2011年04月06日

こなものがかり

宅飲みワイン会用に張り切ってお料理するワタクシ・・・と言ってもまたまた同じものです。持ち寄りワイン会では“ちぃさま”と言えば“粉もの”が定着してしまいました。そうですワタクシは“こなものがかり”

今回の最大の(そして唯一)ポイントとして米粉を入れました。

米粉入りクルミスコーン

110402_1239~020001.jpg

型抜きは使いません。押し切りではよく膨らまないんです。
「ある物」のフタで印をつけ包丁で周囲を切ります。

110402_1248~020001.jpg

上に卵黄を塗りオーブンに

110402_1332~020001.jpg

ぱっくり割れています。サクっと中はフワっと、バターの香りも高く上出来です。

米粉入りアスパラとユリ根のケークサレ

110402_1123~010001.jpg

茹でて冷ましている百合根とアスパラ。 ゆり根を自分でバラしたと言うと皆驚いた。
どうしてそんなことで驚かれるのか?理解できませんが・・・。

110402_1239~010001.jpg

時間がなく安易に買ったパンケーキ用の米粉は、ふくらし粉入りなんです。スコーンと同様に粉の総量の1/3ほど入れたのだけど、ベーキングパウダーの量の調節に迷いました。これは膨れすぎですね・・・生地の固さも関係するんですが・・・ちょっとキメの粗い感じになってしまいました。まぁ失敗ってほどではないので持っていきます。

宅飲みは次回に・・・
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・DIY・ソーイング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック