2011年01月26日

チープ・トリック

実家保管LPシリーズ第2段はCheap Trick(チープ・トリック)

3枚もレコードがあって驚いた!シングルサイズのソノシート(笑)付きのも。

アメリカのグループでKISS(キッス)の前座をしていた。メンバー編成は偶然同じ。
二人の“イケメン組”と二人の“なんちゃってオッサン組”のギャップが面白かった。

110103_0147~01.jpg110103_0148~01.jpg

日本で人気に火がつき、特に金髪の貴公子:ヴォーカルのロビン・ザンダーはロック界の王子様でした。1978年の武道館ライブを収めた「チープ・トリック at 武道館」の大ヒットで本国に”逆輸入”。グループと共に武道館の名前も広く知れ渡った。

ライブアルバムでブレイクしたのはKISSと似ているけど、こちらは日本の乙女の貢献が大きい。「I want you to want me 」の♪cring♪cring♪の大合唱は鳥肌ものです、乙女時代に絶叫しておくのはいいことだなぁ〜としみじみ思うわ。いわゆる黄色い悲鳴!ってヤツは乙女の特権ですから(^O^)

110103_0146~01.jpg110109_1105~01.jpg

86年は映画「トップガン」に曲を提供、87年はシングル「永遠の愛の炎」全米1位。その後はパッとしないみたいけど、実力のあるバンドで地道に活動中。札幌にも何回か来ていて08年には“武道館30周年”ということで武道館で記念ライブを行なったらしい。

手持ちのCDを聴いてみた。こういう適度にポップでハードなロックが好きだなぁ〜だから私には当時はキッスなんて要らなかったし、どうしてキライだったか良〜くわかった(W)キッスはすべてが大げさでわざとらしいイメージだったからね・・・

なんだかロックのライブに行きたくなってきたなぁ〜
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ライブ・観劇 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック