2016年11月29日

名古屋めし

名古屋の旅最終回、名古屋めし登場。あんまり頑張れませんた。

名古屋駅地下街エスカ【きし麺 よしだ】

75DB06F5-6F51-4FAB-BAD6-D4E92F428C9F.jpg

歴史あるお店のようです。

3E6AF0A9-31C5-40DF-8C31-D46570D4DDDE.jpg

​一番安いメニュー【きしめん】天然出汁、無添加麺とのことで美味しかったです。隣の席の母娘の天ぷらおろしが美味しそうで、気持ちが揺らぎましたが、夜は早めに櫃まぶしを食べることに決めていたのでシンプルに。


68346D5C-6F19-464D-A248-A1CC9501ED2C.jpg

​低層階を残しながらも高層ビルに生まれ変わった【大名古屋ビルヂング】名古屋駅界隈は今回はこの時だけ。

【あつた蓬莱軒】松坂屋南館

9C1995B6-147C-43B1-9D20-CCC4F3D4B863.jpg

​やはり滞在中に一度は食べたい【ひつまぶし】どうせなら人気店に。本店は熱田神宮エリアにあります。

693B58C2-7D7E-40DB-807B-971B55C27A39.jpg

​松坂屋展も昼どきは、この椅子にぐるっと並ぶそうだけど、夕方の早い時間なら待ち時間無しでした。

C69D8472-3D08-4B79-95B3-FF5FDDA936F9.jpg

​オーダーしてから5分少々で到着。

7E3A46FD-FA1A-4670-A3B2-E7E1A11C96C7.jpg

​鰻がびっしりと真ん中は重なって敷き詰められています。


17B46920-08EB-48EC-B79C-8211ACBD5154.jpg

​よく言う【一杯目はそのままで】


5F4184C8-5081-4403-A246-5059F84D78D3.jpg

​薬味はお代わりしていただきました。

AC24B0B1-73E6-4C51-8762-8DBCF4176EAC.jpg

​ご飯の中にもうなぎ。うなぎの肉感よりも、カリカリ感とタレと薬味でご飯食べる感じでしょうか。3600円と破格のお値段だけど、お店でうなぎを食べるというハレの気分に感動するワタクシ...幸せです。


​【台湾ラーメン  味仙】

D7AEDF3C-AA6E-4A1A-B420-446FA7F67255.jpg

​後発ながら台湾ラーメンも名古屋めしらしいです。セントレア空港で。隣の本はハードカバーではなく文庫本てす。こんなに小さいのに750円、しかも税別。


14CC82C6-E81A-4ABC-918D-022C3CAC3752.jpg


​深い味わいは感じられず辛くてむせた。これも旅の醍醐味。


【伏見地下街】

番外編というか、昭和22年にできたという古い地下街はワタクシ的名古屋の最強。

40AFAFE9-F79C-4899-858C-0AE9B8648403.jpg

​前回のトリエンナーレに描かれたアート。


39AB6B16-1CB4-487E-ACEA-134326016DB2.jpg

シャッター街ではありません。地上は銀行が並ぶオフィス街なので土曜日休みのお店も多いのです。

B225D28B-BA16-4BE5-B109-86F5180F5937.jpg

​なんと嬉しいことに日本酒のお店が並びます。


2A8243BF-970E-44BA-809E-1D3061B5D3F2.jpg

​残念ながら、どちらも開店前でした。

56F8CA62-F0B5-4E8E-BF70-307BDE0E6738.jpg

​【立ち呑み  千】

救世主現わる!ランチタイムは終わっているし、誰も客いないし、営業してますか?と声掛けして入店しました。

BA270451-28B7-45BB-B8BB-5124DA308DED.jpg

​カウンターの大皿は無料!チャージ料金も無し。


E0FCF88A-9B79-4621-A373-466BCE76F03B.jpg

​鍋島純米吟醸。人気のお酒です。どれでも半合500円みたい。

8A0BECB3-51EB-4E15-8E81-EFA727089AC7.jpg

​三杯飲んだので1500円ポッキリ。

あ〜あ帰る日まで知らなかったなんて!もっと早く来たかった〜栄のホテルから歩いて行けたよ〜旅の楽しみの立ち呑みをなんでリサーチしなかったのか。ワタクシなんたる不覚😭バカバカバカ

伏見地下街また行きたい。旅は関西が多く、名古屋は、高山の帰りに固い味噌煮込みうどんを食べただけ、東京から足を延ばして名古屋城だけ、彦根の帰りに名古屋城だけ、と名古屋を目的に行ったのは初めて。もう断然名古屋モードになってます。未訪の岐阜も近いし来年のリピートを誓うワタクシ。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(愛知・三重) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック