2018年02月16日

羽織りもの・被りもの・巻き物

​本当はお正月も旭川に帰るより、自宅でソーイングに励みたかったワタクシ…仕事、旅、インフル等々で制作がおぼつかず、2018年まだ一作もできていません。生地とソーイング雑誌だけ増え続ける。

さてさて、作秋からアウター(上着)にもチャレンジしてみました。

E53B37D3-6B6E-4EAA-91B1-E29DD2BCAB94.jpg

コーデガンってやつですかね。生地の分量が多いものの羽織るだけでボタン無し。耳を利用して見返しも何も無しなので至極簡単。フード付きのはフーデガン。スカーチョ、スカンツ・・・ニホンゴって難しい。

99003FC7-0A0E-48FB-8FDB-1AC1335A1A92.jpg

NHKテキストで作りました。一枚の生地の真ん中に穴開けて首出すポンチョ仕様。作ったのが遅くて一週間くらいしか着れなかったけど。

91F06638-0501-4D39-98A8-0DF94265EB38.jpg

このタックというかダーツ(三角穴)が秀逸です。裏からつまんでいるだけですが独立した身頃と袖に見えますし、後ろはラグラン袖に見えるような切り替えライン。う〜むソーイングとは数学なのか・・・

995D45DA-3E9A-4312-B044-DC524C948B8E.jpg


余った生地でキャンディマフラーを作りました。

75E62D2E-5B00-4119-B4B2-C10821EA02A2.jpg

マフラーと言えば今風のスヌード。超簡単です。メビウスの輪に作ったものを二重巻きしています。

C1EA10D3-84BE-414F-86D2-001DD934E082.jpg

​巻物もう一つ。バーゲンのイタリアデザインの麻100%とにかく柄が気に入りました。製作費ケチったので接ぎ目があります。

41DCE585-7A46-4DD5-B9DB-60C6C81CB235.jpg

​今冬の新作。お正月に実家に来て行ったら“ちぃママ”が気にいったようなので、ワタクシにはちょっとサイズゆるかったし気前よくあげました。

どうしてもっと早くソーイングをやらなかったのかと後悔しきりなワタクシ…理由はヴィジュアル。

体型はあまり変わっていないものの、ザックリ言うと顔のフケ感ですね。他のDIY、すなわち梅干しやテレビ台作りは作品と自分のヴィジュアルは関係ないけど、ソーイングは無視することはできないですから。そう考えると残された時間は少ないと焦る。

今後の課題は製図(型紙を自分でつくる事)。ずっと付録の型紙を書き写して多少アレンジしているのだけど、自分で製図できるようになりたいです。









posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

スコーン忘備録

​“ちぃさま”とスコーン

先日久しぶりにスコーンを作ったのを機にブログアップしたものから写真を拾ってみました。(順不同)よくぞこんなに作ったものです。

B8AA0EAD-0E02-4CE8-86D9-431F2470677E.png

​毎回いろんなレシピを参考にしながらも、ワタクシがレシピどおりに作るわけなどなく、何がしかの仕掛けをしています。生地にオカラ、米粉を混ぜたり。米糠入りは失敗というか向きません。

2310242E-C8DD-46C6-847C-F056DD00BC7C.png

​具として混ぜ込んだものは、クルミ等ナッツ類、たまねぎ、人参、さつまいも、レーズン、バナナ、ゴマ、ブルーチーズ。

D49015C8-B986-4CAB-B776-029E9BEAFF95.png

​バターの代わりにオリーブオイルを入れたり、ベーキングパウダーの代わりにイーストを入れたり(右上)

CB51B28F-114A-4B87-9D1C-AA6840E0D25A.png

​こちらも三角のはイースト入り。右上は酒粕入りの生地。

​さて、今回久しぶりに作ってみました。

6D23C067-05E8-4D83-A00B-CE467D548276.png

オーブンに入れる前。渦巻きのは切れ端を丸めたものです。ミックスレーズン入り。

8E84FC7C-ED21-40C9-BD42-D9386A8E8224.jpg

 ​う〜む。膨らみが全然足りません。冷めたら一層重い感じでがっかり。今回活用したレシピを確認しながら失敗の原因を検証してみます。ちなみに焼きはオーブン200度で20分。レーズンは90グラム。

F1717A26-77A3-43E4-B9E5-8F395E2AC1D1.jpg

​考えつく反省点

@粉を20グラムほど多くいれてしまった。その分水分少なく生地が固め?

Aレーズンが甘いので砂糖の分量は1/3にした。砂糖が少ないと膨らまない?

Bレーズンの油分が邪魔になった?

Cベーキングパウダーが足りない?

D生地を切っては重ね切ってはいけ重ねして層を作る作業を怠った?

Eそれとも強力粉の割合が多すぎた?

Fバターは冷凍庫も活用しながら溶けないように作ったけど、その他製造過程の問題か?

今回は何故か諦めが悪く、反省会のあとは直ちに薄力粉のみでリベンジ。

174EA83E-3E56-4916-A1A0-A0634F7A591C.jpg

​やはりレシピどおりにはできないワタクシ…バターは42.5g、砂糖はきび砂糖を15gに減らしてしまいました(大さじ1強)

間違って牛乳が100gなのを150CC入れてしまいました。途中で止めたものの、135くらい入りましたかね。生地がゆるくて生成できず打ち粉で補強たな感じで、少しでも水分吸収してくれないかと残っていたレーズン30g入れて焼いてみました。

1BDFF8BE-268E-45C4-AC5F-A74F3B731E3A.jpg

​ぎゃー❗️まったく同じことになってしまったさすがに食感は軽いけど柔すぎたか?期待した膨らみはありません。

焼き時間が1分半少ないので、食べる時にトースターで温め直すとちょうどいい。もう当分スコーン作りません。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

ソーイングあれこれ

​あれこれと言うよりライフワークど真ん中のソーイング。

“ちぃさま”クローゼット特別公開。

F03AAB0D-7101-44B5-A06D-AEAE9214BE52.jpg

​昨年4月からソーイング始めて今年のGWまでの21着。“ちぃママ”にあげたり着なくなったものが4着あるので、1年で合計25作品❗️

見事に好きな色だけですなぁ。モノトーン、水色〜青〜紺、ピンク〜パープル。冬服が品薄状態だけどスカート4着、ワンピース1着、他はチュニックというか、プルオーバーというか上っ張り。

ワタクシ困ったことに【自分で作った服しか着たくない病】に罹ってしまいました、それもかなりの重度の。但しパンツ類は作らず、スカートは手持ちの物も活用します。

58F5685E-1EEF-4C44-8DDE-2A62B0C9E036.jpg

​製作待ちの生地の備蓄がこんなにあるんです。作る物を決めて買うより、バーゲン( ワゴンセール)で安くなっているものをとりあえずって感じなので減りません、ソーイングを決心した時に買ったものも残っています、しかも柄物ばかり。今後は買い控えます。一番上の3袋が最優先で夏用に作る予定のものです。

D6A14EA5-8324-4BB9-80AC-A6F9C167423A.jpg

とにかくソーイングは時間がかかるので、今年になってから作製方法を変えました。縫線(ミシンをかける線 )無し、しつけ縫無し。マチ針で留めてミシンの盤のガイドラインに合わせて縫うだけ。これで相当時間短縮できました。

以前は縫線をチャコペーパーでつけていたけど、それが結構曲がったりズレてることが多く. . . .しつけ糸で縫って後でほどいて. . . .大変な労力でした。今はガイドラインに注力するだけなので楽だし、その方が精度がグッと上がりました。しつけ縫は部分的にはしているけど縫線ではなく布を留める目的です。

6A7F89E9-9AD3-4A98-B6BB-598566966B99.jpg

​最新作特別公開。

自分で自分の服を作ることは実に楽しいです。春先からはもっぱら、フレア袖やギャザー袖、肩が落ちるドロップショルダーモード。着る服を自分でコントロールする意識が高くなりました。まぁ生地代と労力考えたら買う方が安いんでしょうけど、自分で作ることによって価格を超えた価値が生まれるのです。というか作るのが好きなんですね、木工にしても洋裁にしても。職人“ちぃさま”ってわけなんです。

A99A3AFF-3B1E-44DB-9E8F-5D557A931D45.jpg

増え続けるソーイング本。活用しているのはごく一部、見るのが楽しいんです。これを収納するための本棚を木工DIYで作りたいところです。型紙や裁縫道具の収納も課題です。

まだまだ道は始まったばかり。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

【No.1〜4 】


今年のワタクシのテーマ  ソーイング。忘備録

 【No.0】

IMG_7743.JPG

自分のポテンシャルを過小評価したばかりに、練習用に着たくもないデザイン、多分パッチワーク用なのか?安い生地で作ってしまったスモック。作品No.を付与することをワタクシ拒否します。

​これからの紹介では 【No.0】はなかったものとして扱います。

​ 【No.1】


697998C6-BCD1-4797-8440-D2BECF950956.jpg

スモックの反動からか?一気に生地代は4倍、綿ローン生地。襟も付けちゃいました。どんな生地で作っても労力は同じなので気に入った生地で作りたいものです。

image1.JPG

​この型紙で作りました。市販と言ってもそのまま使えるわけではなく、コレは縫い代込みなので、縫い線を付ける作業がありました。


image1.JPG

​何度も何度も説明書見ながらなんとかできました。丁寧な解説があればなんだってできる自信はあります。

​ 【No.2】

image3.JPG

​順番では4作目なんですが分類上、類似のものを続けます。 【No.1】の型紙のアレンジでスタンドカラーバージョン。同じ型紙で作るのでラクでした。袖と見頃が繋がっているので初心者向けですね。

​ 【No.3】

image1.JPG

​前をリボンで結ぶデザイン。3月にカナリアワゴンで1280円の生地だけど、元値は高そうで気に入ってます。化繊で色も質感も秋用なので着用はこれから。


image7.JPG

​こちらの型紙なんですが、早くもアレンジ開始。ゴムを袖口につけないで裾につけました。

​ 【No.4】

2C405DFF-691E-433A-A01E-DB75B9E3B011.jpg

​この部分的に透け透けな生地が気に入ったものの、出来上がるとおばさん風だったので、数回着用後にボタンを付けて“ちぃママ”に野菜のお礼に送りました。

​何かにつけて親孝行を強調する恩着せがましいワタクシ…“ちぃママ”からのお礼の連絡がないので、届いた?と督促の電話をしました。玄関見たら届いていたというので、受話器(スマホだけど)を握ったまま、開けてみて開けてみて!と強制するワタクシ。

あらぁ〜こういうのが一番欲しかったの〜お腹もお尻も隠せるしぃ〜“ちぃママ”それはそれは喜んでおりました。もっともこの場面で喜ぶ以外の選択肢は残されていないですが。

ソレ作ってあげたんだから〜どこまでも恩着せがましいワタクシ。

image4.JPG

​NHKテキスト 【すてきにハンドメイド】4月号より。テキストでは首回りは共布バイアス処理ですが、ワタクシ見返しを付けました。

​ 【No.1〜3】の型紙は1000円もします。1着ごとに千円の型紙なんて無理だし、市販の型紙の種類は限られているので、ソーイング本や雑誌を買いました。

だからと言って作ったのは、すぐ着られることを優先して簡単なものです。続きは次回に。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

モード系への道


姫路旅行から帰って来てから、宣言どおりモード系を始動しました。

IMG_7725.JPG

​いろいろ迷いましたが、買ったミシンはJUKIのドレスメイクエクシード400

image1.JPG

​家庭用ミシンとしては大きく重さは10キロもあります。

image2.JPG

​何も作るもの決めていないのに、3月のカナリアのバーゲンで生地だけいろいろ買ってしまった。

image4.JPG

​裁断用にと特大のカッターマットを購入。

image3.JPG

本やソーイング雑誌をいろいろ買って眺めるばかりで、とにかく一作目を!ということで型紙を買うことに。買った生地が作品見本と似ていて簡単そうなので。生地は格安なものの、型紙・チャコペーパー・糸・ルレットだけで軽く2千円。

image2.JPG

​とにかく道具にお金かかります。型紙を押さえる専用重石なんて買いません!缶詰と五百円玉をラップで包んだもので代用しました。

image3.JPG

​とにかく面倒、手間がかかります。縫う前に裁断と印付け作業が大変です。

image5.JPG

​型紙に付いてる説明書を頼りに作業開始。前身頃・後身頃・袖・ヨークを縫い合わせるのですが・・・

image8.JPG

首のところは切込みを入れるのが常識らしい。

94099140-B060-4305-9A63-8573CD3066D4.jpg

​附属品のテーブルを付けるとぐんと使いやすいです。ミシンテーブルの天板は90センチですから大きさがわかると思います。

image6.JPG

​ギャザー寄せて縫い合わせて返してこんな感じ。

image7.JPG

​まるでスモックですね。お子さまが着たらかわいいんだろうけど、ワタクシたと割烹着ですわ。それにしても気に食わない。

スモックが好きでないし、黄色のぽわ〜とした模様も好きでないけど、なんと言っても生地の質。最初は失敗するだろうと練習用に1メートル390円の安い生地を買ってしまった。ガパガパでゴワゴワなのにヨレヨレでシワシワ。同じスモックでも、シャラシャラでトローンとした生地なら全然違っていたはずです。初めての木工でも観音開き扉のテレビ台だって作れたワタクシ・・・何故自分の器用さや情熱を信じないのか?自己評価の低さが失敗のすべての原因でした。

生地の種類も多くて訳わからんです。いろいろ覚えることが多くて大変そうだけど、ワタクシあきらめません!やっとモード系への道を歩み始めました。ほろ苦い第一歩ではありましたけど。気に入らない〜!とむずがるワタクシをなだめてくれた友人や同僚の言葉はありがたい。

posted by ちぃさま at 17:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

ミシン台とスツール

​楽しい楽しいDIY。しかしこれ以上家具増やしたくないので、今年のDIYは木工ではなくモード系と決めて昨年から宣言していました。ミシンを買うことにしたのでミシン台とスツールを作ってみました。

 【スツール】

image6.JPG

​土台はこんな感じ。

image3.JPG

​座布団一体型のスツールをつくります。使わないひざ掛けを追って重ねて小びょうを打ちます。

image4.JPG

​17年前にベトナムで買った生地をくるんで留めます。

image5.JPG

​土台に乗せて、中心部の板の裏からビス打って完成。座布団一体型は難しい、ちょっといびつな仕上がりです。


 【ミシン台】

image1.JPG

​脚部分をボンドで接着。

image1.JPG

​テーブル部。以前テレビ台をソファテーブルに作りかえた時に買った天板。解体して再利用を待っていたものです。

image2.JPG

​テーブルの棚部分。

image1.JPG

​製作過程を写真で記録しようと思ったのに、作業が始まると没頭するワタクシ…いきなり完成です。邪道で直角もズレているけど、テーブルも簡単に作れてしまうんですね。

ちょっとテーブルの高さが高すぎました。何回もシミュレーションしたはずなのに、足踏みミシンの感覚で台の高さ=針が刺さる高さと錯覚したワタクシ…古い人間だなぁと苦笑いですわ( 笑 )

スツールの脚の先が白いのは2センチの厚さの板を継ぎ足したものです。


image1.PNG

​実はミシンはもう届いています。多忙と体調不良と旅のため、モード系始動はこれからです。

D81BCADC-0B97-4F80-8951-57823D158A41.jpg

​設計図。不名誉なことに数学の成績の通知票が【2】のワタクシ…DIYの設計の時だけは緻密の計算を繰り広げます。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

DIYあれこれ

今年も早いもので12月になってしまいました。今年一番のマイブームのDIYを振り返ります。

image.jpeg

​DIY全盛期の玄関。まるで“土建屋ちぃさま”

image.jpeg

​ホームセンターでカットを頼む時の木取図。緻密な計算をして書いて持って行きます。

4A67389D-D667-4ADB-A401-19F0FF7DCE4D.jpg

​自分でノコギリでカットしてもキレイに切れます。な〜んて難しい。なかなかまっすぐに切れなかったり時間かかるので、あらかじめ設計して切ってもらうのがベター。

写真.JPG

​今回このサイドボードを処分しました。転んでもタダで起きないワタクシ…もちろん使える物は再利用しました。

image.jpeg

​引出しがキッチンストッカーに。サイドの木を斜めにカットするのが大変でした。後ろはレンジ台に取り付けた側板。横から丸見えだったもんで隠すのと同時に技もくわえました( この写真ではわかりません)

image.jpeg

​サイドボードの棚板はこんな感じで棚を作って衣服整理に活躍中。なかなかよろしい。

image.png

​赤線で囲んだラックは・・・

image.jpeg

​組み方変えてベニヤで仕切りと底板をつけました。なんて創造力!

image.jpeg

​さてこちらは10代の頃に買った3点セットの生き残り。最近出番が無いので、分別ゴミ箱として使おうかとリフォームしました。

image.jpeg

​美しく扉を付けたのですが、邪魔で冷蔵庫やガス台が開きません😱しかもシャビーな味わいを狙った塗装が残念すぎます~_~;

image.jpeg

​サニタリーコーナー?において使うことに。塗装も手直ししてユーズド感を出しました!

DIYは楽しいし、もっともっと技を覚えたいのですが、時間もスペースも限られるため小休止中です。今後、ソファとかは別として家具が欲しければ自分で作ることは確実です。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

“ちぃさまDIY祭り”


​いよいよDIY作品のお披露目会をしました。

写真.JPG

​椅子と絵以外はワタクシの手によるものです。テーブルは得意の脱着式ですが塗装は技あり。油性ニス+インスタントコーヒー+ブライワックス、初心者レベルでは最高峰の独創性?

3272EE3B-C05B-4AAA-B705-E9A0E8DB0A38.jpg

​テーブルは高さの関係で元の丸いテーブルに一旦戻してその上にハメるような感じで置きました。そのつもりで丸テーブルの幅に合わせて補強板を付けたのです。

image.jpeg

​これは以前の祭り仕様。どこの国ですかぁ?

image.jpeg

​ 【ヒラメのカルパッチョ】ゆず胡椒ドレッシング。

image.jpeg

​ 【カブと生ハムのサラダ】マスタードと蜂蜜ドレッシング。

​上ふたつはオレンジページのレシピ。ラデッシュが入手できず赤パプリカで代用。いかに盛り付けに立体感を出すかが最大のポイントです。


image.jpeg

​ 【ローストポーク】右に添えられたソースは、バルサミコ酢と自家製あんず&梅ジャムを煮詰めたもの。

image.jpeg

​肩ロース肉にローズマリー・ニンニクを差し込み、ベイリーフと共に一晩置きます。塩麹を使うと焼いても肉が固くならない。

image.jpeg

​泡・日本酒・赤ワイン。合間には手作りの味噌や三升漬けを使ったおつまみを。ついでに自家製梅酒も登場。


image.jpeg

パスタの調味料は三升漬けだけ、まぁ和風パスタですな。三升漬けとは醤油・麹・青唐辛子を混ぜて発酵させたもので、ワタクシは昆布も少量入れてます。豆腐にのせたり、刺身に乗せたり、いろんなものに合うので今年のマイブームになっています。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

DIYリビング

今やもう空前の女子DIYブーム(@_@)さて、テレビ台の完成で余ってしまったワインの木箱の活用法。

写真.JPG

​ワイン木箱のリメイクもネットに沢山あるけど、引き続き居間に置いてこの面を見せたい。

image.jpeg

​ということでローテーブルを作ります。

CA6B62B3-A417-40FE-9E84-E25E1BE66695.jpg

​テーブル・ベンチとしての利用ではないので強度は弱いです。

D6C0235B-47CC-48B9-AC84-CFA59DB05C71.jpg

​最初は木箱の四隅に支柱(脚)取り付けようかと思ったけど、“合体”せずに分離方式にしてピッタリサイズで作成。上にはいつも使うバッグや荷物を置いています。自分ではとても良いアイデアだと気にいっています。

image.jpeg

​こちらは多目的スツール。

image.jpeg

​木目がキレイに出ていないので2枚取替えました。職人気質のワタクシ…


image.jpeg

​ソファサイドテーブル。天板は肘掛けに乗る高さにしたので、座ったまま背中を浮かすことなくビールを飲んだりできます。

1CF573A5-65C4-48B0-9E3D-C71D4A9AF000.jpg

​テーブル。元々は丸いテーブルでした。脚はそのまま利用して天板はネジで脱着可能。木目や節が汚い~_~;木目にこだわるようになったのは最近ですから。

image.png

​実は電動ドリルドライバーを入手して最初に作ったのが雑誌棚です。部屋中に散乱していていた雑誌は悩みの種でした。

ソファ脇に置くと散らかることなく便利です。初期バージョンから2枚ほど板を足して平置きスペースは6段、上から3段目は女子DIY関係。下の縦置きは料理関係。

あまりに稚拙で強度は本の重みにいつまで耐えられるかってところ。壊れたらまたつくるさ。

083B0211-1E50-4E7A-8FFF-59A30B65B493.jpg

雑誌本棚は別デザインで他に二つ制作しました。入れる本に合わせて作れるのがDIYの醍醐味です。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

テレビ台完成


​チャレンジャー“ちぃさま”頑張ります。

2483A127-2363-4FE4-B35C-AFC7C07663D6.jpg

不断の決意で扉の取付にとりかかります。

丁番の付け方などさっぱりわかりません。本を真似しなければ無理でした。

写真.JPG

​扉の質感が部屋の印象を決めるだろうと予測し、SPFより割高ですが東急ハンズで幅14mmの杉材を買いました。

image.jpeg

箱のフレーム自体がキレイな四角でないので隙間がなかなか合わず、3回やり直しましてなんとかなりました。

C01FDD03-25C3-45D0-9B35-84AFF33143C2.jpg

​テレビを見る時に邪魔にならないように内側に折り曲がる観音開きです。扉がつけれたなんて!ちょっと感動。

次は下のCD収納箱。ベニヤで作ろうとサイズも決めたのに、貧乏根性で再利用を思いついた為に余計な苦労をするハメに~_~;

image.jpeg

​元々がプリント紙化粧繊維板のテレビ台、上の天板を取って処分するのですが、下の幅がピッタリなのでCD収納箱に活用。

今思えば解体せず作業台として使えば良かった~_~;

image.jpeg

​中が空洞で~_~;無理やり使えたのは底板のみ。それもこの通りハリボテなのでダンボールの破片を埋め込みました。

image.jpeg

​苦労の甲斐あってなんとか形になりました。

image.jpeg

​最後に取手をつけます。まさか最後の最後で100均はありえません、苦労が台無しです。3個で900円しました。

509A8A9D-8B28-46D8-8401-D554BD2264D4.jpg

​ついに完成!まるでタンスです。古いオーディオセットが上に乗っているのはカッコ良くないけど、“ちぃさま家”の居間の主役としてコーナーに鎮座しています。

ワタクシDIY作業を通じて【創意工夫・現状打開力・粘り強さ・集中力 】どれも仕事では発揮することのない?自分の能力を再認識しました。

おそらく能力云々よりも物作りに没頭することで、世俗にまみれている仕事のストレス解消になっているのでしょう。

 【注】得意になってあれこれ言っているけど、このテレビ台ならぬテレビタンスには重大な欠陥があります。テレビはBDレコーダー内蔵型で横からディスクを出し入れするから、いちいちテレビを前に引っ張り出さないとならない。放送当日にスカパー契約してポール・マッカトニーの武道館ライブを録画するまで全然気づかなかった。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

テレビ台リメイク


きっかけは今年4月にソファを買い替えたことでしょうか?DIYへの欲求が日に日に強くなり抑えられなくなりました。

2E02E460-2D81-4553-B86F-7E77F103A553.jpg

ワタクシ、電動ドリルドライバーを購入する事をDIY女子への決意表明としました。

写真.JPG

​まずこの横長のAVボードを縦型に改造します。

image.jpeg

​不用になったスピーカー台

image.jpeg

​玄関に置く椅子になりました。劇的ビフォーアフターで必ず出てくる、おばあちゃん用の玄関腰掛けみたいだけど、座って紐結ぶには低さがちょうどよいのです。

image.jpeg

​アンプを乗せていた台

image.jpeg

​素敵な?ソファサイドテーブルになりまして。撮影小道具はリトルミーのマグカップとポール・マッカトニー本。

こういう転用のアイデアはポンポン思いつきます。。考えることが楽しいのです。

image.jpeg

​やはり低すぎるので更に改造して今はベッド横のサイドテーブルで使用中。撮影小道具は目覚まし専用に使っている10年前に使っていた携帯とプリンセスマサコ本

さてさて改造にとりかかります。

425EF384-48FB-456F-8DA4-92FBFC23E963.jpg

​アイデアのヒントとなったのがDIY本に載っていたこちら。扉を付ける自信も決意もなかったけど、とりあえず箱形にしたいです。
image.jpeg

​両サイドと天板を先に作成して塗装します。

​木はあらかじめサイズを決めてホームセンターでカットしてもらっています。

image.jpeg

​土台のラックはテレビを置く板の高さを上げたので、棚の収納少し余裕ができました。幅がピッタリだったので支えと仕切りを兼ねて木を差し込んでます。

image.jpeg

​どうだ〜!グッと家具ぽく変わりました。大きな進歩ではありますけど、下の収納箱が小さくてバランス悪い。やはりテレビを隠す扉は付けたいところです。

どうする?“ちぃさま”
posted by ちぃさま at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

DIY以前


​​DIY女子宣言

​ワタクシ久々に新しい趣味ができました。今流行りのDIY女子になりました。ワタクシが学校教育を受けた時代は女子は 【家庭科 】男子は 【技術 】ですし、 工作系は苦手で苦手で~_~;なんにもできなかったので、その分野への進出はまったく考えていませんでした。そんなワタクシのDIY女子への道のりをふり返ります。

始まりは2年前、もったいない精神の不用品の再利用&プチ模様替えでした。

image.jpeg

​以前ベリーダンス用のお稽古用に買ったヒップスカーフ。結構高くて4千円以上はしたはず。古着屋に売ってもせいぜい百円か?

image.jpeg

​というわけで暖簾(のれん)にしました。ワタクシの身長に合わせて、通るたびにかすかに頭が触れてシャラシャラ音が鳴る高さにしています。

image.jpeg

​天井のライトを取替えました。元々は天井に白いお盆をかぶせたようなつまんない円形の蛍光灯でした。脱着可能らしきことを知りネットで買って取り取付ました。取り付けは簡単なようで難しく、はずすのも一苦労でしたし、頭上で左手ですべての重さを支えながら、右手でネジを差し込む作業は困難を極めました~_~;

LED電球は可動域は狭いけど向きを変えられます。左だけ白っぽいものにしたので2個ずつの点灯時には色味と雰囲気も変わります。おかげで天井だけは、デザイナーズマンションみたいだと自画自賛。

さて次からが当時のなんちゃってDIYです。

image.jpeg

​ブラウン管時代に買った奥行きのあるテレビ台を替えて再利用することにしました。

image.jpeg

​天板を取ってカゴ乗せ台にしたものの、これならあってもなくてもよいか?

image.jpeg
それで、ホームセンターで45センチバツ1️90センチの天板を買ってきてボンドで貼ってテーブルにしました。それまで使っていたテーブルは人にあげました。

写真.JPG

​新しいテレビ台は、手持ちのラック (底板が可動式)と、ワインの木箱をCD収納箱として使用することに。

うぅ、スピーカーの上にアンプがオン~_~;

image.jpeg

​スピーカー台とアンプ台を作り完成。すべてボンドで貼り合わせ塗装はワトコオイルで。塗るのが楽しくてもっといろいろ塗りたかったのだけど、まだDIY女子へ踏み出すことの決心がつかず、他にすることもたくさんあるので潔くここまでとしました。

というわけで“ちぃさま”DIYデビューは2年後まで待たなければなりませんが、こうして振り返ると、もったいない精神と転用のアイデア・諦めない努力は、この時から発揮していたんですねぇ。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

梅干し完成しました

始めての梅干し作り、なんの苦労もなく完成しました。

iphone/image-20130811135108.png

なんとも愛おしい梅干しちゃん〜美味しく食べてあげますからね。


iphone/image-20130811083411.png

@塩と梅をジップロックに入れる。

iphone/image-20130811083544.png

A水が上がってくる。梅酢と言うらしい。

iphone/image-20130811083609.png

B適当なところで(もみシソ)投入。赤紫蘇を塩揉みしたものなんだけど、今回は市販品を使いました。

iphone/image-20130811083630.png

C適当なところでベランダで干します。梅雨明けにやるこの作業を土用干しと言って、これが梅干しと呼ぶ所以( ゆえん)なのです。

これで完成です。失敗のしようがありません、北海道なので腐る心配は不要ですしね。ただし日程や日当たりの関係で今回の干しは弱いです。“梅干し先輩”の友人に確認したところでは「半生状態」だとか。もみ紫蘇も自分で作ると風味が全然違うらしいです。

できた梅干しは皮は固いし塩分多いけど、その塩だけのシンプルさとピュアさに深く感動します。玄米食のワタクシ、何故か無性に梅干しだけは白いご飯で食べたいです。


さてさて、今回いろいろ梅酒やら生姜酒を作ったワタクシ。

image-20130811135219.png

左から、今飲み用生姜酒、生姜酒リザーブ、熟成用生姜酒、梅酒、梅酢(梅と砂糖と酢) 、生姜酢(生姜と砂糖と酢)。てんさい糖を使ったものは色が黒っぽいです。瓶を揺すったり、転がしたり、蓋取って匂いかいだり、真ん中の干す前の梅漬けは重石(雑誌)を乗せているのでチェックしたり、下段には味噌が熟成中。だからもう〜毎日いろいろお世話するのが大変なんです。

ところで生姜酒が美味しすぎます。いつも生姜酢や梅酢と混ぜて水割りでいただいています。


image-20130811135233.png

お供にはらっきょう漬け。左から甘酢、醤油、みそ。意外にも味噌が美味しい。手作りは楽しい。
posted by ちぃさま at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

手作りは楽しい〜梅酒他

たまたま手にしたNHK「きょうの料理」で大々的に特集していたので触発されて、突然初めての挑戦をしてしまいました。週末一気にです。

              CameraAwesomePhoto.jpg

まったくド素人で恐縮でございます。

chisama-2013-06-28T09_29_23-1 (488x650).jpg


★★★上段 「らっきょうの塩漬け」「梅酒の梅」「梅酒」★★★

・らっきょうは何はともあれ先に塩漬けにするらしいのです。
・梅酒の梅はちょっと固いような気がします。一番期待しているので心配〜3か月待つのだよ。

★★★中段 「梅ジャム」「しょうが酒・しょうが酢」★★★

・唯一すぐ食べられる梅ジャムは適当っとしが言いようがないけど美味しいです。梅の実をゆでるとぷにゅ〜として甘酸っぱい香りが漂って楽しい。他の物はまったく自信ないけど梅ジャムはもっと早くから作りたかったなと思うほど。

・しょうが酢は早くも大量の浮遊物が舞い〜
・新生姜を買いすぎたので生姜酒も作ってみました。色はにごっても冬の冷え対策になればと見込んでいるのですが、そもそも新生姜を使うのが失敗だったようです・・・・早くも挫折にうちひしがれるワタクシ・・・ふらふらどうしよう〜一升分漬けてしまった。

★★★下段 「梅干候補の梅」「塩漬け」「梅酢があがってきました」★★★

・今は梅干し候補としか言いようがありません・・・梅干し作りのハイライト「土用干し」はできそうにありません。なんとも微妙・・・もしくは無謀か?

どれもこれも材料費や容器代を考えれば買った方が安いのかもしれません。だけど自分で手間ひまかける手作りの楽しさ・良さには替えられませんし、こういう出費は気にならないです。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

肉じゃがの素

断捨離では料理本も処分したけど、捨てなかったものもあります。NHK【きょうの料理】2005年2月号

130321_2055~010001.jpg

便利で応用自在な【秘伝!おかずの素】が4種類と、それぞれ素を使った料理が5品紹介されてます。その中から、息子さん共々もうテレビでお姿を拝見できなくなった小林カツ代さんの【肉じゃがの素】で、掲載された5品を作ってみました。

【肉じゃがの素】は砂糖・みりん・しょうゆを混ぜるだけ。私のは何年もたって「たまり醤油」みたいな古い醤油なので味わいは違うと思います。

とにかく簡単手(チョキ)普段は調理に砂糖を使わないけど、甘みのあるおかず悪くないです。

RIMG0043 (400x300).jpg

【豚丼】
素でさっと煮てから片面だけ焼きつけると、あ〜ら不思議〜肉が縮まないんですね。セコマの「薄切り肉」でも美味しくできました。

RIMG0042 (400x300).jpg

【肉じゃが】
こういう「おふくろの味」的な物が苦手なワタクシ…素のおかげで簡単にできました。テキストではニンジン入れず肉は牛肉ですけど、私は牛肉を買う習慣がないので豚肉です。

RIMG0051 (400x300).jpg

【さばの煮付け】
失敗するはずないのに、いろんな意味で失敗しました。さば400円もしたのに…フリーダイヤル

RIMG0054 (400x300) (2).jpg

【大根漬け】
酢を加えた【素】に皮つき大根を漬けるだけ。これは気に入りました。「はし休めの一品ならぬ、はし止まらない一品」と書いてあったけど、その通りでした。

RIMG0038 (400x300).jpg

【みたらしもち】
水を足して煮立て片栗粉でとろみをつけます。すりゴマかけると更においしい。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

手前味噌

これぞ正真正銘な手前味噌。なんたって自宅で味噌を作ったんですから。実は10年ちょっと前に作ったことがあるので、その時と同じく、円山の中山酢醸造さんに麹を予約。

最近、何かの間違いでは?と思うほど仕事がパンパンのワタクシにとって、こねこね・もみもみ手作業は格好のストレス解消。楽しみにしていて同僚にも「ワタシ週末に味噌つくる!大豆と塩と麹を混ぜるだけだから簡単だよ」と威勢良く言ったのです。しかし実際は大変でした。

計量を間違え困りある事情で茹でた大豆を半分捨てるハメになりあせり追加で大豆買って2日間同じ作業しました。ボウルや容器も小さいから不便でした。

SN3J540700010001.jpg

生麹2キロ

SN3J541300010001.jpg

ほぐして塩と混ぜる。塩切りと言います。

SN3J541600010001.jpg

豆は1日漬けます。二倍にふくらみます。

SN3J542300010001.jpg

耳たぶくらいの固さまで(と言われても…)煮てフードプロセッサー登場。これは便利です、無いときは足で踏んで潰しました。

SN3J542400010001.jpg

大豆ペーストの山

RIMG0029 (320x240).jpg

塩を麹と混ぜて丸めたもの。味噌玉とも呼ぶようです。容器に叩きつけるようにぴっちり詰めます。
     
130226_2328~02.jpg

豆の種類や配合が異なる二層の味噌。早ければ秋には食べられる予定だけど、私にしては珍しくまったく自信ありません。そもそも豆の茹で方が固かったかもしれません(T_T)塩も足りないかも・・・今更。ダンベルで重石をしてフタをして保管です。

これだけの手間をかけることに価値があるのです。

『おまけ』

味噌を作った記念に大豆づくしの夕食

RIMG0027 (320x240).jpg

★いつもの酵素玄米★ゆでた大豆をつかった炒め物
★ゆでてつぶした大豆にツナを混ぜてサラダ(美味しい)
★味噌汁は昆布とカツオで出汁を取って、呉(ゆでる前の水につけた大豆をすったもの)を入れた呉汁(ごじる)、具は豆腐・油あげ・しめじ・出汁を取った昆布

RIMG0035 (320x240).jpg

クリームチーズとゴマを混ぜたディップ
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

断捨離祭り

“ちぃさま”の断捨離シリーズ。物を必要最小限まで絞りこむには程遠いけど、成果の披露と整理整頓のモチベーション作りの為に“断捨離祭り”の開催となりました。

       P1110498 (320x240).jpg

普段は椅子とテーブルなので急ごしらえの祭り仕様に。レジャーシート+毛布+カバー
ローテーブルも即席のもの。

P1110499 (400x300).jpg

日本酒用の発酵セットは一人ずつお通し風に。 卵の黄身、とうふ、鳥胸肉を塩麹や味噌に漬けたものですけど、どこに出しても恥ずかしくないものになりましたひらめき

P1110504 (400x300).jpg

地物のマツカワ(カレイ)のカルパッチョ。縁側のおまけ付き。

P1110502 (400x300).jpg

チーズフォンデュは季節感を出して加賀れんこんや京ニンジンを

P1110505 (400x300).jpg

ナスと豚挽き肉のバジル炒め。ちょっとイメージと違ったか?

             SN3J53660001.jpg

お客様からは貢ぎ物多数いただきました平謝り“ちぃさま”若き日の仰天お宝写真は随分喜んでいただいたようです。

断捨離効果の行動の変化は如実に現れています。以前なら“祭り仕様”も1週間くらいそのままにしていたのを、お客様がお帰りになった後すぐさま戻して、ついでに懸案だったベッドの移動も成し遂げました。断捨離をすると「ナニナニしなくっちゃ」と思わくても身体が動くのです。逆に言うと「ナニナニしなくっちゃ」と思っているうちは何も出来ないという事です。

簡単なことでした。不要な物を捨てるだけです。物が少なくなれば、必要な物が見つかりやすいのと同じように、自分の行動もすべきことが見えてくるというか自分が決めてくれる感じなのです。随分大げさに見えるでしょうけど、なにせ【床上収納】が信条だったものですから仕方ありません。

とは言ってもまだまだです。行動に移せているのは50%くらい。まずはお客様の目に触れぬように隠した【雑多なもの】の整理が急務。【雑多なもの】こそ私の弱点です。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

ニンジンづくし

収穫の秋。立派な人参が採れ過ぎました。

P1110438 (400x300).jpg

こんなに沢山どうやって食べようか・・・人参あんまり好きではない。

P1110455 (400x300).jpg

ニンジンリゾット・ニンジンのグラッセ・ニンジンスープ。

グラッセといっても単なるスープ&バター煮です。スープは玉ねぎ・セロリと米と共に炒めて煮たものをミキサーにかけて、牛乳入れた。米の威力でドロっといい感じになり美味しかった。リゾットは人参をピューレにして適当に、余ったイカゲソを炒めたものが味のポイントになりました。

RIMG4696 (400x300).jpg

ニンジンパスタ

リゾットをヒントに人参パスタを考案しました。ソースは余ったグラッセと生ニンジンのピューレがベース。ぼんやりした感じなのでベーコン・ニンニク・鷹ノ爪を多めに効かすのがポイント。人参の粒がカラスミに見えなくもない?

P1110480 (400x300).jpg

ゴパンで焼いたニンジンケーキは大失敗(-_-#)ずっしり重くて中は固まっていないし・・・確かにニンジンは入れ過ぎましたが、ゴパンには不向きでした。

P1110486 (400x300).jpg

後日普通にオーブンで焼きました。すりおろしたニンジン1本入ってします。

安価な材料で美味しく料理つくる“ちぃさま”って本当に家庭的な女性だと思います。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

キュウリのパスタ

わずかなビタミンCとカリウム以外ほとんどが水分のキュウリ。なんとギネスブックに世界一栄養のない野菜として認定されているらしい。

P1110256 (400x300).jpg

夏の話。ゴーヤのように立派なキュウリをいただき、消費大作戦です。

P1110226 (400x300).jpg

キュウリ・イカ・玉ねぎ・キャベツ・トマトのサラダ。ドレッシングもすりおろした玉ねぎを入れて作ります。

P1110224 (400x300).jpg

キュウリ・トマト・卵の炒めもの。

     P1110228 (300x400).jpg

キュウリのピクルス

P1110259 (400x300).jpg

キュウリとツナのパスタ。その日見た「はなまるマーケット」で山形のカリスマシェフが作っていたのです。味付けはニンニクと鷹の爪と茹で汁に入れた塩だけです。中に隠れているけど炒めたキュウリの皮や切り方を変えたキュウリがたっぷり。汁気を絞ったツナのモサモサ感とキュウリのフレッシュ感のマリアージュがポイントだそうです。まさにそのとおりで夏にぴったり過ぎました。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

ゴパン

実家で見慣れない家電を発見!

   

     P1110293 (240x320).jpg    

米から・炊いたご飯からも自動でパンを焼けるGOPAN(ゴパン)です。“ちぃママ”がどこかの抽選で当たったそうです。

P1110298 (400x300).jpg

“ちぃママ”が「1回作ったけどすぐ固くなった、すぐ固くなった」と強調するので、イーストを多めにしたので、イビツな形になってしまいました。

P1110300 (400x300).jpg

普通の小麦粉でレーズンを入れて。フワフワでした〜バタたっぷりでカロリー高いです。


P1110383 (400x300).jpg

せっかくゴパンですから、次は玄米から作ってみました。白米とのミックスです。

P1110384 (400x300).jpg

気になって仕方ないワタクシ懐中電灯で照らしながら経過観察です。米状態から作るのでミルで米を挽く音が結構うるさかったし、時間もかかります。

P1110389 (400x300).jpg

器械が勝手に作ってくれるので上手くできました。米で作ったせいか中は餅のような弾力でした。レシピに書いてなくてもスキムミルクをいれると固くならないようです。

P1110392 (400x300).jpg

作ったカレーと共に。昔のシチュー皿がなつかしい。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

“ちぃさま”発酵セット

定例の友人宅呑み会。【HO】の旭川特集で当選した「国士無双一番搾り純米大吟醸」を持参したワタクシ。どうも今回は日本酒祭りになるらしい〜熟考の上、粉物連続記録を中断する決断を下しました。

RIMG4649 (400x300).jpg

今回持って行ったのは“ちぃさま”発酵セット。

内訳は「黄身の味噌漬け」「豆腐の味噌漬け」「豆腐の塩麹漬け」「鶏肉胸の味噌&塩麹漬け」自宅で皿盛りにして両手で水平に持って行きました。

RIMG4640 (400x300).jpg

制作過程。黄身の味噌漬けは味噌にガーゼを被せ窪みを作り黄身をぽっと〜ん。豆腐は水切りしてから味噌と塩麹を塗りガーゼで包みます。上はプロセスチーズの塩麹漬けだけとパッとしないのでボツ。

RIMG4643 (400x300).jpg

黄身の味噌漬け2日経過。ブチブチです。この後は果敢にもひっくり返しました。初めての出来栄えはちょっと半熟でした。リベンジしたいけど余った白身の使い道に困ることが難点ですね。

RIMG4647 (400x300).jpg

焼いた鶏肉とみっちり漬かった豆腐。特に豆腐の塩麹漬けは実にねっとりしたテクスチャーで気に入りました。味噌の浸透の良さには驚きです。こういう実験的料理は私の探究心を満たしてくれます。もっといっぱ料理をしたいです!

RIMG4653 (400x300).jpg

集まったお料理は彩り・バランスも良く美味しい〜お酒も沢山飲みました。いいなぁ〜肉じゃが〜私はこういうものが作れない。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

おから塩麹マンゴースコーン

腕が鈍らないように久しぶりにおからスコーンの練習です。

120519_2226~0100010001.jpg

友人からフィリピン土産にドライマンゴーをいただきました。

RIMG3721 (400x300).jpg

材料披露。こだわりの旭川産米粉と道産小麦、沖縄産きび砂糖、豆太のおから

120519_2245~020001.jpg

今ブームの自宅で簡単に作れる塩麹(右手前)を入れたいので、バターは塩分不使用のものにしました。

RIMG3726 (320x240).jpg

ドライマンゴーはヨーグルトに入れて戻したら、ムチムチ〜プルプル。半分はそのままヨーグルトと食べました(その方が美味しい〜)

◆からいりしたおから50g、
◆薄力粉100g、米粉50g、
◆きび砂糖大1、
◆塩麹大1、ベーキングパウダー大1弱、
◆卵1/3、牛乳80CC
◆バター60グラム

RIMG3736 (400x300).jpg

結果的には膨らみが足りませんでした。おからを入れるならベーキングパウダーを増やすべきでした。焼き時間も2〜3分長かった。そもそも生地が固かったかも…

味わいは悪くない。外側はサクっとして、マンゴーの甘味もチャーミング。

たかがスコーン、されどスコーン。決め手は計量です。おからの水分量が微妙です、どれくらいから炒りするか…だったらおからを入れなければいいのだけど、どうしても普通はイヤなワタクシ…試行錯誤が悦びなのです。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

よもぎみたらし団子

家庭的な“ちぃさま”は手作りが大好き。

P1100880 (400x300).jpg

今どこにでも生えているヨモギ。

P1100950 (400x300).jpg

団子用の上新粉を買って初めて団子を作ってみました。

P1100953 (400x300).jpg

熱湯を入れてこねたところ。
30〜40分も蒸すのは待てないので、4つに分けて10分ゆでました。

P1100951 (400x300).jpg

ゆでたヨモギはすり鉢がないので、ひたすら包丁で刻みました。

P1100957 (400x300).jpg

キレイに混ざりました。雑ですが焼鳥の串に刺してオーブントースターで焼きます。
京都の本場みたらし団子を真似して5つ目は離して刺します。

P1100958 (400x300).jpg

作ったしょうゆあんをかけます。ちょっと焼きが足りなかったか・・・

P1100960 (400x300).jpg

きな粉をかけた方が好き。とっても美味しくできました。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

ふき味噌

狸小路のハグマートで【ふきのとう】を見て、【ふき味噌】を作ってみようと購入しました。

          RIMG3607 (300x400).jpg

【ふき味噌】と言うものを私は食べたことがありませんが、本か何かで見聞きしました。
食べきれない古い味噌を調味料系で使いたかった気持もあります。

RIMG3610 (400x300).jpg

ネットで作り方を見たら簡単なようです。水にさらしてみじん切りにして炒めます。
アクが強いので炒める前から変色し始めます。

RIMG3609 (400x300).jpg

調味料を入れて多少練り上げる感じで完成。

・ふきのとうの重さ(150グラム)の半分の味噌(変色した3年超の味噌)
・黒砂糖大さじ1(家には黒砂糖しかない)
・みりん大さじ2

RIMG3618 (400x300).jpg

出来上がりの味は味噌の風味が左右します。
無添加の古味噌は風味も強く、砂糖は無くてもよかったかもしれません。
味噌とふきのとうの苦みがベストマッチ。昔の人達の知恵に感服します。

RIMG3624 (400x300).jpg

焦げた焼きオニギリも美味しいです。中にチーズを入れています。
キュウリにつけたり、納豆と混ぜたり、パンにつけても美味しくちょっと感動です。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

ズッキーニが採れすぎたら

実家でのこと。ズッキーニが大豊作で“ちぃママ”も困惑気味。

   SN3J460000010001.jpg

何故かジャンボサイズ、右は比較に置いたキュウリ。大きさ順に並べたつもりだけど左から3番目と4番目のは入れ替えが正しい。

親孝行な“ちぃさま”即席で「ズッキーニ消費大作戦」を考えました。

   SN3J460400010001.jpg

ズッキーニの焼きマリネ

   SN3J461300010001.jpg   

ピクルス。右はきゅうり。

   SN3J460500010001.jpg

ズッキーニのパスタソース。某店のズッキーニのピューレソースを思い出すもミキサー等が無くて断念。ピクルスには入れられない種部分を追加して煮込みます。トマトも考えたけど、ズッキーニで押し通します。ピンクはベーコン。

   SN3J460800020001.jpg

“ちぃさまオリジナル”ズッキーニソースとマリネのパスタの完成。
優しい味わいのソースと食感の異なるマリネの組み合わせは悪くありません(謙遜)

   SN3J458500010001.jpg

タイム(ハーブ)も自家製。タイムの花は意外に可愛いらしい。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

米ぬかスコーン

自然派美容家?“ちぃさま”

「なまこ石鹸」の次は日本の伝統美容法「米ぬか」に挑戦です。

110425_2138~030001.jpg

無農薬有機の米ぬか1キロ入り。宙を飛んでます。

玄米を白米に精米する過程で出る米の表皮部分。大変有効な栄養・美容成分が含まれています。昔の人は糠をさらしなどで作った袋に入れて洗顔などに使っていたそうで、女性は銭湯に「マイぬか袋」を持参していたとのです。米ぬかの良さが見直されレシピも結構あるようです。

110423_1322~01.jpg110423_1333~01.jpg

クックパッドのレシピはホットケーキミックスで作るものばかり。HM100グラムって私にはヘビメタ100グラムとしか読めません。なので自分流で作りました。

薄力粉と米ぬか100グラムずつ。この米ぬか多めの強気作戦が裏目に出ました。
BP(ベーキングパウダー)大匙1バター40グラム、ぬか自体に甘みがあるし、焼き芋専用ホイルで焼いたサツマイモがホックホク!なので砂糖は不要、塩ひとつまみ入れたけど不要。数年前から牛乳を飲まないことにしたので、代わりに豆乳と思ったけどなかったのでを入れました。(人様に出す時は牛乳入れるけど)

110423_2236~01.jpg110424_0955~01.jpg

ううっ・・・ふくらみませんでした。混ぜ直すことはできないので、生地にBPふりかけては折りたたみを繰り返したら、なんとかふくらんだけど不味いというか気持ち悪い〜なんとかしなくては!

110425_2056~020001.jpg

小さく薄くして、ミックスナッツを砕いて入れたら、サクっ!モサっ!微妙にいい感じ。粒子が粗いザラっとした食感も悪くないけど、米ぬかフードはもう作らないと思う。

だって元々酵素玄米食のワタクシ。玄米食はいつも丸ごと「米ぬか」ごと食べているんだから、更に「米ぬか」食べる必要ないのですよ。というわけで美肌用に特化することにしました。「ぬか袋」作らなくっちゃ。

米ぬかには抗ガン・抗腫瘍作用のあるフィチン酸、脂肪肝・高脂血症に有効とされるイノシトール、紫外線吸収・酸化防止機能があるフェルラ酸、コレステロールの吸収を抑えるγオリザノール、食物繊維、ビタミン、ミネラルが含まれ、がん患者に「抗がん剤」よりも「玄米食」を勧める“世界的権威”のドクターもいるのであーる。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

こなものがかり

宅飲みワイン会用に張り切ってお料理するワタクシ・・・と言ってもまたまた同じものです。持ち寄りワイン会では“ちぃさま”と言えば“粉もの”が定着してしまいました。そうですワタクシは“こなものがかり”

今回の最大の(そして唯一)ポイントとして米粉を入れました。

米粉入りクルミスコーン

110402_1239~020001.jpg

型抜きは使いません。押し切りではよく膨らまないんです。
「ある物」のフタで印をつけ包丁で周囲を切ります。

110402_1248~020001.jpg

上に卵黄を塗りオーブンに

110402_1332~020001.jpg

ぱっくり割れています。サクっと中はフワっと、バターの香りも高く上出来です。

米粉入りアスパラとユリ根のケークサレ

110402_1123~010001.jpg

茹でて冷ましている百合根とアスパラ。 ゆり根を自分でバラしたと言うと皆驚いた。
どうしてそんなことで驚かれるのか?理解できませんが・・・。

110402_1239~010001.jpg

時間がなく安易に買ったパンケーキ用の米粉は、ふくらし粉入りなんです。スコーンと同様に粉の総量の1/3ほど入れたのだけど、ベーキングパウダーの量の調節に迷いました。これは膨れすぎですね・・・生地の固さも関係するんですが・・・ちょっとキメの粗い感じになってしまいました。まぁ失敗ってほどではないので持っていきます。

宅飲みは次回に・・・
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

ケークサレ:芋栗かぼちゃ

久しぶりにケークサレを作りました。

KISSMAS(キッスマス)パーティーに持っていくんです。

101223_1025~010001.jpg

今回は秋冬バージョンでイモ・クリ・カボチャを入れてみました。
栗は“ちぃさま”定番おやつの、むき甘栗を使います。
さつまいもは焼き芋ホイルにくるんで焼くとほっくほくになります。

101223_1101~010001.jpg

寝坊をしてしまったので慌てて、KISS(キッス)を聴きながら作りました。

101223_1107~01.jpg
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

101223_1144~03.jpg

こんもり盛り上がった焼き上がり〜冷ます時間もなく型ごと持ってホスト宅に向かいます。この焦りが失敗の元でした(┳◇┳)

101223_1307~01.jpg

エヘヘ・・・失敗はなかったことにして記念撮影
posted by ちぃさま at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

ケーク・サレ

恒例の競馬場ワインピクニックのために新作粉物に挑戦、流行のケーク・サレを作ってみたました。ケーク・サレとは野菜入りの甘くないケーキ、塩味で食事やスナック的なものって感じかな?

100918_0950~010001.jpg

卵3個・強力粉50グラム、薄力粉120グラム、ベーキングパウダー小さじ2杯、すりおろしたチーズ(スプリンツ)30〜40グラム、牛乳大さじ2杯、サラダオイル大さじ2杯、オリーブオイル大さじ2杯、塩小さじ1杯

100918_0947~010001.jpg

パセリ適量、パプリカ(オレンジと赤)各1/2個

100918_1007~010001.jpg

混ぜるだけ・・・

100918_1024~01.jpg

180度で10分ほど焼いて切れ目を入れる(パクっと割れ目ができるように)。ついでに、さっぽろタパスで買った「フェルミエ」のカマンベールチーズも載せてみた。

100918_1050~020001.jpg

膨らんで色づいてくるともう気になって、オーブンから離れらず張り付いたまま。ここが“ちぃさま”の可愛らしいところなんですけどね。

SN3J342600010001.jpg100918_1133~02.jpg


出来上がりはこんな感じ。まぁベーキングパウダー入れれば膨らむから失敗はないでしょうね・・・冷ます時間もなく型に入れたまま持っていきます。

ワインその他もろもろ・・・結構な荷物になります。フロリダのディズニーワールドに行った時、ちょうど25周年とかで記念グッズ。めったに使うことがない、ピクニックに参加した友人も気づかなかったと思う。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

キムチ、その後

2月に作ったキムチ。イチかバチか、その結果は・・・?見事に発酵しました。

SN3J1944.jpg

5日後に最初に食べた時は、浅漬け状態だったんですが、日に日に熟成が進み、まるで生き物のようです。バッチリ辛いし酸味も出てきました。

100306_1816~020001.jpg

キムチ鍋

100310_1935~010001.jpg

残った汁でおじや

100307_1222~020001.jpg

豚キムチプレート

100314_1842~010001.jpg

キムチチヂミはかなりイケます。

100309_1210~010001.jpg

キムチうどん

100320_0836~020001.jpg

トッポギ(韓国モチ)炒め。粉チーズと合いました。

具材は残りもの整理なので侘びしさは否めません、自分用のエサですからね。味付けはキムチのみで他は何も要らないです!具の豚バラ肉でコクを出すのがポイントかしら。売っているキムチが食べれなくなるくらいの美味しさです。実際友人にも喜ばれましたぁ。次回はもっと大量に作ろう〜

かなり自信持っちゃいましたよ!餃子に続いてキムチも免許皆伝だぁ。餃子も腕がにぶらないように年に一回は作りたいのだけどね。

人気ブログランキングへ応援クリックよろしくお願いしますキスマーク
posted by ちぃさま at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする