2014年03月27日

わいんのだいがく

ワインバーPINOT( ピノ)さん
札幌市中央区南6条西3丁目第1すすきのビル2階

定例のわいんのがっこう、ワタクシ達いつの間にか予備校を経て大学生になっていました。

image-20140321211555.png

今回のテーマはフランスロワール地区の中西部
image-20140321211632.png

Chinon( シノン)の葡萄品種と言えばカベルネフラン。ふだんはセパージュの脇役ってイメージで、だけど10%や5%の少ない割合でも有るのと無いのでは味わいがぐっと変わるらしい。ふ〜ん。わずかな出番で助演賞をもらった役者みたいな存在でしょうか?そんなカベルネフラン( 赤)100%のワインは特集ならではって感じでした。

image-20140321211646.png

お料理はサラダとサーモンのピザが秀逸でした。

このメンバーでは珍しく、告白的?婚活の話題で盛り上がりました。驚きましたし(@_@) 良いことだと思います。婚活におけるワタクシの【需要と供給 】 【市場価値】理論はいつも職場の同僚に口酸っぱく言っていることでございます。

さて、こちらは去年のお写真。

image-20140321211810.png

image-20140321211854.png

7月24日のことでした。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

ピノでお祝い

そんなわでけでブログ4周年、ピノさんに行って祝いました。

■PINOT(ピノ)
■札幌市中央区南6条西3丁目 第二すすきのビル2階
■011−532−2021
■7時から夜遅くまで   
http://pinot-marche.jugem.jp/

110204_1950~02.jpg

迷った時は盛り合わせがオススメです。

110204_1951~020001.jpg

ホタテとニンジンのテリーヌ、キッシュ、生ハム、ピクルス、オリーブ、チーズ、ゆず入りチーズカナッペにアンシャンテのパン。

110204_2141~01.jpg

こちらピノさんのワイン会は、会場が「わいんや」の時から行ってましたから、ブログカテゴリーに【わいんや・PINOT】を作ったほどです(^O^)

110204_2141~030001.jpg

ピノさんのカウンターに鎮座する、ナイスバデーな豚の足(生ハムさんです)


110204_2039~01.jpg

2月4日は立春!ちょうど2年前もピノさんで【立春朝搾り】をいただきました。
立春朝搾りについては、下にその時のブログから貼り付けます。

【立春朝搾り】は現在は33都道府県で36だか39の酒蔵で行われ、
道内では旭川の屯田兵で開拓された永山地区に鎮座する名門【男山】だけです!
(永山の地名は永山武四郎からだということはブログで記載済みです)

【立春朝搾り】は販売する酒屋さんが酒蔵に直接行かないと売ってくれないのです。
なんと今朝:3時!から、瓶つめ、ラベル貼りをして、近くの永山神社で、
無病息災、家内安全、商売繁盛を祈願してお祓いを受けて初めて持ち帰るのです。
今朝の6時にやっとこさ旭川を出発して、札幌に持ち帰ってきてくれたのです。
なので札幌で扱う酒屋さんはHP上では8軒のみ。(実際はもっと多いかな?)
しかも完全予約制で今年の締め切りは1月27日だったのです。

110204_2040~010001.jpg

今年も縁起物としていただきました(*^o^*)

posted by ちぃさま at 15:48| Comment(2) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

ススキノ祭り〜ピノ

突然の猛暑にぐったり(-_-;

なんだかんだ言っても短い短い北海道の夏です。

これこそ、ススキノ祭りにふさわしい暑さと言えましょう。

100806_2123~01.jpg

ビアガーデンも殺人的激込みだろうな。ススキノは人-人-人でした。

100806_2126~01.jpg
踊りはYOSAKOIなのかな?

私は涼しくワイン飲みにピノさんへ
100806_1923~01.jpg


グランヴァンワインと並ぶピノの金曜日名物?
澄川のアンシャンテさんのパン福袋は500円
100806_2043~010001.jpg

他は普通の食パンだったので、一個だけのレーズン食パン入りが欲しくなり。

袋の中は帽子パンと、粒粒バニラ入りのクリームパンでした。

こういう白いフワフワパンは“ちぃさまイズム” ではないけど、

たまにはいいじゃない(笑)特にこんなに暑い時には(*^o^*)


■PINOT(ピノ)
■札幌市中央区南6条西3丁目 第二すすきのビル2階
■011−532−2021
■7時から夜遅くまで   
■今年は年内無休
http://pinot-marche.jugem.jp/ (ブログ)
posted by ちぃさま at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

わいんのがっこうスペシャル

酒代も城に捧げたいワタクシ、4月以来、久しぶりにPINOTさんの「わいんのがっこう」に参加しました。今回はドメーヌ ボワイエ・ゴンタのワインが、日本初輸入ということでスペシャル編!

SN3J1213.jpg

ブルゴーニュのコート・ドゥ・ボーヌ地区ムルソーが所在地。フランス国内に流通して、国外には出ることがないほどの生産量だそうです。
合計7種類をインポーター ミックさんの解説付(^O^)で楽しみました。流暢な日本語で説明してくれたのだけど、あんまり聴いていなかったです、私(^^ゞ

ミックさんがゴンタの息子さんと知り合ったのがきっかけだそうです。野菜みたいに「作り手の顔が見える」貴重なブルゴーニュワインばかりいただき大変ゴージャスな会でした。参加者も多かったので分け前も少なかったのだけど、翌日に社内のテスト(重要ではない)を控えた私にはちょうど良かったです。

091215_1859~02.jpg

ACクレマン・ド・ブルゴーニュ ピノノワ−ル70%、シャルドネ30%
ブルゴーニュでは、初めてスパークリングワインを生産したのは、このドメーヌ。青っぽくも蜜リンコのうような香り、ドライで酸味が強く残り料理によく合う。

白は、2007ブルゴーニュ アリゴテ(写真なし)「アリゴテの一番の特徴は?」と私の意地悪な質問には、「カァ〜!と飲む」がお答えでした(笑)なるほど。

091215_1858~02.jpg091215_1858~03.jpg

左:2005 オークセイ・デュレス レ・リュショット
右:2007 ムルソー プルミエクリュ ペリエール
どちらも大変私の好みでした。このために来たようなものです。特にムルソーは皆さん時間の変化を愛でながら楽しんでおりました。

赤は、2007ブルゴーニュ レ・アミロ(写真なし)味はともかく鉄分たっぷりの香りが「ある事」を連想して堪えがたいものがありました。多分私だけだと思いますけど・・・。

091215_1859~03.jpg091215_1900~02.jpg

左:2003 サヴィニー・レ・ボーヌ
右:2003 モンテリー レ・スー・ロシェ
サヴィニーは元々華やかなイメージがあるのだけど、イメージどおりの花花してラブリーでとっても好みのワインでした。カベルネ好きには右のモンテリーの力強さの方が好まれたようです。

091215_2015~01.jpg091215_2028~01.jpg

ホワイトモードの違いで皿の色が違いますけど、チーズはブリ・ド・モー。右は漬けマグロ。

091215_1917~01.jpg091215_2026~01.jpg

そして冬期間のPINOTさんの代名詞と言えば:「牡蠣のガンガン蒸し」
他にもピザや生ハムにサラダ、どれもワインと良く合いました。

■PINOT(ピノ)
■札幌市中央区南6条西3丁目 第二すすきのビル2階
■011−532−2021
■7時から夜遅くまで   
■今年は年内無休
http://pinot-marche.jugem.jp/ (ブログ)

ワインの紹介はこちらのブログから勝手にコピーさせていただきました。
posted by ちぃさま at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

わいんのがっこう200904

昨年11月以来です、ピノさんの“わいんのがっこう”

画像2 2610.jpg
時間より先に着いたけど、皆ギリギリまで来ないからカウンターの写真なんぞw

画像2 2616.jpg画像2 2625.jpg
左はアルゼンチンのシャルドネ、カメレオン シャルドネ トロンテス 高くないです。
右はビネー2006 サヴォール プランタニエール アルザスのリースリング。
ちょっとにごったビオちゃんぽい感じはノンフィルターのため軽いオリらしい。

画像2 2626.jpg画像2 2632.jpg
左はリュリリー レ・サンジャック2007 フランソワ・ダレーヌ
右はドイツ・リースリング・1988 アウスレーセです。
右はブラインドでしたが、皆さん当ててました。すごいなぁ〜

画像2 2615.jpg
美味しかったです。レバーペースト、カキのオイル煮とでもいいましょうか。
テリーヌはじゃがいも・ベーコン・ニシンだったかなぁ?
向こうの皿はドライトマトとジャガイモのキッシュ。

画像2 2622.jpg画像2 2627.jpg
今回はいろいろなジャイモ料理がほっくりと甘くて美味しい。
右のチーズはパヴィ・ダフィノア、脂肪分は相当高くバター代わりって感じですかね。

画像2 2662.jpg
恭しく籠に入ってお披露目です。
シャトー ボネ サンテミリオン・グランクリュ 1982!
これはヴィンテージ当てで、ワイン通の方も遠く及ばない古いものでした。
急速にワインへの興味を失いつつある“ちぃさま”だけど、
【こういうワインをデイリーワインとして飲めるようになりたいものだわぁ〜】なんて。
私の苦手な獣臭がなく、獣かもしれないけどランの花のように感じたのでした。

■PINOT(ピノ)
■札幌市中央区南6条西3丁目 第二すすきのビル2階
■011−532−2021
■7時から夜遅くまで   
■ゴールデンウィークも無休
http://pinot-marche.jugem.jp/ (ブログ)

人気ブログランキングへ←“ちぃさま”ブログも忘れないでお願いひらめき(笑)
posted by ちぃさま at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

立春朝しぼり

フィットネスのお稽古に支障が出ては・・・とアルコールも控えめですけど、
ピノさんのブログ見てどうしても気になっていました、【男山】の文字が・・・。
故郷を離れても未だ、郷土への強い愛着と誇りを持ち続ける“ちぃさま”なのです。

         
1071635704_145.jpg
          
【立春朝搾り】知りませんでした・・・
平成10年から始まった立春の2月4日の早朝に搾った生原酒をその日にいただく、
まぁ縁起物なんですけど、恵方巻きの販促大キャンペーンと一緒にしないで下さい。
作り手の矜持と有難みの度合いが違います。
搾る日に合わせて仕込むは高度な技術を要する真剣勝負なのです。

【立春朝搾り】は現在は33都道府県で36だか39の酒蔵で行われ、
道内では旭川の屯田兵で開拓された永山地区に鎮座する名門【男山】だけです!
(永山の地名は永山武四郎からだということはブログで記載済みです)

【立春朝搾り】は販売する酒屋さんが酒蔵に直接行かないと売ってくれないのです。
なんと今朝:3時!から、瓶つめ、ラベル貼りをして、近くの永山神社で、
無病息災、家内安全、商売繁盛を祈願してお祓いを受けて初めて持ち帰るのです。
今朝の6時にやっとこさ旭川を出発して、札幌に持ち帰ってきてくれたのです。
なので札幌で扱う酒屋さんはHP上では8軒のみ。(実際はもっと多いかな?)
しかも完全予約制で今年の締め切りは1月27日だったのです。

        
1071635704_162.jpg

ワインバーでワイングラスで飲む日本酒
    
アルコール度数18〜19度を感じさせないフレッシュさとフルーティさ。
なんて調子に乗って飲んだら大変でしょうね。
さっと一杯で切り上げる“ちぃさま”でした。ご馳走さまぁ〜♪

■PINOT(ピノ)
■札幌市中央区南6条西3丁目 第二すすきのビル2階
■011−532−2021
■7時から夜遅くまで   
■今は無休のはず
http://pinot-marche.jugem.jp/ (ブログ)

人気ブログランキングへ←たまにはこちらもクリックお願いしますぅひらめき
posted by ちぃさま at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

チーズの日とワイン

わいんのがっこう2008年11月

11月11日はチーズの日です。700年10月に文武天皇の命で、
チーズの元を言われる【そ】←(変換できず)が作られた。
新暦に読み替えると11月、わかりやすいように11日にして
【11月11日はチーズの日】おかげで美味しいチーズをいっぱいいただきました。
      
画像2 1778.jpg
上からバラット、クロタン、モテシュールポイユ、カマンベール

画像2 1781.jpg
切ってくれたらチーズの種類が増えてました〜♪嬉しいです、こんなにいっぱい!

画像2 1779.jpg
蒸し牡蠣とシャブリ

画像2 1780.jpg
お稲荷さんと柴漬けと赤ワイン
おもしろいでしょ〜意外な組み合わせはとても新鮮でチャーミングです。
お稲荷さんは、うまいもの市のカニ入りのリッチなもの。
“ちぃさま”柴漬けを左手でパクパクしながら右手にワイングラス、お行儀わるいです。

画像2 1782.jpg
本日の赤ワイン 真ん中のブルゴーニュ2006 ドメーヌコワイユが好評でした。
ジュヴレ・シャンベルタンの区画からで、若くても美味しいスタイルだとか・・・。

画像2 1783.jpg
赤ワインに良く合うお料理

画像2 1784.jpg
ラクレット・・・チーズに日にふさわしい締めくくりです。

【補足】
1が4つ並ぶこの日は○○の日が多そうだなと思ってましたが、
ポッキーの日(1111)、公共建築の日、配線器具の日、電池の日、ジュエリーデー、
ピーナツの日、スポーツメーカーが名づけたサッカーの日(11対11)、
鮭の日(魚編に右が十一十一)・・・ふ〜ん。

しかしこの場で友人から聞かされた、“ちぃさま”のソックス王子:ファイターズの
工藤外野手の巨人へのトレード話に、チーズの悦楽気分も吹き飛んだ。
私は断固承服しかねる。

■PINOT ピノ
■札幌市中央区南6条西3丁目 第二すすきのビル2階
■011−532−2021
■7時から夜遅くまで   
■定休日:11月4日からは無休の予定。
http://pinot-marche.jugem.jp/ (ブログ)

↑ピノさんでは、チーズのがっこうも始まりました。
プロの方のレクチャー付きです。第一回目は12日に終わってしまいましたが、
フレッシュ、白カビ、ウォッシュ、シェーブル(山羊)、ブルー、ハード。
それぞれ本格的なチーズに、5種類のワインを合わせて。今度出てみたいなぁ。

人気ブログランキングへ←下がり過ぎるのも哀しいのでクリックお願いしますぅひらめき


posted by ちぃさま at 00:46| Comment(2) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

PINOT普段使いで

ワイン会以外にも時々出没してます。PINOT(ピノ)さん

      
画像2 1751.jpg
いつもの席

      画像2 1749.jpg
グラスワインは当日開けるもののみ。
遠慮しないで「ワタシ、コレ飲んでみるわぁあ〜」と開けてもらう。

  
画像2 1752.jpg 
盛り合わせは超お得!
ベーコンに包まれたのはジャガイモとニシン。
ゆで落花生はワインのお供には秀逸、いい塩梅。
多分アボンダンス系であろう山のチーズは“ちぃさま”どツボ!

   
画像2 892.jpg
ピザはハーフサイズもあります、しかも二種混合もOK!
ブルーとカマンベールチーズ&オリーブとアンチョビ。

   
画像2 894.jpg
たまたま居合わせた「お一人様」と共同購入してシェアしたイカスミのスパゲティ。

あっ、一回でこんなに沢山オーダーしたわけじゃないですからね(笑)

■PINOT ピノ
■札幌市中央区南6条西3丁目 第二すすきのビル2階
■011−532−2021
■7時から夜遅くまで   
■定休日:11月4日からは無休の予定。
http://pinot-marche.jugem.jp/ (ブログ)

人気ブログランキングへ←連休いかがお過ごしですか?クリックお願いしますぅひらめき

おまけ:今日の一枚

画像2 1743.jpg
今日ススキノのはずれで見かけました。
ハロウインが終わったからお払い箱ですか・・・?愛がなさすぎると思う。
posted by ちぃさま at 23:28| Comment(6) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

わいんのがっこう08年10月

テーマ:接吻キスマーク
画像2 1658.jpg画像2 1667.jpg
ドイツの泡、トレッビアーノ50%アレイン50%
クリムトの“接吻”がラベルとは刺激的!“ちぃさま”の部屋にもポスター飾ってます。
フレームがチープ過ぎますけどね・・・。

画像2 1665.jpg
・シャブリサンピエール2006 レニャー
・ブルゴーミュ ルトゥール・デ・フランドルVV2000レニャー
2000のビンテージ当てクイズでした、さすが会長!大正解。

画像2 1659.jpg画像2 1660.jpg
キャベツの春巻きは前日お店のブログに告知してあったので気になってました。
春巻きと言うより冷製ロールキャベツって感じ?特製ソースも美味しかった。
画像2 1663.jpg画像2 1664.jpg

他にもいろいろ。前回は料理がちょっと・・・と思っていたので今回はかなり満足です。
お料理作ってくれた方は“ちぃさま”の友人でもあります。

画像2 1662.jpg画像2 1666.jpg
左:エキノクス2007クロ−ズエルミタージュ   
右:カベルネソーヴィニヨン100%のジュースは甘い!

■PINOT ピノ
■札幌市中央区南6条西3丁目 第二すすきのビル2階
■011−532−2021
■7時から夜遅くまで   日曜休み
http://pinot-marche.jugem.jp/ (ブログ)

人気ブログランキングへ←ありがとうございます!

秋の珍事! なんと瞬間最高視聴率 ランキング47位を記録!
厚く御礼申し上げます。
画像2 1669.jpg
posted by ちぃさま at 15:58| Comment(2) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

わいんのがっこう2008年9月

毎月ワイン会に出てブログにアップしているものだから、もしかして
“ちぃさま”はワインに詳しいなんて思っている人がいるかも知れないけど、
写真載せるから適当にコメントしているだけで、ただ飲んでるだけって感じなんです。

画像2 1488.jpg
今回のワイン達 合計7種類

画像2 1492.jpg
シートを紛失してしまったのでアレなんですけど、赤はブルゴーニュばかり。

いつもながら雑談に花が咲いたのだけど、ワインの話も皆さん熱心に・・・。
ワイン会開いたり収集したり、ワインの好きな方が多いですから、
当然なんでしょうけど、すごいなぁ・・・と聴き入ってしまいました。
私はそんな違いや変化はわからないし、どうでもいいなぁ(笑)

“ちぃさま”の親しい男性にはワイン愛好家はいない。
何故なら彼らが酔うのはワインにではなく、“ちぃさま”なのだから(爆)

画像2 1491.jpg
今回の晋作、羊のテリーヌ
煮てほぐして固めた?スパイシーさがナイスです。また食べたいなぁ羊好きです。

pinotさんは一周年イベントやワイン会が目白押しのようです。

■PINOT ピノ
■札幌市中央区南6条西3丁目 第二すすきのビル2階
■011−532−2021
■7時から夜遅くまで   日曜休み
http://pinot-marche.jugem.jp/ (ブログ)

人気ブログランキングへ←いつもすみません!応援クリックお願いします(笑
posted by ちぃさま at 21:46| Comment(2) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

わいんのがっこう 08年08

ブラインドも楽し

今月のメンバーは何故か男3人ー女3人の合コンスタイル(笑)
残念ながらカップル成立ならずでした・・・もっとも独身男性一名だけだしね。
最近ではゴルフ合コンなんかあるそうですし、ワイン合コンなんてのもいいかも。
habaさん、いかがでしょうか・・・?私は出ませんよ(笑)

合コンよりもワインの話です。
画像2 1273.jpg
1、カヴァ パレス バルタ ブリュット
パレリャーダ58% マカオベ25% チャレット17%
現在販売中のものは2004年のぶどう100%。18ヶ月以上瓶熟成。
パレリャーダは標高616mの高知で栽培されたもの。酸が美しいと評判です。

2、ブラインドです。
ボトルは見ずにグラスに注がれたワインを見たり嗅いだり味わったり・・・
色は?
葡萄は?
国・地域は?
値段は?

ドイツぽいなぁ・・・モーゼルなんとかかんとかと言っているうちは永遠に当りません。
国をヒントにしてみましょう・・・はて・・・?日本のワインです。

じゃぁケルナーだね!

画像2 1271.jpg
今や立派なブランドですね。
三笠の山崎ワイナリーさん。
ヴィンテージは2007年。
開ける時少しシュワシュワしていたそうです。

値段は・・・2800円
私は2800円も出しては買えない、貧しいなぁ。








3、コント・ラフォン2003 マコン。・ヴィラージュは割愛

画像2 1270.jpg画像2 1274.jpg

4、もう一回ブラインド 〜 !
ウフフ・・・このブラインドは、ワインをブラインドでテイスティングするという行為が、
如何に、ある種イヤラシイ心理状態であるかを露呈した形となりました。

画像2 1275.jpgマルサネ・コート・ドゥ・ニュイ 2001

正に ど・ピノ ど・ブルゴーニュなのにそう言ったのは一人だけ。
他のメンバーはもう思ったけど、実は違うのでは?とか、普通とは違う発想をしてみようとか、妄想にとり付かれてしまいました。
私はもう少し南かな?と思ったような気もしますが、元々わかりませんからね(汗

これは好みのタイプで美味しかった。
変な酸っぱさもなく、果実実豊かで・・・。
白派の“ちぃさま”も今日はコレが断トツでしたもの。
変な妄想しないで素直に味わいたかった・・・
でも正体を知ったから、ピノっぽく美味しく思えたかも知れない。
見事にhabaさんにもてあそばれました(笑)


5、ル・ボール・ドー2005メルロー 樽を使わないワイン 割愛

6、ミュスカ・ド・ボーム・ド・ヴィニーズ ポール・シャブレ
アルコール添加の製法、う〜んまるで石油、ハーフサイズで2000円!買わない。

画像2 1281.jpgチーズはプティアグール(羊さん)
画像2 1279.jpg

■PINOT ピノ
■札幌市中央区南6条西3丁目 第二すすきのビル2階
■011−532−2021
■7時から夜遅くまで   日曜休み
http://pinot-marche.jugem.jp/ (ブログ)

人気ブログランキングへ
←これから人恋しくなります(笑)応援クリックお願いします。
posted by ちぃさま at 20:28| Comment(4) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

白ワイン、白ワイン、白ワイン

異端ワイン会集団:JADOU’S (ジャドウズ)企画のワイン会。
ドイツ、スペイン、南イタリアと続き、4度目の今回は白ワインだけの会です。
赤だけの会なら行かないなぁ・・・てくらい白が好きなので張り切って参加。

画像2 1207.jpg
なんと日本のスパークリングです。漢字は【嘉】でしょうか?
山形の高畠ワインさん、多分シャルドネでしょうとのこと、スッキリ辛口。

画像2 1210.jpg
左から
1、ヴーヴレ 2005 カトリーヌ・ブルトン フランス
  
  シュナンブラン100% 
  コルクの上に王冠をしてある変わったワイン、発砲することを想定したとか。
  ○村昇平氏オススメとくれば、自然派なわけで、最初の香りは結構きます。
  甘みを強く感じますが、甘いだけのワインではないのです。
  そう甘い毒を含んだ、例えて言えば“ちぃさま”みたいなワインかもしれません。
  参加者の好みは別れましたが、私は一番気に入りましたもの。

2、ポッジオ ディ サリチ ウンブリア イタリア 
  品種トレッビアーノとくれば、水みたいなワインと覚えておきました。

3、甲州 グレイス 2006 ヴィンテージ 中央葡萄酒
  とてもスッキリしていて飲みやすいです。

4、アルバリーニョ 2006 セノリオ デ ソブラル リアス・バイシャス スペイン
  (高級品種)               (北西地方・ここだけで栽培) 
  JADOU’S会長、今回のイチオシです、さすがです!ラベルも高級感が漂います。
   
画像2 1214.jpg

5、ベンダー2003 フクセルレーベ ベーレンアウスレーゼ ドイツ
  最後にいただく甘口は格別です。
  ベンダーさんはフクセルレーベ品種の天才なんだとか・・・

画像2 1216.jpg画像2 1217.jpg
  
左は・・・サンマ!光り物、青魚好きなので嬉しい〜。 
右は・・・長いもと鳥のテリーヌ 今日のワインに合う!

写真ないのですが、途中ドイツのリースリングもいただきました。
クラシックと言う辛口のカテゴリーができたとかで・・・。

初めてお会いする方が多く、(私のブログ読んでくださる方もいて)楽しい会でした。
“ちぃさま”に生シェー!のリクエストがなかったのが不満と言えば不満ですけど。

■PINOT ピノ
■札幌市中央区南6条西3丁目 第二すすきのビル2階
■011−532−2021
■7時から夜遅くまで   日曜休み
http://pinot-marche.jugem.jp/ (ブログ)

前の日に開けたワインは出さないピノさんですが、
3日後に飲むためのワインを抜栓していました。
「72時間後に飲みましょう」が作り手(ニコラ・ジョリー)の指示なんですって、
ふ〜ん。

人気ブログランキングへ←応援クリック!どうぞよろしくお願いします。
posted by ちぃさま at 00:54| Comment(7) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

わいんのがっこう 08年7月

今回はなんとなく、たまたまリースリング系、自然派、白が中心の夏バージョン。

画像2 1132.jpg
ジラソルヴィンヤーズ 2006 ピノブラン
カリフォルニア州のビオワイン認定:ジラソルはスペイン語でひまわり。
ラベルで楽しむワイン、ラベルで買ってしまうワインってありますよね。
あまりビオビオしていなくてスッキリ。

画像2 1127.jpg
これもラベル派?
ル・タン・デ・リーズ アヴァンティ・ポポロ マ・ブラン、革命の歌という意味。
紅の豚のテーマ曲と同じだそうな・・・(アニメはまったくわからん)
グルナッシュ&メルローの南仏ワイン。

画像2 1128.jpg画像2 1125.jpg
ムール貝は道産だとか。

画像2 1131.jpg
今回もセパージュ当てが・・・
ラ・グランジュ・ヌーヴ・ド・フィジャック2000 サンテミリオン
シャトーフィジャックのセカンド
カベルネソーヴィニヨン35% カベルネフラン35% メルロー30% が正解。
ん〜んイイ線にも届かず・・・いいんです。

■PINOT ピノ
■札幌市中央区南6条西3丁目 第二すすきのビル2階
■011−532−2021
■7時から夜遅くまで   日曜休み
http://pinot-marche.jugem.jp/

人気ブログランキングへ←こちらもクリックよろしくお願いしますバー
posted by ちぃさま at 09:02| Comment(4) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

トリオライブ in PINOT

ワインバーPINOTさんにはピアノがあり、時折ライブが行われてます。
今回は東京を中心にバリバリ活躍中の方々、お店とのご縁でご出演です。
井口真由子さん(ピアノ)・香月さやかさん(ヴァイオリン)・
後藤嘉文さん(パーカッション)
画像2 938.jpg
キューバー・スペイン・ブラジルとクラシックの香りを残しながらも、ラテン系のノリの
良いテンポで、情熱敵な“ちぃさま”好みの、非常に心地よいサウンドでした。
“なんだか外国のバーで飲んでいるような気分”(友人談)

画像2 935.jpg画像2 936.jpg

左・・・前菜盛り合わせと、後方は食べかけのイチジク。
右・・・ポルトガルの白、シャルドネ他3種類のブレンド、
雰囲気にぴったり、しかも美味しい。

お店のビルの前で。お祭りでしょうか・・・山車と中では舞も。
画像2 933.jpg画像2 934.jpg

■PINOT ピノ
■札幌市中央区南6条西3丁目 第二すすきのビル2階
■011−532−2021
■7時から夜遅く→朝早くまで 日曜休み
http://pinot-marche.jugem.jp/

人気ブログランキングへ
←いつもありがとうございます、クリックよろしくお願いします 。

posted by ちぃさま at 15:46| Comment(1) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

わいんのがっこう 08年6月

グルメブログ”でも“自己表現ブログ”でも、星の数ほどブログってあるのに、
見ていただいて本当にありがとうございます。

今日は人の情けが心にしみる日でした、と言うのは大げさですけど、
まぁ些細なことなのですが、友人のちょっとした心遣いがうれしくて癒されました。
逆に私は友人達に、気持ちを表すことができているのか・・・と思うくらいにね。

pinotさん,“わいんのがっこう”は3月以来。私、ワインは注がれたら,即飲み干し、
時間の経過と香りの変化を楽しむ意識もなく、
まったく“がっこう”になっていないですけどけど〜いいんでしょうか?

画像2 913.jpg画像2 914.jpg画像2 916.jpg
左: 自然派のブルゴーニュ・アリゴテ
中: リンゲンフェルダー2000 シュペートブルグンダー ターフェルヴァイン
右:ヴァンサン・サンクリ 1983 サンテミリオン
    メルロー90% カベルベフラン10% カベルネソービニオン 0%(笑)

〆はベーレンアウスレーゼだし、久々にワイン8種類飲みつくしました。
泡はシャサーニュの生産者:フィリップ・コラン ブラン・ド・ブランだしぃ。

お料理もサプライズで皆大喜びでしたん〜
画像2 910.jpg画像2 911.jpg
マグロの入ったクスクスはビネガーでさっぱり.
ジャガイモとタラのグラタンは塩味がグー!

画像2 912.jpg画像2 915.jpg
ジャバイモと砂肝ローズマリー風味   ホワイトアスパラガス!採れたての美味さ!

■PINOT ピノ
■札幌市中央区南6条西3丁目 第二すすきのビル2階
■011−532−2021
■7時から夜遅く→朝早くまで 日曜休み

http://pinot-marche.jugem.jp/

人気ブログランキングへ←またまたこちらも応援クリックよろしくお願いします
posted by ちぃさま at 01:27| Comment(4) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

2008年3月 わいんのがっこう

月も泡から甘口まで9本。特集テーマは(海外で)“日本人が作ったワイン”
画像 646.jpg画像 637.jpg
2000年7月7日、仲田晃司さんを中心に新世代ネゴシアンとしてスタートした、
ルーデュモン。【ルー】は夫妻が名づけ親の娘さんの名前、【デュモン】は山、
氏の故郷の城山のイメージ。
天・地・人のラベルは日本人向け。左は私のタイプの白。右は赤飲み較べ。

画像 635.jpg
左はオート・コート・ド・ニュイ キュベ・マリーン 2005 アンヌ・グロ
フジイさんでは4800円だそうです。私は上の色の方が好み。

右はレザム・ド・ラグランジュ 2005
CHラグランジュ(サントリー所有)が作るACボルドー白 こちらも4000円

画像 650.jpg
いきなり最後に飛びます、
ゾンネンウーア リースリング アウスレーゼ 1989 アットパウリ
蔵元の最後の在庫!まんま石油の香り 5000円

画像 649.jpg 
ビストロわいんやさん特製のキッシュ、タマネギの甘みが凝縮してます。
いつもの牡蠣のがんがん蒸しは今月が最後でしょうか?

あと、奥さんが日本人だと言う、南アフリカの赤もありました。

最初の泡はドイツのスパークリング ゼクト。ドイツで乾杯は初めてかな?
PONOTさんで、24日ドイツワインの会があります。

今回の特集あんまりツボじゃなかったな(笑)
思いっきり日本のワインの方が嬉しかったなぁ。
先月のビオが結構新鮮な驚きだったからかな?人それぞれですから。

■PINOT ピノ
■札幌市中央区南6条西3丁目 第二すすきのビル2階
■011−532−2021
■7時から夜遅く→朝早くまで
http://pinot-marche.jugem.jp/

人気ブログランキング参加中←応援クリックよろしくお願いします。

posted by ちぃさま at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

PG

“ちぃさま”御用達のPINOTさん。普段使いの巻。さっそく自然派の探求です。
thierrypuzelatvouvraypetill.gif
Vouvray Petillant Naturel ヴーヴレ・ペティアン・ナチュレ2004
ニコラ・ルナールが去ったルメール・フルニエに残った最後のワインを
ティエリー・ピュトウ(名前間違ってるかも)が引き取って仕上げたとか・・・

ガス圧が少なく、シュナンブランのドライでミネラリーな味わいがダイレクトに!
ナチュレって言うくらいだから自然派ですね、好きです!
ビオはいいぞぉ〜

画像 568.jpg
PG de table  素っ気ないネーミングですが、PGはピノグリちゃんです。
ジェラール・シュレールのこれも自然派で、PGを超えたPGなのです(笑)
すご〜くコクがあって、これも好きです!タマネギみたいな色ですねぇ〜

画像 567.jpg
トリッパのトマトソースとアンチョビトーストで。

画像 566.jpg
唐突ですが田中康夫チャンです。
もうPGのラベルを見た瞬間からです。だってPG日記と言えば田中氏の代名詞。
実は私、氏の影響を随分受けてました、と言うか本でどうでもいいことばかり
覚えたなぁ(笑)
「バエレンタル(ひらまつ)には行きたいと思わない」と言っているのは、
影響の最もたるものかかも知れません。ミクニも食指が動きませんし。

そんなことを話していてもしょうがないので。
PG日記では華麗な晩餐のワインもビンテージ付きで記されています。
巻末には日記のワインリスト(五十音順だけど)もあり、例えば96年では、
ラ・トュール’83が3回登場しています。ふ〜ん酒池肉林とは正に。

人気ブログランキング参加中←応援クリックよろしくお願いします
posted by ちぃさま at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

08年2月わいんのがっこう

月に一度の“わいんのがっこう” ワイン会というより“話飲会”ですが・・・
今月も“ごっしぃ”さんのリストをお借りして多少改ざんしました。

【スパークリング】
1、MOUSSAILLON GRIOTTES
ロワール地方アンジュ。シュナン・ブラン100%。
「MOUSSAILLON」は「見習いの水兵さん魚」の意。
う〜ん飲み慣れないけど元気いい感じ。
画像1 968.jpg

【白ワイン】
2、SANCERE 2001 L`ESPRIT DE RUDOLF VINCENT GAUDRY
  ロワール地方サンセール。
   サンセールを代表する作り手の一人。と言うもののサンセールらしくない〜
  アフターは山わさびでした、私だけですが(笑)
画像 542.jpg

3、今回の目玉 SAVENNIERES 2002 NICOLAS JOLY
  ビオディナミワインの伝道師、カリスマ:ニコラ・ジョリー。
  24時間前に抜栓したもの。(ジョリーがそうしろと言っているらしい)
  【開けた直後は全然香りがしません、3〜4日置いても味わいが増す】・
  以上、校長先生からのコメント。
  シュナン・ブラン100% 
  今まで味わったことがない“本物のワイン”かも知れぬ。
画像1 962.jpg
4、MIENHEIMER ROSENBERG RIESLING 2004 
    FRANZ FABER MOSEL Q.b.A
  ローゼンベルク(バラの山)。 アルコール9%。  甘〜い

【赤ワイン】
5、FIXIN 2005 HERVE CHARLOPIN

6、FIXIN 2003 DENIS BERTHAUT
  2003年は猛暑のため、濃いワインが出来る。
  一部からは、「ブルゴーニュらしくない」とも・・・。 という程では・・・と思うけど(笑)
画像1 963.jpg
7、CHATEAUNEUF DU PAPE 2003 CLOS DES BRUSQUIERES
  パーカー92点。 グルナッシュ60%、シラー30%、ムールヴェードル10%。
   赤ではこれが好きでした、あっパーカーに踊らされたわけではありませぬから!
画像1 965.jpg
8、PAPE★STAR KUNIN
  シャートーヌフ・デュ・パプを目指したアメリカのワイン。
  グルナッシュ60%、ムールヴェードル20%、シラー20%。

【極甘ワイン】
9、MUSCAT DE RIVESALTES
    VIN DOUX NATUREL PUIG-PARAHY
  スペインよりのフランス、ラングドック・ルーション地方。
  発酵途中でアルコール添加。糖分が残る。

画像1 964.jpg
お料理の写真は1枚だけ。豚のタン・ミミガー・頭が凝縮したパテ。
“ちぃさま的”には珍しいアングル、新境地を開いたようで一人ご満悦だったりします。

■PINOT ピノ
■札幌市中央区南6条西3丁目 第二すすきのビル2階
■011−532−2021
■7時から夜遅く→朝早くまで
http://pinot-marche.jugem.jp/

今回、1、2、3 はビオでした。
ビオと言うと花が発酵したような、ブフォーとしたビオ臭や、
“すっかい”ような“ひねた”ような味わいで、なんでわざわざ不味くするのか・・・と。

それがですね、ビオだと翌日への持ち越しがほとんどないんです。
ビオシャンパーニュの時も快適でした、甘口が大多かったにもかかわらず。

それは【畑から化学物質を排除し、土壌の活力を最大限に発揮させる】
ビオディナミ(生力学農法)で作らたワインだからなのかな?酸化防止剤の差か?
さすがジョリーは、なんかわかんないけど美味しかったんです(笑)
かと言って最近氾濫する「ビオワイン」の文字に惑わされないように学ぼうっと。

私は節酒宣言したのですから、量を飲まない分、食べ物もそうなんだけど、
口に入れるものは自分でもっと“責任編集”しなくっちゃ。
と言うわけで、今後はビオに注目!と、自然派にちょっと転向したのでありました。

人気ブログランキングへ←応援クリックよろしくお願いします
posted by ちぃさま at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

PINOTで

というわけで南下してPINOTへ、PINOTブログ 見てますよぉ。
画像1 940.jpg画像1 942.jpg

“わいんのがっこう”でもおなじみのメニューですが、違いがわかるでしょうか?
↓          ↓          ↓          ↓          ↓
ミニサイズなんです。牡蠣のガンガン蒸しは「小盛り」で、
白カビと青カビのピザは「ハーフサイブ」で作ってもらいました。
チーズ好きにオススメ!うぉおN.Uです←なまら旨いの意味(爆
画像1 941.jpg
豚の頭か軟骨?のパテと、鶏とチーズとゴマのテリーヌもちょっとづつに
してもらいました。お一人様で行ってもフードも楽しめますよ。優しいお店です。
画像1 943.jpg
ワイン並べたところを撮ればよかった、一番安いのを記念撮影してしまったわ。
どんどん好きなワイン開けてもらって、グラスで楽しめますうよ〜ん。

画像1 944.jpg
さすがに身体がビタミンCを欲しています、食べながらブログ作成中(W)
posted by ちぃさま at 14:04| Comment(4) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

わいんのがっこう 08年1月

今年初めての“わいんのがっこう”です、habaさん今年もよろしくお願いします。
人数と共にワインも増え今回も11本!となると順番と中身がわからなくなったり、
後でリストを見ながら【アタシ、○番飲んでない!病】が慢性化しつつあります(笑)
本当に贅沢な悩みです。ワインリストはAyu嬢のご協力です。

【スパークリング】
1、GREEN POINT ROSE BRUT 2004
 (シャンパーニュ、モエ・エ・シャンドンがオーストアリアで作るロゼ)

【白ワイン】
2、MONTHELIE ANTOINE CHATELET 2003
 (ブルゴーニュ地方、ムルソー村の西隣)
画像1 873.jpg
3、BOURGOGNE BLANC LEROY 1997

4、CH CARBONNIUEX 2001
(ボルドー ペサック・レオニャン地区。15あるグラーヴのグランクリュクラッセの1つ)
↑今回の【アタシ、飲んでない病】がコレなんです。もう序盤でボケてる(汗

【ロゼワイン】
5、Les Hauts de Poupille NV
(カベルネフラン100%)
画像1 874.jpg
↑パテ・トリッパの煮込み・ピクルス

【赤ワイン】
6、SAVIGNY-LES-BEAUNE 2005
VIEILLES VIGNES DOMAINE du Prieure
(日本初上陸のドメーヌ、設立は18世紀)

7、BOURGOGNE HAUTES COTES DE NUITS 2001
MICHEL GROS
画像1 875.jpg
8、BARON DE REYSSON 2005 HAUT-MEDOC
 (CH REYSSON のセカンド。メルロー60%、カベルネソーヴィニヨン40%)
画像1 877.jpg
↑ピザはブルーチーズ入り

9、TRIENNNES LES AURELIENS 2004
 (ブルゴーニュのロマネ・コンティとデジャックが共同で作る南仏ワイン)
 (カベルネソーヴィニヨン50%、シラー50%)
画像1 880.jpg
10、CH POUPILLE 2002 COTES DE CASTILLON
 (‘ペトリュスとブラインドテイスティングで最後まで残った‘で有名)
 (メルロー80%、カベルネ・フラン20%)
画像1 878.jpg
【極甘ワイン】
11、CH DE SEGUR
 (ソーテルヌ CHブルーステのセカンド)
 (セミヨン63%、ソーヴィニヨン・ブラン25%、ミュスカデ12%)
画像1 881.jpg

■PINOT ピノ
■札幌市中央区南6条西3丁目 第二すすきのビル2階
■011−532−2021
■7時から夜遅く→朝早くまで
http://pinot-marche.jugem.jp/

人気ブログランキングへ←応援クリックよろしくお願いします。
posted by ちぃさま at 08:02| Comment(2) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

わいんのがっこう11月

毎月楽しみなPINOTさんのワイン会は大盛況でした。  Special Thanks Ayu
【スパークリング】
1、VERVE CLICQUOT (イエローラベル マグナム

【白ワイン】
2、BUTTERFLY RIESLING
3、MACON PIERRECLOS ‘EN CRAZY’
  DOMAINE GUFFENS-HEYNEN 2005
4、鳥居平甲州 2002
画像1 714.jpg画像1 708.jpg
左のリースリングと玉ねぎとベーコンのキッシュとのマリアージュが良かったです目がハート

友達のコメントその@「リースリングの石油っぽい香りが、玉ねぎとベーコンの香りで
優しくなり美味しさ倍増〜」

“ちぃさま”は何も考えず先に飲んでしまって、タイミングがずれました〜〜

【赤ワイン】
5、北ワイン ピノノワール 北海道限定
  (北海道の千歳にある、グレイスワイナリー)
画像1 709.jpg

6、SAVIGNY-LES-BEAUNE 2001 VIEILLES VIGNES
  DOMAINE CACHAT-OCQUIDANT
画像1 716.jpg

7、NOEL LEPRINCE 2004 CAHORS
画像1 717.jpg

8、VIGNETI ZABU 2004 NERO D`AVOLA MERLOT
9、DIEGO DEALMAGRO GRAN RESERVA 1999 VALDEPENAS
10、CASALE VECCHIO FARNESE 2006
   MONTEPULCIANO D`ABRUZZO

【極甘ワイン】
11、SEIGNEURS DE MONBAZILAC 2005 MONBAZILLAC

私が好きだったのは・・・。 9&10あたりの、しっかりした赤かなぁわーい(嬉しい顔)
↑友達のコメントその2  
“ちぃさま”は6あたりかな〜もっと白が多いと良かったなぁ、できればミネラリー(笑)

牡蠣は毎週でも飽きません         右は道産 NEEDさんのチーズ
画像1 706.jpg画像1 712.jpg

白カビサラミのピザ             甘エビのブルスケッタ、ディルとライムで
画像1 713.jpg画像1 715.jpg
それにしてもワイン11本って!
■PINOT ピノ
■札幌市中央区南6条西3丁目 第二すすきのビル2階
■011−532−2021
■7時から夜遅く→朝早くまで
http://pinot-marche.jugem.jp/

banner_04.gifクリックいただけると嬉しいです、よろしくお願いします。


posted by ちぃさま at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

わいんのがっこう 11月20日

画像1 581.jpg恒例わいんのがっこう 「PINOT」さんにて 
12名メンバー全員集合!ワインも10本!!
ワインリスト 壮観です。
くしゃくしゃになる前に、なんで写真撮らないんだろう?(泣
■PINOT ピノ
■札幌市中央区南6条西3丁目 第二すすきのビル2階
■011−532−2021
■7時から夜遅く→朝早くまで
http://pinot-marche.jugem.jp/

画像1 585.jpgモエ・ネクター
モエ・エ・シャンドンの新しいアイテム 
今年7月に日本上陸って、初めて飲みました。
名前も知らなかったもん。
ネクターってジュースの名前みたいだし
(不二家のネクター思い出したんです)

すごくフルーティで、すごく素敵です。
ドゥミ・セック







牡蠣だぁ〜広島で食べなくて良かったぁ〜牡蠣といえばサンセールです。
アンリ・ブルジョア2005 地域を代表する生産者だとか。これは最高の組み合わせです!
画像1 591.jpg画像1 586.jpg
ワイン会でなくても牡蠣はピノさんで食べれます、是非このワインと共に。

画像1 587.jpg画像1 588.jpg
玉ねぎ料理と共に出てきた ピノグリージョのワインは玉ねぎの皮の色?
同じ値段のサンセールの方が断然好みだったりしますが(笑)
右の手作りソーセージのジューシーなこと!ピチューって感じ、付け合せはポテト。

画像1 589.jpg画像1 590.jpg
終了後も居座り続けて飲んだエビス
鯛2匹の縁起ものです。

10種類もあると、私7番飲んでない〜とか訳わからなくなってきまして・・・
泡1、白3、赤5、極甘1 だったのですが、ゆったり味わって飲めればいいのだけど。

img_0176.jpg
でも、MARC TEMPE GEWURTZTRAMINER GRAND CRU MANBOURG 2000
マルク・テンペ・ゲヴェルツトラミネール・グランクリュ・マンブール 2000
これだけは忘れません!どんな味わいかって?語るのは無粋です(忘れたから)
posted by ちぃさま at 22:27| Comment(2) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

わいんのがっこう in PINOT

今月から がっこうは PINOTさんです。
■札幌市中央区南6条西3丁目 第二すすきのビル2階 元ぶどうやだった場所。
がっこうも 前のぶどうや→わいんや(wine Bar)→わいんや(ビストロ)→PINOTと
戻ってきました。

画像 453.jpg
左:グリーンポイント(豪スパークリング) 中央:原茂甲州シュール・リー 
最近店主の好みで日本ワイン(それも初めて聞くもの、限定品ばかり)
ラベルが素敵です、結構好みでした、下のお料理のサツマイモに合うんです。
右は世界で最も健康なワイン?理由は割愛。

画像 455.jpg
品種は店名にもなっているピノで、どちらも2005 同価格 
ブルゴーニュとアメリカ産でハッキリ好みが分かれると言うよりジャッジは 8−0  

画像 454.jpg

画像 457.jpg

画像 456.jpg
イタリアのカベルネ&メルロー がっこうの雰囲気もちょっとわかるでしょうか?

画像 459.jpg
最後は凍らなかったアイスワイン?糖度はワイスワインに近くて値段は半分以下。
なので後ろ姿だけ!稲葉なんだもん〜うっ日本シリーズのチケット買えない(泣

画像 458.jpg
お友達も一緒だったので、いつにも増してご機嫌な“ちぃさま”でした。
ピノさん、
ブログの更新凄いです。ブログと言うより実況中継状態(笑)も。
大きな本棚があってワインの本がぎっしりです!ピアノもありライブも楽しめます。
毎週金曜日は結構なワインがグラスで楽しめちゃいます。
画像 463.jpg

ラベル:ピノ PINOT
posted by ちぃさま at 00:46| Comment(4) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

わいんのがっこう 9月

9月25日、南6西3 第一すすきのビル2階に 「PINOT」さんがオープンします。
“ビストロわいんや”さんでの、最後の“わいんのがっこう”
今日のテーマはピノノワール(赤)
? 317.jpg
泡も白もちゃんとあります。特に泡はLUDIWIG HAHN GUY BOSSARD 
ミュスカデACの生産者による下手なシャンパン顔負けの逸品、
フォル・ブランシュ45%って初めてきいた品種ですが・・・。

? 310.jpg
ブルゴーニュ2005 プシャール・ペール・エ・フィス
ブルゴーニュ1999 ピエール・ゲラン
ピエール・フリック2003 ピノノワールアルザス(ビオデナミ
デルタヴィンヤード2005 ピノノワール マルボロ(ニュージーランド)

うれしいですね、自分で悩まなくても、美味しいワインがいただけるのですから。
但し今回はあまりワインの味を覚えていなかったりします(内輪の話)

? 311.jpg? 312.jpg
本日のスペシャルはコレ!
チキンの中にはピラフ!ボリュームたっぷり、ピラフの硬さが妙にいい。

posted by ちぃさま at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

わいんのがっこう 2007年8月

わいんやさん恒例の会 今回のテーマは“アルザス的”参加者のリスエストです。
結構一声でリクエストがとおったりします、過去の例でミネラリーとか(笑) 
“ちぃさま”もミネラリーが好きです。
? 194.jpg
詳しくは右のリンク集“ビストロわいんや”クリックを!
下のクンフーガールのことも出てますね。
ランキングやってないですけど、気がついたら“ポチっ”と寄ってあげて下さいね。





本日のワイン 抜粋


? 186.jpg
アルザス・ドメーヌ・マルセル・ダイス2004 アルザスNO.1の生産者
ラベルに品種が書いていない時はブレンドしているって。
これはピノブラン・リースリング・ゲヴェルツが70% ピノノワール・ピノグリ・ミュスカ・シルヴァネールが30%って、濃いなんてもんじゃなくて、ひと瓶で3本分みないな凝縮感。病み付きになったら困るなぁって感じです。




? 185.jpg
クンフーガール リースリング2004 ワシントン州
一度見たら忘れられません。名前良し・ラベル良し・味良し!クンフーガールが何故アメリカなのか?それは・・・フフ。余談ですが、伝説のクンフースター:ブルース・リーは、確かワシントン大学で哲学を専攻していたと記憶あり。






? 192.jpg甲州 樽熟成 1989年白百合醸造 限定2400本。
白百合(なんだかソソられます)とか限定に弱いなぁ〜
1989年!よくありましたねぇ・・・香りの変化にドキ!ワインは複雑ですね。


? 191.jpg? 189.jpg
本日のお料理 右はグルジェール(チーズ入りシュー生地というような)

              
? 188.jpg
おなじみトリッパ。ローストはカリッと中はジューシー、ジャガイモもホクホク甘い。

         
? 193.jpg
サンマ香草パン粉焼きラタテューユなんて感じかしら?旨い!
              

posted by ちぃさま at 01:03| Comment(2) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

わいんや 7月がっこう

わいんやさんでの恒例の“わいんのがっこう”本日のテーマは1+1=3
? 048.jpg? 050.jpg







二人の造り手が共同して作ったから1+1=3
夏向きのカヴァはフルーティーで泡が力強い感じ。

? 053.jpg? 051.jpg
手前右は鹿のカルパッチョ=とろけるような柔らかいお肉でした。
わいんや風焼き鳥、真ん中はレバーです!ひと切れごとに違うソースで楽しめます。

? 049.jpg? 052.jpg? 056.jpg

黒ハート結婚おめでとう!ワイン会からカップル誕生です揺れるハート正に1+1=3ハートたち(複数ハート)
ローソクも1+1=3本です(笑)、酸味がまろやかなレアチーズのシェフ特性のケーキは幸せも美味しさもいっぱい。
? 055.jpg? 057.jpg? 058.jpg

? 054.jpg? 059.jpgワインは、夏らしいスペインの白や、南仏クルーレット種のビオ栽培、シラー(苦手なはず)も美味しかった。
“誘惑”(TENTATION)という名のワインは写真撮り忘れたぁ〜写真
わいんやさんのブログでどうぞ。
右のパヌール ヴィオニエ レイトハーヴェストはチリの遅摘みの甘口、品種はヴィオニエで超お買い得です。
翌日さっそく買いに行って、うれしくて某所で取り出して撮影してしまいました
ぴかぴか(新しい)
posted by ちぃさま at 00:25| Comment(5) | TrackBack(3) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

わいんや 6月わいんのがっこう

わいんや一周年フェア 7月2日〜6日 スペシャルワイン千円 料理も千円!。
こちらは久しぶりのワイン会です。
?1 406.jpg  ?1 403.jpg

いつも社長さんが用意してくれるコメントシート、3択値段を当てっこします。

?1 393.jpg??1 397.jpg
お料理はとても美味しかったです。
?1 400.jpg?1 405.jpg

?1 394.jpg?1 395.jpg?1 396.jpg

  • クレマン・ド・ブルゴーニュは泡お細かく1800円ならお得
  • 甲州 勝沼醸造 武藤辰也2005 限定287本目の73番目 品種も甲州 2500円
  • ブーブレは大人気!シュナンブラン100% 2500円

  • ?1 401.jpg?1 399.jpg?1 402.jpg

    • 左下の自然派ワインは人気なく・・・グルナッシュ&シラー 2200円
    • 2001年 ラングドックの赤 某ホテルでは7500円だとか
    • アルザス・グランクリュ・リースリング 遅摘みなので甘く濃縮 納得の3500円 
    イタリアの赤は写真忘れました。

    ?1 404.jpg ?1 407.jpg
    メンバーのおめでたい揺れるハート発表があり、お祝いワインです黒ハート嬉しい報告でしたハートたち(複数ハート)

    ■ビストロわいんや 
    ■中央区北1条西2丁目 りんどうビル3階 

    続きはこちらをどうぞ
    ラベル:わいんや
    posted by ちぃさま at 23:54| Comment(4) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

    2007年05月12日

    ビストロ わいんや

    いつ行ってもいいお店ですバービストロわいんや

    ?1 329.jpg?1 330.jpg
    パテ・ド・カンパーニュと本日のキッシュは百合根。美味しいです(月並みですか)

    ?1 331.jpg?1 332.jpg    
     仔羊のスーパーロールキャベツ!→取り分けてもらってこのボリューム!
    中の黒いのはオリーブ、結構スパイシー、付け合せもお汁も最後まで楽しめます。

    ?1 334.jpg?1 335.jpg

    デザートは気になっていたアメリ(クリームブリュレ)、 グレープフルーツプディング
    期間限定につき、もうないかも・・・すみません。

    ?1 336.jpg左がオーストラリアのシャルドネで結構樽かかってましたぁ。右がイタリアのなんでしたっけ・・・?
    “ちぃさま”とお友達は控え目がお好きなの。


     





    ■ビストロわいんや 
    ■札幌市中央区北1条西2丁目りんどうビル3階 
    ■電話011−598−1111   
    ■日曜休。

    posted by ちぃさま at 03:00| Comment(4) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

    2007年04月29日

    ビストロわいんや ワインと友達になる会

    札幌市中央区北1条西2丁目 りんどうビル3階 ビストロわいんや 
    店長さんの「ワインと友達になる会」5回シリーズ最終回、
    「料理との合わせ方」会食に参
    加しました(最終回の会食だけ参加)

     ?2 342.jpg
    前菜 ニシンのマリネ クスクスのサラダ ニシンはクセがなく美味しい〜


    ?2 340.jpg

    サクラマスのポアレ筍添え シマエシャロットや筍の皮!のフリットも 

    ?2 341.jpg

    留寿都の大麦豚塩漬けバラ肉にパン粉をまぶしたもの、レンズ豆と温野菜

    ?2 344.jpg

    ミルフィーユ、イチゴのソルベ。緑は抹茶、下にもイチゴちゃんがいます。

    ?2 345.jpg?2 343.jpg









    泡とデザートワイン(赤バニラス)は撮り忘れてしまいました。
    ロゼワインSakuraはマスとベストマッチ。魚と色とロゼを合わせたのがポント。
    春の訪れは食からですね?旬の美味しい料理と会話を多いに味わいました。
     
    posted by ちぃさま at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする

    2007年03月14日

    ビストロわいんや わいんのがっこう

    “ビストロわいんや”さんでの“わいんのがっこう”

    ?1 209.jpg?1 212.jpg
    サーモン・ひらめ・ホタテムースのパイ包み〜アメリケーヌソーヌ 右はカキフライ。
     先週のフォアグラ・鴨も美味しかったけど、魚貝系が好みです。


    ?1 208.jpg?1 204.jpg?1 205.jpg?1 206.jpg
     ?1 207.jpg春らしくロゼが登場です。 クレマン・ド・ブルゴーニュ・ルイ・ピカメロ





     オー・メドック・ド・ジスクール1996 人気のヴィンテージ 円ドラで2180円!
    参加者の一人が今日買占めしたことでしょう。
     

     
    posted by ちぃさま at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする