2020年04月14日

宝塚のこと

今年は宝塚遠征を減らすと宣言したワタクシ・・・わざわざ宣言する必要なかった(*´-`)
もう観たくても観れません💧

3月に2度再開した時は劇場系エンタメの矢面に立たされ大変な非難を浴びてしまった宝塚歌劇団。あらゆる対策を施してなんとしても上演したい千秋楽、退団セレモニーで退団者を送り出してあげたい劇団の親心というのはファンの欲目ですけど・・・

ぴあやローソンチケットからは普通に外部公演(宝塚ファンは宝塚以外の公演を外部という)の6〜7月公演発売の案内来るけど・・・無理でしょう。

宝塚は先日一気に6月末までの中止、トップスター退団延期、再開後は予定を順延することを発表した。再開時期はみてい。振替公演ではないので宝塚友の会で当選したチケットは口座に払い戻されるらしい。

宝塚歌劇団が順延できるのは大劇場を持っている強みです。キャパ2000人あまりの東西の大劇場と、付属のバウホール(キャパ500人の小ホール)、劇場だけでなく制作スタッフ、出演者は勿論宝塚専属だし。すべて自前だからこそできることです。

BA4FBFF9-322D-4C43-ACD7-3CFD689D3F57.jpg

なぜか懐かしのすみれシチュー再登場。
昨年2月のことでした。なかなか好評だったようです。

ワタクシの観劇予定が幻になった公演。

4月 宝塚大劇場 花組【ハイカラさんが通る】

86B41AAB-F0AC-4790-B85E-A3B9EF209C28.jpg

恒例の4月の桜の旅は欠かせない。

大好きな柚香 光ちゃん(ゆずか れいと呼ぶ)の大劇場トップお披露目公演。3月13日初日のはずがずっと初日開かないまま。これは異例のセルフ再演で17年秋に大好評を博した公演でした。スカイステージ(宝塚専門有料チャンネル)で観て、光ちゃんの伊集院少尉にキュンキュンしちゃったので観れるのが楽しみでした。結構良い席だったので。


4月 東京宝塚劇場 星組【眩耀の谷/Ray】

8C48856C-B480-4C13-A5E6-F8519FB771E2.jpg

こちらも星組新トップ 礼真琴の大劇場お披露目公演。これまで【宝塚大劇場・中日劇場】【宝塚大劇場・日本青年館ホール】【宝塚大劇場・梅田ドラマティックシアター・博多座】【宝塚大劇場・バウホール】【宝塚大劇場・梅田芸術劇場】と数々合わせ技観劇を敢行してきたワタクシ…今回初の東西大劇場ハシゴを目論んだわけだがパァである。

5月 文京シビックホール 雪組【NOW!ZOOM ME!!】

DE8D36E5-4241-4727-B0AC-A55B43DEC264.jpg

これが一番悔しくてたまらない・・・💧💧💧

せめてコロナが3か月遅ければ・・・💧💧💧

不世出の美声&歌唱力を誇るトップスター望海風斗の退団前のコンサート。当初は行く予定なく、いや当たるわけないので宝塚友の会の申込み実績ポイント稼ぎで申し込んだ。超絶チケット難の公演、しかも一番チケット難の千秋楽、一緒に退団する娘役トップの真彩希帆出演日。チケット倍率は天文学的なはずだか、何故かサクッと当選してしまった!

このコンサートのためにナオト・インティライミ氏が新曲を書き下ろし・プロジュースしたのである。

転売サイトでは12万で取引されていた。ミュージカル界のプリンス 井上芳雄がゲスト出演予定の初日より高いのだ。これは行くしかない!

宝塚ファン以外にはまったく有り難みはないのだが望海風斗が熱望していたコンサート。退団公演前のプレ退団公演として、破格の豪華ゲストをお迎えして彼女の旅立ちを祝福するはずたった。ワタクシが行く千秋楽はライブビューイングも決まっていた。ライブビューイングのチケットさえ瞬殺である。

【映画館の皆さ〜ん!楽しんでいただいていますか?】を現場で体験できる優越感!ワタクシは歴史の目撃者となるはずだった。

CD9F2A9A-E016-4456-8F80-329ADFE59B04.jpg
なんと ananの表紙に登場‼️ 
宝塚歌劇団初の快挙‼️
実力は本物です‼️
カッコイイ‼️

9月の全国ツアーまではなんとか再開して欲しいけど年内は諦めてます。

本当に本当に宝塚の舞台は夢の世界です❣️
別に虫の知らせがあったわけではないけど、まるで何かに駆られるように・・・相当な無理をしても遠征いっぱい行って本当に本当に良かった。

出逢えてよかった(なぜか終末モード💧)

さて、3月からCSのタカラヅカスカイステージをお休みしているので(一旦解約中)、いくつか録画したものを観ている。これを実際に目の前で観たのか・・・夢としか思えない💧


そして【春の雪】

2B079ECC-20A8-4F07-A744-A1E79FD501CA.jpg

三島由紀夫ブーム継続中のワタクシ…【春の雪】から読み始めていたのだ。

三島由紀夫の最後の作品【豊穣の海】4部作の1部目を、昨年退団した花組トップスター明日海りおが、まだ月組時代の2012年に宝塚バウホールで上演した。そんなんです、宝塚で三島由紀夫作品って凄いというか、上演しようと思った人エライ!


image0.jpeg

2018年【ポーの一族】の前は明日海りおの代表作(ハマり役)と言われただけあるわ!未熟男子のめんどくさい超こじらせキャラの美少年を演じたらこの人の右に出る者はいない!いったいどれだけストイックを役を練り上げていったのか・・・

名作だけにいろいろ映画・舞台・ドラマ化されたそうですけど、二十歳で死ぬまで夢日記を書いていた浮世離れした超絶美貌の松枝清顕は、リアル男性より明日海りおのビジュアルとこじらせキャラ再現を持って原作の可視化に成功したと言ってよいのではないか?三島先生に観てもらいたかったですねぇ。

ヒロインはのちに雪組トップ娘の咲妃みゆ。もう聡子が憑依している。本多役は珠城りょう、書生の飯島の陰鬱さを見事に演じた宇月颯。蓼科の老獪さは専科の美穂圭子。立ち姿だけで皇族な鳳月杏。老け役も皆さんハマりまくりブー🐽である。全てのシーンを宝塚の演者に当てはめて読み進めてはビデオを何度も観ている。

エンタメ系では演劇だけ苦手というか良さがわからないのだけど、これは原作読んで鑑賞したら本当に面白かったと思う。演じる甲斐もあるでしょうね。

ただし、見事な可視化ではあるけど、原作の美しい日本語の世界は小説以上に表せるものはない。この文学的高尚さ、芳醇さ、ワタクシとても理解できているとは言えない。いや〜原作が凄すぎて。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 宝塚 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。