2017年08月19日

新宿末広亭

​新宿地域文化財第一号に指定されている、唯一の木造建築の寄席。今や東京名物  新宿末広亭

85AE3045-D457-4A06-8E7B-27C4F0DD2A63.jpg
6月に行ってきました。オフィシャルの写真

ED68C821-B198-4E63-B22B-5A39C38EC3BD.jpg

​終演後。最近の落語ブームを反映してか?炎天下の中長蛇の行列。椅子席に座れずサイドの小上がりだったので態勢つらかった。中は二重三重の立ち見で大盛況でした。

414345F1-0DCF-4D5B-A6FA-7EBAC744ECDB.jpg

​こちらは次の夜の部かな?

631391B8-5FD3-4C4F-84BA-25F37B957023.jpg

​公演プログラム。数えたら18組が持ち時間15分で(トリは30分 )次から次からへと。落語の合間に漫才、ものまね、曲芸もあり飽きません。やはりテレビで観るのとライブは全然違いますというか、生で見ないと面白さは伝わらないだろうなと言う気がします。

特に漫才コントの臨場感とスピード感は楽しいです。【ロケット団】笑ったなぁ〜ちょうど、このハゲ〜!がドンピシャのタイミング(爆 )でした。


E9696EFD-984C-43D8-AEE4-FB16798AD468.jpg


​私の好きな春風亭一之輔が観れてよかった。他にはずっとテレビで見ていた林家正蔵(元こぶ平 )も生で観ると感慨深いし、風格もあってなかなか良かった。

寄席って楽しいです!途中寝てもつまんなくても次から次へと変わるのでOK。ワタクシは独演会よりこういうスタイルがすきだなぁ。とは言っても東京でしか叶わないですが、少なくともオペラグラスで観るような大箱での独演会なんぞもう行かない。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ライブ・観劇 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック