2012年11月12日

札幌黄

130前に栽培が始まった札幌オリジナル品種の玉ねぎ【札幌黄】病気に弱く、形が不揃い、日持ちが良くないなどの理由で流通が少なく【幻の玉ねぎ】と呼ばれているそうです。最近注目され食の世界遺産と呼ばれる【味の箱舟】に認定。【札幌黄】を使うお店も見かけるようになりました。JRの車内紙で特集されていたのを見て【札幌黄】をたっぷり使ったカレー店に行ってみました。

★パークポイント
★札幌市中央区南13条西7丁目 電車通り

RIMG4784 (400x300).jpg

3種類の中で一番玉ねぎを多く使っているインディアンカレーの中から「チキン・トマト・ナスカレー」辛さ10番で。ある辛くしないと玉ねぎの甘さ・コクに負けてしまうかな?

RIMG4782 (400x299).jpg

ライスには札幌黄のフリットも添え添えられていました。

RIMG4779 (400x300).jpg

使う玉ねぎに占める札幌黄の割合を毎日表示しています。収穫期の今ごろは(10月下旬訪問)一番割合が高く100%!広域ご近所だし通いたいところですが、悲しいかな喫煙環境が残念(>_<)

        SN3J52230001.jpg

小ぶりの物ですが店頭で1キロ150円で販売もしていました。炒めたり煮たりしたけど、やはりカレーのように色づくまでじっくり炒めて甘味を引き出す料理が合いそうです。という訳で作ってみました。

    121104_1558~010001.jpg

30分以上炒めます。

    121104_2053~010001.jpg

もっと色づいた方がいいのかな?コレでもなかなか甘くなってます。変なツブツブが見えるのはフェンネルを入れてしまいました。缶トマト・ショウガ・ニンニク・クミン・コリアンダー・ターメリック・唐辛子を入れて作ります。10年ほど前に友人宅でごちそうになった北インドカレーのレシピがベースです。

RIMG4816 (400x300).jpg

チキン・ナスも入ってるけどニンジンばかり目立ってます。見映えも悪い。やはりお店の味には負けます。ご飯はおなじみの長岡式酵素玄米。「続ける続けないの話ではない!私のカラダの一部である」と言い続けたおかげで、「玄米まだ続けているの?」と聞かれることはなくなりました。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | スープカレー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は無農薬の玄米を使ってますが
長岡式、いいですか?
Posted by ririy at 2012年11月24日 02:51
元々体に悪いところはなかったので良いか悪いかはわかりません。お通じの薬物依存がなくなったことくらいですかね・・・私はもちもちした食感が美味しいことが続ける理由だけど御利益は確信しています。ひとつの宗教かもしれませんね(W)高血圧の人など周りにオススメしたい人は多いけど決してすすめません。
Posted by ちぃさま at 2012年11月25日 19:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック