2019年06月19日

宝塚コスプレ写真館

宝塚歌劇のテーマパーク  宝塚大劇場内にある宝塚コスプレ写真館。

EF46E4E6-21A9-4773-8A85-4BD8D3BCF7F4.jpg

【Salon de Takarazuka ステージスタジオ】

宝塚メイクで変身し甲斐あるのは、凹凸があまりなくて目と目、目と眉が離れている顔だと思っています。ワタクシは真逆でジャズダンスでステージに立った時のメイクで映えないのがわかっていたけど、大劇場に行くたびに目に入るので無謀にもチャレンジ。

F2F95FAE-B8FE-4337-B8AB-3FCE2A65DFED.jpg

予約不要のメイク無しコースもあるけど、せっかくなのでメイクコースを予約しました。メイクは40分かかりますと言われ、それくらいかかったと思います。

ドーラン塗ってパントマイム演る人みたいになって、鼻筋に白いハイライト、鼻脇には赤いシャードを塗り、粉はたいて更に水と粉を混ぜたもので固める。コレはもう塗装ですわ。


苦慮していたアイメイクは、眉毛より上の位置に眉毛を描かれてしまいました。付け睫毛は目の際ではなく深く折り重なった奥目の瞼の上に、本来の目の際より1センチくらい高い位置です。下の睫毛はつけ睫毛ではなく描きます。もう想像の上いきます。


ドレスは上下セパレートで2人がかりで着せてくれます。輪っかのドレスと言いますか、鉄の枠組みの中に入ります。メチャクチャ重く歩くのも大変です。ステージ用は生地は同じで(多分枠組みを)少し軽くしているそうです。カツラやアクセサリーをつけて撮影です。

撮影は、あと1センチ右へ、かがんで、アゴ引いて、手を上げて・・・細かく細かく調整しながら何枚も撮って・・・すごくキレイですよ〜!と言われてモデル気分になります。スタッフさんがピックアップした5点から自分で選びます。どんなに綺麗かと思ったら、確かに別人にはなるけど元よりは良くはならない。当然なんですが。



32151D91-6D4B-471D-84AB-A03073A32481.jpg


約10日後に届きました。

825F1B6A-8A6A-4BC9-B687-B5CF5C80B502.jpg

自分の写真に【宝塚歌劇】の文字・・・フアン心理をうまく突いていますなぁ〜

F708D79C-72E6-4451-8472-1D3BE116795A.jpg

2着ともマリー・アントワネットです。張り込んでサファイアコースにしたので、ピルケースやらフォトスタンドも付きます。なんと写真付きの会員証まで作られてしまいました( 笑 )

左奥のカーテンの額縁みたいなのは、くじ引きで当たった【飛び出す台紙付き2L写真】コレ結構笑えます。

ワタクシ…加齢なのに良く頑張りました‼️

完成品を見ると面白い体験だったなぁ〜高額だけど自分へのご褒美兼誕生日プレゼントになって良かったなぁ〜やっぱり男役もしたいなぁ〜来年はアンドレとオスカルかしら?なんて( 笑 )

D84A15F5-EBC6-423D-AE07-9ABB6801B91C.jpg

阪急宝塚駅前にはべルばらがありました。

94C20782-1F69-4767-A7A0-B8A5FE0BE67C.jpg


【気づき】
口角をあげること。

いきなり口角上げてくださいと言われて固まりました。ワタクシ…普段どんな表情しているんだろう?人からみられる自分を意識していない。口角を上げるのはいいことばかりだと思うので意識してみる。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 宝塚 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。