2011年11月28日

忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー 感度サイコー!!!

2009年にこの世を去ったロック歌手の忌野清志郎をホスト役に開催されたライブを収録した音楽映画。清志郎と愉快な仲間たちによる一夜限りの夢の饗宴。それが“ナニワ・サリバン・ショー”である。大阪のラジオ局FM802の主催により2001年に開催、好評を得た同ライブは、その後、2004年に〈続 ナニワ・サリバン・ショー〉、そして2006年に〈新 ナニワ・サリバン・ショー〉として、いずれも大阪城ホールで行われた。出演は、石田長生、内田勘太郎、木村充揮、宮藤官九郎、斉藤和義、清水ミチコ、竹中直人、Chara、トータス松本、仲井戸麗市、中村獅童、間寛平、間慎太郎、ハナレグミ、HIS(細野晴臣・忌野清志郎・坂本冬美)、藤井裕、布袋寅泰、松たか子、矢野顕子、山崎まさよし、ゆず、Leyonaほか。(goo 映画から)

忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー  感度サイコ〜!!!】

111127_1937~01.jpg111127_1937~02.jpg

もう、清志郎さんサイコーです。ディノスシネマで観てきました。

昔、アメリカに「エド・サリバン・ショー」と言う有名な番組があった。ビ−トルズのアメリカブレイクのきっかけになり、坂本九も「スキヤキソング」で出演した。大阪で演るライブだからエド(江戸)に対してナニワ(浪速) 
解説聞かなくてもわかる加齢なワタクシだけど、こんなにチャーミングなライブイベントを清志郎氏が行っていたとは知らなかった。

ライブ映像を中心に、新しく撮影した映像を繋げてひとつの物語となっている。清志郎さんの思い出を語る・・・みたいな追悼モードはなし。うどん屋に扮する斎藤和義、矢野顕子&矢野顕子をマネる清水ミチコ等々笑いどころも満載のライブ映画。冒頭の布袋寅泰の威圧感が圧巻。

さすがに最後に仲井戸麗市(RCサクセションにギタリスト)が語るシーンになると、あ〜君はもういないのか・・・的な気持になってしまうけど、清志郎ちゃんはこれからも皆の中に生き続け、愛され続けているのです。オフィシャルサイトでは普通にスケジュール更新されてました。

あまりに個性的だったけど唯一無比の素晴らしい歌い手だったんだなぁ〜美空ひばりクラスでは?と思ったほど。聴く人の心を鷲掴みにするあの声・あの歌・・・もっと聴きたかった。30年前のRCサクセション時代しか観なかったのが悔まれます。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック