2011年02月21日

札幌オリンピックの思い出

職場では毎日私に郵便が届く。今月のある日、え〜!と思わず声をあげた。

110215_0016~01.jpg110217_2219~02.jpg

1972年札幌オリンピックの記念切手でした。使用済切手は職場で集めて寄付しているけど、この五輪切手はもちろん自分キープです。
574153_th.jpg
オリジナルはこんな感じだったのですね・・・
日本期待のジャンプはなかったんだ・・・なんでマイナーなボブスレーに?
それはともかく、当時はハガキが20円、封書が50円だったんだなぁ。

39年前の2月3日に札幌オリンピックは開幕しました。

記憶力が自慢の私だけど、十八番が札幌オリンピックです。旭川は札幌と違ってオリンピック期間中学校が休み!ではなかったのでテレビ観戦と新聞だけでした。今は相当忘れてしまったけど一切ネット情報には頼らず記憶で書いてみます。間違っていることもあるでしょうけど気にせず。

女子フィギアスケートのジャネット・リン(アメリカ)は有名だけど彼女は銅メダル。金・銀は誰か知ってる?いつも使うネタです。

05-08-ph1.jpg10.jpg

【フィギアスケート】
女子の金メダル
ベアトリクス・シューバ(オーストリア) 銀メダルカレン・マグヌセン(カナダ・金髪美女)当時はSPの代わりに円形を6周ほどなぞる規定がありまして、いかに軌道がズレていないかで採点していました。シューバは規定で圧倒的な強さを発揮、フリーは7位だったけど余裕の金メダル。規定ではジャネット・リンのライバル:アメリカのジュリー・ホームズが3位でした。ホームズは前年のプレ・オリンピックでは優勝しています。そうです、前年の1971年に札幌でプレオリンピックが行われたんです。ジャネット・リンはプレには来ていないはず。実はオリンピック当時は女子高生だったジャネット・リンは規定では4位から、
有名な尻もちをつきながらもフリーでは1位で、3位銅メダルとなりました。ジャネット・リンが国外の大会でホームズに初めて勝ちました。日本代表の山下一美(かずみ)は10位です。

その後のジャネット・リンの 【世界の恋人】大ブレークは凄まじく、すぐ日本からアメリカに取材に行き、道新では【リンちゃんの故郷】と見開き2ページ全部写真でした。夏にはカルピスのCMに出たり早々にプロになったんでしょうね。

男子の金メダルネペラ、長いモミアゲが印象的でした。日本選手は樋口。ペアではイリナ・ドロニナとアレクセイー・ザイチェフ?違ったかな・・・?(ソ連)金メダル。ただしこのペアは中が悪くオリンピック後にコンビ解消し、男性はオリンピック銀メダルスルルノワとコンビ(多分結婚)ドロニナはちょっとずんぐりした黒いショートカットの選手で、新しいパートナーの年下男性と長くペア界の女王として君臨しました(多分結婚)。当時はアイスダンスはありませんでした。

【アルペン競技】
今はやたらと競技数が増えたけど、当時は滑降・大回転・回転だけです。女子は滑降・大回転共に金メダルは無名のマリー・テレーゼ・ナディヒ(スイス 17才) 女王:アンネマリー・プレル(オーストリア18才)銀メダル。滑降の銅メダルはアメリカのスーザン・コロック。コロッケを連想するので忘れない。3冠王がかかった大回転は2人共旗門をまたいで途中棄権のはず。金メダルバーバラ・コクラン(アメリカ)確かコクラン3兄弟で出場していた。日本選手で覚えているのは南雲美津代・岡崎恵美子

男子の金メダルは滑降がルッシ(スイス) 日本選手は富井が20位 大回転はグスタボ・トエニ(イタリア)、イタリアと言えばトンバが有名だけど、トンバの前のスターがトエニでした。、回転はノーマークだったフェルナンデス・オチョア(スペイン)金メダル男子はフランツ?シュランツ?(スエーデン)という三冠王候補がいたのだけど、当時のIOC(ブランデージ会長)はアマチュアリズムに厳しく、フランツ?又はシュランツ?は札幌に来たのに規定違反で帰されてしまったんです。スラロームの日本選手は千葉晴久。当時はエースだったのでは?

【スピードスケート】
男子はオランダの巨人:アルト・シェンクが三冠、確か5千か1万メートルではスタート直後に手をついたけど、それでも金メダル。男子500は鈴木恵一が期待されたが振るわず・・・オリンピックの2年前が彼のピークだったのだ。確か鈴木正樹選手もいてダブル鈴木と呼ばれていたはず・・・
女子の金メダルは
アン・ヘニング、モニカ・プルーク、ダイアン・ホルン。日本の女子選手はいたでしょうか?スピードスケートと言えば橋本聖子でしょうけど、橋本聖子の前は長屋真紀子が長く頑張っていたんですが札幌オリンピックの女子選手は記憶がない。

【距離競技】
北欧とソ連が独占。女子のクラコワ(ソ連) 男子のベデニン(ソ連)は覚えている。

【アイスホッケー】
日本選手の初めての競技ということで、小学校の視聴覚教室で見せられた。日本対チェコスロバキアの組み分け戦。チェコのキーパーは当時世界一と言われたほどで日本は惨敗してBグループに。確か日本のキーパーは大坪、あと覚えているのは引木・岩本。決勝戦はソ連対チェコでソ連が金メダル。

【その他】
札幌オリンピックと言えば「日の丸飛行隊」ばかり有名だけど、入賞選手をあげておく。男子複合の勝呂ユウジ6位か5位、女子ルージュの大高優子(リンゴちゃん)5位、男子リュージュ二人は荒井・小林組なんと4位惜しかった!小林選手はその後大高選手と結婚し、二人の娘さんも一時期リュージュ選手だっと思う。

競技で唯一滑降だけが札幌市外:恵庭岳で行われました。選手が支笏湖に飛び込んでいくような感覚で滑るコースを作るために、木々が伐採され環境破壊が問題に。

篠田正浩監督(岩下志麻の夫)による記録映画では、吹雪の中、腕組みして隊列を作り雪を足踏みでコースを固める自衛隊員のシーンから始まります。もちろん劇場に見に行きましたし何回もテレビで放映されました。ちなみにジェネット・リンのフリーの演技は氷上に白鳥が散りばめられて湖に舞う妖精のようでした。

札幌オリンピックの公式テーマソングは有名な「虹と雪のバラード」トワ・エ・モア。かなり前から7時前の「ヤン坊マー坊の天気予報」で毎日流れてしまいた。「トワ・エ・モワ」は白鳥英美子さんと男性は芥川さんの二人組で、グループ名はフランス語で「あなたと私」の意味だと聞いたけど、当時は白鳥さんが「巴(ともえ) みわ」と言う名前だと思っていました。

開会式や表彰式の音楽は山本直純による「札幌オリンピックファンファーレ」ハッキリ耳に残っています。聖火リレーの最終ランナーは市井の高校生男女が選ばれました。辻村さん が純白のフィギア用のコスチュームにティアラを付けてスケートで半周し、最終ランナー高田君が階段を掛け上り点火したのです。開会式の真駒内屋外競技場は見事な晴天に恵まれました。天皇陛下の開会宣言は寒さのためか口がパクパク・・・アトラクションも子供のちびっこスケーターが風船持って滑りながら、転んだ子供もいましたけど(W

【純ジャンプ】
1972年2月6日、70メートル級の日の道新の夕刊の見出しをどうして誰も覚えていないのか!これまで見たことがないような大きな字の見出しでした。

日の丸三本 札幌に高々と

05-08-ph7.jpg

宮の森ジャンプ競技場での70メートル級:日本選手によるメダル独占は大会のハイライトでした。金メダル(笠谷幸生:ニッカウイスキー)銀メダル(今野昭次:拓銀)銅メダル(青地清二:雪印)4位は笠谷のライバルと言われたノルウェーのモルグ選手。笠谷選手は1本目が84か83メートルの最長不倒で、2本目の有名な「飛んだ!決まった!」は79・5メートル。

あんまり触れたくありませんが、90メートル級はポーランドの軍人フォルトガが金メダル。笠谷幸生は1本目で2位に付けるも、2本目に失敗して9位?

あ〜あ、記念切手のおかげで、札幌オリンピックやっと書くことができました「日の丸三本 札幌に高々と」はどうしても書きたかった。時間もかかったし今までのブログで一番の力作ですただしオリンピックは今でも有名な血塗られた事件とセットで記憶しています。オリンピック閉幕直後に連合赤軍「あさま山荘」事件が起こったです。今でも映画や本になっていますね。

※こんなことを書くとまた“ちぃさま年齢詐称疑惑”が持ち上がるのですが、私は記憶力がいいだけなんです!“ちぃさま”はまだアラフォーなんですから。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ観戦 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふえー、すごい記憶力ですね。

アルペンスキーの“シュランツ”はカール・シュランツ。スキーメーカー「クナイスル」の板を履き「シュランツはクナイスルで勝つ!!」っていう宣伝で世界を席巻した選手です。
ジャネット・リンは、確かカルピスの宣伝で有名になったような・・・。

年齢詐称疑惑はうなずけますね(笑)
Posted by じゅん at 2011年02月22日 12:25
>じゅんさん
女子滑降銅メダルのスーザン・コロック書くの忘れた〜
シュランツの詳細までは知りませんでした。
ジャネットリンのカルピスのCMは覚えています。

記憶力と言っても古いことばかりで新しいこと覚えられない〜
昔にこだわるのも老化現象と何かに書いてありました(汗
Posted by ちぃさま at 2011年02月22日 22:03
札幌オリンピック、11歳だったのでしっかり覚えています。
男子滑降 ルッシ、コロンバン 共にスイスの選手でルッシはその後インスブルック迄選手でした。ルッシはインスブルックの頃クナイスルを履いていてノンストップトレーニングで最高タイムをたたき出し、明日はクナイスルが勝つと社長のクナイスルさんがシュランツとインタビューを受けていた事を思い出します。 結局フランツクラマーがC4で勝ったのですがね。
以前ヨーロッパで仕事をしていた時の事ですが、友人の叔父さんと話をしていたらオリンピック開催期間中札幌に行っていたと言うので、詳しく聞いてみるとオーストリア 女子アルペンチームの監督だったと言っていました。世の中広いようで狭いものですね。
Posted by Johann at 2016年08月22日 01:38

>Johannさん

コメントいただきありがとうございます。Johann様は札幌五輪の時はどちらにお住まいだったのでしょうか?当時は放送も情報も少なかったと思うけど鮮烈な印象は今も忘れません。と言うか私よりずっと詳しくて仕事つながりもあるとは驚きです。そのお仕事の方が気になったりして( 笑 )札幌のオリンピックピック招致はどうお考えですか?私は実は反対というか必要無いと思っています。
Posted by ちぃさま at 2016年08月22日 20:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック