2016年03月05日

東京江戸博物館

​旧前田邸と共にずっと東京で行きたかった東京江戸博物館。なかなか両国まで行く気にはならなかったけど、秋葉原から近いので行ってみよう。

image1.JPG

​最寄りの駅は両国。駅西口には大きなパネルがありました。白鵬と武蔵丸。日本人横綱は2人、三重の海と二代目若乃花(元若美杉  美男力士でした)。この人選は不思議。別の出口には別の横綱がいるのかもしれません。



IMG_7407.JPG

​東京都江戸博物館。となりは両国国技館です。本場所が行なわれている時はもっと別の賑わいなのでしょう。

image2.JPG

​江戸時代の日本橋を原寸大日本橋復元しています。ちょうど催し物の時でした。

image3.JPG

​三越の前身と思われる模型の店舗。いろいろな模型や展示は充実しているのですが、期待が大きすぎたのか?リニューアルで展示が変わったのか?さほどの感動はなく・・・

image4.JPG
​ちょうど企画展で 【歴史をつなぐ天璋院の用箪笥】これが見たかったのです。単に箪笥が残されていたのではなく、10の引き出しに合計565点の資料が収められ、天璋院死後は箪笥を引き継いだ徳川宗家公爵夫人が、ゆかりの品々を追加し整理しながら守り続けていたという事に驚きました。

image5.JPG

​天璋院直筆の書簡、和歌、旅行日記。又は天璋院宛の書簡。近衛家由緒書、断髪許可書。達筆の内容は見ても読めませんが、天璋院という人の 【徳】が表れた筆だと思います。ふだん使わない 【徳】という言葉を使いたくなります。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(関東) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック