2011年01月10日

ベイ・シティ・ローラーズ

帰省時に何十年ぶり?にLPレコードを引っ張りだしてみた。

私の小学生時代に2500円のLPは贅沢品でした。滅多に買えなかったから、エアチェックと言ってラジオを録音して聴いていた、なんたってラジカセが最新ハイテクでしたから。

ベイ・シティ・ローラーズ
イギリスの5人組のアイドルグループで私が熱狂した唯一のアイドル。
衣装はターチェックを取り入れ、中途半端な7分丈のパンツが特徴。75年春には「バイバイベイビー」が本国で6週連続一位。たいして興味なくファンのクラスメートを冷ややかに見てた。

ちょうど洋楽を聴き始めた頃で、誰のファンと言うよりラジオ番組のポップスベストテン的なのが好きでした。

ローラーズは76年5月と7月に相次いでNHKで放送されてから一気に人気爆発(◎o◎)女学生雑誌「セブンティーン」では毎週特集、そして12月の初来日にむかってタータンハリケーン(笑)が吹き荒れたのですよ。

さてローラーズコレクション

110103_0120~01.jpg110103_0117~02.jpg

左:2ndアルバムで日本ではデビューアルバム【噂のベイ・シティ・ローラーズ】
メンバー5人のジャケットサイズ顔写真付き。

右:3rdアルバム【青春のアイドル】ほとんどがメンバーのスチュアート・ウッドとエリック・フォークナ−にオリジナル作品。ジャケットは表と裏でひと続きです。これは気に入っているのでCDも数年前に買いました。

110103_0120~02.jpg110103_0119~01.jpg

左:76年夏に「ロックンロールラブレター」のヒットと共に発売された【ニューベスト】このあたりから私もローラーマニアに。お気に入りはやっぱりヴォーカルのレスリーかしら。ポスターやらピンナップを今でも覚えているけど24枚!部屋中に貼ってました。

【注】キッス関係のポスターは貼っていませんよ、部屋の美観を損ねますから?

右:4th【青春に捧げるメロディーこのジャケットを見ると胸がキュッとしてしまう。アメリカ進出に向けて、アメリカ人プロデューサーを迎えた意欲作品。レスリーは声量のあるボーカリストではないけど、20歳かそこらでパワフルで繊細な、ちょっとコブシの効いた歌はなかなかのものです。だけどこの人はライブではきちんと歌わないなぁ(-_-#)

ここから来日にかけてフアンの狂乱もクライマックスに・・・

オリジナル曲の「You are a woman (素敵な君)」は地味目だけど、ローラーズの中でベスト3に入る好きな曲。「二人だけのデート」「ロックンローラー」「イエスタデイズヒーロー」は別のラジオ局で同時にかかるほど人気沸騰でした。もちろんこれもCD保存版。他にベスト盤CD枚を持っています。

初来日では、NHKのスタジオにファンを入れて収録したライブが「ヤングミュージックショー」で放送されたけど音は全部レコード(>_<)

110103_0129~01.jpg110103_0122~01.jpg

左:77年6月?発売の5th【恋のゲーム】相次ぐメンバーチェンジ、アイドルからの脱却を目指し大人を強調したイメージチェンジ(裏ジャケットはヌード!)に大困惑(?_?)人気も下降。

右:77年9月23日(祭日)真駒内アイスアリーナでの北海道公演のチケット。新聞に告知され、チケット発売はハガキで抽選のみでした。34年前で4000円です。

友人と4人で、それぞれ親を説き伏せ、友人のお父様が車で連れて行ってくれました。車じゃなければ帰ってこれなかった、開演が大幅に遅れて「少女80人が駅泊まり」と新聞記事になった(-.-;)

この二度目の来日は北海道から沖縄まで全国津々浦々廻り、ヤル気の無さ全開のステージで皆を幻滅させた(>_<)イメチェンしたからタータンチェックは着ていないし、ギタリストはぽっちゃり体型なのに超ミニ短パンとTシャツ(;_;)

勿論その時は声が出なくなるほど声を枯らして叫び、凄く良かったと思うことにした。そう思い込まないと、これまでローラーズを愛した自分を否定してしまうことになるような気がしたから(爆)

私が愛していた初来日のローラーズの面影もなかった、1年も経っていないというのに・・・一番好きなものを一番好きな時に見れるのは幸運だと思う。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽・ライブ・観劇 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごーい!ちぃさまの「旭川書庫」は、貴重なものが保管されているのですね(笑)米米関係は絶対捨てられないけど、TULIPのレコードは、かなり前に全て処分しました。DADICATIONのジャケット写真は、よく覚えています。私の姉も行った真駒内でのコンサートは、77年だったのですね。あ、近年のコンサートチケットは味気ない印刷なので、米米でも一部しか保管していません・・・(^^ゞ
Posted by mihp at 2011年01月10日 09:06
>mihoさん
そうなんですよ、ずいぶんお宝を発掘したので少し「旭川書庫シリーズ」が続く予定です。
全部ビニールの袋に入れて保管してあったので色あせもなくキレイでした。
聴くことはできないけど。近年のチケットの味気なさと言ったら・・・!
その代わりにネット予約なんて当時では夢みたいなこともできるんですけどね・・・。
Posted by “ちぃさま” at 2011年01月10日 14:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック