熱い!とは聞いていたのですが、すごい熱気です、楽しいです。
サッカーや野球よりも格段に狭いコートなので、臨場感があると思ってたけど、
会場との対比なのか想像以上にコートが小さく箱庭のようでした。

すごいスピード感なのだけど、しょっちゅう笛がなってプレイが寸断されり
タイムアウトがあるので、ワンクォーター10分×第4クオーターなんだけど、
実際の試合時間は倍くらいでしょうか?
画像2 1559.jpg
クォーターの間だけでなく、タイムアウトの時もチアガールが出てくるのす。
ロック系の音楽に女性の場内コールでガンガン盛り上げます。

バスケットリーグはちょっと複雑で、【JBL】と【bj】二つのリーグがあって、
レラカムイが加入する【JBL】は全8チームで、ほとんどがトヨタ・東芝・日立・・・
企業名のついたチームで、実業団リーグみたいです。
ちなみに田臥勇太が所属するリンク栃木もJBL。

対して【bj】の方がプロフェッショナルリーグぽくて、
東西各6チームでサッカーみたいに地名+チーム名、新潟アルビレックスとか。
まぁ・・・それはともかく、また観たいなぁと思います、2千円の自由席で十分だし。
サッカー・野球・バスケット(アイスホッケーも?)札幌に住んで幸せです。

人気ブログランキング参加中←皆様の応援クリックよろしくお願いします。
posted by ちぃさま at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ観戦 | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

オリンピック閉幕

上野の413球】タイトルはわからないのだけど、今日のNHKスペシャルを見て、
ソフトボール金メダル、改めて感動の涙なのでした。
上野投手とメンバーが一丸となった、特別の時間・特別の空間でしたね。

野球についてはもう・・・坊主になっても髪はすぐ伸びるよ(笑)

オリンピック雑感

●レスリングの後攻め有利とカラーボールピックアップのルールにはびっくり。

●ホッケーは迫力あっておもしろい!でもスティックが短くて腰を悪くしそうだ。 
 顔にがードしないで良く平気なものだ。

●新体操はいつ見ても人間離れの技だ、一流のバレリーナよりもすごい。

●女子柔道:中村美里ちゃん、稀代の負けず嫌い的な感じが実に頼もしい!

●柔道、選考会で負けた人ばかり出るなら、野村忠宏も出て欲しかった・・・。

●珍名選手・・・柔道モリコ、チャラ。イケメンなのにアグエロ。陸上のキプチョゲ等々。
断トツ好きな名前は ピーター・ファンデン・フォーヘンバンド。
シドニーでイアンソープの金メダルを阻んだオランダの選手、最後の勇姿でした。

●解説者は宇津木さんだけでなく、皆さん結構絶叫してました。
北嶋康介の100mはアナウンサーと解説者の男性二人の掛合い絶叫は妙な気分。
フェンシングの準決勝もすごかったけど、競輪の中野浩一さんったらもう〜(笑)

●シドニーでは世紀の誤審で悲劇のシルバーメダリストとなった篠原さん。
ナニワのおもろいおっさんキャラは定着したけど、日本選手の試合以外は、
まぁまぁ自分の自慢ばっかり!“私の時は圧勝でした” “私は投げ飛ばしました”・・・
きっと金メダルの石井慧にだって勝てると思っているはず。

●閉会式(開会式は見てませんでした)
ジミー・ペイジ登場にびっくり。しかも生でギター弾いている〜。
顔ちょっと日本人ぽくないですか?(笑)
聖火が消えた後の人文字ならぬ、レンジャー隊?の人炎はすごかった〜

●ロンドンオリンピック予言
開幕はクイーンの【WE WILL ROCK YOU】会場全体で手拍子!
閉幕はビートルズの【ヘイ・ジュード】場内大合唱!
勿論両方とも本物登場です。
ブライアン・メイ様・ロジャー・テイラー様、ポール・マッカトニー様、くれぐれもお元気で!

古すぎるかな・・・せめてU2くらいじゃないと見苦しいかしら?
あっ!ミック・ジャガーを忘れていた・・・
競技のBGMに【スタート・ミーアップ】でいいんじゃないかな・・・

人気ブログランキングへ←オリンピック関連はこれで最後、応援クリックお願いします♪

posted by ちぃさま at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ観戦 | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

クールビューティー 〜 シンクロ団体

さきほど決勝が行われたシンクロ団体、日本は残念ながら5位でした。
これまでオリンピックのシンクロ競技すべてにメダルを獲得してきた記録が途絶え、
しかもプールに足が付いた減点で、4位で終わったはずが5位になってしまった。
      20080823-00000155-reu-spo-thum-000.jpg
そんなことはどうでもいいから、彼女達の健闘を称えたい。
“お家芸”なんて、体操も柔道もとっくに返上しているのだし、
世界のレベルアップは仕方ないです。
シンクロ技術+中国雑技団+ロシアのバレリーナのテクニックが求められます。
スペインチームの“アフリカ”の演技は好きです!

演技後のインタビューも立派でした。
背筋を伸ばし微動だにせず毅然として淡々と、自分達の力を出し切ったこと、
応援への感謝・・・美しかったです。顔も皆さんキレイでしたけど。
あ〜とか、え・・・もなし、○○○だからぁグッド(上向き矢印)みたいな語尾の上がりもなく、
誰が教育したのだろう・・・立派な態度でした。正にクールビューティーです。

同じくメダルを逃した野球ですけど、宮本キャプテンの試合直後のインタビュー、
その呆然とした様子に、どんなにか大変なプレッシャーだったことだろう、
眠れない日々が続いたのだろうな・・・とは思いました。
“メダル取れなくても痛くも痒くのないでしょう”は撤回します。

だけど!シンクロチームの若いお嬢様達こそ泣きたい気持ちだったでしょうけど、
本当に立派でした。凛とした気品を感じました。

【シンクロうんちく】
最初にシンクロ競技を見た時は、まだオリンピック種目ではなく、
カナダが今のロシアみたいに、圧倒的なチャンピョンでした。
そのカナダに次いで、日本では元好?姉妹。双子のデュオが2番手でした。
日本でメジャーになったのは、小谷美可子が出てからでしょうか・・・
posted by ちぃさま at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ観戦 | 更新情報をチェックする

男子400Mリレー銅メダル

やりました!旭川出身の高平慎士。
上野雅恵さんについで旭川勢で2個のメダルはうれしいです。

          
20080822-00000026-maip-soci-thum-000.jpg
良かったですね!朝原宣治選手も長いことやってきた努力が報われましたね。
4度目のオリンピックということは、最初は12年前ですか・・・

最初国内大会で見た時、字は違ってもアサハラと言う名前が強烈で、
昔の2枚目役者風の顔(笑)と共に、苗字が一度覚えたら忘れない選手でした。
オウム真理教に日本が震撼してた頃です、サティアンとか言ってふざけていたなぁ。

リレーはバトン勝負で決まる難しい競技ですねぇ・・・つくづく。
アメリカ・イギリスは不参加ではなく、失敗・失格なんですから立派な実力です。
元々リレーには力入れてないようで、アメリカは国際試合は半分くらいバトンで
失敗している気がします。
個人では劣る日本選手も、バトンタッチの研鑚を重ねて4人で掴んだメダルは
正にチーム力の勝利で素晴らしい。

日本陸上短距離界として取ったメダルとのコメント聞いて、
思い出します、伊東浩司、井上悟・・・。
昨日の解説者の伊東浩司の持つ、10・00秒の100m日本記録は当時テレビで
見てた。しかも準決勝のはずで、最後はちょっと緩めたんじゃないかな?
最後まで全力で前傾でゴールしていたら、10秒の壁を破っていたのに・・・・と。

早やオリンピックもあと残り2日で閉幕か・・・

posted by ちぃさま at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ観戦 | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

ソフトボール金メダル

よし!よし!よ〜し! やったぁ〜!やったぁ〜!!!
          107444_c160.jpg
宇津木妙子前監督の絶叫が、感動に彩りを添えてくれました。
ある意味選手より目だってしまったかも・・・(笑)選手もびっくりの様子。
1992年バルセロナ五輪、200m平泳ぎの岩崎恭子ちゃんの時の、
ヤッター〜!の絶叫に大きく水を開けて、不滅の絶叫実況チャンピョンですよ。

意外性と言うか、あの怖〜い鬼監督がまさか!・・・人間味あふれてて良かった。
勝利の時と日の丸の時、私も2回泣きました。

いや〜もう、あれこれ言うのが無粋なくらい感動しました、今大会のNO.1でしょう。
宇津木前監督始め、歴代の選手が紡いできた成果が繋がった金メダルですね。
宇津木麗華、世界の安藤ことショート安藤美佐子、シドニーのエース高山樹里・・・

チーム皆で取った金メダルだけど、この人がいなければ取れなかった。
その人は世界最強のエース:上野由岐子。カッコ良すぎる。これぞ投魂・・・
本当に素晴らしい。

それに較べて男子はどうだ?
元々どうも星野ジャパンって言っても、ピンとこないんです。
そもそも、億万長者の選手達って、オリンピックに行く必要あるの?って。
プロ野球のナショナリズムはWBCで完結した感もあるしね。

ソフトボールも野球も公式種目としては今回が最後なのだけど、
はっきり言ってプロ野球選手にとっては痛くも痒くもないでしょ。
フアンにとってもです、五輪よりもシーズンのリーグ戦、日本シリーズですし、
WBCもできたしね。

ソフトボールは地味なリーグ戦だけだから、その環境の違いが、
オリンピックに対しての必死さの違いとなって表れていたと思います。
2日で3試合、400球の力投と、中5日で登板の差であり、感動の差かなと思う。
【億万長者の思い出作り】とは根本的に違うなぁって誰でも感じたことでしょう。

ソフトボールは終わらない!Come back 2016 !

残念ながらメダルを逃してしまった、なでしこジャパンの戦いも素晴らしかった。
何せサッカーだから、ヨーロッパ勢もやたら強い。世界のベスト4は素晴らしい!
本女(ポンジョ=日本女子の意味)として誇りに思う。

P.S.男子バレー植田ジャパンは玉砕してしまった。
実は“ちぃさま”は究極の五輪マニア。
ソフトボールの金メダルは球技では32年ぶり、モントリーオール女子バレー以来。
モントリオールの女子バレーとくれは、スーパーエース白井貴子か・・・
書くと止まらなくなくのでまた後で・・・

人気ブログランキングへ←五輪も残りわずかですが、応援クリックお願いします
posted by ちぃさま at 22:09| Comment(3) | TrackBack(2) | スポーツ観戦 | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

勝利の女神ならず

J1第17節。コンサドーレ札幌 VS 大分トリニータ
厚別の不敗神話は勝てない(要するに引き分け)不敗神話か?

画像2 1121.jpg
雨がパラパラチラついてはいましたが、厚別の夜のナイターは格別。
スタンドの後ろ、暗い緑が漆黒の闇に浮かぶコントラストはたまらなくキレイ。

“ちぃさま”のスタンスとしては、サポーターと名乗れたのは2001年だけ。
(それって岡田監督が去った翌年、柱谷監督の最悪の年)
あとは普通のフアン→普通の一般客に降格。今季は2回目の観戦。

7位の大分相手に健闘した試合ではありましたが、0−0には多いに不満。
あ〜あ、沢山チャンスあったのだから、ひとつ決まっていたらなぁ・・・れば、たら(笑)
ここで壁を突き破って波に乗らないと、残留圏内には上がれない!
じゃないと、18位のチームにしか勝てない、17位のチームのままなのだから・・・。

でもね、2試合連続無失点!後半で巻き返しを期待したいものです。

画像2 1124.jpg
コンサドーレは毎試合、観客にマッチディプログラムがプレゼントされます。
今日は社会人対象に【仕事人ナイト】と言って、
当日名刺を差し出したら劇安割引で入場できるサービスを行っていたので、
当日券売り場は“ファイターズ戦”かと思うほどの長蛇の列!でした。

こんなに人が来るのは想定外だったのでしょうか?対応は最悪・・・
“ちぃさま”は並びながら、♪片手におにぎり〜片手にウーロン〜ああ〜ああ ♪
で夕食済ませました。(ジュリーの物まねです、古すぎて誰も反応できない?)

20日の神戸戦は浴衣デーです!いいねぇ〜行く予定はないですけど。

人気ブログランキングへ←おかげさまで大躍進!ありがとうございます。
posted by ちぃさま at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ観戦 | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

北京への道 祝!男子バレー五輪出場

フルセットの激戦、しかもマッチポイントも握られながら素晴らしい闘いぶりだった。
選手も荻野と山本以外は初めて見る顔。GOTTUと言う名に驚き、セッター朝長は
若き日のイチローと、サッカーの小倉隆史を足して2で割ったような「犬顔」だなー、
植田辰哉監督は選手時代の記憶はないがカッコイイ〜彼こそ本物の強い男だ!
と思いながらテレビの前でハラハラ涙を流した、長野五輪のジャンプ団体戦以来だ。

勝利インタビューで監督が「松平名誉会長・・・」と言っていたように、
男子バレーと言えば、松平監督率いるミュウヘン五輪の金メダルです!
本当はミュンヘンらしいのだけど、当時はミュウヘンと呼んでいたと思うんだけど。
ネットに頼らず自分の記憶だけで書いてみる。
どうしてそんなに詳しいの?って、ほら幼い時の記憶ほど覚えているって言うでしょ。

時は1972年、宿敵ソ連との「日ソ戦」や随分テレビで見たような。日本国中で
「悲願の金メダルを!」の機運が盛り上がり、極めつけはTV番組「ミュウヘンへの道」

日曜日の夜7:30から、日テレだと思うが、スペシャルではなく連続番組で、
男子バレーボールチームの軌道を実写とアニメで描いた30分番組。
毎回一人の選手を取り上げ、生い立ち〜バレーへの道、全日本での練習風景など。
覚えているのは、ほとんど試合には出なかった南将之の“逆立ち”だけだけど。
松平監督が選手に課したノルマの“逆立ち歩行”ができなくて大変だったという話。

当時の金メダルメンバー(数字は背番号、カッコは所属チーム)
間違いはご容赦下さい。日本鋼管の選手が過半数だったと思います。

1 南 将之・・・既出の通り。名前をもじって「ナンショウ」と呼ばれていたとか。
          息子さんもスポーツの道に進み、一人は長くバレーボールで活躍、
          一人は柏レイソルのGKとして今も活躍中だ。

2 猫田(専売広島)・・・世界一のセッター、有名な天井サーブはミュウヘンの後だと
  記憶しているのは?残念ながら若くして亡くなってしまった。

3 中村 雄三(新日鉄)・・・多分キャプテン

? 野口・・・疾風のように現れてさって行く“仮面ライダー”

? 木村けんじ・・・6番だと思うんだけど結構イイ男だったと思う

8 森田 淳吾(鋼管?ソニー?どっか一人だけ変わった所属のような気もするの
  だが・・・やっぱり鋼管かな)

   ご存知ドライブサーブ、一人時間差攻撃。当時の花形スター的存在か?
   何故か学生時代、彼の講演を聞かされている、記憶に残っていないが。

9 横田 忠義(松下)スーパーエース

10 大古 誠司(後年はサントリー当時は?)大砲
   森田・横田・大古の3枚アタッカーが看板でした。

12 嶋岡(鋼管)猫田とダグルセンター使い、俊敏な選手でした。

?西本(専売広島)ほとんど出なかったけど。

ミュンヘンの決勝戦は、なんと宿敵ソ連ではなく東ドイツに3−1であっさり
勝っちゃいましたが、最大の見せ場は準決勝のブルガリア戦。
まさかの相手が2セット連取で奇跡の大逆転。
コートにひっくり帰って、手足をバタつかせて喜びを表現していた選手がいた。

コーチにうつ伏せになった監督の姿がダブッて見えた(笑)
レベルの次元は違うけど、オリンピック出場への悲願と闘魂は、金メダルへの悲願と
同じくらい熱く感じた。日本男子バレー魂ここにあり!である。

ミュウヘンが最後のメダルになったけど、またバレーボールが盛り上がれば嬉しい。
だって、こんな痛い競技、今のお子さんはしないでしょう・・・と思ってましたから。

ちなみに前監督の田中幹保はモスクワ五輪不参加に泣いたエースです。
(女子バレーなら横山樹里・・・女子は金メダル確実だっただろうに)
彼が活躍しだした78年頃に「ニッポン!チャチャチャ」が始まったような気がする。
オリンピックネタは書くとキリがない・・・

人気ブログランキングへ←またまた応援クリックよろしくお願いします
posted by ちぃさま at 18:27| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ観戦 | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

開幕戦完封!

サッカーに続いて、野球もシーズンイン!待ちに待った開幕戦です。
北海道日本ハムファイターズVS千葉ロッテマリーンズ。
急遽見に行けることになりました。しかもスターシートで、3塁ベンチの上、5列目〜
画像2 364.jpg画像2 363.jpg

今日はとにかくダルビッシュ祭りです。いきなり152キロ、153キロ!キレキレです。
速球の伸びが更に!と言われても、私は見てもまったくわからないのだけど、
ロッテ選手のバットの折れっぷりが凄まじかった。折れたバットがダルめがけて・・・の
場面では、なつかしい【巨人の星】を思い出して、祝勝会で友人に解説してしました。

画像2 361.jpg画像2 362.jpg
出陣前のキャッチボール      マウンドを支配するカリスマオーラには後光が・・・
画像2 367.jpg画像2 370.jpg
鶴岡捕手とのヒーローインタビュー、似た写真だけどいっぱい撮ったので・・・。
開幕戦での完封勝利は9年ぶり、岩本勉投手(現解説者=ガンちゃん)以来とか。

1−0。その一点も満塁から稲葉のゲッツーくずれと言うのはもの足りないけど、
要所で三盗を刺したり、がっちり守備陣がダル様を守り立てて掴んだ勝利です。

ただし応援は“黒い浦和レッズ”千葉ロッテサポに押されっぱなしでした。
トレードマークのジャンプ。歌にコールがこだまします、男声の迫力がすごい。
●遠征サポーターは500人。
●日帰り組みから3泊4日まで、20日帰りで21日夜再来札の強行組も。
●ずっと続いてた歌には新曲もあり、柏レイソルかジェフ千葉の、
  応援歌の歌詞変えただけ。

以上、軍団の人から聞きました。
やっぱり【千葉ロッテマリーンズ】VS【浦和レッズ】が観てみたい。
posted by ちぃさま at 00:11| Comment(7) | TrackBack(0) | スポーツ観戦 | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

残り4分の悲劇

6年ぶりのJ1復帰、待ちに待ったホーム開幕戦です。
コンサドーレ札幌VS横浜Fマリノス。
画像 662.jpg
会場もサポーターも去年と同じですが、大観衆の熱気と華やかな雰囲気に
浮かれてしまう。まず対戦相手が違います、日本代表:中澤祐二、山瀬功治の
マリノスですもの。何より、あ〜あこれがJ1の舞台なのねと感じたのは、
アウエーサポーター様の数と応援です。

今まで数十人〜100人程度の(県人会とスポンサー会社の動員だと思っていた)、
相手チームサポーターが今回は用意した1000席完売です。
私が座っていたSS指定席にも結構いました。
画像 665.jpg画像 660.jpg

試合の方はと言えば、ご存知のとおりまさかの逆転負け。
しかも4分で残りでひっくり返された。
サポーターのコメント読んだら、「見慣れた光景かも・・・」確かにそうだけどさぁ・・・。
画像 666.jpg
これで終わってくれてたらなあ・・・
しかし本当に見ごたえのある試合でした。コンサの全員身体を張った守り、
相手チーマの流石の早いパス回し等々、やっぱりJ1は面白いなぁ〜

メガネ・オペラグラス・カメラを常に持ち替え、開けたままのバッグから落ちた
財布を拾って振り返って渡してくれたのは、前の席のマリノスサポの女性でした。
松田直樹選手フアンのサポ様、本当にありがとうございました。

友人と離れて、アウエー側で見たのが悪かったのか・・・敗戦のショックは大きく・・・

ヤケ酒行くぞ!それもハシゴして飲むぞ!!
posted by ちぃさま at 18:10| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ観戦 | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

コンサドーレ札幌J1昇格

コンサドーレ札幌は6年ぶりのJ1復帰とJ2優勝を、
最終戦の札幌ドームで決めました。
画像1 668.jpg
ボードで赤黒の客席、ゴール裏に出たビッグフラッグが上がっていくと・・・。

画像1 669.jpg
ONE&ONLYの文字が・・・感動です。絶対に絶対に負けられない試合。

画像1 670.jpg
試合はコンサの逆転勝利!東京ヴェルディが引き分けたため、
なんとJ2優勝で昇格を飾りました。泣けましたねぇ・・・。
私が応援してから6年目。J1最下位→以降はJ2で9位→最下位→6位→6位。
就任一年目でJ1昇格を成し得た三浦監督がMVPかな。

段々興味が薄れ今年は数試合しか行かない私と違って、負けても負けても、
不祥事続きでも、支え続けたサポーターの方々は本当に喜んでいることでしょう。
(その間にファイターズ移転で、すっかりにはマスコミでも継子扱いになってたけど)
今だけは美酒に酔いしれてください、と言いたくなる気分です。

画像1 671.jpg
続いて表彰式では、銀製の優勝盾をキャプテン芳賀選手が・・・なんですが、
盾はヴェルディ戦が行われた大阪ー長居競技場に行っていたため、
目録がわりのボードが・・・副賞100万みたい〜嬉しすぎる誤算です。

祝勝会の様子をテレビで見たり、今日の新聞の取り扱いを見ると、
シンジラレナ〜イような誇らしい気持ちです。が、これからが大変です。
来年上がったら筆頭降格候補でしょうから。
でも本当に良かったです。負けて入れ替え戦なら地獄でした。

画像1 672.jpg画像1 674.jpg
祝勝会は後日ということで、友人とクリスマス市でホットワインで乾杯。

画像1 677.jpg画像1 678.jpg
日が暮れネオンが灯るころ、友人は宮の沢の優勝イベントへ。
カラダ芯まで冷え切った私は帰還しました。

banner_04.gif100位が目標!クリック下さると嬉しいです。
posted by ちぃさま at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ観戦 | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

優勝パレード〜nicole white

北海道日本ハムファイターズ パリーグV2優勝パレード見てきました。
ダルビッシュも稲葉もいない(ついでにダブル武田もいない)優勝パレードだけど、
去年はテレビ観戦だったから、感動しました。最後のヒルマン監督も一瞬顔見えた。

画像1 608.jpg

おなじみヒチョリ選手、左下は田中賢介選手の背番号と坪井選手。

画像1 602.jpg

先頭のユニフォーム+マフラーは紺田選手、イケメンなんだから来年は頑張って!
“ちぃさま”の王子様:工藤隆人選手は見逃してしまいました。
posted by ちぃさま at 17:31| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ観戦 | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

日本シリーズ進出

リーグ制覇は成し得ているので、今日はV2でも日本一でもありません。
クライマックスシリーズ制覇→日本シリーズ進出です。
システムがころころ変わるので、ヒチョリ選手も「一位通過したので・・・」とか、
BS解説の与田さんも「プレーオフ」と連呼していて紛らわしいんだけどね。

プレーオフ時代はダイエー(現ソフトバンク)が悲劇とか言われたけど、
圧倒的なホームアドバンテージを活かせなかったんだなぁ・・・それだけの話。

テレビ観戦の画面を写真撮るなんてマヌケな・・・
画像 444.jpg

テレビならではのダルヴィッシュのアップ〜
画像 442.jpg

シンジテマシタ!貴方のことを。 トレイ・ヒルマン I LOVE YOU ×××
画像 427.jpg
現代の北海道民にとっての“クラーク博士”ってヒルマンなのかなぁと。
貴方のことは忘れません、札幌ドームに銅像が建つことでしょう?
私が“春美ちゃん(北海道知事)”なら、道民栄誉賞を贈ります。
でも困ったなぁ・・・日本シリーズの抽選は全部ハズレテいるし・・・でも観たいし・・・
posted by ちぃさま at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ観戦 | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

クライマックスシリーズ

北海道日本ハムファイアーズVS千葉ロッテマリーンズ クライマックスシリーズ
(略してCS・・・カスタマーサティスファクション)
第3戦・4戦行ってきました。昨日の第三戦は7回に2アウトから連打で一挙に6点!
応援はロッテに押され気味の場内が、一気に沸騰して沸き立つような、
これが正にクライマックスと呼べるビッグイニングで、誰がどんなヒットだったか
覚えていない・・・頭が真っ白・・・。
11安打でわずか1得点・・・の本日第4戦は割愛です、残塁の数に比例する疲労感

画像 411.jpg画像 412.jpg
昨日のヒーロー グリン投手と稲田直人内野手
(ベンチに飛び込むファインプレーもありました)

画像 405.jpg
配布された応援ボードで、真っ赤な場内  相手投手は“サブマリーン”渡辺シュンスケ

画像 407.jpg
やっぱり登場“ちぃさま”のソックス王子様 工藤隆人外野手

これは番外編、9月2日、逆転サヨナラ打でお立ち台の王子様
画像 269.jpg画像 273.jpg
抱っこちゃんみたいに、BB君に抱きついていたんだよ、かわいい〜


We are LOTTE!熱い熱いロッテサポーター。サッカーみたいな応援スタイルは、
“黒い浦和レッズ”。12球団で一番すごいです。是非浦和レッズとの対戦を!
画像 408.jpg
実はこの応援見れるの楽しみにしていました。
不謹慎ですが得点した時の「情熱の花」も聞けて満足。

posted by ちぃさま at 23:43| Comment(6) | TrackBack(0) | スポーツ観戦 | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

勝利の女神

十六夜の月明かりと、4機の照明塔に照らされた厚別競技場。
浮かびあがった漆黒の緑と、天然芝のピッチの美しさに息をのむ。
26日はJリーグ:ディヴィジョン2 42節 コンサドーレ札幌VSモンテディオ山形戦。

        
? 337.jpg
“まさか”の首位独走でJ1昇格間近のコンサドーレ札幌。
最近急ブレーキで足踏み中。勝っても負けても見届けなければならない試合だ。
復活を予感させる3−0の完勝!シビれた〜。

? 342.jpg? 343.jpg
勝利に沸き返るサポーターの皆さん   サポーターに挨拶に来る我等のヒーロー達

わかる人にはわかる応援のぼり。選手の名前を知っていると結構おもしろいけど。
       
? 340.jpg
1か月ぶりの勝利!ホームでは8月11日以来4試合ぶりの得点!ぶりぶりづくし。
厚別名物の風がおだやかで本当に良かった!あれでも後半は寒かったなぁ〜
本当に勝ってよかった!!!
posted by ちぃさま at 22:27| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ観戦 | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

ファイターズのソックス王子

昨日7日、北海道日本ハムファイターズVS楽天ゴールデンイーグルスにドームへ。
楽天にまで負けて4連敗・・・今年まだ勝利の女神になれない私。

? 126.jpg










なんだかトレードマークになってきた“鳴子”
いい音鳴りますよ〜持ってる人一緒に応援しません?(笑)
平日にもかかわらず28,550人の大観衆だった。

黒ソックスに目が釘付けexclamation×2思えばいつから皆足長スタイルになってしまったのか。?
? 125.jpg? 128.jpg

麗しの君は工藤隆人外野手(背番号53)、3年目25歳、
名づけて“ちぃさま”の“ソックス王子”いかがでしょう?

? 132.jpg? 133.jpg
こちらは先輩ソックスの“カムバック”坪井智哉外野手(背番号7)
移転一年目は一番打者として活躍してくれましたね!

? 134.jpg? 129.jpg







チケットは“イケメン選手会長”金子誠クン。
“中年の星”ホームラン王の山崎はこの日も渋く大活躍。
今日は首位に返り咲き、明日はエースダルビッシュ!
私生活同様に“剛速球”決めてもらいましょうどんっ(衝撃)
(あらっ“ちぃさま”お下品かしら)
posted by ちぃさま at 23:43| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ観戦 | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

ファイターズ鳴子

移転してすぐの頃ドームの土産屋台で華々しく売っていたので買ったけど、
まったく流行らず存在も認知されずに忘れられてしまった「フィイターズ鳴子」
昨年まではラッキーセブンの応援歌の時、この鳴子を使ったファイターズガールの
踊りがスクリーンで流れていたんだけどな・・・。

?1 418.jpg?1 422.jpg

ビール飲みながら片手でチャカチャカできるし、かさばらないから携行も便利よ。

横浜ベイスターズとの交流戦、 投手はダルビッシュではありませんでしたが、
スターシートは3塁ベンチの真上で、とても見やすくて、ビールも美味しかったビールビール

?1 413.jpg?1 415.jpg









試合は残念ながら“がに股打法”の種田の一振りにやられてしまった。素敵なフォームに見惚れてしまったのがいけませんでした。
posted by ちぃさま at 00:04| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ観戦 | 更新情報をチェックする