2011年06月05日

五所川原名物〜津軽鉄道

青森の旅日記の続き。弘前から郊外に出てみました。

本州最北端の青森県は先端は、左側が「津軽半島」、右側が「下北半島」オレンジマークは、上から金木(五所川原市:太宰治の生家がある)、黒石、弘前

110504_1459~010001.jpg

【しじみラーメン】は有名な五所川原名物です。五所川原って随分広いんですが、地図上「金木」の上「十三湖」はヤマトシジミが名産なのです。

SN3J4002.jpg

金木駅2階の食堂「ぽっぽや」で食べた「しじみラーメン」 750円は今回の旅の一番高額なグルメ。数えたらシジミが16個もありました!あっさりシジミダのダシがたっぷりで優しい味わいのスープでした。

【わかおいオニギリ】は、薄く柔らかい1年昆布(若生わかおい)で巻いたオニギリを言います。五所川原を中止とした津軽地方の名産らしい。津軽鉄道金木駅の売店で買いました。作り方の解説通りにスカーフの畳み方みたいに巻いたけど、海苔巻き式でも普通のオニギリ式でも何でも良し。


110430_2119~01.jpg110430_2120~01.jpg
110430_2121~01.jpg110430_2121~02.jpg
 

布巾できっちり塩をふき取ります。昆布がワカメみたいに柔らかく食べやすいし昆布味が美味しい〜すごく気に入ってます。昆布は北海道産(茅部だったかな?)と書いてあった。北海道でも普及して欲しい。もしかして道南なら売っているのかな?

SN3J39970001.jpg

「津軽鉄道五所川原駅」JR駅のとなりと言うか共有。
ストーヴがあるレトロな中の写真を撮りたかったなぁ〜

SN3J399400010001.jpg

ホームに展示してある 「たちぬぶた」高さ22Mもある上の部分

SN3J400000010001.jpg

「走れメロス」の文字に注目。この沿線の見どころは太宰治なのです。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(東北) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック