2011年05月15日

見本林〜氷点の舞台を訪ねて

祝!氷点橋開通記念特集

神楽外国種種見本林

私は三浦綾子の代表作「氷点」の主人公と同じ小学校・中学に通った。特に小学生時代は、学校すぐ裏の見本林に理科の時間や写生とかよく行ったものです。

1A8FC0E120152.jpg

すっかりキレイに整備されました。

1A8FC0E120151.jpg

「三浦綾子の氷点を歩く」これはいつできた看板なのでしょうか?
当時は「氷点」の舞台を示すものは何もなく、学校でも先生誰ひとり「有名な小説「氷点」の舞台・・・」と教えてはくれなかったし知らなかった。旭川を「氷点」の街として観光PRってこともなかったと思う。

1A8FC0E120155.jpg

1A8FC0E120156.jpg

当時は鬱蒼とした森で、いつも薄暗くて涼しかったです。小さな子供だった事を差し引いても、今は明る過ぎるなぁ〜
木も随分減ってしまったようです。全然涼しくない。

1A8FC0E120159.jpg

台風で倒れてしまったようです、復活を願う標識が立っていた。

三浦綾子記念文学館

平成8年、国有林(つまり「氷点」の舞台の見本林の中)に建設されたことで話題になりました。訪れるのは2回目。館長であり綾子氏の創作活動を支えた夫の三浦光世氏がいた。80歳を超えているのに髪はフサフサ、パリッとしたスーツ姿で見学者を案内してた。

 1A8FC0E120154.jpg         

「氷点」は1964年の朝日新聞の懸賞小説で、賞金が1000万!!!というのが、センセーショナルな話題になったらしい。賞金1000万のうち税金が450万だったと光世氏が語っていた。今でも賞金1000万はすごいと思うけど。

三浦綾子氏の著書は勿論、昭和41年放送の初代ドラマ「氷点」を観ることもできる。

花火in神楽

1A8FC0E120153.jpg

見本林に続く、美瑛川の河川敷で毎年8月14日、花火大会がある。
林がライトアップされ木々の間から打ち上がる花火は、まるでキャンバスの中の絵

1A8FC0E120157.jpg

神楽中学校跡地

「氷点」の見せ場のひとつ、卒業式の「白紙の答辞すり替え」の舞台の名門!旭川市立神楽中学校。今まで10回程ドラマ・映画化されたけど、89年のテレ朝ドラマでは体育館で卒業式のロケが行われた。廊下にロケの写真が飾ってあった。母親役は いしだあゆみ。

1A8FC0E120150.jpg
     
我が母校は平成9年に移転以来、ずっと臨時駐車場のまま、草ぼうぼう。
国道拡張で校門の位置さえもうわからない。右手は大雪アリーナの屋根。
国道はさんで向かいの神楽小学校は、少子化で超コンパクトな校舎に変わってた。

【補足】

時々自分のブログの過去記事を見ます。内容はともかく初期の頃はせっかくデジカメで撮った写真なのにサイズが小さくてもったいない・・・

今回は神楽の住民にとって歴史的な「氷点橋」開通したので、記念に2007年8月にアップしたブログを写真サイズ大きくしてアップし直しました。

? 155.jpg元のブログはこんな小さな写真だった。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 旭川食べ歩き他 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おかえりなさい!
旭川でも満喫されてきたんですね♪
なんか、暑いのイヤだと思ってたら、あっという間に涼しくなってそれもまたちょっと寂しい。。

昨日アド街で円山特集やってましたね〜
1位はちぃさまお得意の円山登山でした。お店もいっぱい紹介されてて、引っ越す前にもっと活用すればよかったと後悔。。
今度是非一緒に円山散策しましょ♪♪
Posted by chie at 2007年08月19日 09:54
chieちゃん
旭川では33度の中、朝夕2回のウォーキングでしたよ(笑)
アド街見ましたとも!円山はグルメも大自然もあって素晴らしいね。
タグチジュンイチには笑ってしまったけど。
円山散策行きましょう♪行きましょう♪
Posted by “ちぃさま” at 2007年08月20日 00:14
花火の写真がきれいですね。ちぃさまと「親戚」のデジカメを持っているので、私もきれいに撮影できるかな?まだ使いこなせていません^^;
Posted by miho at 2007年08月20日 19:57
mihoさん
誰かそう言ってくれるの待ってました(笑)。左の写真は花火の前に
ライトアップした木を撮るのに、シャッターの瞬間閃光と爆音が!
ただ花火は写真に固執しないで、見て楽しむのが一番かと思ったけどね。
Posted by “ちぃさま” at 2007年08月20日 21:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック