2011年12月17日

兵庫県立美術館

神戸ビエンナーレ編に戻ります。「兵庫県立美術館」と「ハーバーランド」が有料。

RIMG2639 (400x300).jpg

県立美術館は巨匠:安藤忠雄の設計だというので行きました。今回の旅では「司馬遼太郎記念館」に続いての安藤物件です。関西には結構多いみたいです。

RIMG2616 (400x300).jpg

裏側は海にせり出しているような感じです。一見陸上競技場のスタンドぽいかな?

   
 

    RIMG2628 (338x450).jpg
   

上から見下ろす写真が怖くて…(-"-;)ヒモみたいなチューブに注目を!

RIMG2625 (400x300).jpg

上のチューブみたいなものを下から見たところ。これもビエンナーレの展示です。

以下が展示の一部なんですが、あんまりピンときませんでした。

RIMG2619 (400x300).jpg

松井紫朗「君の天井は僕の床」この中を歩くのです。

RIMG2627 (400x300).jpg

イチハラヒロコ「おかげさまで天下無敵」

SN3J47720001.jpg SN3J47700001.jpg

ドイツのユリウス・シュミーデルの作品。ストロボを使ったもので、写真撮影することで初めて色が映るというもの。

          RIMG2637 (300x400).jpg

館内のカフェで一休み。コーヒーのつもりだったけど紙コップで320円です。480円の明石ブルワリーの【メリケンビール】瓶がお得意に感じます。11月14日16時に外でアートに囲まれて飲むビールマグカップは格別です。向こう側は海。神戸は南国ではないけど、この時期の気温の違いは大きく感じた。

40年前・・・
16日(金)朝出勤時の地下鉄で「今日で市営地下鉄開業40年・・・」の社内アナウンスがあった。そうなのか・・・40年前の今頃は言うまでもなく札幌はオリンピック一色だったはず。旭川に暮らしていた私は毎日夜の天気予報の時間に「虹と雪のバラード」がかかっていたなぁくらいの記憶しかないけど・・・オリンピックに合わせてできた地下鉄。札幌はオリンピックで大きく変わっていったわけですが、40年前なら街の様子も相当今とは違うでしょうね。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅&城(兵庫) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんと安藤物件の図書館が新潟市にあります(^_^)vコンクリ打ちっぱなしの円形書架らしい,遠いのでいったことないけどね。あたしの隣のロッカーの女子もビエンナーレヲタで,神戸,過去には直島にも行ってました(≧∇≦)
どうでしょうもビックリ!の深夜バス移動だそうです。美術の免許があるそうで,芸術活動(演劇)もしている!アート派って結構いるのね。
Posted by NaO at 2011年12月18日 22:08
NaO様
意外と有名じゃない安藤物件も多いのですね。
一番近くだと中島公園脇の「渡部淳一文学館」がそうらしいです。
ビエンナーレと言えば、越後妻有(新潟のどこにあるんだべか?)も、
2012年開催ありますね。
私はアート向きではないのだけど、城は行きたいところはほとんど行ったので、
新たな箱ものとして美術館・記念館モノに食指が動きつつある感じですなぁ〜
(但しハードな移動は加齢なので無理です)
Posted by ちぃさま at 2011年12月19日 00:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック