2012年02月08日

草間彌生 永遠の永遠の永遠

今回の旅の一番のお目当て、前衛芸術の巨匠:草間彌生の個展。

          120203_0926~02.jpg
               永遠の永遠の永遠

最初に草間彌生の名前を知ったのは30年前くらいです。網模様と水玉模様で知られる巨匠は近年作品を量産し、世界中で個展が開かれてます。オノ・ヨーコと同じくらい有名な日本人女性アーティストでしょう。

宿泊先の大阪第一ホテル(丸ビル)から国際国立美術館まで歩いて行きました。

RIMG3062 (400x300).jpg

後援企業でもある朝日新聞の旧社屋。ここを右に曲がります。

RIMG3063 (400x300).jpg

川に沿って歩きます。ここはジョギングコースにもなっていて結構気持いいです。

     RIMG3068 (300x400).jpg

国立国際美術館。斬新なデザイン、建物はすべて地中です。

     RIMG3072 (300x400).jpg

入り口も草間ワールドです。

RIMG3078 (400x300).jpg

10時開館時には行列が…“ちぃさま”一番最初に入場です。1階は入口のみでチケット売り場も地下だけど、私は前売り券を買っていたのです。

     RIMG3081 (300x400).jpg

エスカレーターの下には水玉でお出迎えです。ウキウキ気分ですねー

     RIMG3080 (300x400).jpg

ここまでが無料エリアですぶたの鼻
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館・記念館・展示 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック