2011年07月14日

法隆寺

最終日の訪問地は日本の世界文化遺産第一号 法隆寺
(1993年12月、姫路城と共に認定された)

110617_0750~010001.jpg

広い敷地には西院と東院。平安時代に全体をひとつの寺とした。

198 (640x480).jpg

中門と五重の塔。
実は奈良は20代にも一度行っているのですが、法隆寺は高校の修学旅行以来。

211 (640x480).jpg

五重の塔は高さ32.5M。勿論日本最古のものです。

209 (640x474) (2).jpg

金堂は世界最古の木造建築。ずっと見とれていました。

205 (640x480).jpg

飛鳥建築の粋を集めた廻廊
214 (640x480).jpg

奈良時代に聖徳太子徳を偲んで建てた伽羅を「上宮王院」と呼ぶ
SN3J4401.jpg

聖徳太子の宮殿跡に建てられた「夢殿」は日本最古の八角円堂

          SN3J44120001.jpg

ご朱印は「和を以って貴しと為す
日本初の憲法、聖徳太子定めたの「十七条の憲法」の第一条です。

この世では人が仲良くすることがこそが最も大切であるということ。
「礼記」儒行の中にある言葉だそうです。勉強になりました。

太い字も細い字も同じ筆です。いいですねぇ〜毛筆って。
ご朱印集めするなら去年3回も京都に行っていたのに勿体なかったなぁ〜
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(奈良・和歌山) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック