2012年02月22日

京都ドーミ−イン他

京都では駅前に泊まりました。京都駅ビルあたりはやたら賑やかですが、京都タワー以外寂しく繁華街には遠いです。駅の出口からすぐなので便利でした。

RIMG3147 (400x300).jpg

天然温泉 花蛍の湯 ドーミーインPREMIUM 京都駅前

普通にドーミーインと呼ぶのは失礼なほどの立派な名前でした。左に映っているのは京都タワーです(私は登ったことはありません)。京都は花見や紅葉時期は凄〜く高いけど、シーズンオフど真ん中なのでリーズナブル価格でした。できて新しいこと、温泉があるのが決めてとなりました。

Y324045100.jpg

じゃらんに出ていたホテルの写真。1月ですから京都も寒いです。駅前で温泉付きはうれしい。あてがわれた部屋着で館内歩けるのが楽チンでいいわ。館内の自販機は「キリン一番しぼり」が220円でした。ヨーカ堂と同じ値段だわ。

RIMG3136 (400x300).jpg

今流行りの?中ドア造りです。

RIMG3141 (400x300).jpg

部屋にバスがないので、水場は独立していてあずましいです。

Y324045069.jpg

同じくじゃらんの写真。夜の9時〜11時まで「夜鳴きそば(正油ラーメン)」のサービスがあると言うので、それを当て込んで夕食を加減しました。あっさりでナイスです。(^O^)和歌山で食べたエセ和歌山ラーメンよりずっと美味しい。

RIMG2975 (400x300) (320x240).jpg

あまりに不味過ぎてブログ記事にできなかったのです。専門店ではなく真っ黒い備長炭ラーメンの突飛さで目立つ店なのでエセ和歌山ラーメンだと思っています。これはノーマルだけど思いだしたくない・・・これが和歌山ラーメンとは信じたくない。

マズイついでにシアターキノで上映中の映画 エル・ブリの秘密 世界一予約の取れないレストラン も詐欺的。グルメを食べつくして退屈しているような人しか行かない奇抜さだけが取り柄のようなスペインのレストラン「エル・ブリ」の新作実験の実録映画。何も劇場公開しなくてもBSで放送すれば十分の内容。

一年のうち半年は店をクローズして、いかに今まで誰も試していない新しい素材や供し方を見つけるか、その形状の変化や質感、料理でなくて実験に明け暮れる。調理シーンはほとんどない。せかっくお店での新作ご披露も客席が映っていない、客が賞味するシーンも料理を称賛するシーンもなし。そうだろうな・・・水にオリーブオイルを混ぜた飲みもの、薄氷と抹茶の締めくくりは遠慮したい。奇抜なネタが尽きたのか昨年とうとう閉店。だから世界一予約が取れないわけかな?「しあわせのパン」の方がずっとずっと美味しそうだった。

こんなに辛口ブログになったのは“お子様ちぃさま”の食べ物の恨みのせいです。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック