2014年12月12日

姫路城サイクリング

​城の入場券も官兵衛な姫路城。

image.jpeg

​ホテルで自転車を借りて久々に姫路城周辺サイクリングしました。

image.jpeg

​市立美術館から見た城。美術館は、典型的な、明治になって城内に作られた陸軍の建物の転用です。

image.jpeg

​日本城郭研究センター。ミラーに映る城

image.jpeg

​シロトピア記念公園から見た城。手前はカンザクラです。

image.jpeg

​堀と石垣沿いにサイクリングは最高です。

だけど前日に降りかかった大災難で悦びも半分か・・・こんな気の弱い繊細さは自慢にならない、何もプラスにならない、自分を消耗させるだけということを理解しなさい。幸い災難は落ち着いたのだが。

image.jpeg

​紅葉の下をくぐるのは気持ちよかった。

image.jpeg

​さて今回のハイライト。千姫天満宮の上にある男山配水池公園からの眺め。急な高い石段を真っ直ぐ登り切りましたが、その身体へのダメージは計り知れないものがありました。

DE3BFFB1-F1CA-4342-9D1C-B31C4B739082.jpg

大天守・東小天守・乾小天守・西小天守。四つの天守が重ならないで見える絶景ポイント。

​文字が青くなって戻らなくなっちゃったよ。

16A75B93-5309-4FAA-93C4-7B68CB7996D0.jpg

​千姫天満宮のそばにある 【姫路文学館】

北館と南館の二つの建物は設計は安藤忠雄氏。曲線とスロープ多用は言わなくてもわかるでしょう〜って感じですかね。

 【こころ】から100年ということで、文豪:夏目漱石の特別展でした。森鴎外は取っ付きにくくて、文豪と言えば夏目漱石だと思っているので、貴重な資料もあって面白い展示でした。 【こころ】を最初に読んだのは高校生の時でした。

男山配水池公園への登頂があまりのダメージで、文学館に入っても『休憩所はどこですか?座って水を飲みたいんです』と瀕死の白鳥状態のワタクシ~_~;

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きっと仕事関係だよね。あたしも落ち込んでへこむこと多々。まぁ、なんとか元気を出しつつやるしかないよね。サイクリングしながらの城は楽しそう!
Posted by NaO at 2014年12月15日 21:47
そうなんですぅ。災難の中身よりも、そんな仕事のことを城まで引きずる自分が情けない。どれだけの女性ホルモンが失われたことかと泣きたいよ。
Posted by “ちぃさま” at 2014年12月15日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック