2008年02月14日

08年2月わいんのがっこう

月に一度の“わいんのがっこう” ワイン会というより“話飲会”ですが・・・
今月も“ごっしぃ”さんのリストをお借りして多少改ざんしました。

【スパークリング】
1、MOUSSAILLON GRIOTTES
ロワール地方アンジュ。シュナン・ブラン100%。
「MOUSSAILLON」は「見習いの水兵さん魚」の意。
う〜ん飲み慣れないけど元気いい感じ。
画像1 968.jpg

【白ワイン】
2、SANCERE 2001 L`ESPRIT DE RUDOLF VINCENT GAUDRY
  ロワール地方サンセール。
   サンセールを代表する作り手の一人。と言うもののサンセールらしくない〜
  アフターは山わさびでした、私だけですが(笑)
画像 542.jpg

3、今回の目玉 SAVENNIERES 2002 NICOLAS JOLY
  ビオディナミワインの伝道師、カリスマ:ニコラ・ジョリー。
  24時間前に抜栓したもの。(ジョリーがそうしろと言っているらしい)
  【開けた直後は全然香りがしません、3〜4日置いても味わいが増す】・
  以上、校長先生からのコメント。
  シュナン・ブラン100% 
  今まで味わったことがない“本物のワイン”かも知れぬ。
画像1 962.jpg
4、MIENHEIMER ROSENBERG RIESLING 2004 
    FRANZ FABER MOSEL Q.b.A
  ローゼンベルク(バラの山)。 アルコール9%。  甘〜い

【赤ワイン】
5、FIXIN 2005 HERVE CHARLOPIN

6、FIXIN 2003 DENIS BERTHAUT
  2003年は猛暑のため、濃いワインが出来る。
  一部からは、「ブルゴーニュらしくない」とも・・・。 という程では・・・と思うけど(笑)
画像1 963.jpg
7、CHATEAUNEUF DU PAPE 2003 CLOS DES BRUSQUIERES
  パーカー92点。 グルナッシュ60%、シラー30%、ムールヴェードル10%。
   赤ではこれが好きでした、あっパーカーに踊らされたわけではありませぬから!
画像1 965.jpg
8、PAPE★STAR KUNIN
  シャートーヌフ・デュ・パプを目指したアメリカのワイン。
  グルナッシュ60%、ムールヴェードル20%、シラー20%。

【極甘ワイン】
9、MUSCAT DE RIVESALTES
    VIN DOUX NATUREL PUIG-PARAHY
  スペインよりのフランス、ラングドック・ルーション地方。
  発酵途中でアルコール添加。糖分が残る。

画像1 964.jpg
お料理の写真は1枚だけ。豚のタン・ミミガー・頭が凝縮したパテ。
“ちぃさま的”には珍しいアングル、新境地を開いたようで一人ご満悦だったりします。

■PINOT ピノ
■札幌市中央区南6条西3丁目 第二すすきのビル2階
■011−532−2021
■7時から夜遅く→朝早くまで
http://pinot-marche.jugem.jp/

今回、1、2、3 はビオでした。
ビオと言うと花が発酵したような、ブフォーとしたビオ臭や、
“すっかい”ような“ひねた”ような味わいで、なんでわざわざ不味くするのか・・・と。

それがですね、ビオだと翌日への持ち越しがほとんどないんです。
ビオシャンパーニュの時も快適でした、甘口が大多かったにもかかわらず。

それは【畑から化学物質を排除し、土壌の活力を最大限に発揮させる】
ビオディナミ(生力学農法)で作らたワインだからなのかな?酸化防止剤の差か?
さすがジョリーは、なんかわかんないけど美味しかったんです(笑)
かと言って最近氾濫する「ビオワイン」の文字に惑わされないように学ぼうっと。

私は節酒宣言したのですから、量を飲まない分、食べ物もそうなんだけど、
口に入れるものは自分でもっと“責任編集”しなくっちゃ。
と言うわけで、今後はビオに注目!と、自然派にちょっと転向したのでありました。

人気ブログランキングへ←応援クリックよろしくお願いします
posted by ちぃさま at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | わいんや・PINOT | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちぃさま、今回も楽しいがっこうでしたね〜♪

ビオ臭と味わいは、同感です!
この頃ようやく鼻と舌が慣れ、不思議だけれど美味しいなと
思えるようになりました。

好きなワインの種類が増えていくのは嬉しいですよねd(^o^)b

Posted by プータオ at 2008年02月15日 16:49
>プータオ様
不思議ですよねー
心から美味しくはないけど(笑)
後から不快になるワインを、美味しいと飲むのはどうかな?と。
まぁ量飲まなければいいのでしょうけど、
それだけでないような気がします。やっぱり興味津々!
Posted by “ちぃさま” at 2008年02月15日 20:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック