2011年03月04日

味の三平

と言うわけで、札幌で味噌ラーメン発祥と言われる「味の三平」に行きました。

★パルコの隣の大丸藤井セントラルビル4階

110216_1820~010001.jpg

一応レビューを見て予習したところ、好き嫌いはハッキリ別れているようです。まるで塩ラーメンという感想も多く今風の濃厚味噌とは対照的なようで、「味噌汁を薄めてしょっぱくして油を足したスープ」をイメージして行きました。

110216_1823~010001.jpg

味噌ラーメン 850円・・・ワンコインラーメンか?と思うほど器は小さいです。
予想どおりスープは薄い色です。一緒についてくるキムチもどきは、白菜切って「キムチの素」と混ぜただけ?なくてもいいです。さて、お味は嫌いではありませんでした。好きか嫌いか?と尋ねられれば好きと言ってもいいです。麺やシャキットしたもやしなどもいい感じですし。

ただし、タダシ、但しです!味噌ラーメンとしてでなくて塩ラーメンとしてです。白濁系や澄んだスープ系を除くと典型的な「塩ラーメン」だと思うんだけどなぁ・・・

これはひとつのカルチャーショックです。まったく味噌の香りや味がない!店の中にも味噌ラーメンの香りはただよっていません。実はのれんをくぐった時になんとなく私が幼少時にお気に入りだった「マルちゃん塩ラーメン」に似た匂いを感じたのです。

「今私が食べているのは本当に味噌ラーメンですか?」とよっぽど聞こうかと思ったのだけど、内気なワタクシもちろんそんな勇気もなく・・・


110216_1827~010001.jpg

チャーシューではなく、ひき肉なのだけど塊になっているので、肉感はあります。
多分お肉もいいものなのだろうなと思いたくなります、だって850円なんですから。

お好みで卓上の「辛みそ」をどうそと言われても、たんなる「コチュジャン」なので入れればマズくなる。いったいなんなんでしょうか、このラーメンは?だけど嫌いではありません、塩ラーメンとしては悪くないです。

旅が好きなワタクシ、旅先では土地の名物を食べたいけど、「発祥の店」や「元祖」を鵜呑みにしてはいけない、元祖とスタンダードは違うことを学びました。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | らーめん・麺類 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック