2011年11月23日

伝統的建造物 旧相馬邸

北海道屈指の豪商 相馬哲平の館 

RIMG2332 (450x338).jpg

幕末に新潟から渡り、商売大当たり!莫大な財産を築き明治〜昭和初期まで全国区の大富豪として君臨した相馬家の屋敷が昨年7月から公開されています。

RIMG2331 (450x338).jpg

当主は歴代哲平を名乗る相馬家、初代相馬哲平が晩年の明治41年に建てた屋敷は哲平が多額の寄付をした函館公会堂の麓で、すぐ下は旧英国大使館と、函館元町の新観光名所なのですが、不思議と訪れる人も少なく係の方に詳しく案内してもらいました。8種類の釘隠に感心しました。

       RIMG2350 (298x400).jpg

5代目が全て精算して東京に移住し、駐車場になる予定だったそうです(◎o◎)それを現館長が買い取り一般公開となりました。これはパンフレットの写真。

RIMG2342 (450x337) (2).jpg

相馬株式会社は一族とは別の人が引き継いで不動産業など商い中。緑の社屋と電車のツーショットは定番。ちょうど限定レトロ電車が来ました!ラッキーでした。

旧函館区公会堂

RIMG2321 (450x338).jpg

元町のシンボル函館公会堂、建設費の大半を相馬哲平が寄付しました。開館当時から市民に開放され函館市民にとって親しみのある建物のようです。

RIMG2311 (450x338).jpg

現在もコンサート等に使用されている2階の大ホール

RIMG2313 (300x400).jpg

中の部屋も公開されています。

RIMG2336 (400x300).jpg

和洋折衷の雰囲気のある建物が並び独特の雰囲気を醸し出している元町界隈。

RIMG2282 (400x243).jpg

函館山(御殿山)展望台から見た元町教会群

函館秋の旅これにて終了。何故か今年すっかり函館が気に入ってしまいました。次はいつ行こうかな〜ライトアップ時期か?

【久々に今日の一言。名将落合監督】
落合博光が好きだと言う人を私は見たことがないけど、あれだけ世間に迎合しない人はアッパレだ。中日ドラゴンズ監督8年間でリーグ1位が4回、2位が3回、3位が1回。まぎれもない名将だ、8年間で7年が2位以上とはスゴイexclamation日本シリース出場5回。日本一1回はアレレ?って感じだけど、莫大な金と圧力をかけ続け、平成の江川卓を造り出そうとしている某セリーグ球団のなんとヘタレなことよ。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 函館・小樽等 | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

ラビスタ再び

今回ゆったりスケジュールで函館に2泊しました。2泊目はラビスタベイ函館へ

RIMG2348 (400x300).jpg

最終日の天気の悪い日に撮ったのでイマイチ

RIMG2300 (400x300).jpg

ホテル付近の散策は夏と同じ写真。壁にからまる赤い蔦が季節を感じます。

RIMG2285 (400x300).jpg

デラックスツインの部屋〜寝室部分は数段高くなっています。

RIMG2291 (400x300).jpg

ベッドと言うよりも布団ぽい感じ、ゴザのようなカーペットが気持よくいいですねぇ〜

RIMG2289 (400x300).jpg

部屋の前にもうひとつ扉があるお決まりの光景、スペースもツインは広いですね〜

食べ過ぎが鬼門の朝食は割り切って昼食抜きにすることにして爆食全快!夏は塩漬けの油やけした貯蔵品だったイクラはシーズンなので生で美味しかった!マグロもあったのでキレイに海鮮丼に盛りつけている人も多かった。クチコミでは人気ホテルゆえ、お風呂は洗い場がない(裸の行列はイヤだなぁ)、朝食ビュッフェの行列に苦情が多いけど、土曜日なのにシーズンオフなのか?余裕があって良かったです。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 函館・小樽等 | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

入江山地観測所跡

さてマニアックさも深まった私の函館要塞巡り、最終目的地の入江山に向かいます。入江山には練習用の砲台と観測所跡がのこされているのです。

RIMG2257 (400x300).jpg

道も細く険しくなります。

RIMG2260 (400x300).jpg

途中に練習用の小型の砲座跡があります。

RIMG2265 (400x300).jpg

観測所からの見事な眺めです。

RIMG2273 (400x300).jpg

観音山方面

RIMG2275 (400x300).jpg

入江山観測所は当時は屋根が掛けられていたそうです。

RIMG2270 (400x300).jpg

RIMG2267 (400x300).jpg

先は地下の通信室跡

     RIMG2269 (300x400).jpg
      
これで前回の【函館山戦争遺跡巡り】で行けなかったリベンジ完成です。戦争遺跡が好きって事ではないのですが・・・何故?

多分、理由は城好きと同じ原理ではと。城は建築・美術の結晶でありながらも軍事施設であり要塞ですから、今年弘前城と工場中の姫路城だけに終わった城巡りの代わりかな?私の前世は武将に違いありません「!?」

 RIMG2279 (400x300).jpg

帰りはロープウェイ運休に愕然(◎o◎)とても歩く元気はなく、タクシーは帰りだけの利用は不可!路線バスがあることを初めて知りました(^_^)v

       111110_0758~010001.jpg
前回が紫、今回は黒。前回の方が圧倒的に歩いた。つつじ駐車場は簡単に見つけられるはずなのに自動車道を下った私はバカだったなぁ(-"-;)
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 函館・小樽等 | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

秋の函館山〜第二砲台跡

私にとって函館山とは歩いて登るところです。旧登山道(メインコース)は円山より平坦でずっと登りやすい。コースも沢山ありバリエーション豊富、今回は週末のせいか沢山上っていました。

RIMG2242 (400x300).jpg
6合目を超えたところだったでしょうか?目の前に御殿山が!

RIMG2247 (400x300).jpg

疲れも吹き飛ぶ景色です。

RIMG2278 (400x300).jpg

展望台にはまだ登りません。つつじ山駐車場の奥、通行止めは車両のみ。駐車場の奥が面白いんです。

RIMG2277 (400x300).jpg

御殿山第二砲台跡に向かいます。

RIMG2248 (400x300).jpg

中央にあるのは整備されたベンチとテーブル。駐車場と隣接しているので市民にもおなじみとか?そんな雰囲気でもなかったけど、函館要塞の中でメジャー戦争遺跡です。

gote228 (400x242).jpg
現役時代の砲台(函館図書館所蔵)

RIMG2250 (400x300).jpg

RIMG2256 (400x300).jpg

2個セットが3つあります。とても広い砲台です。右の階段を上ると「つつじ展望台」

RIMG2252 (400x300).jpg

こんな感じでした。

gote236 (400x381).jpg

全景 すご〜い!(某要塞マニア様のブログからお借りしました)

第二と言うことは第一砲台はどこに「!?」なんと展望台の真下にあるのです。許可を得て入れれば兵舎もある広い施設のようです(勝手に入る人もいるでしょうけど)

gote120 (400x162).jpg

展望台の下に広大な広さと兵舎や指令室の跡が残されています(要塞マニア様のブログからお借りしました)。この柱は展望台駐車場を支えるために埋められたもの。沢山の歴史的観光名所を持つ函館だけど、函館山要塞は最後の?最大の隠し玉です。整備して開放した方が良いと思います、貴重な社会勉強になるでしょう。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 函館・小樽等 | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

香雪園(名勝旧岩船氏庭園)

湯の川からほどの近い見晴公園の庭園部分は、平成13年8月に北海道で唯一の国指定の文化財庭園です。

RIMG2238 (450x338) (2).jpg

名勝 旧岩船氏庭園(香雪園)

1901年(明治31年)に函館の豪商:岩船峯次郎が巨額の私財を投じて築いた庭園。広大な敷地は起伏に富み、書院造りの茶室園亭や風流な川など、北海道離れした?まるで大名庭園のようでした。

RIMG2234 (450x337).jpg

この写真だけ見ればスゴいけど、見頃には早かった。市内の中でもこちらの紅葉は遅く、大沼公園と同時期に堪能しようと言うのは無理な話。

RIMG2224 (450x337).jpg

昨庭当時に建築された園亭

RIMG2219 (450x338).jpg

金沢の兼六園を思い出します。

RIMG2227 (450x338) (2).jpg

RIMG2228 (450x338).jpg

とにかくスケールの大きさにびっくり。もう少し手を加えて造りこめば兼六園クラスか?

       RIMG2225 (300x400) (2).jpg

高低差もありダイナミック(@_@)この高低差・立体感が最大の魅力です。もみじフェスタ開催期間(10/22〜11/13)はライトアップやミニライブがあり、すっかり紅葉名所として有名なようです。見頃ならヤバイ!的な美しさでしょうね。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 函館・小樽等 | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

竹葉新葉亭

宿泊は湯の川温泉 竹葉新葉亭

RIMG2181 (400x260).jpg

和風のホテルで、名前の通り館内・庭・風呂に竹がふんだんに品良く使われておりました。 ネットでの評判も良いので期待していたけど、とってもサービス良く快適で気に入りました。

RIMG2188 (240x320).jpg

RIMG2192 (240x320).jpg

入口から部屋までも距離があります。なんとベッドルーム付のお部屋でした(左側)

RIMG2186 (400x300).jpg

12、5畳+坪庭+テラス?テーブルも広々。

RIMG2183 (400x300).jpg

おもてなしに抹茶とかぼちゃ羊羮

      
     111103_1843~010001.jpg

こちらは部屋食ですので、夕食・朝食とも運んでいただきます。これは豊穣膳、上のコースもありますが私には十分すぎました。どれも美味しく大満足でした。このために昼は「大沼だんご」だけにしたのです。

RIMG2195 (400x300).jpg

お造りは涙が出るほど美味しかった。

     RIMG2197 (300x400).jpg

活蝦夷鮑の陶板焼き。アワビこんなに火を通して硬くならないのか心配でしたが、柔らかかった。

RIMG2199 (400x300).jpg

南瓜饅頭

RIMG2203 (400x300).jpg

揚げものは胡麻豆腐等々、茶碗蒸しは豆乳蒸しです。

RIMG2207 (400x300).jpg

horse hair srab(毛蟹)

北海道では通年。春はオホーツク、夏は噴火湾、秋は釧路・根室、冬は十勝沿岸だそうです。身がぎっしりでした。母親の「カニはおかずにならない」の方針で、ご幼少の時からカニは特別なものだったワタクシ・・・格別でした。

RIMG2209 (400x300).jpg

特別栽培ふっくりんこと梅昆布ふりかけが美味しくて、バクバクおかわりしてご飯食べました。(普段は相変わらず酵素玄米です)

RIMG2211 (400x300).jpg

朝食 駒ヶ岳牛乳はホモゲナイズ(機械での脂肪の均一化)されていないので、良く振ってもちょっと脂肪の粒が…本物の牛乳です。もう割り切って昼食抜きということで爆食しました。「こんなにキレイに食べていただいて・・・」と感心されて恥ずかしくなりました(w)やっぱり皆さん朝ですから残す方が多いのでしょうか?

夕食も朝食もイカが美味しかった。活イカも食べたけど、ここのイカは「こんなに美味しいイカは初めて」と思うほど美味しかった。マジにイカ刺おかわり欲しかった。切り方が違うのはわかりましたが…

担当の仲居さんは若い男性でした、湯の川温泉では一人だけだそうです。高校卒業後就職して1年半、地元函館を離れたくなかったとの言葉が印象的でした。

海が見える立地ではないけど、温泉はアニメティが充実していてクレンジングやシャンプー洗顔フォームは数種類。「かかとクリーム」まで置いてありガサガサの私は重宝しました。料金的にも満足度の高い宿でした。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 函館・小樽等 | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

秋の五稜郭 函館奉行所

去年復元オープンした函館奉行所は感動的です。単に古い建物の復元ではないのです。函館奉行所が甦ったことにより、五稜郭の本来の意味・歴史的な役割。開港から函館戦争という日本の激動期の舞台としての函館の歴史的価値が一層際立つのです。

RIMG2172 (450x338) (2).jpg

古写真とおんなじです。復元範囲は奉行所庁舎の3分の1ほど。当時は他にも20以上の建物があったそうで・・・正真正銘の城だったんですね・・・。中の展示資料を見ると実に歴史の勉強になります。ほぅ〜!函館戦争だけでもいろいろあって大変です。


RIMG2169 (450x338).jpg

壁の中の見えない所まで忠実に当時の工法を再現しています。復元や修復物にありがちなメーキングビデオを放映しています。1985年から発掘調査、古写真や当時の精緻な図面・資料を元に2008年から4年の歳月をかけて140年ぶりにその雄姿が再現されました。日本の建築の伝統や巧の結晶です。本当に頭が下がります。

RIMG2177 (450x338) (2).jpg

7月は立って歩けなかったけど、さすがに慣れてきました。
この見事は星型!この中に学校とか役所とか余計なものが建たなかったのが幸いでした。


RIMG2175 (450x337).jpg

「桜の名所」だけでなく「江戸後期屈指の城郭」「戦場」として歴史的な意味がわかりやすくなりました。奉行所復元の意味はとても大きいのです。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 函館・小樽等 | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

大沼公園

7月に続いてまた函館に行ってきたワタクシ・・・
かなり葉は落ちていますが大沼公園の紅葉が見頃でした。

    RIMG2164 (375x500).jpg 

【千の風になって 名曲誕生の地】だそうです、知りませんでした。

いろいろエピソードはあるのだけど、新井満氏が毎年夏休みを過ごす大沼湖畔の風であの名曲八分音符を書いたと言う事で、2008年にできた記念碑。

RIMG2134 (450x337).jpg

沼に掛けられた沢山の橋を渡りながら島巡りを楽しむウォーキングコース
キレイな沼ではないけど、良い天気と紅葉のおかげで、それはもう気持ち良かったぁ〜

RIMG2139 (450x338).jpg

アスファルトでなく、土の上を歩くのが好きなんです顔1(うれしいカオ)

RIMG2136 (450x338).jpg

RIMG2144 (450x338).jpg

RIMG2140 (450x338).jpg

やはり駒ケ岳の眺めがポイントになります

RIMG2145 (450x338).jpg

名物に美味い物ありOK!

RIMG2155 (450x338).jpg

大沼名物【大沼だんごだんご】を大沼で食べる!至極満足この上無しスマイルフェイス

RIMG2127 (450x338).jpg

かわいい大沼公園駅。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 函館・小樽等 | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

cafe bloco 小樽

ある晴れた日に小樽カフェ散歩

★cafe bloco(カフェ ブロコ)
★小樽市東雲町7−17

RIMG1914 (400x300).jpg

海を見下ろす水店宮(神社)に近くにそのカフェはあります。

RIMG1928 (400x300).jpg

道なき道を奥に進みます(下界から登ることもできます)

RIMG1944 (400x300).jpg

白い壁の建物。ナイスなロケーション

     RIMG1919 (300x400).jpg  

玄関でスリッパにはきかえます。

RIMG1925 (400x300) (3).jpg

ランチのベーグルプレート スープ・ドリンク付で900円。

自家製のベーグル(モチモチ)とパンケーキ、アガペ(サボテンの仲間)のシロップ、チーズパテ、スパイシーパンプキン、ポークハム等々。このカフェめしは洗練されてますねぇ〜美味しいです!タコスも食べたいなぁ〜

        111009_2349~01.jpg

雑誌でも紹介中。吹き抜けの店内は清々しく眺めも良いです。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 函館・小樽等 | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

函館地ビール

塩ラーメンの後は「函館地ビール」へ

RIMG1113 (400x300).jpg

3種類のお試しセット1050円を頼みました。

RIMG1109 (450x337).jpg

ほとんど一気飲みのワタクシ…(@_@)歩いた後の体には水のようです。
付いてきたおつまみは「乾燥コーン」パサパサが意外に美味しい〜

RIMG1119 (400x300).jpg

疲れた足を引きずり駅に向かいます。駅に着いたら日が沈む時でした。

RIMG1120 (400x300).jpg

連絡船をイメージしたと思われる函館駅(海側から)

今回JRとホテル以外に函館滞在中に使ったのはわずか6,275円。

110721_2251~01.jpg110721_2252~01.jpg

そのうちガゴメ昆布製品の土産に2,420円。

以上函館旅日記完了。
次回は紅葉時期に大沼と香雪園の散策に行きたらいいなぁと思います。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 函館・小樽等 | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

函館ラーメン

札幌でも30年前の集中豪雨を思いだすような大雨でした。台風の被害は甚大なようです、熊野古道で知られる熊野那智大社も土砂に埋まってしまいました・・・

さて函館編。朝の爆食後、山を歩きまわり4時過ぎにやっと昼食となりました。
時間も限られた旅ですが、今回函館ラーメンは外せません。

RIMG1090 (400x300).jpg

駅前の某店は3回とも行列か早仕舞いでした。向かったのは【鳳蘭】

RIMG1089 (400x300).jpg

函館は「ラーメン」と言えば「塩ラーメン」のことです。550円と値段も手頃です。

あっさりしてて良いですね(^O^)麺は硬めに頼みましょう。

ワタクシ思いました、函館には塩ラーメンが似合います。

前の記事の「函館要塞」。城の話題が乏しいワタクシとしては、今年の屈指の満足作品でした。

       110906_1911~01.jpg

今日書店で「自然ガイド函館山」なる本を見つけました、ハイキングや要塞の見どころもたっぷりです。自然と戦争遺産が手つかずで残っていて絶景が眺め付き。函館山探索がブームになるかもしれません???

       110906_2051~01.jpg

だけど買ったのは別冊宝島「日本を脅かす!原発の深い闇」
読んで途中でウンザリしてきました。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 函館・小樽等 | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

函館要塞〜戦争遺産

もうひとつの函館山〜閉ざされた要塞の秘密〜

日露戦争を想定し、津軽海峡の防衛強化を目的に、明治31年(1898)から4年の歳月をかけて大小5か所の砲台が建設された。

戦後1946年に解放される迄一般人の入山は勿論、山の写真やスケッチも禁止されたと言うから驚きです(@_@)2001年「函館山と砲台跡」として北海道遺産に選定された。

【薬師山砲台跡】
細い道の行き止まりまで行くのは気味悪かった(ToT)
RIMG1008 (450x338).jpg

    RIMG1009 (338x450).jpg

RIMG1010 (450x338).jpg


【千畳敷砲台跡】
明治34年(1901)施行。28センチの榴弾砲 、15センチの臼砲の砲座跡などが残っている。第1砲台・第2砲台と遺跡が長く続く。
     RIMG1027 (300x400).jpg

RIMG1043 (450x338).jpg

RIMG1042 (450x338).jpg

     
【千畳敷戦闘司令所跡】
明治38年施行。函館要塞全体の指揮所として、連絡手段に電話、回光(発火)通信を用いていた。コンクリートの天井は無くなってしまっている。
    RIMG1058 (338x450).jpg

RIMG1057 (450x338).jpg

RIMG1050 (450x337).jpg

RIMG1052 (450x338).jpg

知らない方も多いと思います。これは不思議体験ゾーンです。
御殿山第二砲台跡と入江山観測所跡は今回未訪。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 函館・小樽等 | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

函館山散策コース

7月の函館旅日記、ラストスパートです。

朝食のカロリーを消費すべくようやく昼前に函館山に向かいました。

SN3J4565.jpg  
 
天気はいいのに霧がかかってました。春〜夏は霧が多いそうです。写真はロープウェイ改札から。怖くて屋上には上がれませんでした(∋_∈)

さて…この後千畳敷コースで函館山散策を開始するはずが確認の甘さで探せず、自動車道路を下るはめになり計画は断念。クネクネ大変な距離!下界に着いた時にはヘトヘトなんだけど、その日はいつもの“ちぃさま”ではありませんでした。

ラビスタの朝食で膨大なエネルギーを蓄えていたのです。空腹の気配も無いし、この暑さでは街歩くのも大変。帰りもグリーン車だから足伸ばせるし…
       
RIMG1080 (400x300).jpg

旧登山コースからの散策チャレンジを決意!して登りました。円山のような傾斜や段差もなく歩きやすくて気持ち良かったです(^O^)

RIMG1079 (400x300).jpg

途中から意を決して「薬師山コース」へ。道も狭くなり不気味…

              SN3J456900010001.jpg

旧登山コースに戻り、分岐点から千畳敷コースへ。道は狭いのだけど、山の上を歩いている感じなので気持ちいい〜(*^o^*)

RIMG1071 (450x338).jpg

RIMG1063 (450x338) (2).jpg

牛の背見晴所から。いつの間にか雲も流れて最高の眺め!街歩きは曇りの方がいいけど、こういう景色は晴れないとキレじゃないので感謝です。

RIMG1059 (450x338).jpg

海に飛び込むように千畳敷広場へ。

RIMG1067 (450x338).jpg

千畳敷広場から展望台を眺める、ずいぶん遠くまで来ました。
「函館山」という名前の山は無く、つつじ山・薬師山・入江山・観音山・八幡山・汐見山・・・と連なり展望台があるのは「御殿山」だというのは初めて知りました。

RIMG1069 (450x338).jpg

ここからもキレイに下界が眺められます、ベイエリアをズームの威力!

        SN3J457300010001.jpg
函館山散策で9キロくらい歩いたかなぁ(@_@)
実は山歩きにはカロリー消費以外の目的があったのです。次回に続く…

※行脚の代償は大きく翌日は足も腰もパンパン(>_<)やはりコンクリートの下り坂の負担が大きかった。翌日はよちよち歩きしかできず整体へ行きました。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 函館・小樽等 | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

旧小樽商工会議所アートプロジェクト

第2回 小樽/北のウォール街アートプロジェクト2011 7/25〜8/7 
    
         RIMG1418 (338x450) (225x300).jpg

RIMG1417 (450x338).jpg

閉鎖された旧小樽商工会議所 小樽市色内1丁目6−32

RIMG1398 (450x338).jpg

RIMG1404 (450x338).jpg

古めかしい階段、低い手すりがレトロです。

     RIMG1397 (332x450).jpg

8月6日は「文化遺産が小樽の未来を拓く」3人のパネラーによるフォーラムに参加してみました。アーティスト山田良氏が、今回のプロジェクト及び歴史的建造物の魅力、空間アートとしての再生を。結構高名な方のようで話も楽しかったです。他の先生方は観光都市小樽の可能性について。

小樽は2010年4月に「過疎地域」の指定を受けていたとは驚きです!
    
     RIMG1411 (338x450).jpg

いかに私が「芸術的感性」にかけているかを思い知らされました。単なる「立ち入り制限」にしか見えなかったけど、これが「空間アート」だったのです。

     RIMG1412 (338x450).jpg

一か所からずべてを見るのではなく、「先に行ったら何が見えるんだろう」「向こうからこっちを見たらどうなんだろう」と動きながら感じる・楽しむのが空間アートの魅力なのです。一方通行でひとわまりするように作ってあります。

     RIMG1415 (338x450).jpg

この床の照明、日没の時は幻想的なきれいだそうです。

北のウォール街の遺産が残り、古い建物を生かしたお店、寿司・・・運河周辺はこの日も観光客であふれていました。観光資源としてこれ以上何を求めるのだろう?と思うほど小樽は恵まれているように見えますが・・・つい旭川と比べてしまうワタクシ。

※小樽でも「はしご酒大会」が行われていたようですが参加店の減少を理由に中止になってしまったそうで・・・
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 函館・小樽等 | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

ラビスタ函館ベイ

宿泊は大人気の「ラビスタ函館ベイ」デビューしました。

   RIMG1105 (326x450).jpg
やはり立地がいいですね〜ベイエリアと一体化しています。

 RIMG0923 (400x300).jpg

最上階の温泉がうれしい〜特に露天風呂はシティホテルの付属レベルを越えてます。釜風呂みたいな1〜2人用の「源泉かけ流し風呂」に浸かりながら見る海や海岸線、遠く青森まで眺めながら旅の気分も盛り上がります。

SN3J4561.jpg

風呂上がりには休憩スペースでサービスのアイスキャンディーかじりながら、ベイエリアの眺めを楽しみます(^_^)v

 RIMG0917 (400x300).jpg

廊下からドアを開けたら独立した水場が目に入ります。このドアを開けたらベッドルーム。部屋は狭いですけど、白い寝巻と館内用の黒い部屋着が置かれ、部屋着がラクチンでした。

 RIMG0921 (400x300).jpg

コーヒーは豆をミルで挽いて淹れます。

さて名物の朝食は…あるクチコミサイトでは「朝食ランキング日本一」らしいけど、どうかな?サイトに書き込みする層が利用しやすい料金ってことでしょう。
 
SN3J4555.jpg

朝食付きと素泊まりとの差額は1600円。育ちが賎しいワタクシ…
なんとか元を取ろうと親の敵討ちのごとく爆食(`ヘ´)イヤな予感が的中

名物「勝手丼」は事前に写真で見たとおり刺身の種類は少ないです。ご飯が熱いので、イクラだけ乗せて刺身は別盛りです、更にフルーツ等々追加(◎o◎)

苦しくて・不快で・気持ち悪くてチェックアウト後も動けなかった(-_-#)肉や油はとっていないし、カロリー的には「奈良ホテル」の方が多かったと思うのだけど、イカが消化悪かったのかしら?

“ちぃさま”にビュッフェは禁物です。ホテルは気に入ったので次回は素泊まりで!
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 函館・小樽等 | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

昼の函館ベイエリア

ベイエリア 昼の部 手抜き記事で失敬

RIMG1106 (450x338).jpg

RIMG1096 (450x338).jpg

倉庫の後ろがラビスタ函館ベイ

RIMG1098 (450x338).jpg

RIMG0989 (400x300).jpg

スターバックスの海に面したテラスが気持いい〜
ミント&ライム グリーンティーフラペチーノ すっきりで夏にぴったりでした。

RIMG0985 (400x300).jpg

                RIMG0977 (300x400).jpg
RIMG0991 (300x400).jpg

港・倉庫・古い建物。雰囲気があっていいですね。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 函館・小樽等 | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

函館ベイエリア夜景

安政年間に函館が開港して150年余。函館で最初の倉庫として営業した金森倉庫群が建つベイエリアは定番の観光スポット。

 RIMG0959 (450x338).jpg

現在の倉庫群は明治42年に再建された建物だそうです。

 RIMG0963 (450x338).jpg

この日は人もまばらで静まり返っていました。

 RIMG0964 (450x338).jpg

後方は函館山と展望台(頂上が光っています)
       
    RIMG0965 (338x450).jpg

これは何かに出ていた写真をマネしました。

 RIMG0966 (450x338).jpg

こんなに明るくは撮れません、編集機能で写真を明るくしました。

 RIMG0968 (450x336).jpg

泊まったのはベイエリアの人気ホテルでした。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 函館・小樽等 | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

函館元町教会群

今朝、旭川から札幌に出勤しました。「氷点橋」の威力は絶大です。実家を7時に出て7時20分発のスーパーカムイで9時の始業に間に合います。それを話すと同僚君は「僕は7時には会社着いてますよ」

男性が会社に着いた時間に旭川の実家を出るワタクシ・・・あれれ?フレックスタイムではないですよ。要はですね、旭川なら札幌に通勤できちゃいますね〜

今朝は“ちぃママ”にお弁当を作ってもらった。「オニギリでいいよ、海苔は別にしてちょうだい」。「行ってきま〜す」と家を出て駅に着いたら後ろから「ちょっとぉおお〜!」と聞き慣れた老婆の叫び声。「海苔忘れたぁ〜」なんと“ちぃママ”が海苔10枚入りの袋ごと持って自転車で追いかけて来たのでした。

さて、函館の旅日記の続きです。函館ロマンティックコースの定番。山麓下の教会群

RIMG0933 (450x338).jpg

大三坂

RIMG0942 (450x338).jpg 

旧函館区公会堂。旅行雑誌に「ライトアップ」写真が乗っていたけど、ライトアップは冬場だけみたいです。是非見たいですねぇ〜

RIMG0944 (450x338).jpg

CM撮影でも有名な八幡坂

 RIMG0945 (450x334).jpg

有名なハリストス正教会

 RIMG0951 (450x338).jpg

夜明け前みたいだけど日没時です。夜明けの教会もムーディーかも。

 RIMG0952 (450x338).jpg

聖ヨハネ教会。 

 RIMG0954 (450x338).jpg
 
カトリック元町教会。

函館はたくさん見どころがあっていいですね。旭川とは随分ちがうなぁ〜なんて思いながら旅をしていました。お盆のニュースで「リピーター観光客が多い函館、但し宿泊は1泊が大多数」とあったけど泊まるだけいいですよ、旭川を訪れる観光客なんて1割も泊まらないしょう〜
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 函館・小樽等 | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

箱館奉行所

幕末の箱館の役割を象徴する奉行所が昨年7月、140年ぶりに甦りました。

SN3J4545.jpg

復元するくらいなら壊さきゃよかったのに…と思うけど、当時の場所に当時と同じ材料・同じ工法で蘇った事は素晴らしい事です。

     RIMG0893 (400x300).jpg

五稜郭が保存され、中に役所や学校などの余計な物もなくて良かったです。奉行所再建で五稜郭の本来の役割がはっきりし、一気に奉行所らしくなりました。

  RIMG0906 (450x338).jpg
復元は全体の1/3

     RIMG0890 (450x338).jpg
三間合わせて72畳の広間

               RIMG0889 (338x450).jpg
中庭。いろいろ資料の展示もあります。復元についての「メイキングビデオ」を見ると結構感動します。日本の伝統建築の素晴らしさは残していきたいです。

    RIMG0901 (450x338).jpg
星型の周囲を歩いてみました。緑の中とっても気持よかったです。

    RIMG0902 (450x338).jpg
城的なものを見つけると萌えます。戊辰戦争の最後の舞台となったわけなんですが、そちらの方は勉強していないんです。

               RIMG0879 (338x450).jpg
石垣だぁ〜五稜郭はまぎれもない城でした。

今年はめっきり城に行かなくなってしまった。目ぼしい所は結構行ったのもあるけど、今は北海道から出たくないです。やはり3.11以来私の世界は変わってしまったんです。落ち着けば秋にでも・・・もっともっと沢山旅行したかったです。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 函館・小樽等 | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

五稜郭タワー

箱館五稜郭 正式名は亀田役所土塁

                     SN3J45420001.jpg

2006年4月開業の新五稜郭タワーから眺めます。高所恐怖症のワタクシ窓際に立てず(>_<)これがやっと。840円払ってこれじゃ帰れません!

RIMG0877 (500x375).jpg

決死の覚悟で近づくも立って見下ろすのは無理。手前で膝を着いての撮影は恥ずかしかった(本当は這いつくばって歩きたかった)

幕末に取り入れられた洋式城郭(稜堡式築城)、フランス人建城家:ヴォーバンの名を取り「ヴォーバン式城郭」とも呼ばれており、日本の様式城郭の代表例が箱館五稜郭。日本最大の稜堡式城郭で設計から普請・作事まですべて日本人の手によって行われた。

蘭学者:武田斐三郎の設計により慶応2年(1866年)に竣工、5つの稜堡を有する星型の周囲に土塁、その外周に石垣を用いた水堀、さらにその外周に斜堤を設けている。

110726_2302~01.jpg110726_2302~02.jpg

右の図面のように一ヶ所の「半月堡」、三ヶ所の「凹堡」が設けられた日本で唯一のフランス型「ヴォーバン式」城郭。

 RIMG0876 (450x338).jpg

石垣・土塁ズーム

 RIMG0873 (450x338).jpg

箱館奉行所ズーム
。新しいカメラCX5、ズームはバッチリですね。  
今更にして思うのですが、函館五稜郭は国内第一級の城郭史跡です。   

                  RIMG0909 (300x400).jpg
奉行所から見たタワーこれは高い!怖いです!

【追悼 松田直樹選手】
大変残念な結果になりました。
私は過去にコンサドーレの試合で2度ほど対戦相手の選手として見ただけですが、2002年の日韓W杯では中心選手として活躍し、人々の記憶に残る選手でした。サッカーはチームの移籍がめまぐるしいのですが、J1の同じチームに新卒から16年在籍って記録じゃないでしょうか?まさに「ミスターマリノス逝く」
 関係者やフアンの方の衝撃は計り知れないと思います。合掌。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 函館・小樽等 | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

函館B級グルメ?

グリーン車が似合う女“ちぃさま”
その分を倹約なのか?食事は超質素でした。

★駅前通り「エバーグリーン」の「いか塩辛コロッケ」

            RIMG0862 (350x263).jpg       
もっと「塩辛」が入っているかと思っていたんだけどな〜ビールに合いそうです。

★「イカドゥ」は美味しい

            RIMG0866 (350x263).jpg
店名も商品名も「イカドゥ」イカ焼きです。食べたのはソース味。他にはピザ味、味噌、醤油があります。中にはソースとキャベツ(マヨネーズは抜いてもらった)美味しい〜
                    RIMG0867 (270x400).jpg
五稜郭タワー近くの店です。他の味も食べてみたい。

★「ラッキーピエロ」
B級と言ったら叱られそうな函館の市民グルメ。函館市内に十数店を構えます。前の職場で函館出身のお嬢様が「函館は世界で初めてマクドナルドが潰れたんです」と言っていたのは衝撃的でした。

                          SN3J45630001.jpg
 
SN3J45510001.jpgSN3J45540001.jpg

人気2の「ラッキーエッグ」ソースベチョベチョ(>_<)これは苦手でした。
夏限定の「イカ踊りバーガー」にすれば良かったですぅ〜

他にはイアスミラムネ、いかすみロールケーキ、イカスミカー、イカスミプリン、イカスミ餃子等々あります。試してみたいようなみたくないような・・・ですね。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 函館・小樽等 | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

函館へ

職場の女子は今年海外ラッシュ。中国、シンガポール、オーストラリア、フランス・・・

私はパスポートも切れたし、最近はすっかり国内派になってしまった。この時期に休みたかったのと、暑い中での旅には自信ないので函館1泊2日で行ってきました。

  RIMG1124 (400x300).jpg
ふりこ特急 スーパー北斗(写真は帰りの函館発)

 RIMG1129 (400x300).jpg
地味な夏休みなので奮発して往復グリーン車にしました。

  RIMG1130 (400x300).jpg
帰りはガラガラ。乗っていないのが見えたせいなのか、発車前に沢山の乗客がグリーン車の中を通過してました(◎o◎)一度新幹線のグリーン車乗ったけど、新幹線よりも座席は広く前後の間隔も十分でずっと快適。ドリンクサービスもあります。

 SN3J4536.jpg
出発当日朝のなでしこジャパンの号外。8時34分発車に合わせて向かうと、ちょうど駅構内で配っていました。決勝戦は夜ホテルで観ました。

※サッカーと言えば松田直樹選手の容態が・・・どうか快方に向かいますようにゴメン/お願い

 RIMG1123 (400x300).jpg
函館は道内の始発・終着駅なのでホームから即連絡通路です。改札口からホームまで階段の上り降りもないどころか、段差もないバリアフリーなのです。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 函館・小樽等 | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

ファーム富田 ラベンダー

最近のワタクシ、まるで花畑ブロガーです。

単純なのか?感性が豊かなのか?ヒマなのか?毎日感動の日々にございますよ。

説明不要な超有名な中富良野の富田ファームへラベンダー撮影に行きました。

RIMG1151 (500x375).jpg

【彩の畑】
畑の七色の花が咲き揃うのはわずか1週間だとか・・・今回もハズレだけどキレイ!

   RIMG1163 (450x338).jpg

トラディショナルラベンダー畑
   RIMG1172 (450x338).jpg

ファーム富田の始まりとなった畑。急な坂を登るので人も少なめ。

   RIMG1156 (450x338).jpg

   RIMG1182 (450x338).jpg

入場料はかかりませんが、お金を落としていかない人はいないでしょうね。カフェや軽食や売店が何か所あるのでしょうか?私はメロンだけ・・・

         RIMG1147 (300x225).jpg
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 函館・小樽等 | 更新情報をチェックする