2012年07月28日

一乗谷朝倉氏遺跡

特別史跡 特別名勝 重要文化財  一乗谷朝倉氏遺跡

RIMG4034 (400x300).jpg

国のトリプル指定は金閣寺・厳島神社など全国5所のみ。これは世界遺産級の貴重な遺跡です。今後もっと有名になることでしょう。

RIMG4030 (400x300).jpg


朝倉氏とは…朝倉孝影が1467年の応仁の乱での活躍をきっかけに、一乗谷に本拠 を移した豪族。以後5代103年間越前の中心として繁栄し城下町を形成、貴族・僧侶の文化人が下向し北陸の小京都とも呼ばれた。しかし1573年織田信長に破れ朝倉氏は滅び、城下町も焼き討ちされた。

RIMG4017 (400x300).jpg

遺跡調査は江戸時代から行われたものの、発掘が始まったのは昭和40年代から。状態も良く400以上の歳月を越え当時の姿を現したのです。

RIMG4021 (400x300).jpg

戦国時代のまま(信長に焼き討ちされたまま)放置されていたわけです。

RIMG4033 (400x300).jpg

住居跡。ポンペイの遺跡の日本版とでもいいましょうか?

RIMG4036 (400x300).jpg

高い土木技術を誇ります

RIMG4044 (400x300).jpg

復元町並み

RIMG4043 (400x300).jpg

発掘された塀や石垣を使い、武家屋敷や庶民の町屋が忠実に再現されています。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(富山・福井) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック