2012年10月06日

トムの日

親日家?のトム・クルーズ。日本では10月6日を「トムの日」と呼びます。

     topgun (248x350).jpg

その昔、衝撃の「トップガン」から「ハスラー2」「カクテル」「レインマン」「7月4日に生まれて」「ディズオブサンダー」と立て続けに映画館に見に行きました。「トップガン」は1987年日本での洋画配給収入1位の大ヒット。サウンドトラックも秀作で大ヒット。ベルリンの「愛は吐息のように」はしばらく結婚式のキャンドルサービスの定番でした。
       
          121004_2251~02.jpg

なんと友人も驚く厖大な家財の中から映画チケット発見!裏面のスタンプの61・9までは確認できました。昭和61年(1986年)ってことですね・・・

     02_px240 (247x350).jpg

さてさて、トムさんの新作「ロックオブエイジズ」封切り3日目(9月23日)に見に行きました。観客たった7人の超不入りで、はたしてトムの日まで上映が続くのかハラハラしたほどです。ブロードウェイの人気ミュージカルが原作。先に昨年日本版ミュージカルを大阪で観て期待していたので私と友人は多いに楽しめましたけどね・・・

41VY8QYK6SL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_ (400x267).jpg

1980年代を代表するロックナンバーを中心に構成された人気ミュージカルを、「ヘアスプレー」のアダム・シャンクマン監督が映画化。ライブハウスで働きながら歌手を目指す青年ドリューと少女シェリーは、互いの夢を語り合ううちにひかれあうようになる。一方、あこがれのロックバンド「アーセナル」で活躍するステイシー・ジャックスは、富や女におぼれた生活を送っていたが……。映画初出演のディエゴ・ボネータ、「バーレスク」のジュリアン・ハフをはじめ、ラッセル・ブランド、ポール・ジアマッティ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズらが共演。トム・クルーズが“ロックの神様”ステイシー・ジャックスを熱演。「デフ・レパード」「ジャーニー」「ボン・ジョヴィ」「ポイズン」「ホワイトスネイク」などのヒットナンバーが多数登場。
 強烈なセックスアピールで目を合わせるだけで美女を失神させるロックのカリスマ。そんな現実離れした役柄もスーパースターのトム・クルーズが演じると、怪しい輝きを放ち始める。下品でやり過ぎの演技が、リアリティーを超えた面白さとなっていく。

以上、解説より

   main_large (350x234).jpg

確かに完全に目が据わってました。恐いような可笑しいような・・・5か月のヴォイストレーニングを積んだと言われるトムの歌は、バリバリのハイトーンヴィンスでロックスターみたいに歌います。自分のロックの声を見つけるのに苦心したらしい。本物のロックスターほど喉を酷使していないから、50歳とは思えないキレイで済んだ若々しい声です。

貴重な7人の観客はエンドロールで大半が席を立ってしまったけど、最後に流れる「パラダイス・シティ」こそ最大の聴きどころです。ガンズ・アンド・ローゼズの世界中で2800万枚!売れたアルバムの中の有名な曲です。攻撃的ながらも古典ロックの形式美が満載の難関な歌を、見事にステイシージャック(トムの役目)のものにしています。私は深く感動しました、これがトップスターってもんです!いかなる努力も惜しまない覚悟と意地を感じます。

しかし、離婚・宗教・奇行が話題のトムすらも浄化され過ぎているかと思われるほど、ガンズのアクセル・ローズって凄いんだなぁ〜ステイシージャックスのモデルに一番近いんでしょうね。その頃“ちぃさま”は花盛りの娘さんだったので、この手の音楽は聴いていませんでしたけど。

最近他に見た映画は「あなたへ」「ヘルタースケルター」といったところです。

       

友人も驚く厖大な家財シリーズおまけ・・・ついでに見つけました。

         121004_2303~02.jpg
フラッシュダンスとサタデーナイトフィーバー。800円の文字が笑えます。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ケリー・マクギリスって、今も女優をしているのかな?「あなたへ」は試写で見ました。明日は、「北のカナリヤたち」の試写に行きます。生・吉永小百合を見ます。双眼鏡持参しまーす(笑)
Posted by miho at 2012年10月07日 19:01
>ケリーマクギリス・・・検索したら同性結婚していました。

「北のカナリヤたち」は出演者も豪華で見ごたえありそうですね。
生・吉永小百合とはうらやましいです。しっかり見てきてください!
肉声聴いたらシビレそうですね。きっと小柄なのかな・・・
Posted by ちぃさま at 2012年10月08日 21:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック