2012年02月10日

草間彌生 国際国立美術館

草間彌生展示 永遠の永遠の永遠

草間彌生が1929年長野県松本市生まれ、水玉と網模様wモチーフに幻想的な絵画を制作。1957年渡米、小説や詩集も多数発表。今年83歳ですが老いて益々精力的に創作活動を続けています。

ここからは有料エリア、三ヵ所のみ撮影可能です。

RIMG3082 (400x300).jpg

地下二階にはカボチャ。やっぱり屋外で観る方がいいなぁ〜

RIMG3085 (400x300).jpg

地下三階の展示室。最初の導入部分

RIMG3086 (400x300).jpg

水玉の部屋 。誰もいなかったから部屋全体の写真が撮れました。

          RIMG3090 (300x400).jpg

グッズコーナーは商品満載です。余計なもの買わないように戒めていたのですが・・・
5100円も使ってしまったダッシュ(走り出すさま)

     SN3J48790001.jpg

2009年からの新しい絵画シリーズ「わが永遠の魂」特大のポストカード。
どっちが上下は迷いますが正しく合わせて並べました。

SN3J4881.jpg

普通のポストカード。色物もいいけど、2004年から3年で描きあげたモノクロ作品の【愛はとこしえ】シリーズが印象的でした。50点ほど展示されていました。
SN3J4883.jpg

マウスパッドにバンダナ、そんなものどうするの?と友人に笑われました(-"-;)マウスパッドは会社用です。これで私は前衛的なお仕事をするんです。

RIMG3094 (400x300).jpg

おまけ。美術館から歩いて5分のリーガロイヤルホテルでも協賛展示。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館・記念館・展示 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック