2019年10月25日

旧前田侯爵邸その3

旧前田邸まだあります。

C7F32DA0-F100-4735-9B09-5D2287714E58.jpg

2階に上がります。この素晴らしいアングルは何かに載っていたものを真似しました。

AC59D032-1931-46CD-8FE0-B1D27AD38522.jpg

1階が公的なスペースなら、2階は主に家族のプライベートスペースとなっています。


6C7B7C5E-FDC6-45DE-A9BA-F7259B476551.jpg

階段に向かい合うステンドガラス

さて、今回の修復では2階の書斎・寝室・夫人室が復元されました。

【書斎】

改修の中でも一番の目玉。16代当主  前田利為公爵の書斎があざやかに蘇りました。

E575CDBA-196A-4197-9834-DB89C54294A6.jpg

6070C158-6CAB-42EA-B2E4-784D342FBD18.jpg

EFE57483-958C-4D46-B59F-48905D0115F3.jpg

主な家具はイギリスの高級家具メーカーのハンプトン社で注文製作したもので当時のままです。

D6A8E37A-E05B-47C7-95D7-9031B8F0ED5E.jpg

菊子夫人の肖像画

84E3BF0B-6A6D-4B9E-9F88-1BCFA1610F6C.jpg

当主の書斎ですから廊下からノックして入るのではなく次之間から入ります。

【夫人室】

807A65FE-5189-4C03-BDCE-4BCEFF888006.jpg

夫人室は邸内でもっとも華麗な部屋で、家族が集まる居間でもあった。見事に内装が復元されました。連合国軍接収期には病院のような白壁にされてしまったのです。夫人室の絨毯は前田家で実際に使用されていたオリジナルをクリーニングしたもの。ただしクリーニングはもうできないそうです。

【公爵夫妻の寝室】

4B2DA54A-EBA3-4971-BF42-B42D900D5196.jpg

銀地に金銀色の壁紙、カーテンは絹織物、絨毯は毛織物と大変に豪華。

DDE477F0-1171-4688-B26D-5930634E9A75.jpg


【長女(美意子さま)の部屋】子供

D4746B59-C967-428E-9D12-76972695844F.jpg

子供部屋の中では格段に広くて優遇されているのが不思議でしたが、館内の案内聞いて謎が解けました。

当時の上流階級では珍しくなかった、子供達は別棟に住む予定で設計されたそうで、この部屋は客室だったそうです。侯爵夫妻の希望で親子同居となったとか。

【次女の部屋】

FD5655EB-CA68-4BEB-85A5-CFB3B54A09E1.jpg

このマントルピースの写真もアングルを盗用しています。床にスマホ置いて撮った感じかな、すごく高さがあるように見えますけど。


A306C494-E7AC-4DD0-8724-C48E640E6D45.jpg

これは三女の部屋。元々は菊子夫人の衣装室だったそうです。

04A82249-62BE-45C9-944C-3F6342BF6497.jpg

三男の部屋は資料室になっています。

1A81D4B0-71B0-4B2B-9579-937DB4877FB3.jpg

38DF1E81-C978-4614-8E96-F9593E33783E.jpg

10EAC9C2-ADB5-4C13-992D-56325557F0E1.jpg

2階の北側にある女中部屋は家族のスペースとはきっちり段差をつけて、廊下も狭く建材も変えて格差社会。

A4DCBB63-8E7E-4030-A550-14C540D69E3D.jpg

出発日に風邪をひいてしまい、暑さと発熱で汗びっしょり。和館は見ずに駅に向かう。途中カフェでチーズケーキと珍しくアイスコーヒー。ひと息ついて遠くの目的地に向かった。













posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(関東) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。