2013年06月17日

岡山後楽園・吉備津神社

岡山城から橋で繋がっている日本三大名園:後楽園

RIMG0332 (450x338).jpg

前回ちらっと横切った時は「だだっ広い」イメージしかなかったので、ガイドさんの案内でまわることにしました。遠近法を利用して殿様の部屋からわざと「だだっ広く」見えるようにしているのです。ほぉ〜なるほどですね、説明を聞くとおもしろさがぐっと増します。


RIMG0339 (450x337).jpg

廉池軒。お殿様の休憩所。戦火で焼失

RIMG0331 (450x338).jpg

延養亭。こちらも残念ながら空襲で焼けてしまい、再建されたものです。

RIMG0340 (450x338).jpg

園内で一番高い唯心山からの眺め

RIMG0345 (500x358).jpg

唯心山と城を借景とした眺めが最大の見せ場です。これが昭和になっても20年までオリジナルで残っていたとは・・・。しつこいワタクシ、太平洋戦争の空襲で焼失した城の一番の損失は名古屋城であり、大小天守と本丸御殿のセットは今の名古屋の国際的地位をも変えていたと思うほどの幕府文化の最高峰です。二番目はこの岡山城と後楽園のセットでしょうね。岡山城天守は歴史・特徴的なデザイン・規模いづれも屈指の高レベル。現存天守と言っても下位の宇和島城や、石垣だけで十分な丸亀城とバクってほしかったです。言ったところでどうにもなりませんが・・・

吉備路失敗


岡山城〜後楽園は宿泊したホテルで借りた自転車で回ったワタクシ。午後は本格的にサイクリングに挑戦。備前一宮で自転車を借り総社迄続く自転車専用の「吉備路自転車道」をさっそうと漕ぎ始めました。天気も薄曇りでっちょうど良く田舎道を気持よく走ったのですが、案内が不親切で道をはずれまくり途中で引き帰りました、それでも8〜9キロは走ったような気がします。スマホで位置確認できたなぁと帰ってから思いましたが、この日はそのあとにメインの山登りが控えていたため時間的にも無謀でした。

RIMG0357 (450x331).jpg

桃太郎伝説でも有名な吉備津神社。

RIMG0359 (450x338).jpg

本殿は京都の八坂神社に次ぐ大きさだそうです。

備前一宮駅前で自転車を返したら、本数が少ない総社行きのJRがちょうど来ました。昼食も食べずに山に向かいます、もっとも付近に食べるところもありませんでしたが。

実家に帰ればずっと自転車を乗り回す自転車小僧の“ちぃさま”。つい最近ホーマックで8〜9年ぶりに自転車を買いました。


posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅&城(広島・岡山) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一宮よりもうちょっと先まで行くと「高松」ってところがあるんです。そこが、秀吉の水攻めで有名な「備中高松城」があったところです。石碑と土塁以外は何もないけどねー。
Posted by じゅん at 2013年06月22日 22:38
地図みたらありました。「高松城跡附水攻築堤跡」「高松城水攻史跡公園」天気もサイクリング日和だったけどどうにも無理でした。
この後向かったのは山城であることは言うまでもありません。津山城の石垣も行きたいけど、JRでは時間がかかり過ぎるし車運転できないのは残念なところです。
Posted by ちぃさま at 2013年06月23日 00:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック