2015年02月13日

北海道VS長野県 五番勝負飲み比べ会

​昨年から、PINOTさん以外にもワイン会に参加するようになったワタクシ…せっかくなので、飲んだ・楽しい・美味しい記録も残しておこうかと。

写真.JPG

先週参加した、ワインラバーの方が主催するワイン会。なんと6周年で64回目(@_@)今回のテーマは北海道と長野県のワイン飲み比べ。

於:洋食KAZUさん。

image.jpeg

​五つのテーマ。シードル(リンゴ)ゲヴェルツトラミネール(白)・ソーヴィニヨンブラン(白)・ピノノワール(赤)・メルロー(赤)を飲み比べて、どっちが好きか?どっちが北海道か?と料理に合わせて進行していきました。

image.jpeg

同じ単一品種、同じヴィンテージ(収穫年)ながら結構違いました。何が違うかわからないワタクシ初心者の場違いか?聞いたこともない長野ワインとの飲み比べとはなんとも貴重な体験でした。ワタクシ的にはシードル以外は北海道の圧勝?です。

image.jpeg

​お料理も美味しかったです。

士別しずお農場の高級サフォークラム肉のタタキ風*横浜APECの晩餐会でふるまわれた稀少価値のあるラム肉とのこと。


image.jpeg

​前菜盛り合わせは、左からフォワグラのブリュレ風 、春鰊と帆立のタルト仕立て、牛タン・豚足・豚耳のテリーヌ。

image.jpeg

​愛魚女と海老ムースの春キャベツ包み白ワイン蒸し。春香るクリームソースと甘海老のソース。揚げたフキノトウが乗っていました。

image.jpeg

​道産牛フィレ肉とエゾシカ肉の盛り合わせ。ハスカップのソースとグリーンペッパーソース

*柔らかくて良い肉で大好評でしたが、ワタクシ鹿肉はどうも苦手です~_~; たっぷりのコク深いソースや付け合わせ総動員して完食!

image.jpeg

​本日のシェフデザート

昨年 【ぶどうの涙】なんて映画もできましたし、クリサワブランのように即日完売する人気ワインもできて、これからの国産ワインは北海道の時代だあ〜と思いこんでいたのですが、そう簡単ではないようです。将来を見越した正に 【百年の計】の取り組みでの発展を期待します。

 【忘備録】

CBFA54B9-9909-4FDE-AE05-16868A4CC8F6.jpg

​昨年同じ主催者さんのワイン会に出席した時のワイン。すべて山梨のマルサンワインさん。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ワイン会・ワインバー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
4のヴィラデストワイナリー
玉村豊男さんのワイナリーよねー。
昨年秋に行ってきたよーん。ワインは飲んでいませんが、7年以上前に行ったときは買ったなぁ。小布施もこの間行ったけど、ワインはスルーでした。長野ってフルーツ王国なんだよね!
Posted by NaO at 2015年02月16日 20:51
よくご存知ですなぁ〜私は国内ワインと言えば山梨しか思い浮かばなかった。長野はかなりの強敵です、というより長野の方が先駆者なんですね。知事時代の田中康夫ちゃんの功績もちょっとだけあるらしいです。
Posted by “ちぃさま” at 2015年02月16日 22:52
ヴィラデストのすぐそばに、キッコーマンのワリナリー、マンズワインとか長野にはいっぱいあるんだよね。いつも車なので飲まないけど。
群馬県と長野県、隣なんだけど圧倒的に長野はオシャレ。群馬は温泉しかない、地味(笑)。
Posted by NaO at 2015年02月16日 23:53
キッコーマンだからマンズワインってやっと気づいた無知なワタクシ…~_~; 長野県は広いし魅力的ですね。確か一番県境が多いんじゃないかな?長野市と松本(信州)で対立していると聞いたかとあります。長野のオシャレなイメージは軽井沢が効いていますね( 笑 )
Posted by “ちぃさま” at 2015年02月17日 20:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック