2011年02月23日

【ポール・スタンレー】

キッス本編の前にスタンレーさまのソロ作品の紹介です。
“ちぃさま”は“スタンレーさま”がいるからキッスファンなんですから。

UICY-3846.jpg

1978年9月18日キッス4人のメンバーが同時にソロアルバムを発売。
ずいぶん話題になったのを覚えています。デビュー以来絶え間なく続けていたツアーは、78年春の2度目の来日を最後に、人気の頂点を極めこの年はキッスとしての音楽活動を休止した。このあたりからキッスは段々おかしくなったと言うより、とっくに内部崩壊は始まっていたのだが・・・ソロアルバムのタイトルはズバリ「ポール・スタンレー」皆名前がタイトルでジェケットも同じデザインでした、4人の中ではスタンレー様がキッスに近いサウンドと言われている。

110219_1357~02.jpg

CDカバーを開いたらこんなイラストが・・・ジャケットの通り、この時4人にはそれぞれオーラカラーが付され、スタンレー様はウフフ・・・

やはりキッスとは別物だなぁ〜キッスよりも軽めでずっと洗練されている。メロディアスで繊細でエモーショナル。余計な力みが無いからとにかく美声♪〜θ(^0^ )貴重な名盤です。捨て曲なしの名曲揃いでスタンレーさまの貴公子ぶりが堪能できます。ほとんどのキッスのCDよりも好きです。キッスだとスタンレーさまのボーカルは3〜4割しかないものも多く物足りないんです。

オープニングの 「TONIGHT YOU BELONG TO ME」 はアコースティックなバラード調で始まり、途中からハードパートに。愛に生きる情熱的なロマンチスト:スタンレーさまのテーマソング!ある女性のことを書いたそうです。
カッコイイ「MOVE ON」はバッドカンパニーの曲を参考に、人生を歌ったこれみよがしに男っぽい曲を作ったとスタンレー様は語っています。
「Hold me touch me」は松田聖子が歌ってもぴったりな美しい曲。

imagesCA0BO3Q2.jpg

79年のツアーではこの紫の衣装で(写真ではピンクに見えるけど)、ソロアルバムから「Move On」ケニー・オルテガ(This is Itで有名)振付による高度なダンスを披露しながら歌ったのでした。

pstanleylovegun.jpg

スタンレー画伯による作品 LOVE GUN 
スタンレーさまもワタクシと同じの人なんです!
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | KISS(キッス) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック