2016年02月25日

マーチエキュート万世橋


​1泊2日のマドンナライブツアー。ダイエット中とは言わないけどヴォリューム過多なアフタヌーンティーは断念。代わりにラーメンを求めて秋葉原(神田)のマーチエキュート万世橋へ。

E91F475B-5442-4F05-88FA-110DCEC391F7.jpg

昭和18年に廃止された旧万世橋駅の遺構を再生した商業施設ができたのはなんとなく知っていました。秋葉原駅のすぐ近くにあります。

image1.JPG

​秋葉原西口の角を曲がると、小さくて古風な万世橋があり、ちょっと驚きました。万世橋(まんせいばし)という響きがいいですね。

image1.JPG

​運河に面したテラスみたいな。いい感じ。

image1.JPG

​高架下にはお店が20店ほど。雑貨やカフェなどなかなか素敵です。

image2.JPG

​手前の 【麦とオリーブ 】がお目あてでした。銀座が本店で女子率高し、名物は  【蛤ラーメン】

image3.JPG

​蛤(はまぐり)が7つも入っていました。三重県桑名の蛤のスープは上品な雑煮の出汁って感じです。具の三つ葉・結んだ蒲鉾・揚げた長イモは高貴な雑煮って感じで札幌では味わえないです。京都の製麺所と開発したというゴムひもみたいな細いストレートの麺は合っていて美味しい。上品すぎるので途中でテーブルのオリーブオイルをかけるとよいです。

image4.JPG

​ここの建物は面白い仕掛け?がありまして、ちょっとした遺跡巡りが楽しめます。70年ぶりに公開された1912年に作られた1912階段。

C5A38833-FB34-4792-A708-84DF387BDDE2.jpg

上ると旧駅舎ホームの場所が展望スペース。奥がカフェになっています。

image3.PNG

​カフェの先端部は左右を線路に挟まれた展望スペースです。天井はメッシュでオープンになっています。ちょうど暑い日だったので気持ちいい。同じ電車ばかりだけど鉄道女子気分です。2013年のオープンからしばらくは大変な混雑だったようです。

image4.JPG

まるでホームで酒盛りなワタクシ…カフェなんですけど昼間から日本酒が飲めるんです。発車間近か停止間近なのでスピード出ていないから怖くない。

image5.JPG

​もうひとつの古い階段、1935階段。こちらも70年ぶりの解放です。

image6.JPG

ここは駅だったんだぁと実感します。まさかここで産業遺跡を楽しめるとは興奮します。古い遺構が蘇ったことに感動しました。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅&城(関東) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
蛤ラーメンですか。食べてみたいですね。東京に行きたいな。札幌で貝のラーメンといえば、中の島の”まるはBEYOND”で期間限定、2期間だけ提供されたことがある”貝感”。これは冷たいラーメンでした。今年の夏もやればいいな。まるはBEYONDも京都の麺、会社の名前は棣鄂、を使っているのは偶然でしょうかね。
Posted by クリ夫 at 2016年02月27日 05:03
クリ夫さま、コメントありがどうございます。ラーメン詳しいのですね!Beyondさん一度行きましたが、確かに麺のヒモ感は気に入った記憶があります。蛤ラーメン、950円でしたが高いと思いません。札幌で無理やり例えるなら 三つ葉が入っている【Q】の清湯かな?って感じです。
Posted by “ちぃさま” at 2016年02月27日 14:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック