2012年01月12日

スターバックス神戸北野異人館店

【風見鶏】と言うタイトルで、かつてNHK朝の連ドラにもなった,ドイツ人が開いたパン屋さん【フロインドリーブ】の旧店舗が【北野物語館】という公開異人館を経てスターバックスになりました。

         RIMG2799 (300x400).jpg

有形文化財のスタバは北野の新名所

 同店は神戸・異人館エリアの北野坂に位置する「北野物語館(旧M.J.シェー邸)」の建物をそのまま生かした同社初の文化財内店舗。同館は、1907(明治40)年に建築された木造2階建ての住宅で、もともとは北野町1丁目に建てられていた。後にNHK朝の連続テレビ小説『風見鶏』の主人公のモデルであるドイツパン職人ハインリヒ・ブルクマイヤーが所有者となって、その息子のフロインドリーブに受け継がれた由緒のあるコロニアルスタイルの西洋館。1995年の阪神・淡路大震災の被害を受けた後、神戸市が建物を解体・部材保管し、民間事業者に部材を譲渡して移築復元された国登録有形文化財。

RIMG2801 (400x300).jpg

手前は「北野物語館」だった時のチケット売り場だったらしい。

ドラマではブルックマイヤーさんと名付けられたドイツ人役をハーフのモデル蟇目りょう・日本人妻を新井春美が演じ、幼かった私と弟は、ブルックマイヤーさんのパンをこねる手つきを真似していたものでした。

RIMG2794 (400x300).jpg

本は資料館だったという2階にはいくつか部屋もあり、調度品もとっても素敵です。

RIMG2797 (300x400).jpg

これがスタバの店内、客席です。

RIMG2793 (400x300).jpg

普段は混んでいるようですが、このように人もいなくて時間を忘れるひとときでした。その後ドサっと修学旅行生がやってきました。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(兵庫) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/244754110
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック