2012年06月19日

富山ライトレールポートラム

2006年4月から富山を走り始めた、日本初の低床式路面電車ポートラムに乗りました電車 富山ライトレール(株)が運行。富山駅北から岩瀬浜まで旧JR富山港線の76キロを25分で走ります。しかも料金は一律200円。

RIMG4124 - コピー (450x307).jpg

CO2排出量が少なく、車椅子でも乗れるバリアフリー仕様に加えて、電車のデザインがスタイリッシュでカッコイイ。札幌の路面電車のようなレトロ・場末感は皆無で近未来的でクール。

          120614_0800~010001.jpg  

カラーは7色

  RIMG4129 (400x300).jpg

車内も東京モノレールか神戸ポートライナーみたいなかんじ。走行音が極めて静かなインファンド工法で滑らかな乗り心地は最高です。


  RIMG4189 (400x300).jpg

富山市内の古い電車。札幌みたいに品のない広告電車はありません。

RIMG4180 (450x338).jpg

市内中心部も2009年12月から環状線セントラムが走っています。セントラムの車体はポートラムと同系なのですが色はモノトーンで経営は富山地方鉄道(地鉄)です。

※あまり面白くなかったけど映画【Railways2】の主人公が地鉄の運転士という設定だったのに【撮り鉄】するのをすっかり忘れた(-_-#)

     120614_0801~020001.jpg

セントラムと富山城のツーショット。某パンフレット「ロカルちゃ!富山」より。

札幌では市電沿線エリアに住むワタクシ…帰ってから電車に乗ったらゴォ〜ブホブホ〜ガタガタ〜カクカク〜ボンボンボンボン〜プシュー(長音記号1)ゴットン!に愕然がく〜(落胆した顔)身体が揺られて骨がズレるぅ〜富山のようなライトレールは夢のまた夢って感じです。

札幌は市電ループ化・駅前乗り入れと共に低床式車両の導入を計画しているけど、市民の関心が盛り上がらないのは素晴らしさを知らないからでしょう…と思うほどクールな車両です。路面電車の概念が変わるほど富山で最大のカルチャーショックでした。

さてさてポートラムに乗り昔北前船で栄えた岩瀬に向かいます。

  RIMG4176 (400x300).jpg

東岩瀬駅で下車します。東岩瀬駅には唯一旧JR地代の駅舎が残されています。

        RIMG4132 (300x400).jpg

急きょプチ撮り鉄〜花と一緒に。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅&城(富山・福井) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
市民の関心、低いのですか?残念だな〜。私は楽しみにしているけど。
「札幌駅まで延びるんでしょ?」とか言う人もいたくらいだから、やはり関心低いんでしょうね。どのあたりに、新しい電停ができるのかな?
Posted by miho at 2012年06月21日 19:24
>mihoさん
そもそも市電自体が「単なる周辺住民の交通手段」として、市電存続にも反対意見が多く、上田市長の判断が大きかったと記憶しています。
ガタガタひどいと思ったら50年以上経過しているのですね!

LRT本当に今年度中に一台買うんでしょうか?インフラ整備含めて遠い道のりのような気がします。
Posted by “ちぃさま” at 2012年06月23日 10:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック