2014年06月11日

伊丹十三記念館

松山市駅から1時間に4本出ているバスで15分ほど。

2AD21F65-6051-4383-A2E6-214AD97B483C.jpg

記念館は天山橋バス停すぐそばにあります

A275A624-9CC6-4E67-A5A7-A906769F6224.jpg

左の車庫には愛車のベントレーが。後方の『一六タルト』の看板も意味があります。

2D35154E-9CE7-46B7-912D-00C776CAE71E.jpg

黒い木目がクールな四角い建物。7年前に開館。館長は奥様の宮本信子さん。 【夏ばっぱ】効果で入場者が増えたとか!?

778D786F-FC42-46A2-991B-3972808BB793.jpg

伊丹さんとこに遊びに行くんです〜なんて感じの素敵なところでした。

EC51887C-A92D-4BE4-8E14-68AC9D8B26FE.jpg

真ん中には四角い中庭。長身の監督が芝生の上で寝そべっているイメージだそうです。

EDA6034F-D2C8-4A83-B06B-EE4D2707F556.jpg

チケットはペラペラでじゃない厚い紙です。パンフレットも開くと建物があらわれ、更に開くとレイアウトがあらわれるオシャレなもの。

亡くなってから17年も経つのですね・・・すっかり忘れてました。映画は『お葬式』『マルサの女』は観に行った記憶あり。旅行用に買ったガイドブックで初めて記念館の存在を知りました。高校時代を父親の故郷松山で過ごしたのです。

デザイナー・イラストレーター・エッセイスト・俳優・番組制作、そしてそれらすべてを集積した映画監督業は脚本も伊丹十三本人なんですね。その才能とセンスと魅了が満載で、こんなにスゴイ人だったのかと驚く。楽しく温かみのある展示でした。

76D70104-DA27-42D7-9C63-FD63CBB8ED70.png

この映画『たんぽぽ』のポスターは伊丹監督が描いたもので、館内のカフェに原画が展示してます。これには驚きました。

0D391C45-AF93-4F74-BEA9-3D6EA1CE73BF.jpg

記念にイラスト絵葉書を購入。

今度DVD借りて映画観て観ようっと!(既に3本借りました。)
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(愛媛) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック