2015年11月12日

酒とカツオ

東京から向かった次の目的地は二度目の高知市。5年10か月ぶりです。旅のテーマは城・酒・カツオ。

​ 【しゅん】さんに行きました。

​ちょうど戻りカツオのシーズンです。刺身もタタキも食べたい。一人前は5切れですが3切れから注文可能とのことで両方お願いしました。

写真.JPG

​氷が敷き詰められた涼しげな器に鎮座する脂の乗った戻りカツオの刺身。光り輝いています、一切れが大きくて厚い!刺身3つ分くらい。これを食べたらもう北海道でカツオは食べられないわね的な美味しさ。刺身には 【酢みかん】とよぶ柚子などの柑橘系が必ずつくみたいです。


image.jpeg

​いわしの稚魚 【どろめ】といいます。去年静岡で食べた生シラスを思いだしました。3時に揚がったばかりとのことで、ピチピチ透き通ってます(跳ねてはいないけど)新鮮さが勝負でしょうね。

image.jpeg

​こちらも名産、四万十青のりの天ぷら。もっと衣ゴテゴテかと思っていたけど、青のりそんまんまで、これ以上美味しい食べ方があるのか?と思うほど。

2876D854-7BF6-43CA-9126-A2176EFCCAC3.jpg

​満を機して塩タタキ登場。ひぇ〜!前の日にひろめ市場で食べたのは一体なんだったのか・・・凄まじい美味しさ。カツオを食することに手間と金を惜しんではいけない。

image.jpeg

​あまりに美味しいので〆もこちらでいただくことに。タタキを巻いた土佐巻き、ハーフサイズです。日本酒の種類は多くなかったけど地酒を2号いただいて5千円でお釣りがきました。ワタクシは1人で外食して『5千円で済んだ』なんていう金銭感覚は持ち合わせていないけど、この5千円は心から満足でした。

 【ひろめ市場】

image.png

​5年前に食べた時は美味しかったんですけどね・・・この市場の賑わいは好きです。


​ 【土佐酒バル 】

image.png

​高知県全18蔵のお酒が飲める日本酒バルができていて期待して行ったけど、いろんな意味でガッカリでした。やっぱりワタクシの行きつけの姫路の 【試 】がいいです。お通しがパッとしないので頼んだ清水鯖の〆サバは美味しかったですけど。

 【左】司牡丹  特別純米  自由は土佐の山間より
 【中】アリサワ  特別純米  分佳人リズール
 【右】高木酒造 豊の梅  純米吟醸 松山三井


​ 【葉牡丹】

image.jpeg

​11時からオープンの大衆酒場。ガイドブックに載っているお店だけど地元モード満載。年配の常連客とお店のおねえさんが『ようきおおてなかったきに〜( しばらくぶり〜の意味と思われます)』と昼から乾杯しよっちょった。写真右下ウツボのタタキを食べたかったので。ワタクシはちょっと場違いな感じではあったけど、この雰囲気好きです。

image.jpeg

​自分土産の酒。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅&城(高知・香川) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほとんど西原理恵子の漫画の世界だね。
どろめとか、塩たたきとか、地元でしか味わえない美味しさなんでしょうー。
羨ましー。
日本酒バル的なものが新潟駅南口にこの間できたよ。前を通るけど、入ったこと無し。
Posted by NaO at 2015年11月13日 21:21
高知出身の漫画家多いらしいですね。(はらたいら)しか知らなかったけど( 笑 )アンパンマンミュージアムはいきませんでした。土佐酒バルはとにかく感じ悪くて閉口。一番客のワタクシにいきなり『90分以内で』とか、客は私一人なのに店員隅で固まって年末調整の話してたりとんでもない店でした。しゅんさん良かったです、どろめは勿論ポン酢で。海苔天の香り〜ひとりで仰け反る美味しさでした。高知いいとこです!
Posted by “ちぃさま” at 2015年11月13日 22:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック