2019年04月17日

しこりはなかった

1週間に一升(10号)の玄米+ラーメン、炭水化物の摂取が多すぎるものの、食べる物にも気をつけ、電子レンジは使わないし、ホットヨガのお稽古も欠かさないワタクシ・・・自分に許している体重の変動は1キロ以内である。人間ドックで指摘されるのは毎度おなじみの肝臓の血腫のみ、何故か健康には根拠のない自信がある。

0F956A28-7CF0-4653-92B1-D16D76D5CEB9.jpg

昨年の話であるが・・・1ヶ月後の結果通知でいきなり右乳房のしこり(腫瘤)びっくり仰天である😱ワタクシは痛いの嫌いだからマンモグラフィをエコーに変更している。今回から触診はなくなった。今回の検診ではエコー検査中も問診でも、いつもと同じ肝臓の血腫の経過観察は言われたけど、新規の乳房所見については何も言われなかった。

問い合わせするも場所も大きさも不明。良性のものだから経過観察しましょうとのこと。まぁ異常あれば再検査ってなるから大丈夫なんだろうけど、とにかく所見あるのに何も言わないで通知だけ来たって言うのが信用できない。不安だし乳腺クリニックに行ってきた。

と言っても行ったのはそれから8か月後。自分でいくら触ってもわかんないし・・・怖いし・・・こういう大事なことを放置して宝塚どころじゃないのにね。とにかく今年の検診前にみてもらわなくては!決死の覚悟で月曜日に予約電話しようと決めるも携帯忘れた。ここで延ばしたらダメだと昼休みに直接予約しに行き、木曜日の午前中の予約となった。ちょうど木曜日は午後から宝塚遠征行く為休みを取っていたのだ。

普段のワタクシには病院に直接予約に行く行動力はない。今思うと6年前の4月に亡くなった大切な友人が、“ちぃさま”行くのよ!と背中を押してくれたのかもしれない。

初めてのマンモグラフィ・・・確かにぎゅっと潰される圧迫感はあるが痛くないので拍子抜けした。乳腺も少ないのか?

そのあと乳がん専門医👨‍⚕️によるエコー検査。右乳房の内側を何度も・・・もしややっぱり何かあるのか?緊張マックスのワタクシ・・・

ないですねーなくなったのかも知れませんねーマンモグラフィもまったく異常ありません。

ふ〜気が抜けた。石灰化もなかった。しこり詐欺か?いやいや安心料である。人間ドックの時にはあったのか?見間違えたのか?は謎だが、見間違えることも見逃すこともあるだろう。見逃していたのなら8か月の遅れを永遠に後悔したかも知れない。ホッとしたという感じはなく、あらためて乳がんリスクを考えてみた。しこりはなかったというより、今回は見つからなかっただけのことだ。
 

2902D1A1-FD7F-4B3F-8B34-BF0C1D5D056A.jpg

厚労省ホールページより。がんによる死亡者は乳がんより大腸がんの方が多い。

子宮は人間ドックでは頸がんのみ、毎月更年期のお薬もらいに行く婦人科で、年に1回体がん検査とカメラ入れられて診てもらっている。卵巣に水が溜まっていると言われ、なくなることもあるからと半年後の検査ではなくなっていた。


あとは母親の家系の宿痾で、老後に危なさそうな血糖値対策が課題。体温も低いし、外反母趾はひどいし、2年前には目眩に苦しみ、ストレスは多いし、疲れやすいし・・・もっと自分のケアをしよう。




posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 健康・美容・フィットネス | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。