2015年12月21日

村上隆の五百羅漢図展

​今月ちょっと所用で東京に行ってきたワタクシ…ついでに話題の展示に行ってきました。

写真.JPG

​今まで知りませんでしたが有名な現代美術アーティストだそうです。ルイヴィトンとのコラボや、ゆずのアルバムカバーとか、とにかく世界的ネームバリューらしい。

六本木ヒルズの森タワーの52階。専用エレベーターは超高速でした。

image.jpeg

image.jpeg

​全ての展示は写真OK。今風に『SNSにUPしてください』なので会場中でカシャカシャ📷 

image.jpeg

​ 瓢箪をモチーフにした【ダブルフェイス 11次元が二つ。。。】アニメチックな作品も多かったです。

こちらがメインの五百羅漢。五百羅漢というのは仏陀に常に寄り添った500人の弟子という意味らしい。増上寺に保管されている狩野一信の五百羅漢図から着想を得たとのこと。全長100メートルというのは、東西南北の四神を表す四つの作品の合計です。東京芸大では日本画を専攻していた作家が現代的解釈を加えたというか、なんというか・・・

image.jpeg

image.jpeg

 【白虎】人物が220体描かれていて、歩きながら数えました。それぞれ意味があって黒目が左右で上下バラバラになっているのは世界をぐるぐる見回しているとか・・・

image.jpeg

image.jpeg

​ 【朱雀】

image.jpeg

​ 【青竜】

image.jpeg

​ 【玄武】


image.jpeg

​五百羅漢それぞれの絵に込められた意味や制作過程がてんこ盛りな部屋。

今回は清澄白河の東京都現代美術館【オノヨーコ 私の窓から】と目白の青永文庫 【春画展】も候補だったのですが、時間やアクセスを考えて五百羅漢にしました。

​いろんなメディアで話題になっていましたが、今日見た(12月27日) 雑誌CASAでも2ページにわたり紹介されていました。

1BF1D920-F859-4A9A-A128-9225D4052717.jpg


​ついでに去年7月に東京都現代美術館に行った時の【宇宙×芸術 】を思い出しました。

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

​下町ロケット的なのとか、いろいろな展示があって面白かったです。特に絨毯が敷かれた展示室に寝っ転がって、プラネタリウムみたいに壁や展示に映し出される1日の移り変わりをぼっ〜と観る展示が休息を兼ねることができて最高でした(^o^)
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 美術館・記念館・展示 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、行かれたのですね
私も行きました。
同じオノヨーコさんと春画展 いけずじまいでしたが
これを選んで正解だったと私は感じます

圧巻でしたね色がお腹一杯
Posted by りりい at 2015年12月27日 12:42
りりぃさんも行かれたんですか!それは奇遇ですね。羽田空港から一番行きやすいところにしました。六本木ヒルズは初めてですが地下鉄六本木駅ほぼ直結ですからね。ひとりニヤニヤしながら春画展も悪くないと思います( 笑 )
Posted by “ちぃさま” at 2015年12月27日 18:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック