2017年06月15日

草間彌生わが永遠の魂

​本来の旅の目的草間彌生展【わが永遠の魂】


D48278F1-474D-4BCB-93EC-D3D1F0BAD50C.jpg

53E9D758-1E2A-47B1-830D-0308E5BADBF5.jpg

​六本木  国立新美術館

本来は金曜の午後に行く予定だったけど、土曜の開場直後の一番混む時間帯に行ったものだから、外で発券待ち30分+中で入場待ち20分。見終わったらグッズレジ待ちが長蛇の列😒

75971F5C-4231-45B5-8061-9979025EEC61.jpg

過去最大の規模で、子供時代からの作品もあり回顧展のような集大成のような展示会で、大変な話題と動員を集めました。

メインの展示室は撮影可なので皆様の記念撮影の合間にパチパチ。大変でした。

AF099A08-2345-4EEF-B2E0-DA65888715E8.jpg

​本来旅のメインの目的なので魂を揺さぶられるような感動を期待していたけど、ワタクシ前日の呑み疲れと行列で並んでヘロヘロでした。感動する気力もなく、ひたすら華やかな色調を喜んでみてまわります。

ただし、そのあとで紙面で見た作品が、紙に印刷されたツルツルのものは本当につまんないなと感じた時に、本物を観る意味ってそういうことなのかと悟ります。

883C5BE7-532F-4742-BCD8-B1559F0E00B6.jpg

​人人人ですが、せっかくなのでワタクシも少ないシャッターチャンスを見逃しません。

21A1405C-7467-4166-B6E7-1861AFE859D2.jpg

​どれが好きかな?スカーフにするならどれがいいだろうか?とか漠然と妄想。

4270B2F4-E1C8-4C50-BECB-BBDFD8DB045C.jpg

​やはり好きな色合いのものを撮ってしまいます。


95A5F3E3-F8E9-482C-913C-05777D8A54B9.jpg

​異彩を放つ感じで印象にのこりました。
左上【死が訪れる瞬間】
左下【原爆の足跡】

93B7064E-A66B-4D7A-99D8-4074ACBEF099.jpg

1BB77767-8E5C-45AD-ADCD-22009FE43087.jpg

11BD770B-E6B4-472A-9C2D-EB17B267C441.jpg

​屋外のカボチャ。生憎の雨なので外には出ず。


200CBA88-EA26-40E2-B134-737EB144CFDF.jpg

​外の木も水玉アートで草間彌生ワールド全開だけど、一番雨足強くなり雨でとても外で撮影どころじゃありません。

FDE46562-058A-4A2F-A08A-1E5B57128C33.jpg

外観の写真は昨年イッセイミヤケ展に行った時のもの。黒川記章の最晩年の作品だそうです。国立新美術館はコレクションを持たない巨大な【箱貸し】パッとしないなぁ〜
295C5AD8-1B4F-45D5-B3F0-7DAFD3AF79D6.jpg

館内まあんまり品をかんじません。ぶら下がっているのは昨年のイッセイミヤケの展示です。


​草間彌生おまけ

AF3D3ECD-B70E-4AD7-82B8-B349BEAC8139.jpg

話題騒然!銀座シックスの吹き抜けに巨大なかぼちゃアート出現!

A505C5CD-C4EA-4AD2-9FA4-73E71DB603DF.jpg

​下から見たらこんな感じ。

52E12D4F-7CA6-41CE-B13E-B0A7C34ABBCB.png

​銀座六丁目。松坂屋跡にできた銀座シックス。地下に能楽堂があり館内のアートも話題です。とにかく人が多い!よくもこんなにショップを詰め込んだなとの印象のみ。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館・記念館・展示 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック