2011年05月16日

ブラックスワン

ナタリー・ポートマンがアカデミー主演女優賞を受賞したことでも話題の映画「ブラックスワン」を観ました。尋常じゃない前評判やレビューを見て、是非観なくては!と思ったのです。これはヒットするでしょうね。
         
01_spx600.jpg

白鳥の湖」の主役に抜擢された若きプリマバレリーナが、プレッシャーのあまり心の闇にとらわれていく心理サスペンス。内容はいろいろレビューが出ています。感想はあんまり面白くはなかったです、面白いとかの次元ではないのです。仕事帰りに気分転換に行ったのに緊張感と恐怖の連続でどっと疲れました。

thumb_450_03_px450.jpg

バレエ白鳥の湖」は白鳥と黒鳥を一人二役の作品なのですが、映画自体が二面性を表しているような感じもします。清純と魔性、善と悪、栄光と妬み、愛情と暴走。プリマをつかんだ悦びもつかの間、周囲の妬みが疑心暗鬼になり主人公がどんどん追い詰められていき現実と妄想の境がつかなくなる。見ていても恐怖と緊張感でホッとしたり笑える場面がない。仰天レズプレイもエロスよりも恐怖で固まり状態。スクリーンに引き込まれると言うより 「映画に吸い取られる」という感じです。恐がりの私は引っかきシーンは目を伏せていました。

thumb_450_07_px450.jpg

緊張感を抱えたまま初日の舞台を迎えます。「白鳥の湖」の上演がクライマックスとなるのですが、見ている方も最後まで現実と妄想の区別がつかないまま、一層高まった緊張感が昇華される感じで物語は終わります。

こんな映画は初めて観ました。ホラー映画なら最初から観ないからです。おかげで飽きることはありません、吸い取られて あくびをする間もありません。ですから逆に「映画の疲れで仕事の疲れを忘れる」「映画の緊張感のストレスで仕事のストレスも吹き飛ぶ」と言えなくもないのです。

こんなに恐いのに単にホラーやサスペンスで終わらないのは、至高の作品「白鳥の湖」の芸術性、バレリーナのストイックさ、バレエの世界の魅力なのでしょうか?主演のナタリー・ポートマンは13歳までバレエを習っていたので素養もあったのでしょう、10か月間猛特訓を受けバレエシーンの90%を踊ったそうです。彼女の美しさと鋭い心理描写の演技が圧巻。

私って映画に疎いなぁ・・・と心から思いました。 「レオン」がデビュー作のナタリー・ポートマンを知らなかったのです。学業も優秀で(ハーバードを卒業したらしい、心理学を学んだことが映画にも生かされているような・・・)、努力家で頑張り屋さん的なところは主人公ニナに通じるところがあるかも。この映画のフランス人振付師と婚約し、オスカー授賞式には妊婦姿だったというのも驚きです。

「面白くなかった」と言うわりには、ワタクシ随分熱心に書いてしまいました。 
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日曜は体調不良で失礼しましたm(__)m
「どっと疲れた」という感想ですから、おそらく居眠りもしなかったのでしょうね(笑)ナタリー・ポートマン、スターウォーズに出ていましたが、それもご存知ではないでしょうか(^_^;)才女の彼女のファンでした。もう少しで、お母さんになるはず。早く見に行きたくなりました。前売券買ってあります!
Posted by miho at 2011年05月16日 17:01
>mihoさん
体調はいかがですか?
スキが無くて居眠りなんてさせてくれない映画です(w)困りました。
今日の職場で「恐かった〜恐かった」と話題になりました。
恥ずかしながら、スターウォーズに出ている人は一人も知らないのです。
主演作品も多数あるようですね。これでひと皮むけたって感じだと思うけど、
出産後は更に活躍しそうですね。
Posted by ちぃさま at 2011年05月16日 21:24
チェックしている映画です
ますます見たくなりました。

大きくなりましたね〜〜彼女
あのレオンに出ていた少女だなんて誰が思うのでしょう
Posted by ririy at 2011年05月18日 03:01
>ririyさま

小さい時から有名だとクスリに溺れたり大成しないスターも多いけど、
相当聡明な人なのでしょうね。
「レオン」と映画の存在だけは知っていたのだけどワタクシ不覚でした。
バレエ団の彼女のライバルが魔性の女:りりーなので映画お楽しみに♪
Posted by ちぃさま at 2011年05月19日 02:35
今日見てきました。たしかに、こわくなるシーンがあり、目をそむけたくなりますね。でも私は、感動して泣いてしまいました!!(そういう人は、たぶん稀かも)よくできた作品だと思いました。久しぶりに見た良い映画、主演がナタリーでなお良かった、と思いました。
Posted by miho at 2011年05月21日 19:41
>mihoさん
感動したのはラストでしょうか?
脚本ができた時、監督が題材をバレエにすることと、ナタリーを主演にすることを決めたと何かで読みました。彼女なしでは考えられない作品でしょうね。
ただし、「吸い取られた感」が強く取りもどそうと思って、ナタリーの「抱きたいカンケイ」を観ました。コメディータッチの軽い作品で安心して観れました。普通のナタリーさんもきれいですね。
Posted by ちぃさま at 2011年05月21日 19:57
私は魔性の女なのね(笑)
Posted by ririy at 2011年05月24日 01:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック