2015年12月27日

キャピタル東急アフタヌーンティー

​五百羅漢図の鑑賞後は、わりと行きやすいキャピタル東急ホテルのアフタヌーンティー。

image.jpeg

地下鉄国会議事堂(山王溜池)駅の改札出たらいきなり高級ホテル!その改札口にどうしても出られず、駅員さんもいないので通りががりの方にお尋ねしたら、連れて行ってくれました。

ありがとうございました。

image.jpeg

​かつては東京ヒルトンホテルとして、1966年ビートルズが宿泊したホテルとして知られていました。ワタクシ的には1976年12月、ベイシティローラーズ初来日で宿泊したホテルと言うべきところ。1984年からキャピタル東急ホテルに変わり、2006年建替のため取壊したので当時の面影はまったくいない。

奥がラウンジORIGAMI

写真.JPG

​ここのアフタヌーンティーの特徴は、風呂敷に包まれたお重で登場することです。 広げてよろしいですか?と聞かれたので、じゃあ写真撮りますってことで。

image.jpeg

​紅白のお重

image.jpeg

​広げるとこんな感じ。二段重とは別にスコーンの台。

image.jpeg

​スコーンは串刺し。メープルシロップとジャム付き。季節のフルーツは柿。

image.jpeg

​甘くないオードブルのお重。キッシュ、スモークサーモン、ミニハンバーガー、マッシュポテト、スモーク鴨胸ムース等々。紅白の箱といい、まるで一人用洋風おせちって感じです。今回は飲まないつもりだったけど、シャンパーニュを頼まずにはいられません。

image.jpeg

​かわいいイラストのメニューカード。

image.jpeg

スイーツお重。モンブラン、スイートポテト、梨のムースまではいいけど、その他いろいろミニサイズとはいえ結構重いです。後半は苦行でした~_~;

​5月に行った大阪のリッツカールトンと比べると高いなあ〜グラスシャンパーニュがたっぷりの量だったので一応満足とするけど。

脳天に響くスイーツの甘さには辟易してアフタヌーンティーは無理!と思いながらも、なぜか又別のところ行きたいなぁ〜なんて気持ちになってます( 笑 )

【“ちぃさま”の思い出】

ワタクシは今では基本甘いもの(白砂糖 )は要らないです。けれども20年位前にホテルのケーキバイキングがブームな頃は結構行きました。

札幌パークホテルでは最上階のレストランでランチとディナーの合間に、今でいうテーブルバイキング、席を立つことなくスタッフの方が大きなワゴンを押してきてくれて、サーブしてくれたのです。会社創業記念日の午後休に同僚と一緒に、眼下の中島公園の紅葉を眺めながらいただきました。

それは前の会社の時です。20年前くらいですけど、終業後に札幌テルメ( 死語)、キングムー(死語 )、カラオケボックスとか、その同僚と遊びに行きました。そうです、まだ課内で積み立てをして社員旅行に行っていた時代です。その8歳下の同僚の他にも、同僚=友人であることが当たり前だと思っていました。今でもちょっとだけ交友あります。楽しかったなあ。

今の職場では、ワタクシは社内の人間関係は極めてドライですねぇ。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(関東) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック