2011年12月27日

しつらいアート国際展

神戸空港がポートアイランド内にあるので、姫路城通いで随分行ってますけど空港以外の用事で行ったのは初めてでした。大学や医療機関、研究所や企業(UCC上島珈琲本社・アシックス本社・ユーハイム本社・田崎真珠本社等々)にホテル・・・一大近代都市だったのです。三宮からポートライナー(モノレール)で地上を通っているんだけど旅行のことばかり考えていて全然目に入らなかったんだなぁ〜

01.jpg

神戸港内にある人工島ポートアイライドの西側、南北に細長く伸びる港の公園。全長800メートルの広漠とした敷地は3つの大学のキャンパスに隣接し、ジョギングする人、犬を連れて散歩する人、本を読む学生が集う。


RIMG2735 (400x300).jpg

なんだかハワイにある大学みたいです。

今回の神戸ビエンナーレ2011で唯一の屋外展示となるコンペティションは「しつらい」という日本に伝わる空間構成び想を得たもの。周辺環境をふまえたインスタレーション21作品が展示されました。

インスタレーションとは空間芸術のこと。ある特定の室内や屋外などにオブジェや装置を置いて、作家の意向に沿って空間を構成し変化・異化させ、場所や空間全体を作品として体験させる芸術。だそうです。

RIMG2740 (400x300).jpg

【神戸ゴミタワー】対岸の神戸港のシンボル「神戸ポートタワー」に見立てたもの。後方に小さく写っている赤い塔がポートタワーです。

RIMG2741 (300x400).jpg

RIMG2742 (300x400).jpg

今回の一番人気でありましょう。作家の東方悠平氏は北海道出身。

RIMG2743 (400x300).jpg

RIMG2745 (400x300).jpg

RIMG2763 (400x300).jpg

RIMG2765 (400x300).jpg

RIMG2760 (400x300).jpg

views ensemble

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(兵庫) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/242334440
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック