2011年11月11日

日本一の駅?

新しい旭川の駅舎がそろそろグランドオープンです。

木工の街旭川ですから、コンセプトは木・木・木。丸太小屋風の田舎の駅ではなく道北の拠点に、木の温もりと芸術性がマッチした、北海道第二の都市にふさわしく、誇りに思える素晴らしい駅です。

RIMG1808 (450x242).jpg

10月は外側がシートで覆われていました。一見は普通なんですが・・・

RIMG1804 (450x338).jpg

東側のフリースペース。天井にも木がふんだんに使われています。

RIMG1848 (450x338).jpg

トイレも木

RIMG1850 (450x338).jpg

みどりの窓口も木

RIMG1852 (450x338).jpg

改札まわりの壁も木

RIMG1865 (450x338).jpg

連絡通路もホームに登るまで木木木

RIMG1867 (450x338).jpg

芸術的なホーム。川の側から見るとですね、夜はガラス張りの中に木がくっくり浮かびあがり、それはそれは幻想的な光景です。雪の演出があればなおさらのことでしょう。

SN3J4674.jpg

立派な橋は架かったけどまわりは「北彩都」公園として整備中です。完成したらこれまた故郷の変貌ぶりに目を疑うのだろうな・・・
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旭川食べ歩き他 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック