2011年02月12日

映画あしたのジョー

本日公開!不朽の名作「あしたのジョー」早速観ました。

110210_2139~010001.jpg

初日の1回目です。事前購入で大変な意気込みのワタクシ。
いえいえファンではないですよ。当時のアニメは知ってたけど、「巨人の星」ほど熱心には見ていなかったからストーリーもよく知らなかった。

110210_1940~02.jpg

矢吹丈を山下智久 宿命のライバル力石徹を伊勢谷友介 が演じた。減量とトレーニングを重ね、歴代チャンピョンが称賛するほどの本物のボクサーみたいな肉体とファイト ジョーを鍛えた丹下段平には香川照之・・・前評判だけでも久しぶりに映画館で観ないと!的な、胸騒ぎを感じたのです( ~っ~)/ 

110210_1941~01.jpg

感想はアレコレしゃべれば余韻が台無しになる。言葉は無用です。あの運命の試合、リング上の二人は【神】でした。“ちぃさま”得意の“激萌え”ではありません。山下智久の割れた腹筋も、伊勢谷友介の筋肉標本と浮き出た血管も【畏敬の念】です。男の真剣勝負にオンナは黙ってろ!の世界。

最初の対戦シーンは3Dかと思ったほど肉体が際立っていた、それくらい
【身体が語っている】
アニメではこのリアリティーは出せない。アニメを超えた実写だと思う。観る者を死と隣り合わせの狂気の世界に引き込む。

110211_1645~02.jpg

山下智久は名前だけは知っていたかな?程度だったけど、見事に演じていた。顔がキレイで驚いた。2005年からボクシングの稽古で鍛えていたそうです。だからこんなにサマになっていたのかしら?

今の若者がこんなにも衝動に満ちたひたむきな姿を演じたことに感動を覚える。熱い心と負けん気の強さが彼以外にジョーは考えられない。
山Pちゃん 
ソロツアーするほど活躍中とは!ワタクシ俄然注目です。174センチ。62キロから53, 5キロ、体脂肪を5%に減らした。「食べ物の有り難みがわかった、人を殴ることに抵抗があった」のコメントにはリアリティーがある。

110211_1646~03.jpg

伊勢谷友介は筋肉の人体図そのもの。ジョーと対戦するために階級をひとつ落とすための常軌を逸した減量…水を求める殺気立ったシーン。試合前日の計量では痩せ細って突き出た肋骨…異様だった。本当に水も飲まなかったらしい。死と隣り合わせの狂気…ストイックさ…漂う孤高のカリスマオーラ。

これまた他の配役はあり得ないだとうと思わせる・・・身体だけじゃなくて、白いスーツもガウン姿も超カッコいい!コミックやアニメを超えた実写のヒーローなんて他にいないだろう。180センチ。67キロから57キロ、体脂肪を15%から3〜4%に。壮絶な役者魂だ。

初めてその名を知ったのは広末涼子のボーイフレンドとして。あまり作品は多くない。去年のNHK「白州次郎」が初のテレビドラマ出演。イイ男ぷりに驚き、英語が流暢で驚き、芸大卒に驚き・・・渡辺謙に続いてハリウッド進出するならこの人かな・・・

ジョーを鍛えた丹下段平役の
香川照之
は熱狂的なボクシングファンそして知られ、映画では二人の演技の指導もしたらしい。今やこの人が出ると作品にハクが着く感じの風格ですね。今45歳、これからの10年が役者としてのピークだろうな。そんな名役者も出だしの頃「渡る世間は鬼ばかり」に端役で出ていた。五女:長子(藤田朋子)の最初の夫役だったんですから。

※よせばいいのに・・・ひとつだけケチをつけるとすれば、最後に流れる宇多田ヒカルの主題歌。ここは尾藤イサオでしょう〜あのオリジナルの作詞が寺山修司のテーマソングを聴きたかった。

それはともかく40年代のドヤ街はオープンセットも見事。映画を観たなぁ〜ってお腹いっぱい。女性よりも男性にオススメかも。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック