2016年10月08日

真田十勇士 舞台

​江戸城から大急ぎで新宿へ

C021F3E2-8A44-4C38-A5B2-AD9C54E3DD26.jpg

新国立劇場で、スペクタブル時代劇【真田十勇士】鑑賞。映画も同時上映されているが、元々は2014年1月2月の舞台がオリジナル。好評につき再演となったもの。せっかく東京行くんだから、ついでに何か面白いものないかな〜とチケット買っていました。


09DC7167-D943-43AF-A21E-B93744E9B286.jpg

​主演は歌舞伎界のスター中村勘九郎  

本当にカッコ良い。あり得ない!ほどの身のこなし、鍛え抜かれた型の美しさ。愛嬌あるキャラクターを歯切れよく演じていた。客席から登場したり縦横無尽に加えて、高さのあるセット上下移動に激しい殺陣シーンの身軽なこと。その運動神経と体力。どうなってんの?

DD5D0AB4-3FD6-4211-87D1-F55712E9C9F5.jpg

4D61C1F5-2137-45F2-9763-014006D43DAE.jpg

​なかなか豪華キャストで淀君役の浅野ゆう子の貫禄よかったなぁ。前日の武道館ライブでは不要だったオペラグラス大活躍。コミカルな中村橋之助のナレーションもおもしろかった。最初にキャストの紹介ナレーションがあって【永遠のセクシーバスストップ  浅野ゆう子】ワタクシ超ウケた。

舞台セット、映像( プロジェクションマッピング)、音響の効果を最大に活かした、ゴージャスで楽しい、スピード感と躍動感溢れる舞台だった。速回し映像を生でみているみたいな殺陣のシーンにはア然。

観ない人に説明するのは難しい。ストーリーはふざけていて、真田幸村が実はイケメンだけが自慢の腰抜だったと噴飯もので、【なにが真実でなにが嘘か】がテーマらしい。ワタクシ常々、素晴らしい、感動したと言っていて、これは感動することが自分の癒やしや豊かさとなることが悦びということなんだけど、今回は掛け値無しに今まで見た演劇関係の舞台の中で最高でした!

やっぱり勘九郎さんがよかったです。ワタクシお父さん( 亡くなった勘三郎さん)結構好きだったけど、お兄ちゃんの大ファンになりました。歌舞伎界の話題はもっぱら成田屋(市川海老蔵 )だけど、成田屋にはこの身のこなしは無理だね〜まぁ芸風がちがうか。


​これにて一泊二日の上京イベント終了。ソーイング関係で、日暮里の生地問屋街は無理なので、新宿オカダヤで物色するつもりだったが、京王新線から新宿東口になんとしても出られず断念。新宿駅のゴチャゴチャはワタクシ鬼門です。予定変更して東京駅に。ここでも目的果たせず神田に。


695F0B4C-8E39-4544-88D4-F9D0A424FC3B.jpg

お目当はマーチエキュート万世橋   麦とオリーブの【はまぐりラーメン】980円と高いけど好きですね。紐みたいな麺はあまりコシがないので、麺固めにしたらバッチリでした。今年3回東京行って、3回共ここで【はまぐりラーメン】と、カフェ3321で日本酒のセットを敢行しました!


D229E6A1-B4A6-4B1B-BB22-3659BC378AC7.jpg

​こちらは江戸城(皇居 )見学後の昼食。食べる時間ないと思って何も物色していなかった。江戸城( 皇居)前のパレスホテルは高級だけど地下に普通のレストラン街があったのでそこのお蕎麦屋さんで、日替わりおすすめの海鮮丼と蕎麦。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽・ライブ・観劇 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凄いな
アクティブ
Posted by ririy at 2016年10月09日 16:06
>ririyさん

アクティブなのは勘九郎さんのことですよね?(笑 )私は平日も休日も行動パターンが決まってしまって、無理してでも行かないとね。
Posted by ちぃさま at 2016年10月09日 22:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442606417
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック